「開発拠点」とは?

関連ニュース

Yspace(ワイスペース) 宇宙VRを用いた理科教室で最先端の授業のサービスを開始 渋谷100BANCHにて教育事業を本格化 - 08月10日(土)09:00 

[合同会社Yspace] 合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市、共同代表:田中克明、川崎吾一、日高萌子、松広航)はこの度、VRの技術を使った新しい教育方法を開発し、理科教室として最先端...
カテゴリー:

セイノーHD/長崎市にビッグデータ・ロボット・AIなどの開発拠点開設 - 08月07日(水)11:07 

セイノーホールディングスは8月7日、長崎市内にBRAIS(Big Data、Robot、AI、IoT、Sharing)の開発拠点を開設すると発表した。 新拠点は、セイノーグループのIT企業であるセイノー情報サービスの新た […]
カテゴリー:

「宮崎ソリューションセンター」8月5日に開設 エンジニアの人材不足解消へむけたニアショアの開発拠点 - 08月05日(月)14:00 

グローバルITソリューション企業である株式会社コウェル(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣瀬 倫理、以下 当社)は、宮崎県宮崎市にニアショア開発の拠点として「宮崎ソリューションセンター」を2019年8月5日に開設することをご報告します。 さらに、宮崎市、宮崎大学、JICAが連携し取り組む「宮崎-バングラデシュモデル」を活用しバングラデシュのITエンジニアを採用すると共に、将来的にバングラデシュをオフショア開発拠...
カテゴリー:

Yspace (ワイスペース)宇宙アートの販売を開始 月面アート展を南青山のCOPER(コペル)研究所にて夏休み中の開催 - 08月05日(月)06:00 

合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市)が7月20日から8月31日までの夏休みの期間中、南青山のCOPER(コペル)研究所にて月面アート展〜アポロ50周年に見る未来〜を開催いたします。会場で展示している、月面アートは企業や一般に向けて販売もしています。Yspaceが制作する作品が一般向けに販売されるのは、今回が初めての取り組みです。
カテゴリー:

株式会社スカイウィングス、先端技術領域の海外活動を加速。オレゴン州ポートランドでのドローン国際会議、ニューヨークでのブロックチェーン国際会議へ参加 - 07月31日(水)09:00 

[株式会社スカイウィングス] 株式会社スカイウィングスは海外での活動を加速。 ドローン分野に関しては、2019年6月にオレゴン州ポートランドのインテル開発拠点(Jones farm campus)にて行われたGlobal UTM Associationの年次総会へ加盟の上...
カテゴリー:

アルテリア・ネットワークス、自社の光ネットワーク網を千葉県印西エリアおよび大阪府彩都エリアに延伸・拡張 - 08月07日(水)14:00 

アルテリア・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:株本 幸二、以下:アルテリア・ネットワークス)は、新設計画も含め多くのデータセンターが集中する、大阪府茨木市と箕面市をまたぐ彩都エリア(以下:彩都エリア)および千葉県印西市周辺エリア(以下:印西エリア)に、自社保有の光ネットワーク網の延伸および拡張を行うことで、専用線サービス等の提供環境の強化を実施します。アルテリア・ネットワークスでは、自社の光ネットワーク網を全国の主要都市間で保有していますが、お客様および市場のニーズに応えるべく、随時、ネットワーク増強および提供エリアの拡張を進めております。今般、新設計画も含めデータセンターが集中するエリアとして注目される彩都エリアおよび印西エリアへ自社光ネットワーク網を延伸・拡張することにより、データセンター利用者やデータセンターでクラウドサービスを提供する事業者等向けに、高品質かつセキュアな最大100Gbps専用線サービスの提供が短納期で可能となります。また、ご要望が多い各種クラウドサービスへの接続サービスに加え、海底ケーブルの終端である陸揚局が集中しているエリアへ容易に接続可能なため、海外への接続ニーズにも応えます。あわせてデータセンター事業者との連携・協力も深めてまいります。アルテリア・ネットワークスは、今後もお客様の成果の最大化に貢献すべく、提供サービスの利...more
カテゴリー:

青森発のがん治療薬開発拠点始動/青森大に研究所 - 08月05日(月)19:30 

免疫の働きを強める一方で副作用のない新しいがん治療薬の開発を目指す青森大学(青森市、金井一頼学長)の「青森ねぶた健康研究所」が今月開所し、5日、関係者に公開された。がん免疫学の第一人者で、今春、北海道大学から青森大薬学部教授に招聘(しょうへい)された瀬谷司氏(68)が所長に就任。「副作用のない免疫増強の新薬はまだ世界にもなく、実現すればがんは治る病気になる。最短命県という青森発の創薬で、がんを撲滅する」と意気込みを語った。最先端のがん治療薬開発拠点となる同研究所(創薬棟)は学内の一角に整備。瀬…
カテゴリー:

スマートニュースが米国市場拡大のため31億円調達、久夛良木氏招聘へ - 08月05日(月)12:13 

スマートニュースは8月5日、日本郵政キャピタルをリード投資家とした総額31億円の資金調達を実施したことを発表。今回はシリーズEラウンドとなり累計調達額は122億円。同社によると、米国でユーザー数で前年比5倍以上と拡大しており、日米合算で2000万人の月間アクティブユーザーが利用しているとのこと。 今回調達した資金は、グローバルの開発体制を構築するために使われる。具体的には、プレイステーションの生みの親である久夛良木 健氏を社外取締役として招聘する。また5月からはFacebook News Feedのインフラ責任者を務めたYoulin Li(ユーリン・リー)氏が、エンジニアリングとバックエンド、基盤開発担当のバイスプレジデント(Vice President of Engineering, Backend System and Foundation、VPoE)として参画している。 同社の拠点は現在、東京、サンフランシスコ、ニューヨークにあるが、新たにパロアルト、アジア技術開発センターとして福岡、上海、計3つの技術開発拠点も開設。エンジニアやプロダクトマネージャー、データサイエンティストなどの採用を強化しているそうだ。 米国のトラフィック解析サービスであるParse.lyが2019年1月に発表した2018年12月時点での英語圏におけるメディアへの送客元としてはスマートニュース10位にラン...more
カテゴリー:

Yspace (ワイスペース)宇宙アートの販売を開始 月面アート展を南青山のCOPER(コペル)研究所にて夏休み中の開催 - 08月05日(月)06:00 

合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市)が7月20日から8月31日までの夏休みの期間中、南青山のCOPER(コペル)研究所にて月面アート展~アポロ50周年に見る未来~を開催いたします。会場で展示している、月面アートは企業や一般に向けて販売もしています。Yspaceが制作する作品が一般向けに販売されるのは、今回が初めての取り組みです。
カテゴリー:

<福島ロボットテストフィールド>南相馬で施工中の「大水槽」に傾きやひび割れトラブル - 07月31日(水)06:05 

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興事業として、福島県などが浜通りに整備中の研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」のうち南相馬市原町区で進む水上・水中ロボット試験用の大水槽の建設工事
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「開発拠点」の画像

もっと見る

「開発拠点」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる