「方改革」とは?

関連ニュース

コーヒーの飲み過ぎで起こる病気。過労が招く「副腎疲労」 - 07月15日(月)21:59  poverty

https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20190715_01585266 ◆コーヒーを飲みすぎるのは副腎疲労!?  働き方改革の恩恵も感じられず、相変わらず馬車馬のように働き続ける。すっかり“社畜”との自虐も定着し、 慢性的な疲労や気分が晴れない日々を送ることにも慣れてしまった今日この頃。しかし、「そのしつこい疲れは、 もしかしたら副腎疲労の可能性がある」と、宮澤賢史医師は指摘する。 「副腎疲労の場合、『朝起きられない』 『食後に眠くなる』『一日中疲れが取れない』『性欲の低下』『うつ症状』など、日常生活の中で...
»続きを読む
カテゴリー:

働き方改革時代に最適なオールインワンコミュニケーションツール「Chatwork(チャットワーク)」 第4回 数分の隙間を使って顔を見たミーティングもOK! ビデオ&音声通話の「Chatwork Live」 - 07月15日(月)09:00 

テキストチャットは迅速なやりとりが手軽にできるが、一方的な報告などでなくやりとりの必要な相談や話し合いだと会話した方が手早く確実な意思疎通が行える。しかし実際に顔を合わせての会話となると、時間や場所の制約が出てきてしまう。そこで利用したいのが「Chatwork(チャットワーク)」のビデオ通話機能「Chatwork Live」だ。
カテゴリー:

あえて「派遣社員」で働く理由 「時間に融通がきく」「残業はほぼない。社員が配慮してくれる」 - 07月15日(月)01:06  newsplus

働き方が多様化する中で、あえて「派遣社員」として働く人たちがいる。派遣会社と雇用契約を結び、様々な企業に派遣される働き方は、正社員と違って不安定だという見方が強い。しかし、わざわざ派遣社員を選んだ人たちは、この働き方にそれなりのメリットを感じているようだ。 企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた、実際に派遣社員で働いている人々の声を紹介する。 「勤務時間は希望の時間で了承」「休日出勤等も一度もない」 「派遣社員として働いていましたが、勤務時間は希望の時間で了承していただけたので、時間的に...
»続きを読む
カテゴリー:

【今週の労務書】『働きやすさを本気で考えたら、会社の売上が5倍になりました。』 - 07月13日(土)05:11 

女性が輝ける職場を  筆者は2005年、29歳のときに群馬県で訪問看護・介護会社を設立。従業員の9割が女性、さらに6割が子育て中の職場だが、創業時に比べて売上げが5倍超に伸びたという。本書は働きやすい職場を考えていった結果、生産性を高めた女性社長の「働き方改革」を紹介している。  設立当初は、人材不足に直面。そこで子育てのために仕事から離れている看護師を雇用しようと「土日祝日は完全休み」「急な……[続きを読む]
カテゴリー:

国は世界3位だけど…下がり続ける「1人当たりGDP」に対策は? | ananweb - マガジンハウス - 07月12日(金)19:30 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「1人当たりGDP」です。国のGDPは世界3位でも、個人は下がる一方。GDP(国内総生産)は、その年にどれくらいの経済成長をしたかを見るための指標。経済成長は、新しい付加価値をどれほど生み出せたかによって測られます。それはたとえば、今まで100円で売っていた飲料に、技術革新で新しい機能性を加えて商品価値を上げ、150円で販売するというようなこと。そんなふうに「昨日よりもちょっと違う何か」を積み重ねていったものが経済成長なんです。2019年1~3月期のGDP成長率は、実質0.6%上方となりました。しかし、上向きを手放しでは喜べません。なぜなら内情は、輸出が増えただけで、内需(国内の需要)は増えていない。付加価値のついたものは高くて買えないくらい、日本の国民生活が弱っているからです。日本の、国のGDPは世界第3位にとどまっていますが、1人当たりのGDPは下がり続けて26位。国民一人一人の稼ぐ力、新しい価値を生み出す力が落ちているんですね。秋には消費税の増税を予定しており、今月の参院選では、増税に賛成か反対かが争点になると予想されます。しかし、仮に増税しなかったとしても、個人が付加価値を作り出して稼ぎが増えないことには、国の借金はいつまでたっても減りません。もっと根本的な解決策が必...more
カテゴリー:

中学校の吹奏楽部をプロが指導、教師の働き方改革に熱血“助っ人”登場 - 07月15日(月)09:04 

 長時間労働が指摘される学校の先生たちの「働き方改革」が叫ばれ、部活動の練習時間も減る中、埼玉県戸田市は今年度から強力な“助っ人”を招いて部活の質の向上に取り組んでいる。今年度の新規事業として始めた「部活動サポート」事業。まずは、戸田市内の市立中学6校のうち4校の吹奏楽部で指揮者ら専門家5人が指導にあたり、部員も8月の大会に向けて発奮している。
カテゴリー:

【岩手】介護職員 ICT活用し負担軽減 盛岡の施設 - 07月15日(月)06:01  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20190715/ddm/013/100/060000c 介護職員 ICT活用し負担軽減 盛岡の施設 毎日新聞 2019年7月15日 東京朝刊  介護職員の負担を軽減して離職者を減らそうと、盛岡市などで介護施設を運営する「航和」が、タブレット端末など情報通信技術(ICT)機器の活用でカルテを電子化し、利用者の情報共有を進めている。人工知能(AI)も試験的に導入。単純作業を機器に担わせ、人手が必要な業務に専念させるとともに、働き方改革も目指す。国も現場でのICT活用を後押しする。  航和が経営する老...
»続きを読む
カテゴリー:

ワーケーション……「働く」が自分を再発見する「休暇」になる選択 - 07月13日(土)10:00 

仕事(Work)と休暇(Vacation)を組み合わせた造語「ワーケーション(Worcation)」。旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル。モバイルデバイスやコミュニケーションツールが進化した現在だがらできること。このような働く時間のとり方が選ばれるようになっています。でも、働く現場を離れて長い休暇をとるのもちょっと勇気がいる……が本音ですよね。少しの時間があればできるワーケーション新しい発見は、実はどこか遠く海外まで行かなくても十分できます。今、自分がいる「日本」にだって、あらためて感じられる素晴らしさはあるし、新しい発見もある。仕事に追われたストレスフルな日々のちょっとした合間。それで足をのばせる範囲でも、働きながらリフレッシュできればそれでよし。こう言われても今度は「じゃあ、どこで何ができるの?何をしたらいい?」なんて思いますよね。プランニングで気を揉んでいては、ただのストレスにしかなりません。そんなワーケーションの実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、ライフスタイル・メイキングプロジェクト「AIDAMA(アイダマ)」によるサポート。プランを組むのは、アクティブライフをおくる旅好きなミレニアル世代の女性チーム。だから、現代の日本社会に生きる“仲間”目線で練られたプログラムを提供できるん...more
カテゴリー:

忙しい時にカブった有給希望、1人だけ認めなかったら法律違反? - 07月12日(金)23:33 

 「働き方改革」によって話題に上ることの多くなった「有給休暇の取得を巡るあれこれ」ですが、「有給休暇希望日が重なった3人のうち、自分だけ取得が認められなかった」として、社員に訴訟を起こされた会社があります。今回の無料メルマガ『』では著者で特定社会保険労務士の小林一石さんが、その裁判の結末と、そこから企業が学ぶべきことを紹介しています。 3人の有給申請に対して2人だけ取らせることは法律違反になるのか 優先順位をどうつけるのか。これは非常に悩ましい問題です。例えば仕事。よく言われることですが、「緊急度」なのか、「重要度」なのか。それとも「やりたい」なのか。普段の生活でもそうです。あれも欲しいこれも欲しいでも、お金が無い。あれも食べたいこれも食べたい、でも、太る。これらを必死に優先順位つけて、生活しているわけです。 では、これが有給の申請だとしたらどうでしょうか?例えばみなさんの部下が3人同じ日に有給申請をしてきたとします。そこで、3人に優先順位をつけてそれぞれ別の日に取ってもらうことは可能なのでしょうか? それについて裁判があります。ある配送会社で、社員が有給を申請したにもかかわらずその申請を却下されました。実はその日に別の社員2人は有給を取っていてその社員だけが有給申請を却下されていたのです。そこでその社員は却下されつつも有給を取ったところ会社はその日を欠勤とし給与を減額して支払いま...more
カテゴリー:

【労働契約法第20条は、パートタイム・有期雇用労.. - 07月12日(金)17:54 

【労働契約法第20条は、パートタイム・有期雇用労働法第8条に統合されます】 働き方改革関連法により、2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)、労働契約法第20条[期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止]は、パー…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「方改革」の画像

もっと見る

「方改革」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる