「産業革命」とは?

関連ニュース

総務省、「異能vation」とかいうクッソ寒いネーミングの実施機関募集 - 01月25日(土)11:21  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/3.gif 総務省では、「人工知能には予想もつかないような、これまでにない課題で未来を拓く方々を「発掘」し、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、 大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援し、異色多様な「挑戦」を地球の隅々まで発信」する「異能vation」に係る業務実施機関を公募します。 第4次産業革命時代に突入し、地球規模の産業構造変革が起きている中、我が国の国際的な競争力と経済成長を維持するため、 既存市場等を劇的に変化させる破壊的イノベーション...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】「子供を産まないほうが地球環境にとって倫理的だ」 グレタさんに便乗して「終末論」を煽る活動家たち - 01月24日(金)20:12  newsplus

1月21日に開かれた世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)の演説で、企業幹部らを痛烈に批判したスウェーデン人の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(17歳)。まるで彼女の予言が的中したかのように、オーストラリアの森林火災が拡大し続けている。 そして多くのメディアが今回の大規模森林火災について、「世界の終わり」の予兆を見いだしたかのような論評をしている。曰(いわ)く「地球の恐ろしい未来を予言している」「まるで世界の終わりだ」「温暖化が進む地球の未来である」etc――。彼女の言動をめぐって日々世...
»続きを読む
カテゴリー:

公益社団法人 東京青年会議所 経済政策委員会が2月17日に例会を開催。中小企業が直面する産業構造の変化をイノベーションで乗り越えビジネスチャンスの拡大方法を学ぶ。 - 01月23日(木)17:00 

公益社団法人 東京青年会議所(東京JC)の経済政策員会では、中小企業が第4次産業革命の変化に柔軟に対応しきれていない課題に対して、イノベーションに向けた活動を促進するために2月例会を開催します。2月例会は、「中小企業よ、新たな時代を切り開け!~イノベーション最前線~」と題して、1部で(株)ユーグレナの出雲充氏の基調講演、2部で出雲氏に加えて(株)ナビットの福井泰代氏、レキオ・パワー・テクノロジー(株)の河村哲氏、eiicon companyの中村亜由子氏のパネルディスカッションを予定しています。まさにイノベーションを起こし続けている実務家の方々にご登壇頂き、中小企業の現状を把握しつつ、イノベーションの概念、必要性、阻害要因の克服方法等を余すところなくディスカッションしていただきます。■第4次産業革命の影響に伴う産業構造の変化について本例会のターゲットは、都内企業数の99%を占める中小企業とします。中小企業は、革新的な製品やサービスを創り出すとともに、地域の経済を活性化し、雇用を守るなど、東京の産業の基盤として不可欠な存在となっています。残りの1%の大企業は第4次産業革命と呼ばれる大きなイノベーションを生み出し、競争力をますます強化しています。一方中小企業は、第4次産業革命の影響に伴う産業構造の変化に直面しており、社会経済環境の変化を新たな事業展開のチャンスに変えることができず、新し...more
カテゴリー:

【IT】DXの時代なのに経営者は「年功序列」でよいのか、雇用制度を見直す前に考えよ - 01月22日(水)19:28  bizplus

経団連は2020年の春季労使交渉において新卒一括採用や終身雇用、年功序列を柱とする日本型雇用制度の見直しを提起するという。背景にあるのはデジタル化による産業構造の変化だ。  日本型雇用制度が今の時代にそぐわなくなっているのは事実だ。「第四次産業革命」などと大仰な言葉を使うまでもない。今のデジタル化は過去の工業化に匹敵する影響を産業にもたらすのは、誰の目にも明らかだ。だからこそ多くの企業がビジネス構造を変革しようと、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。  だが日本型雇用制度を...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】安倍政権、増税しといて若者もジジイもまとめて社会保障減らす模様  - 01月22日(水)11:08  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/3.gif 内閣最大のチャレンジ「年内実行」宣言 安倍首相が通常国会召集日に行なう施政方針演説の概要について、16日判明。 「内閣最大のチャレンジ」と述べていた「全世代型社会保障制度」を年内に実行するという。国家戦略として、人工知能やビックデータを活用する「第4次産業革命」に取り組み、技術革新を図る狙いだ。 また、「現役世代の負担上昇に歯止めをかけるのは待ったなしの課題」と語り、年金受給開始の選択肢を75歳からに広げることになるとのことだった。 「社会保障のため」といって増税し...
»続きを読む
カテゴリー:

戦略コンサルも驚く、『獺祭』の旭酒造が達成した戦略的到達点 - 01月25日(土)09:00 

現代の企業は情報化社会、第三次産業革命の渦中にあります。かつてのような理念や考え方では、到底生き抜いていくことはできません。どんなに大きな企業、世界的な企業でも、それを見誤ってしまうと取り返しのつかないことになってしまうのです。無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』の著者である浅井良一さんは、「戦略的到達点」を考え抜き見極められるかがポイントであると解説。浅井さんはトヨタや旭酒造などの例を挙げ、ドラッカーの論も踏まえて論じています。 変化する成長局面 社会が“変化”する中で「生活者により大きな満足を提供できる要件また条件は自ずから“変化”する」のは自明の摂理で、社会への貢献が使命であり目的でありかつ存続の必須条件である企業にとっては“変化”を活かすことは基本中の基本の原則と言えます。ITが質・量ともに変化しており“変革”のスピードは増しています。 トヨタの豊田章男社長は、こんなことをコメントしています。 「100年に一度」と言われる大変革の時代に直面し、全世界におけるトヨタグループの新車販売台数が1,000万台を超えた今、私たちには、既存のビジネスを維持・発展させながら「モビリティカンパニー」への“変革”に挑戦することが求められております。 第2次産業のトヨタが、これほどまでに“革新”を表に出して“危機感”を持っていることに、さすがだと感心させられます。生き残るには成長するには...more
カテゴリー:

「1日5時間労働が理想」「人生スッカスカだ」に賛同相次ぐ 「まずは1日8時間の徹底が先」という意見も - 01月23日(木)22:47  poverty

労働基準法では労働時間を「原則として、1日に8時間」としているが、8時間という時間に対して疑問を持つ人は多い。2ちゃんねるには5月21日、「仕事って5時間ぐらいが理想だよな」というスレッドが立ち、スレ主は、 「9~17とか長すぎ人生が勿体ない」 「ただでさえ睡眠時間で6時間は食われるのに それ以上の時間を仕事に食わせるとか人生スッカスカになるやろ」 と思いを綴ったところ、賛同する人が続出。スレッドは盛り上がりを見せている。 「通勤も考えたら9~16時でもええな」という提案も 8時間労働ですらイヤ。 8時間労...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブロックチェーン権利章典」、世界経済フォーラム第4次産業革命センターが起草 - 01月23日(木)10:00 

世界各国の公共・民間部門、学界の代表者200人以上で構成され、先進技術のガバナンスを形成する世界経済フォーラム第4次産業革命センターに所属するグローバルブロックチェーン評議会は、「ブロックチェーン権利章典」の草案を作成している。1月20日、Coindeskが伝えている。 ブロックチェーン技術はバズワードから実用化フェーズに移行しようとしている。2022年までに予想される支出は124億ドル(IDC社調べ)とされ、Facebook、各国の中央銀行など世界的プレイヤーによる意思決定は、今後数年間にブロックチェーン人口を大幅に増加させる可能性がある。 WEFのブロックチェーン部門の責任者であるシェイラ・ウォーレン氏は、適切に設計されたブロックチェーン技術の権利原則がなければ、重大かつ広範囲な悪影響をもたらすと警告する。 実際に仮想通貨業界はユーザー保護の欠落による悪影響を経験した。2017年~2018年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)ブームに、詐欺やハイプ(実現性を考慮していないビジネスモデル)が横行して、多くの投資家が損失を被った。Satis Groupの調査によると、2017年に実施されたICOの80%以上が詐欺とされた。 ウォーレン氏は、ブロックチェーン技術が拡大する際に直面し得る3つの脅威を挙げた。1つはハッキングに代表される「ユーザーにかかるリスク」。2つ目は「革新的...more
カテゴリー:

グレタさん、ダボス会議で演説 「今すぐに行動を」 - 01月22日(水)17:00 

環境危機を訴えるスウェーデンの活動家グレタ・トゥーンベリさん(17)が21日、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説し、地球温暖化対策が何も進んでいないとして各国首脳らを叱責(しっせき)した。 演説では、国連の気象変動に関する政府間パネル(IPCC)が2018年に出した報告書を改めて引用した。それによると、世界が産業革命前からの気温上昇を1.5℃以内に抑えるには、二酸化炭素(CO2)を...
カテゴリー:

安倍首相「全世代型社会保障」宣言も、国民は「もう騙されない」 - 01月17日(金)17:28 

「全世代型社会保障制度」の実現に向けた改革を年内に実行すると安倍晋三首相が表明したと共同通信、東京新聞などが報じた。具体的には、年金受給開始の選択肢を75歳からに広げる点などを述べた。 全世代社会保障へ改革着手 - 施政方針演説の概要判明https://t.co/WmbVb3K1My — 共同通信公式 (@kyodo_official) January 16, 2020 内閣最大のチャレンジ「年内実行」宣言 安倍首相が通常国会召集日に行なう施政方針演説の概要について、16日判明。「内閣最大のチャレンジ」と述べていた「全世代型社会保障制度」を年内に実行するという。国家戦略として、人工知能やビックデータを活用する「第4次産業革命」に取り組み、技術革新を図る狙いだ。また、「現役世代の負担上昇に歯止めをかけるのは待ったなしの課題」と語り、年金受給開始の選択肢を75歳からに広げることになるとのことだった。 全世代型社会保障制度とは 高齢者の就労を促進し、「社会保障の支え手を増やす」ことや、負担能力がある人には年齢問わず多く負担してもらう「応能負担」を2本柱として打ち出しているのが、「全世代型社会保障制度」だ。 たとえば、就労促進策では、希望する70歳まで働き続けられるよう機会の確保を企業の努力義務にするという内容。これについて安倍首相は「意欲ある皆さんが働き続けられる生涯現役の社会をつくり上...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「産業革命」の画像

もっと見る

「産業革命」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる