「実用化」とは?

関連ニュース

海中を縦横無尽 「獲物」は逃さぬ 長崎大が海洋ゴミ調査船ロボット - 12月01日(水)06:30 

 海洋ごみの生態系への影響が深刻化する中、長崎大副学長の山本郁夫教授(ロボット工学)が、水中カメラなどを搭載した自動の「海洋ゴミ調査船ロボット」を開発した。目視などで実施していた海洋ごみの実態調査を効率化し、ごみの回収につなげる狙い。来秋の実用化を目指している。
カテゴリー:

事故でクルマが衝突しても「倒れない信号支柱」開発。歩行者への被害も軽減 - 11月30日(火)18:00 

南オーストラリア大学の研究者らは産学共同開発で倒れない信号機支柱の実用化を目指しています
カテゴリー:

塩粒サイズのマイクロカメラが開発される!「鮮明な画像も撮影可能」 - 11月30日(火)17:00 

Credit:Princeton University,Researchers shrink camera to the size of a salt grain(2021) 全ての画像を見るマイクロカメラは、人体の問題を発見したり、超小型ロボットの感知器として機能する大きな可能性を秘めています。 しかし、非常に狭い範囲の視野しか確保できないマイクロカメラは、非常にぼやけた画像しか撮影することができませんでした。 米国プリンストン大学とワシントン大学の研究チームは、新たな研究でこの技術を大きくアップデートさせ、塩粒サイズのカメラで50万倍のサイズがある従来のカメラと同等の鮮明なフルカラー画像を撮影することに成功しました。 研究の詳細は、11月29日付でオープンアクセスジャーナル『Nature Communications』に掲載されています。 目次 鮮明な撮影を可能にする超小型カメラ 鮮明な撮影を可能にする超小型カメラ 今回研究されている超小型カメラ(マイクロカメラ)は、ハードウェアの設計と画像処理ソフトを共同で設計することで、病気の診断や治療目的で利用される医療用ロボットの目に利用することが想定されています。 現在、体内の問題を診断するためには、胃カメラや内視鏡などを利用しますが、これは患者に苦痛が伴ったり、侵襲的な方法で体に潜り込ませなければならないなどの問題があり...more
カテゴリー:

世界初の携帯型レールガン「 GR-1 “Anvil”」が市販される。パワーは22口径のライフルに匹敵。今なら10%オフセール実施中 - 11月30日(火)12:33  poverty

世界初の市販の携帯型レールガン「 GR-1 “Anvil”」の予約注文が受付開始されました。 このレールガンの砲口初速と発射体の運動エネルギーは22口径のライフルに匹敵するとのことで、販売価格は3750ドル(約43万円)です。 物体を ローレンツ力で加速して撃ち出す レールガンは、 中国の軍艦に搭載されたと報じられるなど、世界各国で実用化が進められている兵器のひとつ。 しかし、レールガンはかさばり、熱管理に問題を抱えているため、アメリカ海軍がこれまで開発費に何千億円も投入しているにもかかわらず実用化には至っていません...
»続きを読む
カテゴリー:

がんリスク「線虫」がかぎ分けます 体長1ミリ、患者の尿に集まる習性で判定 鹿児島市に検体受付所 - 11月30日(火)09:55 

 体長1ミリの線虫に尿の臭いを嗅がせ、がんのリスクを調べる検査手法を「HIROTSUバイオサイエンス」(東京)が実用化し、鹿児島市に検体の受付所を開設した。少量の尿で痛みを感じることなく調べられるのが特徴。専用サイトで検査キットを購入し、検体を持ち込むと、1カ月ほどで結果が分かる。
カテゴリー:

レーザー狙撃による害虫駆除の2025年までの実用化目指し、農研機構が害虫の飛行パターンから動きを予測する方法を開発 - 11月30日(火)19:34 

農研機構 独立行政法人 農研機構は11月29日、害虫の飛翔パターンをモデル化し、ステレオカメラで撮影したリアルタイム画像から数ステップ先(0.03秒先)の位置を予測できる方法を開発したと発表しました。将来的には、予測された位置に高出力レーザーを照射するなどし、害虫を駆除するシステムに繋げたい考えです。 病害虫の防除と言えば、化学農薬のイメージがありますが、多額の開発コストや長期に渡る開発期間のため、新薬の開発数は減少傾向にあるとのこと。また、おなじ薬剤を使用し続けることで、害虫が耐性を獲得するなどの問題もあります。 このため、ムーンショット型農林水産研究開発事業「害虫被害ゼロコンソーシアム(先端的な物理手法と未利用の生物機能を駆使した害虫被害ゼロ農業の実現)」では、レーザー狙撃による物理的防除方法を開発しています。飛翔している害虫を検知し、レーザー光によって狙い撃ちするというものですが、害虫を検知してからレーザーで狙撃するまでに0.03秒程度のタイムラグが発生してしまうとのこと。虫は移動し続けているため、レーザーを命中させられないわけです。 農研機構。レーザー狙撃による害虫防除システムの概略(イメージ) これを解決するため、検知から0.03秒後の害虫の位置をリアルタイムで予測しようというのが、今回開発された方法です。 研究では、対象害虫としてハスモンヨトウの成虫を使用。3次元空間で...more
カテゴリー:

世界中の飢餓や貧困撲滅に挑戦!ASTRAX代表らによるワンスマイルファンデーションシステムの実証実験を浜松市で開始! - 11月30日(火)18:00 

人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地)や、笑顔を寄付に変えて飢餓や貧困の撲滅に取り組んでいる一般社団法人One Smile Foundation(ワンスマイルファンデーション、本社:神奈川県横浜市、代表理事:辻早紀)らが展開している「ワンスマイルファンデーションシステム」について、静岡県浜松市のデジタル・スマートシティ推進構想の一環で実証実験を開始いたしました。【これまでの経緯】ASTRAX代表山崎大地が理事を務める、一般社団法人One Smile Foundation(ワンスマイルファンデーション、本社:神奈川県横浜市、代表理事:辻早紀)のワンスマイルファンデーションシステムを利用した「AIによる街の幸福度向上と可視化プロジェクト」が、2021年7月26日、静岡県浜松市が実施するデータ連携基盤「FIWARE(実証環境)」を活用した、国土縮図型都市・浜松をフィールドとした実証実験プロジェクト「Hamamatsu ORI-Project #2」の1つとして採択されました。そして、このたび2021年11月26日から、浜松市デジタルスマートシティ推進構想の一環で、浜松市内の4企業の協力を得て、6箇所10台で実証実験を開...more
カテゴリー:

KLMオランダ航空、日本就航70周年。グラス支社長「電動・水素は実用化しても短距離。SAFが果たす役割は大きい」 - 11月30日(火)14:14 

 KLMオランダ航空は11月30日、駐日オランダ王国大使館で日本就航70周年について会見した。
カテゴリー:

10年後にはクルマが普通に空を飛ぶ社会へ。空飛ぶクルマの現在と未来|KINTOマガジン - 11月30日(火)11:00 

10年後にはクルマが普通に空を飛ぶ社会へ。空飛ぶクルマの現在と未来|KINTOマガジン福澤知浩さん 東京大学工学部卒業後、2010年にトヨタ自動車に入社。グローバル調達に従事。2018年に株式会社SkyDriveを設立し、「空飛ぶクルマ」と「物流ドローン」の開発を推進。経済産業省と国土交通省が実施する「空の移動革命に向けた官民協議会」の構成員として、「空飛ぶクルマ」実用化に向けて、政府と新ルール作...
カテゴリー:

JR西が『可動スロープ』 駅の隙間対策←こういうイノベーションっていつも関西だよな - 11月30日(火)06:14  news

車いすもベビーカーも楽々乗車可能に!?JR西が『可動スロープ』検証…駅の隙間対策(2021年11月29日) JR西日本は、車いすなどを利用する人がスムーズに電車に乗り降りできるよう、『可動式スロープ』の検証を始めました。  検証が始まったのはJRゆめ咲線の桜島駅です。車両とホームの間には9cmの隙間と、4cmの段差があります。JR西日本が開発した可動スロープは、列車が到着すると、ホームに設置されたスロープ先端のセンサーが車両とホームとの距離を計測して自動的に隙間や段差を埋め、乗客の乗り降りが終わって...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる