「実用化」とは?

関連ニュース

実用化推進に期待!AIによる動画の高解像度化の共同研究 - 06月22日(火)12:00 

Navier(ナビエ)株式会社(以下、Navier)と、学校法人 トヨタ学園 豊田工業大学の知能情報メディア研究室(以下、豊田工業大学 知能情報メディア研究室)は、AIを活用した動画を高速で高解像度化(超解像)するアルゴリズムの共同研究を実施すると発表しました。 高速動画超解像のアルゴリズム開発への期待 2016年頃から世界中で活発に研究が進められているAIによる動画超解像ですが、従来の研究においては、超解像によって高品質な動画を作成することに焦点が当てられる傾向にあったと言います。一方、実社会で重要視されるのは、処理の高速化。一般のコンピュータが備えているレベルの処理能力で、いかに時間をかけることなく、超解像を行えるかが問われます。 高速動画超解像のアルゴリズム開発を目指す本共同研究により、AIを用いた動画超解像の実用化推進が期待されるでしょう。 既存技術の応用だけでなく、新しい技術が生まれるきっかけにも ちなみに、本共同研究は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」(STS事業)に採択されたもの。過去にTechableで紹介した同様の取り組みとしては、スマイルロボティクス株式会社の事例が挙げられます。 画像処理のAIスタートアップとして注目を集めるNavierと、...more
カテゴリー:

実用化できれば既存の空冷ファンなどが不要になり.. - 06月22日(火)09:40 

実用化できれば既存の空冷ファンなどが不要になり、電子機器の省電力化や簡易構造につながる パソコンの空冷ファンが不要になる!?発熱素子を局所冷却できる装置が登場|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
カテゴリー:

韓国、新型コロナワクチンの「交差接種」計画を発表 - 06月22日(火)07:05 

KAMUI 曰く、 中央日報の記事に依ると、韓国政府は今年4月中旬からアストラゼネカ製ワクチンを接種した約76万人に対して、2回目接種でファイザー製ワクチンを使用する計画を発表したとのこと。 韓国ではファイザーとモデルナのワクチンに加えて、アストラゼネカのワクチンが使用されているのだが、1回目の接種回数を上げるため2回目の分を使ってしまったり、そもそも確保しているワクチンより多くの予約を受け付けてしまったことなどから2回目接種の予約が一方的にキャンセルされたなどという話も出ている状況らしい。最近ではアメリカから「韓国軍向けに」と提供された100万人分のヤンセン製ワクチンを(色々と理由はあるにせよ)軍人以外に打ちまくったりもしている。 交差接種については幾つかの国などで研究が行なわれているらしいが、これだけ大規模にやるのは韓国が初めてじゃなかろうか。 すべて読む | 医療 | 関連ストーリー: 大規模接種センターの接種対象拡大、接種券配布で混乱する自治体も 2021年06月20日 新型コロナワクチンの集団免疫効果は20%から観察されはじめる 2021年06月16日 リーナス・トーバルズ氏がmRNAワクチンを解説、LinuxカーネルMLで陰謀論はするな 2021年06月15日 ...more
カテゴリー:

【経済】「ここで負けたら日本の産業界は死ぬ」 大手11社“オールジャパン”体制で量子コンピューター開発へ ★3 - 06月21日(月)19:38  newsplus

オールジャパンで量子技術イノベーション立国を目指す――。 トヨタ自動車、東芝、NTTなど日本を代表する大企業が、量子コンピューターの活用に向けて集結した。 産業界が“巨大護送船団”方式で動きだした背景には、先行する海外勢への強い危機感がある。 特集『最強の理系人材 量子エリート争奪戦』(全6回)の#1では、産学連携の最新動向を追った。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之) ■量子技術は「日本の将来の生死を決める」 国内大手11社のトップが抱く危機感  経済界の重鎮がそろい踏みする、異例の光景だった。  5...
»続きを読む
カテゴリー:

PFNが技術提供、キャラ配信の「IRIAM」が表情も含めた「AIによる自動キャラモデリング技術」をスマホで実用化 - 06月21日(月)16:20 

1枚のイラストと1台のスマホで気軽にキャラ配信が行えるアプリ「IRIAM」(イリアム。Android版・iOS版)を運営するIRIAMは6月18日、表情も含めた「AIによる自動キャラモデリング技術」のサービス提供(βテスト)を開始した。約10秒の生成速度(キャラクター生成に限る。同社調べ)・描画データ約1MBとしており、表情の生成も含める体裁でスマホ上での実用化を行ったという点で世界初の事例としている(2021年6月時点。同社調べ)。 同サービスは、Preferred Networks(PFN)による技術提供のもと、1枚のイラストを用意するだけでAIによりキャラクターを表情豊かに動かし、IRIAM上で配信できるようになったという。 手作業でのモデリングに関するコスト課題から、「AIによる自動キャラモデリング技術」の実現への注目度は高く、これまでにも数多くのアプローチが試みられてきたという。しかしその多くは生成に数時間がかかり、データ量の大きいキャラデータを扱うことになるため、スマホでのサービスの実用化水準には程遠い状態だったそうだ。 そこでIRIAMは、動画データではなくモーションデータを用いるIRIAMのキャラ配信システムの特徴を活かした独自アプローチを採用。PFNの深層学習技術によるキャラクターの自動パーツ分けと、IRIAM独自開発の表情表現用モデリング・表情表現エンジンを組...more
カテゴリー:

廃ペットボトルをバクテリアでバニラ香料「バニリン」に変換、英エディンバラ大学が実証実験に成功 - 06月22日(火)11:00 

Sami Sert via Getty Images エディンバラ大学の研究者たちは、深刻化するプラスチック汚染の問題に取り組むため、われわれ凡人には思いもよらない斬新な発想による解決策を編み出しました。それは、廃プラスチックをバクテリアによってバニラ風味の元になるバニリンと呼ばれる成分に変えてしまおうというものです。 近年の研究ではバクテリアがプラスチックの分解を手助けすることがわかってきています。たとえば日本では2016年、ゴミ集積場に存在する細菌類からペットボトルの材質(ポリエチレンテレフタレート:PET)のエステル結合を、カルボキシ基と水酸基とに加水分解する能力を持つ酵素が発見されています。また香港理工大学の研究者は、粘着性のバクテリアバイオフィルムを使用して海洋などに散らばるマイクロプラスチックを捕捉する方法を研究しています。 そして、エディンバラ大学の研究者らはやはり研究室で人工的に作り出したバクテリアを使い、ペットボトルを素早く分解するだけでなく、バニラの香りの成分であるバニリンに変換できることを実証したとのこと。この変換が大量に行えるようになれば、プラスチック廃棄物をなくし、製品や材料を使い続けることを目的とした循環型経済を促進できることも考えられます。また合成生物学の分野にもプラスの影響を与えるとレポートで述べました。 ペットボトルは毎年毎年約5000万トンが廃棄...more
カテゴリー:

【経済】「ここで負けたら日本の産業界は死ぬ」 大手11社“オールジャパン”体制で量子コンピューター開発へ ★5 - 06月22日(火)07:59  newsplus

オールジャパンで量子技術イノベーション立国を目指す――。 トヨタ自動車、東芝、NTTなど日本を代表する大企業が、量子コンピューターの活用に向けて集結した。 産業界が“巨大護送船団”方式で動きだした背景には、先行する海外勢への強い危機感がある。 特集『最強の理系人材 量子エリート争奪戦』(全6回)の#1では、産学連携の最新動向を追った。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之) ■量子技術は「日本の将来の生死を決める」 国内大手11社のトップが抱く危機感  経済界の重鎮がそろい踏みする、異例の光景だった。  5...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「ここで負けたら日本の産業界は死ぬ」 大手11社“オールジャパン”体制で量子コンピューター開発へ ★4 - 06月21日(月)21:25  newsplus

オールジャパンで量子技術イノベーション立国を目指す――。 トヨタ自動車、東芝、NTTなど日本を代表する大企業が、量子コンピューターの活用に向けて集結した。 産業界が“巨大護送船団”方式で動きだした背景には、先行する海外勢への強い危機感がある。 特集『最強の理系人材 量子エリート争奪戦』(全6回)の#1では、産学連携の最新動向を追った。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之) ■量子技術は「日本の将来の生死を決める」 国内大手11社のトップが抱く危機感  経済界の重鎮がそろい踏みする、異例の光景だった。  5...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「ここで負けたら日本の産業界は死ぬ」 大手11社“オールジャパン”体制で量子コンピューター開発へ ★2 - 06月21日(月)17:53  newsplus

オールジャパンで量子技術イノベーション立国を目指す――。 トヨタ自動車、東芝、NTTなど日本を代表する大企業が、量子コンピューターの活用に向けて集結した。 産業界が“巨大護送船団”方式で動きだした背景には、先行する海外勢への強い危機感がある。 特集『最強の理系人材 量子エリート争奪戦』(全6回)の#1では、産学連携の最新動向を追った。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之) ■量子技術は「日本の将来の生死を決める」 国内大手11社のトップが抱く危機感  経済界の重鎮がそろい踏みする、異例の光景だった。  5...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「ここで負けたら日本の産業界は死ぬ」 大手11社“オールジャパン”体制で量子コンピューター開発へ - 06月21日(月)15:35  newsplus

オールジャパンで量子技術イノベーション立国を目指す――。 トヨタ自動車、東芝、NTTなど日本を代表する大企業が、量子コンピューターの活用に向けて集結した。 産業界が“巨大護送船団”方式で動きだした背景には、先行する海外勢への強い危機感がある。 特集『最強の理系人材 量子エリート争奪戦』(全6回)の#1では、産学連携の最新動向を追った。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之) ■量子技術は「日本の将来の生死を決める」 国内大手11社のトップが抱く危機感  経済界の重鎮がそろい踏みする、異例の光景だった。  5...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる