「モジュール」とは?

関連ニュース

ルネサス製マイコンに対する標準CANopen(CiA301)からsafety CANopen対応実装ソリューション提供開始 - 01月23日(木)15:30 

2020年1月23日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、ルネサス製マイコンに対する標準CANopen(CiA301)からSafety CANopen対応ミドルウエア実装ソリューションの提供を開始いたします。現状、以下のマイコンに対して対応しております。現在、RH850への対応、OpenRTOSに対して、機能安全規格で最も厳しい要求となるIEC 61508-3 SIL 3とISO 26262 ASIL Dの認証取得を可能にしたSafeRTOSへの対応とライセンス提供、そして、「Tracealyzer for SafeRTOS」に応じたターゲット動作の可視化ツールの提供と必要なランタイムやツールのソリューション提供ができるようにエコシステムを進めております。・ ルネサス Synergy S7( Express Logic ThreadX/ Synergy S7G2/ e2 studio)・ ルネサス Synergy S5( Express Logic ThreadX/Synergy S5D9/ e2 studio)・ ルネサス Synergy S3( Express Logic ThreadX/Synergy S3A7/ e2 studio)・ ルネサス Synergy S7(Synergy S7G2/e2 studio)・ ルネサス Synergy S5(Synergy...more
カテゴリー:

ジンコソーラー、ソーラーシェアリングプロジェクトに70Wモジュールを供給 - 01月23日(木)15:00 

2020年1月20日、ジンコソーラー は中国湖北省に最大級のソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)プロジェクト、大唐荊門屈家嶺の70W発電所プロジェクトが系統連系したと公表した。太陽光発電電力を最大化するため、当プロジェクトはジンコソーラーの変換効率19.88%のCheetahモジュールを採用した。土地を最大限に利用し、利益を増やすために、同プロジェクトは高効率的で、高い耐アンモニア性のCheetahモジュールを採用した。ハーフカットデザインを備えたCheetahモジュールは、陰影遮蔽と低光照度による影響を低減し、傾斜面の場合においても、伝統的なモジュールより電力量が10%多く生成することができる。ジンコソーラーはお客様にもっと多くの利益をもたらすために、技術革新を絶えずに続いている。2019年10月末発表された新型Tigerモジュールは、最近最高出力が465W、転換効率は20.71%に達した。高効率の新製品として、Tigerシリーズモジュールが今年の第2四半期に量産する予定である。ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン...more
カテゴリー:

スマートスピーカー開発のSonosが古いデバイスのアップデートを打ち切り - 01月23日(木)09:15 

スマートスピーカーメーカーのSonosは、一部製品のサポートを2020年5月以降打ち切ると発表した。打ち切るのは、Sonosが数年前に販売を終了したデバイス。永遠に続くものはないとはいえ、サポート打ち切りは影響が大きく、またもコネクテッドホームには期待したほどの将来性はないと示してしまうことになるだろう。 Sonosは、これまでに販売された製品の92%は現在も使われていると指摘する。生産終了になった古いデバイスでも満足して使い続けている人がいるということだ。 「しかし今、旧型製品の一部のメモリや処理能力は技術的な限界に達し」とSonosは書いている。 Zone Player、Connect、第1世代のPlay:5、CR200、Bridge、2015年以前のConnect:Ampに関しては、Sonosのエクスペリエンスは基本的に全体にわたって今後低下する。 同社はこれらのデバイスのアップデートを今後停止する予定だ。SpotifyやApple MusicのAPIが今後変更されたら、前述のデバイスはこれらのサービスとの連携が完全にできなくなってしまうかもしれない。 それでもSonosは、同社のデバイスのエコシステム「全体」がアップデートの受信を停止し、すべてのデバイスのファームウェアを同じバージョンにすることを決定した。つまり、もし新しいSonos Oneを買ったばかりでも、古いPlay...more
カテゴリー:

【企業】東芝、ドローンにも積める世界初の高精度なジャイロセンサー小型モジュールの開発に成功 - 01月22日(水)17:16  newsplus

東芝は1月22日、動作に伴う物体の向きの変化を高精度に検出する角度直接検出型のジャイロセンサーとして、大型の計測制御装置などを必要としない小型モジュールの開発に世界で初めて成功したと発表した。  これにより、ロボット・無人搬送車・ドローンなど、従来では難しかった小型機器への搭載・実証実験が可能となるという。この新開発の小型モジュールは、機器が回転する角速度(角度の時間変化)を計測し、それを演算して角度を求める一般的なジャイロセンサーと異なり、機器が回転する角度を直接計測することで高精度と高速応答...
»続きを読む
カテゴリー:

【矢野経済研究所セミナー】xEV用キーデバイス/コンポーネント2019 発刊記念セミナー 2/28開催 - 01月22日(水)11:30 

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「xEV用キーデバイス/コンポーネント2019 発刊記念セミナー」を開催いたします。xEV(次世代車;HEV、PHEV、EV、FCV)の世界新車販売台数は2018年は前年比36.7%増と好調に推移しており、2030年には販売台数の約20%を占めると予測します。こうしたxEV普及などを背景に、主機モータ、インバータ、車載電池などのキーデバイス・コンポーネントはいずれも市場拡大が期待されています。本セミナーでは、当社研究員よりxEVの普及予測、xEV用パワーモジュールやモータ、リチウムイオン電池について最新動向、市場展望についてご報告いたします。さらに招待講演として、パワー半導体の世界トップシェアメーカであるインフィニオンテクノロジーズジャパン株式会社、SiCパワー半導体をEV向けに本格量産しているSTマイクロエレクトロニクス株式会社の方々にご登壇をいただきます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。【セミナー概要】(午前の部)11:10~11:45 「xEVの可能性と2030年の世界市場規模予測」講師:株式会社矢野経済研究所 自動車産業グループ上級研究員 阿江 佑宜(午後の部)13:05~13:50 「xEVビジネスを支えるインフィニオンのパワー半導体ソリューション」講師:インフィニオンテクノロジーズジャパン株式会社 ...more
カテゴリー:

GM傘下の自動運転車メーカーのCruiseがハードウェア部門を強化 - 01月23日(木)15:15 

10カ月前、Cruise(クルーズ)は昨年末までに少なくとも1000人のエンジニアを雇うと宣言していた。72億5000万ドル(約7950億円)の軍資金を有する企業であっても、スタートアップや自動車メーカーや巨大ハイテク企業が人材の熾烈な争奪戦を繰り広げる業界においては、かなり挑戦的な目標だ。 当時、そしてその後もCruiseは誰を雇うのかは話してこなかった。Cruiseはソフトウェアのエンジニアを狙っていて、認知と判断と操作、シミュレーションとマッピングの専門家を雇い入れ、自動運転車の「頭脳」を作らせるつもりだとの憶測も飛んだ。それも確かに目的のひとつではあった。 GMの子会社であるCruiseは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド、自動車メーカーのホンダ、T. Rowe Price(ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ)の支援も受け、現在、1700名の従業員を擁している。そのうち、ソフトウェアエンジニアはかなりの部分を占めている。 Cruiseは、この18カ月間、あまり知られていない活動に着手していた。大規模なハードウェアエンジニアのための部門の設立だ。うまくいけば、ビル1棟を割り当てるほどの規模になる計画だ。現在、その努力の最初の結果は、サンフランシスコのブライアント通りにあるCruiseの社屋地下の拡大を続ける研究室であくせく働いている。 もしCruiseの計画が思い通りに進め...more
カテゴリー:

TechShare, DOBOT Magician用FAコントローラ販売開始のお知らせ - 01月23日(木)12:00 

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、正規代理店として販売するDOBOT Magician用のFAユーザ向けコントローラCompact FA Control Baseの販売を2020年1月21日付で開始したことをお知らせいたします。今回、TechShareで販売を開始したCompact FA Control Baseは、Raspberry PiまたはTinker Board (Linuxシングルボードコンピュータ)によるロボットアーム制御とロボットビジョン画像処理、Arduinoベースのシーケンス制御やFA周辺機器との通信を1台のコンパクトなコントローラに組み込んだ自社開発のDOBOT Magician用のコントローラ製品です。TechShare株式会社 代表取締役 重光貴明は、以下の通り述べています。「DOBOT Magicianは、教育用に設計された小型のロボットアームであるが、その手軽な価格帯と教育用ロボットアームとしては高い耐久性から、日本ではFA分野での利用が非常に多いロボットアームです。これらのFAユーザの環境では、通常、PLCなどで工場のラインに設置されたセンサーやFA機器を制御していることが多いが、これからの環境とスムーズに連携し、手軽に使えるコントローラの要望する声は、多くのユーザから...more
カテゴリー:

1月23日から「DOCOMO Open House 2020」開催。5G、AI、IoTなど最新技術を披露|モバイルマーケティング研究所|モジュールアップス - 01月23日(木)08:15 

1月23日から「DOCOMO Open House 2020」開催。5G、AI、IoTなど最新技術を披露|モバイルマーケティング研究所|モジュールアップスモジュールアップス > モバイルマーケティング研究所 > 1月23日から「DOCOMO Open House 2020」開催。5G、AI、IoTなど最新技術を披露 NTTドコモは1月23日から24日まで、「DOCOMO Open House 2020」を開催する。このイベントは、5G、AI、IoTなどの最新技術を活用したさまざまなソリューションを展示、またパートナー企業...
カテゴリー:

東芝/AGV・ドローン制御を高精度化、小型ジャイロ開発 - 01月22日(水)16:59 

東芝は1月22日、AGV(無人搬送車)やドローンなどの小型機器に搭載可能な、小型・高精度のジャイロセンサー(RIG:Rate Integrating Gyroscope)モジュールを世界で初めて開発したと発表した。 <開 […]
カテゴリー:

高速通信規格IEEE802.11acに対応した組み込みタイプ無線LANボード FLEXLAN(R) FXE4000シリーズ 新発売 - 01月22日(水)10:00 

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、高速通信規格IEEE802.11acに対応した機器組み込みタイプ無線LANボードを開発、「FLEXLAN(R) FXE4000シリーズ(以下、新製品)」として2020年1月22日より受注を開始しました。型式:FXE4000品名:組み込みタイプ無線LANボード(親局/子局/リピータ)対応国・地域:日本対応規格:TELEC、VCCI Class A価格:オープン新製品は、最大866Mbps(理論値)の高速通信をサポートしたIEEE802.11ac/n/a/b/g規格対応の無線LANボードです。モード切り替えにより、アクセスポイント(親局)・ステーション(子局)・リピータのいずれかで機能します。ACアダプタ(別売)からの電源供給だけでなく、直流電源(5~30VDC)に対応しており、機器内での電圧変換なしでプリンタ、医療機器、POS端末、フォークリフト、無人搬送車などの機器へ組み込みが可能です。今後、海外規格に対応したモデルも順次発売を行う予定です。【 主な特長 】● IEEE802.11ac/n/a(W52/W53/W56*1)/b/gの5規格準拠5GHz帯のIEEE802.11ac/n/aでは19ch(W52/W53/W56*1)、2.4GHz帯のIEEE802.11ac/n/gでは1~13ch、11...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「モジュール」の画像

もっと見る

「モジュール」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる