「損害保険ジャパン」とは?

関連ニュース

日新/リターナブル物流容器の専用保険を開発、紛失や盗難に対応 - 07月16日(火)15:45 

日新は7月16日、リターナブル物流容器ソリューション「HACO Lab.」(ハコラボ)を対象とした専用保険を損害保険ジャパンと共同開発したと発表した。 ハコラボから取得する在庫管理や位置情報、拠点に関わるデータを、保険の […] The post 日新/リターナブル物流容器の専用保険を開発、紛失や盗難に対応 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

損保ジャパン、保険代理店に出向した社員が顧客情報を漏洩 対象は2700件(日刊自動車新聞) - 07月12日(金)18:09 

東京都内の保険代理店に出向していた損害保険ジャパンの社員が、自分の出身母体の損保ジャパンに顧客の損害保険契約情報(一部個人情報を含む)を漏洩していたことがわかった。保険代理店が7月12日発表した。保険
カテゴリー:

【金融庁】損保不正の再発防止へ 悪しき業界慣行是正を迫る - 07月11日(木)11:30 

金融庁の有識者会議が、不祥事が相次いだ損害保険業界に対して再発防止策を提言する報告書をまとめた。 中古車販売大手、ビッグモーターによる保険金の不正請求問題を巡っては、大規模な保険代理店である同社と、損害保険ジャパンを始めとする大手損保の〝癒・・・
カテゴリー:

【公取委】損保大手4社のカルテル認定 審査継続し処分決定へ - 07月04日(木)15:17  newsplus

損害保険大手4社が、企業向けの保険契約などで保険料を事前に調整していた問題をめぐり、公正取引委員会は、契約の一部で独占禁止法が禁じるカルテルが結ばれていたと認定し、4社に通知しました。自治体相手の保険契約での事前調整や、談合の疑いでもさらに審査を継続し、最終的な処分を決定するとみられます。 「東京海上日動火災保険」、「損害保険ジャパン」、「三井住友海上火災保険」、「あいおいニッセイ同和損害保険」の4社は、あわせて500を超える企業や自治体との保険契約で保険料の事前調整を行っていたとして、去年12月、金...
»続きを読む
カテゴリー:

石川耕治・損害保険ジャパン社長「『お客さまの立場で考える』という原点に立ち返り、第2創業の覚悟で臨んでいく」 - 07月04日(木)11:30 

「私が知っている損保ジャパンより、現場と経営の距離が遠くなっていた」─こう話すのは損保ジャパン社長の石川氏。ビッグモーター(現WECARS)問題、価格調整問題など、売上高やシェアを過度に重視する企業風土が要因となった。「お客さまが不在だった・・・
カテゴリー:

損保ジャパン、また不祥事、脱法体質が如実…出向先の顧客情報を自社と共有 - 07月15日(月)13:44 

また損害保険ジャパンで不祥事が発覚した。保険代理店「トータル保険サービス」は12日、同社の顧客の損害保険契約情報を損保ジャパン社員が漏洩させていたと発表した。損保ジャパンといえば、旧ビッグモーターの不正請求問題をめぐり金融庁から業務改善命令を受けた。
カテゴリー:

損保ジャパン「カスハラ」対策方針を策定、大手では初 「組織で毅然とした対応を行う」、他業界でも同様の動き相次ぐ - 07月11日(木)18:19 

損害保険ジャパンは2024年7月11日までに、顧客の悪質な嫌がらせや迷惑行為「カスタマーハラスメント(カスハラ)」に対する方針を、公式サイトで発表した。同社広報によれば、カスハラ対策を対外的に発表したのは、大手損保会社で初めてとのことだ。
カテゴリー:

損保ジャパン、カスハラに対する対処方針を公表(日刊自動車新聞) - 07月10日(水)10:12 

 損害保険ジャパンは9日、「カスタマーハラスメント(カスハラ)に対する方針」をまとめた。同社によると、カスハラ対策を対外的に公表するのは損保業界で初めてという。  対応マニュアル(社外秘、コピー不可
カテゴリー:

公取委、損保大手4社を行政処分へ 企業向け保険契約でカルテル - 07月04日(木)15:00 

 企業向け保険契約でカルテルを結んだとして、公正取引委員会は、損害保険大手4社の独占禁止法違反(不当な取引制限)を認定し、行政処分を科す方針を固めた。対象となる東京海上日動火災保険▽損害保険ジャパン▽三井住友海上火災保険▽あいおいニッセイ同和損害保険――に対し、すでに通知した。関係者への取材で判明し
カテゴリー:

こんなの見てる