「研究機関」とは?

関連ニュース

中国政府系の研究機関「先月6日にしっかり注意喚起を行っていれば、世界的な感染拡大を防げた」 - 02月23日(日)16:33  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 「世界的な拡大防げた」中国の政府系研究機関が指摘  中国政府系の研究機関が先月6日に新型コロナウイルスが拡散した時期にきちんと注意喚起が行われていれば、世界的な拡大は防げた可能性があると指摘しました。  中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園は中国を含む12の国に拡散した新型コロナウイルスの遺伝情報を分析した結果を公表しました。それによりますと、ウイルスは去年12月8日と先月6日の2度にわたって広く拡散したということです。 さらに、12月初めか早ければ11月下旬にはすでに「...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナは環境に+ 中国のCO2、2週間で1億トン減少 世界排出量の6% - 02月23日(日)14:34  news

【北京AFP=時事】中国経済をまひ状態に追い込んだ新型コロナウイルスの流行が、環境にはプラスに 働いている可能性があるとの研究結果が19日、発表された。(写真は資料写真)  フィンランドの研究機関「センター・フォー・リサーチ・オン・エナジー・アンド・クリーンエア」によると、中国の 二酸化炭素(CO2)排出量は直近2週間で少なくとも1億トン減少した。これは、昨年同期の世界の排出量の 約6%に相当する。  中国で急速に感染が拡大した新型ウイルスは、これまでに死者2000人以上、感染者7万4000...
»続きを読む
カテゴリー:

ドライアイや高眼圧を検知するスマートコンタクトレンズ、中国研究機関が開発 - 02月21日(金)10:30 

スマートコンタクトレンズというと、つい最近米スタートアップがディスプレイを内蔵したタイプを発表した。視野にさまざまな情報を表示するというものだ。 しかしそうではなく、純粋に目の健康のためのスマート機能を持つコンタクトレンズを中国の研究機関が開発した。装着すると、ドライアイや高眼圧を検知して色で知らせるというものだ。 ・ドライアイを判別 開発したのは中国における科学技術分野の最高研究機関、中国科学院。どうスマートなのかというと、目の水分や圧力を感知することができるのだ。 コンタクトレンズそのものは人体に影響のないヒドロゲル素材でできている。この素材はポリマー(pHEMA)を含み、レンズは赤みを帯びた色をしている。だが25分ほど装着すると、ドライアイや高眼圧を検知した場合に色を変える。 ・眼圧が高いと緑色に ポリマーのナノ構造が水分やプレッシャーに敏感に反応するようになっていて、目の中に入ってきた光を反射する際に色が変わる。具体的には、水分が少ないとき、つまりドライアイのときレンズは青色になる。そして、眼圧が高いときは緑色になる。 ドライアイは目が疲れやすくなり、また傷がつきやすくなる病気。一方、眼圧が高いと緑内障や網膜剥離につながりやすい。 どちらも、点眼などで症状をコントロールすることが可能で、進行させないためには早期に発見することが重要になってくる。その際に役立てられるのが今回の...more
カテゴリー:

台湾のバイオテクノロジー産業が団結、新型コロナの検査薬・ワクチン開発が焦点に - 02月21日(金)00:00 

新型コロナウイルスによる肺炎の脅威に対して各国が防疫体制を強化する中、ウイルスに対抗するためのワクチン開発などで各国が競っている。マスクや防護服、赤外線体温計、ハンドクリーナー、ゴーグルなどの基本的な防疫アイテム以外に、検査試薬や治療薬、ワクチンの開発こそがウイルスの感染拡大に対抗するためのカギとなる。   台湾で医薬品を創るバイオテクノロジー産業の国家衛生研究院、財団法人生物技術開発中心(センター)などの研究機関と、国光生物科技、高瑞疫苗生物製剤、亜諾法生技、台康生技、台湾圓點奈米技術などの企業は今回の新型コロナウイルスによる肺炎が伝わると直ちにこれに対抗するため台湾の代表チームとも呼ぶべき体制を整え、検査試薬、ワクチン、治療薬の3つの方向で開発に取り組んでいる。   国家衛生研究院は同時に様々な治療薬とワクチンを研究開発しており、新型コロナウイルスによる肺炎に効果的な薬物の早期発見を目指している。200種以上の薬物を選出して動物実験を行うほか、新型肺炎の治療が期待できる開発中の抗ウイルス薬「レムデシビル」についても積極的に原料を集めて合成を進めている。20日にはミリグラム単位での合成に成功、純度も97%に達したことが明らかになった。2週間以内にグラム単位での合成が出来る見通しで、台湾での生産も視野に入った。将来の備蓄も可能になる。   生物技術開発...more
カテゴリー:

中国経済をまひ状態に追い込んだ新型コロナウイルスの流行、環境にはプラスに働いている可能性 CO2排出量激減 - 02月20日(木)17:57  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000022-jij_afp-sctch 【AFP=時事】中国経済をまひ状態に追い込んだ新型コロナウイルスの流行が、環境にはプラスに働いている可能性があるとの研究結果が19日、発表された。 【写真】新型ウイルスパニック、世界各地のチャイナタウンが閑古鳥  フィンランドの研究機関「センター・フォー・リサーチ・オン・エナジー・アンド・クリーンエア(CREA)」によると、中国の二酸化炭素(CO2)排出量は直近2週間で少なくとも1億トン減少した。これは、昨年同期の世界の排出量の約6%に相...
»続きを読む
カテゴリー:

「初期に注意喚起していれば世界的な拡大防げた」中国の政府系研究機関、11月下旬にはヒトヒト感染の可能性指摘 - 02月23日(日)15:45  newsplus

 中国政府系の研究機関が先月6日に新型コロナウイルスが拡散した時期にきちんと注意喚起が行われていれば、世界的な拡大は防げた可能性があると指摘しました。  中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園は中国を含む12の国に拡散した新型コロナウイルスの遺伝情報を分析した結果を公表しました。それによりますと、ウイルスは去年12月8日と先月6日の2度にわたって広く拡散したということです。さらに、12月初めか早ければ11月下旬にはすでに「ヒトからヒト」へ感染していた可能性があるとしました。 2度目に拡散した先月6日のタイミン...
»続きを読む
カテゴリー:

中国 新型コロナのワクチン開発に全力。現在動物実験段階、早ければ4月にも臨床試験開始 - 02月21日(金)23:41  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 中国 新型ウイルスのワクチン開発に向け 4月にも臨床試験へ 中国政府は新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた臨床試験を早ければ、ことし4月下旬に始められるという見通しを明らかにしました。 これは中国政府の担当部門が、21日の記者会見で明らかにしたものです。 それによりますと、新型コロナウイルスのワクチンの開発については国内の複数の研究機関が並行して進めていて、一部はすでに動物実験の段階に入っているということです。 そのうえで早ければ、ことし4月下旬から5月に一...
»続きを読む
カテゴリー:

新型肺炎で日本のメディアがほとんど報じていない検査体制の真実 - 02月21日(金)05:00 

すべてが後手後手に回り、海外からの強い批判の声も聞こえ始めた日本政府の新型肺炎への対応。安倍政権は、なぜ今回の「危機管理」でこのような失態を晒してしまったのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』でその原因を検証するとともに、日本のマスコミがほとんど報じていない「事実」を紹介しています。 新型コロナ大量検査体制の確立を急げ 新型コロナウイルス感染症について、加藤厚労大臣が「受診の目安」なるものを発表した。 「37.5度以上の発熱が4日以上続く方、強いだるさや息苦しさ呼吸困難がある方はセンターにご相談ください」。 センターとは「帰国者・接触者相談センター」という、いまだ“湖北省しばり”から逃れられない名前をつけた相談受付窓口である。 ご親切な指針。結構なことである。ならば、37.5度以上の発熱が4日以上続いてセンターに電話したら、どういう答えが返ってくるのだろう。そう思うと、不安になる。 ふつうの風邪なら3日で熱は下がるはずだから、4日以上としたのだろうが、それだけで新型コロナの感染が強く疑われるかというと、そうでもない。他の疾患でもそのような症状はあるだろう。 なにより、ウイルスの遺伝子検査をしなければ、確かなことはわからない。だからといって、すぐに検査に案内してくれるのだろうか、どこそこの病院へ行ってくださいと的確な指示をしてくれる...more
カテゴリー:

「世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 - 02月20日(木)18:00 

2020年2月20日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月20日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。安定同位体標識化合物の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別・英語タイトル:Stable Isotope Labeled Compounds Market by Type (Carbon 13, D, Oxygen 18, N15),...more
カテゴリー:

【環境】新型コロナ流行で中国の排出量激減、研究 - 02月20日(木)14:53  newsplus

【2月20日 AFP】中国経済をまひ状態に追い込んだ新型コロナウイルスの流行が、環境にはプラスに働いている可能性があるとの研究結果が19日、発表された。  フィンランドの研究機関「センター・フォー・リサーチ・オン・エナジー・アンド・クリーンエア(CREA)」によると、中国の炭素排出量は直近2週間で少なくとも100万トン減少した。これは、昨年同期の世界の排出量の約6%に相当する。  中国で急速に感染が拡大した新型ウイルスは、これまでに死者2000以上、感染者7万4000人以上を出した。この影響で石炭・石油の需要...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「研究機関」の画像

もっと見る

「研究機関」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる