「研究機関」とは?

関連ニュース

水頭症の市場規模、2026年に38億4000万米ドル到達予測 - 08月16日(火)15:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「水頭症の世界市場(2022年)」(The Business Research Company)の販売を8月15日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/tbrc1105285-hydrocephalus-global-market-report.html水頭症の市場規模は、2021年の31億2000万米ドルからCAGR4.2%で成長し、2022年に32億6000万米ドルとし、さらに2026年には38億4000万米ドルに達すると予測されています。水頭症市場は、水頭症の治療に使用される水頭症治療器の販売(団体、個人事業主、提携企業)から構成されています。水頭症は、通常、脳と脊柱の空間を通過する脳脊髄液(CSF)が脳構造の空洞に蓄積し始め、様々な認知異常を引き起こす病状です。乳幼児の水頭症では、頭部が大きくなることがあり、頭痛、目のかすみ、認知機能障害、協調性喪失、失禁などを引き起こします。水頭症の主な種類は、先天性水頭症、後天性水頭症、正常圧水頭症、虚脱性水頭症があります。先天性水頭症は、生まれつきの異常や脳の奇形によって、脳のクモ膜下腔に過剰な脳脊髄液(CSF)が溜まることで起こ...more
カテゴリー:

難病患者5600人分の個人情報流出 厚労省 研究機関に誤って提供 - 08月15日(月)19:24 

 厚生労働省は15日、指定難病患者延べ5640人分の氏名や生年月日、住所などの個人情報が流出したと発表した。これらのデータを誤って大学や研究機関に提供していた。データはすべて回収し、現時点で研究者以外…
カテゴリー:

国税庁「助けて!若者が酒を買ってくれないの!!😭」 →若者対象の需要喚起へアイデアコンテスト「サケビバ!」開催へ - 08月15日(月)14:57  poverty

需要喚起へ若者のアイデアを 酒類消費減少で―国税庁 国税庁は、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催する。新たなサービスや販売戦略について若者目線のアイデアを引き出し、人口減少などで縮小傾向にある国内市場の活性化につなげたい考えだ。 特に指摘されるのが若者の「アルコール離れ」。民間の研究機関によると、若者の半数程度は日常的な飲酒習慣がないという。  そこで、酒類業界を所管する国税庁は、需要喚起に向け若者の意見を募集。コロナ禍で増えた「家飲み」に合わ...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】国税庁、陰にブチギレ「酒飲めよガキが」 - 08月14日(日)15:01  news4vip

        国税庁は、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催する。 新たなサービスや販売戦略について若者目線のアイデアを引き出し、人口減少などで縮小傾向にある国内市場の活性化につなげたい考えだ。  国税庁によると、成人1人当たり酒類消費数量は1995年度に100リットルだったが、2020年度は75リットルまで減少。 近年はコロナ禍で飲み会や外食の機会が失われ、お酒を飲まない人が増えているとみられる。  特に指摘されるのが若者の「アルコール離れ」...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】若者の「アルコール離れ」が深刻、約半数に飲酒習慣なし…需要喚起へ日本政府がアイデア募集 - 08月14日(日)13:41  newsplus

 国税庁は、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催する。 新たなサービスや販売戦略について若者目線のアイデアを引き出し、人口減少などで縮小傾向にある国内市場の活性化につなげたい考えだ。  国税庁によると、成人1人当たり酒類消費数量は1995年度に100リットルだったが、2020年度は75リットルまで減少。 近年はコロナ禍で飲み会や外食の機会が失われ、お酒を飲まない人が増えているとみられる。  特に指摘されるのが若者の「アルコール離れ」。 民間の研究機...
»続きを読む
カテゴリー:

難病患者5600人分の個人情報流出 厚労省が研究機関に誤って提供(8/15)【朝日新聞】 - 08月15日(月)21:33  newsplus

難病患者5600人分の個人情報流出 厚労省が研究機関に誤って提供 https://www.asahi.com/articles/ASQ8H6FJ7Q8HUTFL012.html 石川友恵 2022/8/15 19:24 厚生労働省は15日、指定難病患者延べ5640人分の氏名や生年月日、住所などの個人情報が流出したと発表した。これらのデータを誤って大学や研究機関に提供していた。データはすべて回収し、現時点で研究者以外への流出は確認していないという。 (略) ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

UNIPLATはDr. Maarten de Hoopを諮問委員会の新メンバーとして正式参加 - 08月15日(月)15:00 

2022年8月15日 Unify Platform AG Unify Platform AGは、SDGs関連分野に特化した研究者・起業家向けの世界初(※)のオンラインプラットホームUNIPLATのアドバイザリーボードに、米国ライス大学コンピューティング数学及び地球科学研究所所長のマーティン・デ・ホープ博士が2022年8月15日よりシニアアドバイザーの一人として正式に就任しましたことを発表いたします。 (※) Google検索結果に基づく   Dr. Maarten de Hoop   マーティン博士はオランダ出身で、1995年より米国にて勤務しています。1992年から1995年までSchlumberger Cambridge 研究所でプログラムリーダー及び上級研究員として活動し、1995年にコロラド鉱山大学に移り、波動現象研究センターの共同リーダーを務めていました。2005年に数学および地球・大気・惑星科学の教授としてパデュー大学に在籍した後、計算・応用数学センターのディレクターになりました。2015年にライス大学に着任し、現在は計算・応用数学および地球科学研究所所長を務めております。   UNIPLATは、宇宙科学界における伝説的な人物をシニアアドバイザーとしてお迎えできることを嬉しく思います。マーティン博士の洞察及び智慧により、今後のプラッ...more
カテゴリー:

国税庁「“若者のアルコール離れ”がヤバい、酒の需要を増やす案を募集する」 - 08月14日(日)16:33  livejupiter

国税庁は、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催する。新たなサービスや販売戦略について若者目線のアイデアを引き出し、人口減少などで縮小傾向にある国内市場の活性化につなげたい考えだ。 国税庁によると、成人1人当たり酒類消費数量は1995年度に100リットルだったが、2020年度は75リットルまで減少。近年はコロナ禍で飲み会や外食の機会が失われ、お酒を飲まない人が増えているとみられる。 特に指摘されるのが若者の「アルコール離れ」。民間の研究機関によると、...
»続きを読む
カテゴリー:

最近の若者「酒、クルマ、ギャンブル、風俗、興味ありません」何に金使ってるんだ? - 08月14日(日)14:55  poverty

 国税庁は、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催する。新たなサービスや販売戦略について若者目線のアイデアを引き出し、人口減少などで縮小傾向にある国内市場の活性化につなげたい考えだ。  国税庁によると、成人1人当たり酒類消費数量は1995年度に100リットルだったが、2020年度は75リットルまで減少。近年はコロナ禍で飲み会や外食の機会が失われ、お酒を飲まない人が増えているとみられる。  特に指摘されるのが若者の「アルコール離れ」。民間の研究機関に...
»続きを読む
カテゴリー:

国税庁「若者のアルコール離れが深刻!酒を飲ませるアイデアを募集する!」 - 08月14日(日)13:10  poverty

国税庁は、若者を対象に日本産酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を開催する。新たなサービスや販売戦略について若者目線のアイデアを引き出し、人口減少などで縮小傾向にある国内市場の活性化につなげたい考えだ。 国税庁によると、成人1人当たり酒類消費数量は1995年度に100リットルだったが、2020年度は75リットルまで減少。近年はコロナ禍で飲み会や外食の機会が失われ、お酒を飲まない人が増えているとみられる。 特に指摘されるのが若者の「アルコール離れ」。民間の研究機関による...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる