「自動化」とは?

関連ニュース

勾配降下法を使用する機械学習モデルに、誤った識別をさせるような入力を作成することが可能な問題 - 03月31日(火)08:00 

昨今では機械学習による分類や評価の自動化が実用段階になっているが、勾配降下法を使用する機械学習モデルには誤った識別をさせるような入力を作成できるという問題があるという(JVNVU#99619336)。 この問題は以前より指摘されており、2016年には顔認識に対する攻撃についての論文が、2018年には音声認識(音声からのテキスト自動作成)における攻撃についての論文が発表されている。過去にはカメラやセンサーを騙すことでTeslaのAutopilotを混乱させる攻撃という話題もあったが、これも機械学習アルゴリズムの誤認識を悪用したものだった。 対策としては攻撃に使われる入力をあらかじめ学習させておくことや、多層防御などが推奨されている。 すべて読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | 人工知能 | 関連ストーリー: IBM、「ロボットが感情を持っている」と人間が錯覚してしまうことを防ぐ特許を取得 2020年01月24日 カメラやセンサーを騙すことでTeslaのAutopilotを混乱させる攻撃 2019年04月05日 中国・寧波の歩行者信号無視監視システム、バスのラッピング広告に印刷された人物を違法横断者と誤認識 2018年11月24日 ...more
カテゴリー:

JIG-SAWのIoTエンジン「neqto:」が、「Impress DX Awards 2019」における「エッジコンピューティング/デバイス部門」でグランプリを受賞 - 03月30日(月)14:00 

このたび、JIG-SAW株式会社(以下、JIG-SAW)の自律自走型IoTエンジン「neqto:」が、株式会社インプレス(以下、インプレス社)が主催するImpress DX Awardsにおいて、エッジコンピューティング/デバイス部門でグランプリを受賞いたしました。インプレス社ニュースリリースhttps://www.impress.co.jp/newsrelease/2020/03/20200330-01.htmlImpress DX Awards 2019(2020年3月30日発表)エッジコンピューティング/デバイス部門 グランプリ受賞者:JIG-SAW※同賞の昨年度受賞企業はNVIDIA、一昨年度受賞企業はAmazonジャパンインプレス社が主催する「Impress DX Awards」は、デジタルテクノロジーを使った新たなビジネスや社会サービスの実現に向けた取り組み、および、それを実現するための製品/サービスについて、公募やインプレス社が発行する各種「Watch」媒体などに記事掲載された各種取り組みやサービスを対象に、プロジェクト部門、アプリケーション/サービス部門、IoTプラットフォーム部門、ネットワーク部門、エッジコンピューティング/デバイス部門の5部門においてグランプリ、準グランプリなどが決定されます。また、審査は東京大学の越塚 登教授をはじめとする有識者およびインプレス...more
カテゴリー:

yoiwork「独自キーワード」と「採用フロー」機能をアップデート - 03月30日(月)12:00 

株式会社コントロールグループは、AIと自動翻訳を活用した外国人求人サイト「yoiwork」(https://yoiwork.com/ja)に新機能として「独自キーワード」機能と「採用フロー」機能を追加し、3月30日より提供開始いたしました。「yoiwork」には、1,100名の外国人エンジニアが登録しており、登録者の内訳としては、PHPエンジニアが全体の約30%、Javaエンジニアが25%、他にRuby、Python、C#、C++などの開発エンジニアが登録をしています。2020年12月までは、トライアル期間としてyoiworkの全機能を「無料」でご提供いたします。システム利用料0円、成果報酬も一切発生しません。すべて0円でご利用いただけます。■サービス提供開始の背景日本の労働力人口は高齢者の再雇用や女性の社会進出により近年増加しましたが、今後は少子高齢化や出生率低下による人口減少によって大幅に減少すると予想されています。その対応策として外国人労働者の受け入れが始まりました。新たな在留資格である「特定技能」の新設など外国人労働者の受け入れに政府も力を入れています。しかし、企業が外国人を直接採用するには言葉の壁や入管法の専門知識など様々な課題があります。それらの課題を解消すべく、当社では「yoiwork」(https://yoiwork.com/ja)や「gNavi」(https://...more
カテゴリー:

消費者向けテクノロジーの新時代 - 03月30日(月)07:45 

世間はパンデミック一色だが、TechCrunchはスタートアップ世界の明るい話題を探し回っている。特にいろいろな状況にも関わらず実際に資金が流れている事柄に着目している。 D2Cの将来 先週の初めに、私たちはトップD2C投資家へのサーベイを行った。苦労しているセクターリーダーはいるものの、彼らは極めて楽観的であるように見えた。例えば、以下のものはLightspeed Venture PartnersのNicole Quinn(ニコール・クイン)氏が、投資家の活動と現在の投資状況を比較して述べたものだ。 私が主張しているのは、投資家たちが最近のいくつかのIPOのユニットエコノミクスを見て、それが全てのD2Cにも当てはまると考えるのは弱気過ぎるということです。実際には、美容のように製品マージンが90%を超える企業が多い分野や、Rothy’s(ロシーズ)のように口コミ効果の高い真のブランドがある分野があり、そうした分野では平均よりもはるかに優れたユニットエコノミクスが、不公平なほどの優位性を企業に与えています。 サーベイへのその他の回答者としては、Lerer HippeauのBen Lerer(ベン・ラーラー)氏とCaitlin Strandberg(ケイトリン・ストランドバーグ)氏、NorthzoneのGareth Jefferies(ガレス・ジェフリーズ)氏、Betawo...more
カテゴリー:

実際もう科学技術ってこれ以上大して発展しそうもないよな - 03月30日(月)00:03  news4vip

今あるものが小型化や高性能化するくらいでさ 生活を劇的に変えるようなものって出てきそうになくね? せいぜい車が完全自動化するくらいなきがするわ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【スターティアレイズ】新型コロナウイルス感染対策でファイル共有「セキュアSAMBA」の無料提供範囲の拡大と期間を延長 - 03月30日(月)17:00 

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、子会社のスターティアレイズ株式会社(本社:東京新宿区、代表:古川征且)において2020年2月28日より開始しておりました、300名以下の企業を対象とした自社サービスのファイル共有サービス「セキュアSAMBA pro」の無料提供を2020年6月30日(火)まで延長し、併せて「セキュアSAMBA / ライトプラン(ユーザー数:無制限 / 容量:100GB)」につきましても2020年6月30日(火)まで無料提供することを本日発表いたします。スターティアレイズでは政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が決定した基本方針に従い、感染者との接触機会を減らし、テレワークを推進するために、当初2020年2月28日(金)から2020年4月30日(木)まで無料で提供することとしておりましたが、前回の「セキュアSAMBA pro」無料提供で非常に多くのお問い合わせをいただき無料提供の範囲拡大を必要と判断したことと、東京都知事発表や昨今の状況を踏まえた首都圏におけるテレワーク需要の伸びで緊急性が上がったことに答えるための追加対応が必要と判断したため、今回の発表となりました。2020年3月27日に発表されたデータ保全協会による緊急声明文(https://www.joho-manage.com/d-assoc/ne...more
カテゴリー:

新明和、ボーディングブリッジ 航空機装着を完全.. - 03月30日(月)12:20 

新明和、ボーディングブリッジ 航空機装着を完全自動化 カメラ画像をパナ製AI処理
カテゴリー:

Aerial Partners、株式会社ディーカレットに暗号資産の財務・管理会計システム「Gtax」を提供開始 - 03月30日(月)10:37 

株式会社Aerial Partnersは3月25日、暗号資産販売所を提供する株式会社ディーカレットに財務・管理会計システム「Gtax(ジータックス)」を提供し、暗号資産交換業者をはじめとするブロックチェーンサービス事業者の経営管理基盤として提供開始した。 暗号資産交換業者では、複数のチャンネルにおいて暗号資産の取引が頻繁に行われることから、その取引実態に合わせたトランザクション管理や損益の計算、そして仕訳を起票する経理作業が非常に煩雑になる。また、暗号資産交換業者特有の課題として、ユーザーから預かっている暗号資産と自社保有の暗号資産とを適切に管理区分し会計上も表現することが求められている。この度、暗号資産の財務・管理会計システム『Gtax』をディーカレットに導入し、現物取引だけでなく、電子マネーチャージといった新たな会計事象についても、会計原則に基づいたロジックをGtaxに反映させたことにより手作業によるオペレーションコストの削減を実現した。 Gtaxエンタープライズ版は、ブロックチェーン企業の経営管理体制・経理財務フローの効率化を支援するサービスだ。従来、自動化することができなかった複雑な社内の取引データ管理・経理業務フローについて、専用にカスタマイズした機能を追加できるプランを用意している。暗号資産の会計・税務に精通した専門家による内部統制のヒアリングを行った上で、管理フローを...more
カテゴリー:

仙台市、データ入力など自動化「RPA」新年度から本格導入 全庁で活用、作業時間短縮 - 03月30日(月)06:05 

仙台市は新年度、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を本格的に導入し、全庁の事務処理業務で活用する。処理手順が決まっているパソコンの定型作業を自動化するシステムで、データ入力など単純作業
カテゴリー:

Syncordisがテメノス・ベースの変革で国際的銀行のパートナーに - 03月28日(土)04:21 

印ムンバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 先進的なテメノス・バンキング・ソフトウェア専門企業でラーセン&トゥブロ・インフォテック(LTI)子会社のSyncordisは、ウェルス・プラットフォームの変革とアップグレードに関してスタンダードチャータード銀行から戦略的テメノスT24トランザクト・エンゲージメントのパートナーとして選ばれました。この栄誉ある成約により、テメノス顧客にとっての世界的専業総合パートナーとしてのSyncordisの高い名声がさらに強固になります。 この業務の一部として、SyncordisはテメノスT24トランザクトを再実装し、スタンダードチャータード銀行のテメノス・ウェルススイート、インサイト、データソースのアプリケーションやその他のシステムとの統合を行います。この実装は、Syncordisの規制対象SaaSソリューションとLTIの世界的統合サービスによって迅速に行われます。豊富な機能を備えるこの規制対象SaaSソリューションの利点には、自動化された機能プロセス、カスタマイズされた人間工学的で利用者にやさしいメニューとダッシュボード、
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「自動化」の画像

もっと見る

「自動化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる