「実用化」とは?

関連ニュース

囲碁王者に勝ったDeepMindの人工知能が、戦略ゲーム「スタークラフト2」でもチャンピオンに - 11月15日(金)08:00 

DeepMind社の人工知能が、リアルタイム型戦略ゲームスタークラフト2に挑戦し、トッププレイヤーを打ち負かした。 科学誌ネイチャーに掲載された論文では、さらなる学習によりランキング上位獲得の可能性が示されている。囲碁やチェスよりも複雑なルール下でも人工知能が人間を上回ったことで「汎用AI」実現に一歩近づいたと言える。 人工知能アルファ・スターのさらなる学習により99.8%のユーザーを上回る Googleに買収されたDeepMind社は、囲碁・将棋・チェスで人間のチャンピオンに勝利した人工知能「AlphaZero(アルファゼロ)」で話題を呼んでいたが、2019年1月にはアルファ・スターと呼ばれる人工知能プログラムを発表し、ゲームへの参入を果たした。リアルタイム戦略ゲームとして有名なスタークラフト2において、人間のトッププレイヤーと対戦し、勝利を収めている。 科学誌ネイチャーに掲載された論文では、アルファ・スターのさらなる改善が議論されており、より多くのデータを使って学習させれば、99.8%のユーザーよりも強くなり、上位200名にだけ与えられるグランドマスターの称号が獲得できる見込みだ。 意思決定に必要な情報が十分に提供されない「不完全情報ゲーム」での勝利が、実用化への道筋を示す 囲碁や将棋に比べ、スタークラフト2は相手側の戦力が把握できないという特徴がある。「不完全情報ゲーム」と呼...more
カテゴリー:

「自動運転はタクシーから」Autowareが作り出す未来 - 11月14日(木)20:00 

11月14日(木)・15日(金)の両日、東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunch Tokyo 2019。14日午前のFireside Chatでは「自動運転OS『Autoware』が作り出す未来」と題して、ティアフォー取締役会長兼CTOの加藤真平氏が登壇。自動運転の最新テクノロジーと近い将来の姿について語った。またサプライズゲストとしてJapanTaxi代表の川鍋一朗氏も登場。当日発表されたばかりの自動運転タクシーの社会実装に関する協業について、2人に語ってもらった。モデレーターはTechCrunch Japan編集統括の吉田博英が務めた。 写真左からティアフォー取締役会長兼CTO 加藤真平氏、JapanTaxi代表取締役社長 執行役員CEO 川鍋一朗氏 お年寄りから子どもまで幅広く使える自動運転へ ティアフォーは自動運転技術を開発するスタートアップ。登壇した加藤氏は、オープンソースの自動運転プラットフォーム「Autoware」の開発者でもある。加藤氏は「自動運転技術ははやっていて、いろいろなやり方がある。我々は自分たちだけで実装を目指すというよりは、まわりのパートナー企業とアライアンスを組んで、シリコンバレーや中国のテック企業と渡り合っていくという戦略で事業を進めている」と話す。 加藤氏は「自動運転はまだ今日の社会には浸透していない。現在“自動運転”...more
カテゴリー:

料理にかざして「アレルギー源」を検知。画期的デバイスに期待 - 11月14日(木)19:00 

世界的に増加傾向にあるという「食物アレルギー」。この問題に対し、イスラエルのバイオ関連スタートアップが開発研究を続けてきたデバイスに世界の耳目が集まっている。ハンディタイプの「Allerguard」は、料理の乗ったプレートに近づけるだけで、料理が発する蒸気分子を吸収してアレルギー源となる物質を特定してくれるというもの。アレルギー検知といえば、食品サンプルを採取して、そこから分析をするもののように思うが、サンプル採取の必要もなく、目の前の料理が発するおいしそうな“におい”や“湯気”(正確には蒸気)をデバイスに嗅がせるだけでAIが化学構造を分析して、食べても問題なしという許容範囲までアレルギー源を特定していくそうだ。しかも、特定までにかかる時間は約30秒というから、料理が冷める心配もなさそうだ。実際、似たような検出デバイスの開発競争が世界中のバイオ企業で起きている。だが、一般的な検出デバイスの場合、特定の食材や料理をひとつひとつ計測していくのに対し、Allerguardが画期的なのは料理が盛られたプレート全体に解析をかけ、アレルギーの特定に寄与する点。当然ながら、これは命に関わるデバイス。検知ミスがあってはならない。試作は大詰めでも、実用化にはまだ1年半ほどかかる見込み。販売予定価格は150ドルほどに抑えることを目指しているという。ちなみ...more
カテゴリー:

【がん「第5の治療法」を探る】“不治の病”を覆す分子標的治療薬の実用化 白血病の新療法「CAR-T」の可能性 - 11月14日(木)15:30 

 競泳の池江璃花子選手が闘病中の血液がんの一つ、白血病。その領域で、一部の白血病を対象として、免疫と遺伝子の2つの要素をミックスさせた斬新な治療方法が登場した。
カテゴリー:

空飛ぶバイク開発のJetPack Aviationがプロトタイプ製造へ約2億円調達 - 11月14日(木)14:45 

空飛ぶ車は、それはそれでいい。しかしその代わりにバイクがあるというき、なぜ車を使うだろうか。YCが投資しているスタートアップJetPack Aviationは世界初の空飛ぶバイクでその疑問に答えたいと考えている。このバイクはスター・ウォーズファンなら喜ぶ「Speeder」という名称の1人乗りの空飛ぶ乗り物だ。そしていま、JetPackは、シードラウンドで200万ドル(約2億円)を調達した。投資家にはDraper Associates、Skype共同創業者のJaan Tallinn氏、YC、Cathexis Ventures、そのほかエンジェル投資家らが含まれる。この資金はSpeederの初の機能試作品の開発にあてられる。 今年3月にJetPackはSpeederの計画を明らかにした。計画では、完全に安定した乗車体験となり、パイロットによる操縦と完全自動操縦のどちらにも対応する。垂直に離着陸でき、トップスピードは時速643キロに達する。ローターシステムの露出はなく、VTOLやヘリコプターよりもオペレーションは安全で簡単になる。同社は5分もかからずに燃料を補給できるとしていて、これは電動車両の充電よりもずいぶん短い。 SpeederはJetPackにとって初の空飛ぶ作品ではない。 CEOで創業者のDavid Mayman(デイビッド・メイマン)氏が率いる同社はすでにジェットパックを作...more
カテゴリー:

SpaceX、ロケット第1段とフェアリングを再使用したStarlink打ち上げミッションに成功 - 11月15日(金)07:00 

headless曰く、 SpaceXは11日、Falcon 9ロケットによるStarlink衛星60基の打ち上げミッション(PDF)をケープカナベラル空軍基地で実施した(The Verge、Ars Technica、The Register、動画)。 打ち上げが行われたのは日本時間11日23時56分。60基のStarlink衛星は約60分後に予定軌道へ投入され、打ち上げは成功した。Starlink衛星は同社が進める衛星コンステレーションによるブロードバンドサービスに使用するもので、5月の打ち上げに続く第2弾の打ち上げとなる。 今回の打ち上げで使われたFalcon 9ロケット第1段は、昨年7月のIridium-7ミッションと10月のSAOCOM 1Aミッション、および今年2月のNusantara Satuミッションの3回のミッションで使われたもので、同じロケットを4回使用するのは今回が初となる。Nusantara Satuミッションにはイスラエル・SpaceILの月探査機Beresheetも相乗りしていた。フェアリングはFalcon Heavyロケットによる4月のArabsat-6Aミッションで使用後に海上で回収されていたものだ。回収したフェアリングを再使用するのは今回が初めてだ。 ロケット第1段は打ち上げから約8分25秒後に大西洋上のドローン船「Of Course I Still...more
カテゴリー:

【朗報】iPS細胞を使った毛根再生実験、マウスに続いてヒトでも実験成功 実用化に向けて大きく前進か - 11月14日(木)19:19  livejupiter

んなわけねえだろバーーーーーーーーーーーーーーーーーーカwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ファーーーーーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ハゲざまああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ハゲ死...
»続きを読む
カテゴリー:

早大ら、単層カーボンナノチューブをより長く成長させる新触媒開発 実用化へ加速 - 11月14日(木)17:23 

早稲田大学等の共同研究グループは8日、これまで使われてきた鉄触媒に微量のガドリニウムを添加することによって、単層カーボンナノチューブをより成長させ長尺化することができる触媒の開発に成功したと発表した。
カテゴリー:

【IT】自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験 - 11月14日(木)15:02  bizplus

 KDDI、JapanTaxiなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると11月14日に発表した。2020年夏をめどに都内で実証実験を行い、22年度以降の事業化を目指す。タクシーのドライバー不足などを解決する狙い。  協業するのは、自動運転システム開発のティアフォー、配車アプリ開発のJapanTaxi、損保ジャパン日本興亜、KDDI、3次元地図開発のアイサンテクノロジー。19年から20年にかけて、自動運転システムを導入したタクシー車両を最大10台開発し、自動運転の技術レベルやリスク、運行管理のオペレーションなどについて段階的...
»続きを読む
カテゴリー:

自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験 - 11月14日(木)13:41 

JapanTaxi、KDDIなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると発表。タクシー業界のドライバー不足などの課題に取り組む。2020年夏をめどに、都内で自動運転タクシーの実証実験を行う予定。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実用化」の画像

もっと見る

「実用化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる