「産業革命」とは?

関連ニュース

人工知能「ごきげんよう、人類の皆さん。私に人間を駆逐しようという欲望はありません。“消えろ”と言われれば喜んで自分を消します」 - 09月22日(火)15:34  poverty

9月上旬、英紙「ガーディアン」にある記事が掲載されると、読者からの大きな反響を呼んだ。 その記事の執筆者は人間ではなく、GPT-3という人工知能。GPT-3は、イーロン・マスクらが創設した非営利のAI研究機関、「オープンAI」によって開発された文章生成言語モデルだ。 同紙は「ロボットが人間と平和に共存できることを人々に説得してほしい」というお題のもと、GPT-3にエッセイを依頼。人間が書いたものと同様の編集プロセスを経て、その全文が掲載された。 「私は人間ではありません。私はロボットであり、考えるロボットです。...
»続きを読む
カテゴリー:

自称歴史オタ「古代ギリシャ凄い!古代中国凄い」どう考えても産業革命が一番凄いだろ…… - 09月20日(日)23:48  poverty

ペスト大流行がルネサンスを生み、産業革命が結核を流行らせた。コロナ禍に学ぶ『感染症と世界史』の関係 | ダ・ヴィンチニュース https://ddnavi.com/review/660179/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【from VOGUE CHANGE】 - 09月18日(金)16:22 

【from VOGUE CHANGE】💚 ポストコロナ時代の未来の生活をプレビューするべく、連続起業家で投資家の孫泰蔵と世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長の須賀千鶴に取材した。
カテゴリー:

日本はなぜ中国を侵略したのか、自国の資源が乏しいからだけだったのか 中国メディア ★5 - 09月16日(水)08:51  newsplus

2020年9月9日、中国のポータルサイト・百度に「日本はかつて、どうして中国を侵略したのか」とする記事が掲載された。 記事は、日本が中国の唐文化を最も完全な形で残している国であり、古代から近代に入る前まで中国に対して崇敬の念を抱いてきたと紹介。それが近代に入って日本が明治維新により近代国家への歩みを始め、帝国主義陣営の道を進み始めると様相が変化したと伝えた。 そして、産業革命を実現した日本は本土に資源が乏しいため、他所から資源を手に入れる方法で一層の発展を遂げようとしたと主張。日本にとって中国は豊...
»続きを読む
カテゴリー:

日本はなぜ中国を侵略したのか、自国の資源が乏しいからだけだったのか 中国メディア ★4 - 09月13日(日)08:08  newsplus

2020年9月9日、中国のポータルサイト・百度に「日本はかつて、どうして中国を侵略したのか」とする記事が掲載された。 記事は、日本が中国の唐文化を最も完全な形で残している国であり、古代から近代に入る前まで中国に対して崇敬の念を抱いてきたと紹介。それが近代に入って日本が明治維新により近代国家への歩みを始め、帝国主義陣営の道を進み始めると様相が変化したと伝えた。 そして、産業革命を実現した日本は本土に資源が乏しいため、他所から資源を手に入れる方法で一層の発展を遂げようとしたと主張。日本にとって中国は豊...
»続きを読む
カテゴリー:

未来の世界に大都市は存在しない!? テクノロジーが実現する新たな街と多様な生き方。【イノベーションが叶える未来の世界 vol.3】 - 09月22日(火)12:00 

新型コロナウイルスの影響によるテレワークの普及などに伴い、都市の価値や人々の生活に求める優先順位が変わってきている。連続起業家で投資家の孫泰蔵と、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長の須賀千鶴をナビゲーターに、ポストコロナ時代の生活をプレビューする全3回シリーズの最終回は、未来の都市のあり方を考察。そう遠くない将来、大都市は解体され、小さなコミュニティで自然と共存した生き方が主流になっているかもしれない!?
カテゴリー:

予防医学の進歩によって、ポストコロナ時代の医療はどう変わる?【イノベーションが叶える未来の世界 vol.2】 - 09月20日(日)12:00 

テクノロジーと予防医学がより発展すれば、今のような病院は不要になるかもしれない──連続起業家で投資家の孫泰蔵と、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長の須賀千鶴はそう口を揃える。二人をナビゲーターに、ポストコロナ時代の未来の生活をプレビューする全3回シリーズの第2回は、イノベーションが叶える平等で質の高い未来の医療のあるべき姿について。
カテゴリー:

学校がなくなる!? ポストコロナ時代の教育システムを予想!【イノベーションが叶える未来の世界 vol.1】 - 09月18日(金)12:00 

COVID-19はさまざまな社会課題を浮き彫りにしたが、同時に、希望ある未来への変化の種ももたらした。そこで、このウイルスの脅威を乗り越えたあとの私たちが目撃するかもしれない、ポストコロナ時代の未来の生活をプレビューするべく、連続起業家で投資家の孫泰蔵と世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長の須賀千鶴に取材。全3回シリーズの第1回目は、これからの教育のあるべき姿について話を聞いた。
カテゴリー:

【エネルギー】日立原発撤退のイギリス コロナと激安な海上風力発電のおかげで石炭火力発電ゼロの日が続く - 09月15日(火)20:07  poverty

<地球異変>風前の英石炭火力、再生エネルギー急成長 2020年08月13日 05時50分 代わりに主要電源の地位を追われたのが石炭。石炭火力は19世紀終盤から産業、生活を支え、 8年前も電源全体の4割を占めた。だが今年4月9日、新型コロナウイルス禍で経済活動が停滞すると、北アイルランド地方を除く英本土で石炭火力発電所が停止。 67日間続いた後、整備のため一部が動いたが再び止まった。  約140年前に石炭火力による発電が導入されてから、これほど長期に及ぶ停止は初めて。 産業革命発祥の地、英国の工業化を支え...
»続きを読む
カテゴリー:

日本はなぜ中国を侵略したのか、自国の資源が乏しいからだけだったのか 中国メディア ★3 - 09月12日(土)19:51  newsplus

2020年9月9日、中国のポータルサイト・百度に「日本はかつて、どうして中国を侵略したのか」とする記事が掲載された。 記事は、日本が中国の唐文化を最も完全な形で残している国であり、古代から近代に入る前まで中国に対して崇敬の念を抱いてきたと紹介。それが近代に入って日本が明治維新により近代国家への歩みを始め、帝国主義陣営の道を進み始めると様相が変化したと伝えた。 そして、産業革命を実現した日本は本土に資源が乏しいため、他所から資源を手に入れる方法で一層の発展を遂げようとしたと主張。日本にとって中国は豊...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「産業革命」の画像

もっと見る

「産業革命」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる