「開催概要」とは?

関連ニュース

電力生産者と契約者の交流企画 『発電所見学ツアー』開催 “顔の見える電力”を体現 クリーンエネルギーの最前線を学ぶ場に ソーラークッカー作りのワークショップや昼食付 1月25日 江戸川区で - 01月20日(月)16:00 

エネルギー・イノベーション・ベンチャー みんな電力株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)は、電力生産者と契約者が実際に会って交流し、電気について理解を深めてもらうための『発電所見学ツアー』を2020年1月25日(土)に江戸川区にて開催します。■電力生産者と繋がって電気の大切さを体感 太陽光調理器具を自作する企画も『発電所見学ツアー』とは、当社の「顔の見える電力」のサービスのコンセプトである「見える・繋がる・学べる」を体現したイベントです。当社の契約者を招待し、電力の生産地を訪れ、そこに携わる人々との交流を通して、電気の大切さやクリーンエネルギーの仕組みを学ぶだけでなく、その土地ならではの食や観光資源なども知ってもらう機会を提供しています。参加資格は、全契約者が対象で、毎回、応募が殺到し、キャンセル待ちが出る人気企画です。4度目の開催となる今回は、太陽光発電所を運営している「NPO法人 足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」の協力のもと、発電所「えど・そら2号機」と「えど・そら3号機」を巡るツアーです。同NPO法人は1996年11月に東京・江戸川区で設立され、市民による地球温暖化対策に取り組んでいます。「えど・そら2号機」は区内の高齢者向けグループホーム「ほっと館」にあり、「えど・そら3号機」は区内の立体駐車場の2階部分に建設されています。今回のツアーは20名...more
カテゴリー:

「文化の杜の音めぐり2020」開催決定!上野公園の美術館・博物館・ホール、6館が連携する2日間のクラシック音楽スペシャルコンサート - 01月20日(月)14:00 

上野文化の杜新構想実行委員会と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京は、2020年2月12日(水)・13日(木)に、2日間のスペシャルコンサート「文化の杜の音めぐり2020」を開催します。 「文化の杜の音めぐり2020」は、上野公園内にある文化施設6館(上野の森美術館、東京国立博物館、旧東京音楽学校奏楽堂、東京文化会館、国立科学博物館、東京都美術館)を会場として、東京音楽コンクール入賞者を中心とした特別編成でそれぞれ異なるプログラムをご用意しています。 当イベントは、“音めぐり”の名の通りコンサートホールから博物館へ、博物館から美術館へと来場者に回遊していただき、演奏を聴きながら様々な文化に触れていただくスペシャルコンサートです。会場となる6館を各日3ヶ所ずつ回り、上野公園の各館を素敵な演奏で彩ります。出演者は、フルート三重奏や弦楽四重奏、木管四重奏、ソプラノ&バス&ギター、ピアノ・ソロ等、多様な編成で構成。上野公園を訪れる皆さまに非日常で特別な体験を提供いたします。◆開催概要■名称:「文化の杜の音めぐり2020」 (ぶんかのもりのおとめぐり2020)■URL:https://uenoyes.ueno-bunka.jp/2019/■日時:2020年2月12日(水)・13日(木)/各日11:00~・13:00~・15:00~■会場:上野の森美術館、東京国立博物館、旧東京...more
カテゴリー:

今そこにあるITベンチャーの危機 ~千葉科学大学で弊社イノベーション部の片渕博哉が特別セミナー - 01月20日(月)11:00 

株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区、代表取締役:福原 智)イノベーション部・片渕博哉が2020年1月16日、千葉科学大学(千葉県銚子市、木曽功 学長)で「テクノロジー系ベンチャー企業と危機管理」と題して講義を行いました。■先端技術がもたらす危機AI、IoT、ブロックチェーンなど近年の長足の技術進化によって、かつては考えられなかったような社会的問題が発生するようになっています。とはいえ、先端技術の研究開発、商用化を進めるベンチャー企業が、十分な危機管理を行っているとは言い難い状況です。ベンチャー企業にとって、先端技術にまつわる危機管理は今後ますます重要性を高めていくはずです。■ベンチャー起業のジレンマこの講義で片渕が挙げたのが、ウーバー社の自動運転車が起こした死亡事件とコインチェック社の仮想通貨の流失事件です。どちらも先端技術がもたらした新しいタイプの事件といえるものです。こうした事件が起きると、社会的な影響は小さくなく技術開発を行ったベンチャー企業にも非難が集まります。ベンチャー企業は技術的優位を確保するためにも、先端技術の研究開発、商用化を進めないわけにはいきません。したがって過去の事例を十分に学んで危機管理を行うことが重要だと、片渕は語りました。■画像認識プラットフォーム AIZEの危機管理講義の後半は、弊社がリリースした画像認識プラットフォーム AIZE(アイズ)を題材に...more
カテゴリー:

【先着1,000名限定!】国内製造のウイスキー&スピリッツの生産者が一堂に集まる『Japanese Whisky Festival(JWF)2020』入場券販売開始日が決定!! - 01月20日(月)09:00 

4月12日(日)に開催される『Japanese Whisky Festival 2020』<主催:ジャパニーズウイスキーフェスティバル実行委員会(運営:ウイスキー文化研究所)>の入場券の販売日が決定した。ウイスキー文化研究所の会員は、一般販売に1週間先行して1月27日(月)から購入することができる。 今回のJWFは、会場規模の都合上、先着1,000名限定販売となっており、前売券が1,000枚完売した場合は、当日券の販売は行われない。そのため、参加を希望される方は、早めの前売入場券の確保が必須となる。◆先行販売開始【ウイスキー文化研究所会員限定】2020年1月27日(月)昼12:00~▼ウイスキー文化研究所へのご入会はこちらからhttps://scotchclub.org/admission/◆一般販売開始2020年2月3日(月)昼12:00~▼入場券の販売に関する詳細はこちらhttps://whiskyfestival.jp/japanese2020/info/#9961【JWF開催概要】■日程:2020年4月12日(日)■会場:EBiS303 3階イベントホール〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目20-8 エビススバルビル■入場券:6,500円(税込)※入場券には、オリジナルのネックストラップ、グラス、ウォーターボトルが付属します。(※写真参照)※先着1,000名限定販売...more
カテゴリー:

丹青社、NTTドコモが推進する5G時代のARアプリケーション実証実験に参画 - 01月17日(金)13:00 

2020年1月17日 株式会社丹青社 商業施設・文化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹青社(本社:東京都港区/代表取締役社長:高橋貴志/以下、丹青社)は、マルチアクセスエッジコンピューティング(以下、MEC)を活用した株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の実証実験に、空間づくりのノウハウを活かしたコンテンツ企画などで参画します。本実験は1月23日(木)・24日(金)に開催される「DOCOMO Open House 2020」(場所:東京ビッグサイト青海展示棟)でご体験いただけます。   『MEC』とは、移動通信網において、お客さまにより近い位置にサーバーやストレージを配備する仕組みのネットワーク技術で、5Gソリューション(※1)の創出に向けて活用が期待されています。本実験は、ドコモがエッジコンピューティングを提供するアメリカの企業MobiledgeX,Inc.(モバイルエッジエックス/以下、MobiledgeX)とともに進めているもので、国内外のパートナーとの連携により5Gソリューション創出を加速し、グローバルマーケットへの提供を目指しています。   本実験で当社は、文化空間およびイベント空間における展示企画・デザインのノウハウを活用し、当社CMIセンターによるICTを空間に活かすアイデアとテクノロジーによって、MECのソリューションを来場者に体験い...more
カテゴリー:

竹書房Presents 『怪談最恐戦』2019怪談最恐位決定!! - 01月20日(月)15:00 

2020年1月吉日 株式会社竹書房 「怪談最恐戦2019ファイナル」優勝は 異例の送り人ミュージシャン「下駄華緒」!! 優勝賞金100万円を獲得!! 株式会社 竹書房(本社:東京都千代田区)は、1月18日(土)渋谷ユーロライブ(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)にて、日本で一番恐い怪談語りを決定する「怪談最恐戦2019ファイナル」を開催しました。 「怪談最恐戦2019ファイナル」には、一般公募から一次審査を通過した総計48名が出場した東京・大阪予選会を勝ち抜いた12名が集結。第1~第3ステージまでのトーナメント方式で怪談を競い合い、その審査は全ステージを通して審査員投票+観客投票+ニコ生投票の合計点で行われました。 それぞれが最恐の怪談をぶつけ合い大激戦となった第1ステージ、第2ステージを勝ち上がり、決勝へと駒を進めたのはタレントの「壱夜(いちや)」とミュージシャン「下駄華緒(げたはなお)」。決勝は15分という語り制限時間の中で行われ、大接戦の勝負の末、下駄華緒が優勝し「2019怪談最恐位」の栄冠に輝きました。下駄華緒には、ゲストの初代最恐位・ぁみ(吉本興業所属・怪談家)よりトロフィーの授与、審査委員長・溝尻賢司(竹書房)より優勝賞金の100万円が手渡されました。 また、次回大会「怪談最恐戦2020」の開催も発表され、プロ・アマ問わずさらに多くの人...more
カテゴリー:

「簡単なお仕事です。に応募してみた」期間限定POP UP SHOP開催決定&メイキングダイジェストを公開! - 01月20日(月)11:08 

2020年2月12日DVD & Blu-ray BOX発売を記念して期間限定でPOP UP SHOP開催決定!HMV SHIBUYA 5F特設スペースPOP UP SHOPが2020年2月10日から開催決定!主演4人の“簡単じゃないお仕事”が、ついに完結!メイキング映像の一部を特別公開!4人の仲睦まじいオフショットや真剣に芝居に取り組む姿、さらに、メイキング内ミニ企画「××するだけのお仕事」にも挑戦!?盛りだくさんな特典映像の一部を、「シンドラ公式YouTubeチャンネル」にて本日より公開します。お見逃しなく! ■URL https://www.youtube.com/watch?v=0ulKbwn81oU「簡単なお仕事です。に応募してみた」POP UP SHOP開催概要■開催期間2020年2月10日(月)10:00 ~ 2020年2月24日(月)22:00■開催場所HMV&BOOKS SHIBUYA 5F特設スペース(〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷modi 内)※開催時間は店舗の開店および閉店時間に準じております。※店舗へのお問い合わせはご遠慮いただきますようお願いいたします。■POP UP SHOP 詳細期間内の特設スペースでは、下記をお楽しみいただけます!①サルサ・トリハダ・ワンちゃん・モ...more
カテゴリー:

【JAF関東】スマートフォン限定「湯めぐりスタンプラリー」を開催 - 01月20日(月)10:00 

2020年1月20日 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)関東本部 関東・信越18の温浴施設とJAFがコラボレーション スマートフォン限定「湯めぐりスタンプラリー」を開催 JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)関東本部(本部長:吉武一郎)は1月18日(土)~3月31日(火)にかけて、関東・信越18ヶ所の温浴施設と連携したスマートフォン限定モバイルスタンプラリー「湯めぐりスタンプラリー」を開催します。JAFは全国で565の自治体と観光協定を締結して地方創生に取り組んでおり、本イベントは地域への観光誘客を目的として開催します。 「湯めぐりスタンプラリー」はスマートフォン上でスタンプを集める形式となっており、スタンプスポットは9都県にまたがる18の温浴施設です。スタンプを3つ以上集めて応募した参加者の中から抽選で、スタンプスポットとなっている各施設の入浴・入館券をプレゼントします。 ◆開催概要 1 実施期間  1月18日(土)~3月31日(火) 2 参加対象  スマートフォンをお持ちの方(JAFに入会していない方も参加可能) 3 参加費   無料 4 参加方法 (1)スマートフォンから、専用サイト「ドライブスタンプラリー」にてユーザー登録し、スタンプラリーに参加 ※専用サイト「ドライブスタンプラリー」  https://agent.jafnavi.jp/stampral...more
カテゴリー:

大塚和成 弁護士(OMM法律事務所)が講演会「内部統制システムの法的展開と実務対応 ― 株主アクティビズムに対応するために」を開催 - 01月17日(金)13:00 

1月16日、OMM法律事務所(東京都千代田区平河町2-2-1平河町共和ビル4階)の大塚和成弁護士が、「内部統制システムの法的展開と実務対応 ― 株主アクティビズムに対応するために」と題する講演を行いました。内部統制システムは、金融商品取引法による制度化と、最一小判平成21年7月9日集民231号241頁などの会社訴訟において主に上場会社の役員責任の有無との関連において争点とされてきたこともあり、財務報告の適正と法令遵守を確保し、またその点に関する役員の善管注意義務・忠実義務、とりわけ監視・監査義務の履行の有無を評価するための制度基盤の在り方という観点を中心として議論が行われてきたという経緯があります。しかし、コーポレートガバナンス・コードが定着し、物言う株主の活動が活発化する今日、内部統制システムは、会社経営に伴う各種のリスクを的確に評価した上で積極的なリスク・テイクを行い、同時に適正にリスク・コントロールをするための制度基盤の側面が強く認識され、その在り方が重要な経営課題の一つになっているといっても過言ではありません。本講演では、内部統制システムに関する著作が豊富な大塚和成弁護士が、その実務経験をも踏まえ、株主アクティビズムに対応するという観点から、内部統制システムの法的展開と実務対応について解説しました。▽講演テーマ第一部 内部統制システムの法的意義とその形成の経緯第二部 会社法...more
カテゴリー:

~25年前の今日、阪神・淡路大震災は起きました~ 家を売らない会社だから「本当のこと」全部教えます! 『本当に地震に強い家のマルとバツ! 徹底解説セミナー』開催 2020年2月22日(土)13時~ - 01月17日(金)10:00 

業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを提供している“不動産の達人”株式会社さくら事務所(東京都渋谷区/社長:大西倫加)は、2020年2月22日(土)に『家を売らない会社だから話せる 本当に地震に強い家のマルとバツ! 徹底解説セミナー』を開催します。25年前の今日、阪神・淡路大震災が発生しました。これからも同規模の地震が発生することは避けられない日本で長く持ち続けられるマイホームを持つ際、販売価格と同様に “地震に強い家”であることも重要なポイントのひとつであると言えます。本セミナーでは、『本当に地震に強い家』とはどんな家か? をテーマに、家を売らない会社である当社だからこそ話せる「本当に地震に強いマイホームを持つため」に知っていただきたい内容を盛り込み、徹底解説します。この先もこの国で地震は起きます。ぜひこれから持たれるマイホームにも十分な備えをするために、皆様のご参加をお待ちしております。家を売らない会社だから「本当のこと」全部教えます!『本当に地震に強い家のマルとバツ! 徹底解説セミナー』開催概要【開催日時】2020年2月22日(土) 13:00~14:30 (受付開始時間 12:30)【会場】株式会社 さくら事務所(https://www.sakurajimusyo.com/company/map....more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「開催概要」の画像

もっと見る

「開催概要」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる