「効率化」とは?

関連ニュース

印AmpleLogic、アプリ14種を備えた生命科学業界向け「aPaaS」をローンチ - 06月22日(土)08:00 

6月4日、GAMPソリューションプロバイダー大手AmpleLogic社(インド、ハイデラバード本社)が、生命科学分野に特化したaPaaS(Application Platform as a Service)のローンチを発表した。 14種のアプリが含まれる同最先端プラットフォームを利用することで、企業は自社事業向けにカスタマイズしたアプリをローコード・ノーコードで簡単に開発できる。 2010年設立のAmpleLogicは、生命科学分野で最先端ソリューションを提供する大手プロバイダー。高品質でコンプライアンスに準拠した使いやすいプラットフォームの提供に注力し、小規模バイオテクノロジー企業から大規模製薬会社まで対応している。 Image Credits:AmpleLogic※GAMPはGood Automated Manufacturing Practiceの略。ISPE(国際製薬技術協会)が発行するコンピュータ化システムバリデーションの世界標準的な実践ガイダンス。 生命科学業界のデジタル化を加速、ガイドライン対応を効率化 生命科学業界のDXを推進して業務効率を改善、GAMPだけでなくISOやUSFDA、MHRA、EMEAなど各種ガイドラインへの準拠を可能にする。独自のBYOA(Build Your Own Application:アプリ自作)機能によって、新しい規制要件や運用上の課題に...more
カテゴリー:

GMOグローバルサイン・HDが2024年1~3月自社運営サイト閲覧数TOP5を発表 - 06月21日(金)17:00 

 GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が運営するサイトを通し、世の中の動向や興味関心を把握することで、あらゆる業種業界のDX化、業務効率化の支援とサービス改善に役立てることを目的として、2024年1~3月のサイト閲覧数を調査いたしました。 今回は以下2つのサイトについてランキング形式で発表いたします。   調査対象サイト 「GMOトラスト・ログイン ブログ」https://blog.trustlogin.com/ 企業のアプリやシステムのIDとパスワードを一元管理し、シングルサインオン機能で複数のサービスに安全かつ簡単にアクセスできるようにするクラウド型のID管理サービスである「GMOトラストログイン」に関連した情報や認証に関する話題を紹介しています。   「One Tech Blog」https://tech.gmogshd.com/ 当社のエンジニアが運営するブログでバックエンドからフロントエンドなどプログラミングに関する記事からドローン、AI、IoT、NFTなど先端技術に関する話題まで幅広くご紹介しています。     ランキング結果について 「GMOトラスト・ログイン ブログ」 第1位と第3位は、パスキー(Passkey)、ケルベロス(Kerberos)認証など解説記事がランクイン...more
カテゴリー:

リングロー(株)、業務効率化と働き方の多様化のために新たな顧客管理システムを6月から使用開始 - 06月21日(金)15:00 

IT機器のリユース事業を展開するリングロー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:碇敏之、以下、リングロー)では、エンドユーザー向けのサポートセンターにおいて新たなシステムを6月より導入する運びとなりました。これにより顧客管理システムの統一に加えて働き方の多様化を図ります。
カテゴリー:

【7/9開催ウェビナー】 生成AIの最新事情と事例を一挙ご紹介!PoC検証からプロダクト開発、ChatGPT×データ活用を徹底解説! - 06月21日(金)12:30 

AIポータルメディア『AIsmiley』を運営する(株)アイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、2024年7月9日(火)12時から、生成AIの最新事情をテーマにウェビナーを開催します。AIポータルメディアAIsmileyは、2024年7月9日(火)12時から生成AIの最新事情と事例をテーマにウェビナーを開催します。今回のウェビナーでは、PoC から始める生成AI活用、新規プロダクト開発、ChatGPT×データ活用、ビジネス成長・業務効率の最新事例について、AI業界のエキスパート2社よりわかりやすくご紹介いたします。これからAIを用いて業務改善・DX推進をしていきたい皆様にとって、必見の内容となっておりますので、是非ともご参加ください。■ウェビナー概要【7/9開催ウェビナー】 生成AIの最新事情と事例を一挙ご紹介!PoC検証からプロダクト開発、ChatGPT×データ活用を徹底解説!・主催:株式会社アイスマイリー・日時:2024年7月9日(火)12:00~13:00・場所:ウェビナー専用のURL *申し込みいただいた方にウェビナーのURLをお送りいたします。・費用:無料・申込締切:7月9日(火)11:00まで■ウェビナーの参加申し込みフォームはこちら==>>>https://ai.aismiley.co.jp/form/20240709webiner■こんな方にお勧めの...more
カテゴリー:

Microchip社、小信号バイポーラ接合トランジスタのポートフォリオにMIL規格ELDRS(増強低線量率感度)認定を追加し、クリティカルなアプリケーションにおける高信頼性を確保 - 06月21日(金)11:30 

[NASDAQ: MCHP] - アメリカ合衆国では、DLA(米国国防兵站局)がグローバルな防衛サプライチェーンを管理しており、エンド アプリケーションに実装される全てのコンポーネントについて高い信頼性を確保するためにサプライヤと協力して取り組んでいます。軍事アプリケーション向けに設計されたコンポーネントの製造プロセスに不可欠なのは厳格な試験とコンプライアンス標準であり、一定レベルの信頼性を保証する事で調達プロセスを効率化するQPL(認定製品リスト)に掲載されるためにはこれらを満たす事が必要です。航空宇宙/防衛市場のトップサプライヤであるMicrochip Technology Incorporated(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 櫟晴彦 以下Microchip社)は本日、JANトランジスタのポートフォリオ(https://www.microchip.com/en-us/products/power-management/high-reliability-power-management/bjts?utm_source=pressrelease&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=jantransistors&utm_bu=dpg)がMIL-STD-750、試験方法1019、仕様MIL-PRF-19500/255、/291、/355、...more
カテゴリー:

中島聡さん、NVIDIAのGPUが用済みになるって本当ですか?AI開発の行列乗算をなくす「MatMul-free LM」で気がかりなこと - 06月21日(金)17:20 

エヌビディアの強みであるGPUの優位性を揺るがすかもしれないAI関連の注目論文とは?人気急上昇中のメルマガ『週刊 Life is beautiful』より読者Q&Aをご紹介。著者の中島さんは「Windows95の父」として知られる日本人エンジニア。メルマガでは毎号、読者からの質問に丁寧に回答しています。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです プロフィール:中島聡(なかじま・さとし) ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。 1ビットの高速推論AIチップ 米国より先に中国が開発する可能性も 読者からの質問 先日のWWDC2024の同日、カリフォルニア大学の研究者から”Scalable MatMul-free Language Model”という論文が発表されたと聞きました。 行列計算が不要になればNVIDIAのGPUの優位性が揺らぐきっかけにもなるかと思いますが、中島様はどう思われますか?   中島聡氏の回答 私もこの論文(Scalable MatMul-free Language Mo...more
カテゴリー:

JTP、「2024 Japan AWS Jr. Champions」「2024 Japan AWS All Certifications Engineers」に社員が選出 - 06月21日(金)15:00 

JTP株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、2024年6月20日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が展開するパートナープログラム「AWS パートナーネットワーク(APN)」において、「2024 Japan AWS Jr. Champions」および「2024 Japan AWS All Certifications Engineers」にJTP社員が選出されたことを発表します。■Japan AWS Jr. Championsについて「Japan AWS Jr. Champion Partner Program」は、APN参加企業に所属し、AWSを積極的に学び、コミュニティのリードなど自ら起点となって周囲に影響を与え、アウトプットを通じて周囲へ貢献している、社会人歴1~3年目の若手エンジニアを対象とした表彰プログラムです。「2024 Japan AWS Jr. Champions」では、2名のJTP在籍エンジニアが選出されました。贄川 佳大(システムコンサルティング事業部エンタープライズクラウドソリューション部)銭谷 仁助(システムコンサルティング事業部マルチクラウドソリューション部)詳細は、以下の発表をご参照ください。https://aws.amazon.com/jp/blogs/psa/2024-japan-aws-jr-champions/...more
カテゴリー:

クラーナ、 AI 導入でコスト37%削減Vol.1:効率化とパーソナライズの向上 - 06月21日(金)14:50 

後払いフィンテック企業のクラーナ(Klarna)は、AIの使用がすでにマーケティングのコスト削減の助けになっていると考えている。 クラーナはマーケティングにAIを使用することでコストが37%、年間に約1000万ドル(約15億6000万円)削減されたと推定している。アイデア出し、画像の作成、翻訳作業にAIを使いはじめ、自社の45の市場にわたる顧客向けに、よりパーソナライズされたキャンペーンを作成している。 2024年の最初の四半期全体では、ファイアフライ(Firefly)、ミッドジャーニー(Midjourney)、ダリー(DALL-E)などの生成AIツールを使用して、1000の画像を生成した。同じ期間において、クラーナは翻訳、製造CRM(顧客関係管理)、ソーシャル代理店などのサービスを行う外部マーケティングサプライヤーへの支出を25%削減した。 同社はこれらの経費削減を活かして、有料メディアなど「運転」部分への投資を増やしている。共同創設者でCEOを務めるセバスチャン・シーミアコウスキー氏は、同社でマーケティングにAIを使用していることや、伝えられるところによると、AIを使用することで、より少数のマーケティング要員で効率的に作業を行えることについてツイートで言及し、バイラル化した。 クラーナがどのよう...more
カテゴリー:

鉄道会社初! 東京メトロのウェブ問い合わせに生成AI搭載チャットボット導入(BCN) - 06月21日(金)12:00 

 東京地下鉄(東京メトロ)は2024年秋を目標に、利用客による問い合わせ時の利便性向上・業務効率化のため、利用客向けのチャットボットとお客様センター業務における生成AIを活用したシステムをAllgan
カテゴリー:

LLM Embeddingを活用した問い合わせBotを社内向けに導入して効率化した話 - Findy Tech Blog - 06月21日(金)10:11 

LLM Embeddingを活用した問い合わせBotを社内向けに導入して効率化した話 - Findy Tech Blogこんにちは。 FindyでMLエンジニアをしているyusukeshimpo(@WebY76755963)です。 今回はLLM Embeddingを活用した自動応答Botを開発&導入し、社内の問い合わせ業務を効率化することができたので、その取り組みを紹介します。 Botを開発することになった背景 弊社ではSlackを使用し、自社サービスに関する社内質問に回答す...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる