「親会社」とは?

関連ニュース

AIによる“フェイク音声”を使った犯罪の防止へ。音声IDで本人確認を行うValidsoft社の「音声認証テクノロジー」 - 03月02日(土)10:00 

AI技術の発展が著しい近年。画像生成AIツールだけでなく、AIによってテキストをリアルタイムで音声変換する「Text-to-Speech AI」「CoeFont」などの音声生成AIツールが登場している。 音声生成AIツールのなかには、自然なイントネーションを実現するものや、ボイスチェンジャー機能で自分の声を著名人の声に変換するものがあり、誰もが人間の声と遜色ない音声を手軽に作成できるようになった。 しかし、AI音声技術の発展に伴い、AIによるフェイク音声を使った犯罪が国内外で発生している。世界7ヵ国(日本、米国、英国、ドイツ、フランス、インド、オーストラリア)の18歳以上の成人7,054人を対象とした調査では、10%が自身がAI音声詐欺に遭遇、15%が知人が遭遇したと回答した。 こうした“ディープフェイク・ボイス”犯罪への対策が求められるなか、米国に本社を構えるValidsoftは、ディープフェイク・ボイスを検知する認証ソリューションを提供している。 音声ベースの認証ソリューションを展開するValidsoft Image Credits:Validsoft2003年に設立されたValidsoftは、音声ベースの認証ソリューションのプロバイダー。合成音声、ディープフェイク、リプレイ攻撃(録音デバイスを使用して他人の音声を再生すること)を検出するテクノロジーにより、詐欺や個人情報の盗難...more
カテゴリー:

NTT西のずさんな情報管理体質 社長辞任も信頼回復の道のり険し - 03月01日(金)12:52 

NTT西日本の子会社で勤務していた元派遣社員が、個人情報約928万件を不正に持ち出した問題は、親会社であるNTT西の森林正彰社長の辞任という事態にまで発展した。ただNTT西グループは現在も、情報流出の被害を受けた顧客との間で損害賠償などの交渉を続けている。
カテゴリー:

ODK---業績予想の修正を発表 - 最新株式ニュース - 02月29日(木)17:14 

<3839> ODK  641 +38ODKソリューションズ<3839>は28日、2024年3月期通期連結業績(2023年4月1日~2024年3月31日)の予想数値の修正を発表した。売上高は前回予想より3.2%減の60.00億円、営業利益は同38.2%増の4.70億円、経常利益は同38.9%増の5.00億円、親会社に帰属する当期純利益は同41.7%増の3.40億円、1株当たり当期純利益は41円99
カテゴリー:

ルネサス---続落、三菱電機が保有株を売却へ - 最新株式ニュース - 02月29日(木)14:11 

<6723> ルネサス 2471 -61続落。三菱電機が、保有する同社株の29日を約定日とする売却、投資有価証券売却益1093億円の計上を発表している。短期的な需給の悪化につながる可能性などを意識する動きが先行。三菱電機の株式保有比率は23年末時点で2.85%であった。今年に入ってNECや日立も保有全株を売却しており、これで旧親会社3社すべてが株式を完全に手放すことになっている。なお、本日は半導体
カテゴリー:

SMBC日興証券株式会社におけるプライベート不動産戦略の提供開始について - 02月29日(木)10:00 

ニューヨーク – 2024 年2 月29 日 – ファイナンシャル・アドバイザーとその顧客向けオルタナティブ投資のリーディング・プロバイダーであるブルックフィールド・オークツリー・ウェルス・ソリューションズは、ブルックフィールド・リート戦略の提供開始にあたり、SMBC日興証券株式会社による取り扱いに関して同社と合意に至ったことを発表しました。ブルックフィールド・リート戦略では、不動産の所有者兼運営者として世界有数の規模と経験を有するブルックフィールドと、クレジット運用に強みを持つオークツリーの投資運用能力を活かし、質の高い収益物件に対するエクイティ投資やデット投資を行います。   「マクロ経済のファンダメンタルズが良好なセクターにおいて、優良不動産を割安に取得する投資機会が登場し始めています」と語るのは、ブルックフィールド・オークツリー・ウェルス・ソリューションズを統括するデヴィッド・リーヴァイです。「不動産の所有と運営において世界トップクラスのマネージャーであるブルックフィールドは、プライベート不動産へのアクセスを個人投資家に提供するにあたり、良いポジションにあると考えています。当社の卓越した不動産運用をSMBC日興証券株式会社のお客様に提供できることを嬉しく思います。」   ブルックフィールド・リート戦略は、バリューに着目した柔軟性の...more
カテゴリー:

日本電技---業績予想及び配当予想の修正(増配・上場20周年記念配当) - 最新株式ニュース - 03月01日(金)16:13 

<1723> 日本電技 5950 +370日本電技<1723>は29日、業績予想及び配当予想の修正(増配・上場20周年記念配当)を発表した。2024年3月期通期連結業績予想数値(2023年4月-2024年3月)の売上高は前回予想比6.8%増の390.00億円、営業利益は同28.4%増の61.00億円、経常利益は同26.8%増の61.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同34.8%増の44.5
カテゴリー:

損保大手4社 社長ら経営陣 計149人を異例の大規模処分 - 02月29日(木)20:11 

損害保険大手4社は、企業向け保険の保険料を事前に調整していた問題を受けて社長ら経営陣の報酬減額などの処分を発表しました。対象となる役員は、親会社を含めると4社あわせて149人と、異例の大規模な処分となりました。
カテゴリー:

ハチ食品、フリーズドライに参入 MCエフディフーズを子会社化(食品新聞) - 02月29日(木)15:03 

ハチ食品(年商145億円、24年3月期見込み)は、24年4月1日付で山口県防府市のMCエフディフーズ(年商25億円)を100%子会社とし、FD(フリーズドライ)市場に参入する。MC社の現在の親会社三菱
カテゴリー:

アルプス物---ストップ高買い気配、アルプスアルパインが売却検討と伝わり - 最新株式ニュース - 02月29日(木)10:35 

<9055> アルプス物 2363カ -ストップ高買い気配。46.7%の株式を所有する親会社のアルプスアルパインが、保有する全株式の売却手続きを進めていると、一部の外資系金融メディアが伝えている。1月には一次入札も実施済みとされているもよう。取得先企業による一段の株式買い増しなど、さらなる再編の流れを思惑視し、プレミアムを織り込む動きが先行しているようだ。
カテゴリー:

損保大手4社 保険料の事前調整問題で経営陣10人超を処分へ - 02月28日(水)18:28 

損害保険大手4社は、企業向け保険の保険料を事前に調整していた問題を受けて29日、金融庁に業務改善計画を提出した上で、社長ら経営陣を報酬減額などの処分とする方針です。対象となる役員は、親会社を含めるといずれも10人を超える見通しで異例の大規模な処分となります。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる