「モジュール」とは?

関連ニュース

Microchip、衛星通信端末向け高直線性KaバンドMMICでGaN RFポートフォリオを強化 - 06月22日(火)11:30 

[NASDAQ: MCHP] - 衛星通信システムは、動画と広帯域データの転送に必要な高データレートを達成するために複雑な変調方式を使っています。このためには、高いRF送信出力を実装する事と、信号品質を維持する事が必要です。Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、そのような要件への適合を容易にするGMICP2731-10 GaN MMIC(http://www.microchip.com/wwwproducts/en/GMICP2731-10-POWER-AMPLIFIER)パワーアンプを発表しました。本デバイスはMicrochip社として初めてのGaN (窒化ガリウム) MMIC (モノリシック マイクロ波IC)であり、民間および防衛向け衛星通信、5Gネットワーク、その他の航空宇宙および防衛システム用に設計されたものです。GMICP2731-10はGaN-on-SiC(シリコン カーバイド)技術を使って製造されています。本製品は27.5~31 GHzの3.5 GHz帯域幅で最大10 Wの飽和RF送信出力を提供します。電力付加効率は20%、小信号ゲインは22 dB、反射損失は15 dBです。平衡アーキテクチャを採用したGMICP2731-10は50 Ωで整合を取る事ができ、出力にDCブロッ...more
カテゴリー:

[解決!Python]バイナリファイルの読み書きまとめ - 06月22日(火)05:00 

バイナリファイルに対して文字列と整数を読み書きする方法、struct/pickle/shelveモジュールを使ってバイナリファイルに各種データを読み書きする方法を1ページにまとめて紹介。
カテゴリー:

レプトンストレージリングおよびブースター用に設計された9チャネルの低レベルRFコントローラ「LLRF9」販売開始 - 06月21日(月)10:00 

2021年6月21日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、デムテル(Dimtel, Inc.)社正規代理店)は、レプトンストレージリングおよびブースター用に設計された9チャネルの低レベルRFコントローラ「LLRF9」の販売を開始いたします。LLRF9は、レプトンストレージリングおよびブースター用に設計された9チャネルの低レベルRFコントローラです。 LLRF9は、1つまたは2つの高電力源(クライストロン、IOT、ソリッドステートアンプ)と1つまたは2つのRFキャビティを備えた複数のRFステーション構成をサポートします。コントローラは、キャビティプローブ信号のベクトル加算を実行し、低遅延の比例ループと積分ループを使用して、ベクトル和の振幅と位相を安定させます。フィードバックループは、定常状態での摂動の良好な除去だけでなく、高速過渡応答を実現するように最適化されています。ステーションの電圧と位相の設定値は、512ポイントの任意のプロファイルを使用してランプまたは変調できます。プロファイルランピングは、ソフトウェアで、または外部の光絶縁トリガー入力によってトリガーできます。ステップあたりの調整可能な時間により、70μsから18.7秒までの過渡プロファイルを実現できます。LLRF9には、過剰な入力振幅に作用する高速入力インターロックが組み込まれています。 9つのインターロックソース...more
カテゴリー:

モジュールとは? ITや建築分野で変わる意味の違いをくわしく解説 - 06月20日(日)08:00 

モジュールの意味や由来、使い方について解説します。「モジュール化」「モジュール学習」などの言葉についてもまとめているので、参考にしてみてください。
カテゴリー:

建設中の中国の宇宙ステーションに3人の中国人宇宙飛行士が到着(画像あり) - 06月20日(日)00:08  news

3人の中国人宇宙飛行士が、 中国の宇宙ステーションのコアモジュール 「Tianhe(天和)」 に初めてドッキングに成功した。 3人は9月まで宇宙ステーション「Tiangong(天宮)」 のコアモジュールに滞在する予定だ。 これは中国史上最長の有人宇宙ミッションとなる。 神舟12号ミッションの目的は、 コアモジュールを始動させ、そのシステムをテストし、 後に続く宇宙ステーション組み立て作業の準備を整えること。 残る8回の打ち上げのうち、3回は有人飛行になる予定だ。 画像 https://jp.techcrunch.com/2021/06/19/2...
»続きを読む
カテゴリー:

FREE THINKのバッテリーはワイヤレスと有線のモジュール取り替えができる! - 06月22日(火)11:00 

スマホやガジェット類の毎日の充電シーンの利便性を向上させるバッテリーとモジュールのセットが香港のスタートアップFREE THINKから発表されました。 MagSafeに対応するワイヤレスモジュールと、ポートを2つ備えた有線モジュールが用意され、しかもモバイルバッテリーも2つあるので交互に切れ目なく使うことが可能です。 最大10W出力で無線充電 モバイルバッテリーと充電モジュールを組み合わせて使うようになっていて、モジュールはMagSafe対応のワイヤレスタイプと、ケーブルをつなぐタイプの2つがあります。 まずワイヤレスモジュールにバッテリーをつなぐと、Qi規格対応のスマホなどを置くだけで最大10W出力で充電することができるようになります。iPhone 12であればMagSafeでぴたっとくっつけることが可能です。 一方、有線モジュールにバッテリーをセットすると、USB-C(PD給電対応)とUSB-A(QC 3.0)のケーブルで充電が可能になります。こちらはワイヤレス充電に対応していないスマホやイヤホン、スマートウォッチ、デジカメなどさまざまガジェットが使えるようになります。 容量は計1万mAh また、2つ用意されているモバイルバッテリーは容量がそれぞれ5000mAhあり、これはスマホをフル充電しても余るほどで、出先に持ち歩くのにはまず十分でしょう。バッテリーの残量はLEDインディケ...more
カテゴリー:

【宇宙望遠鏡】 NASA、ハッブルのコンピューター不具合に苦戦中。科学機器は解決までセーフモードに - 06月21日(月)22:41  newsplus

NASA、ハッブルのコンピューター不具合に苦戦中。科学機器は解決までセーフモードに 1週間が過ぎてもなお… Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi 17時間前 in astronomy   6月13日、NASAのハッブル宇宙望遠鏡は誤動作を引き起こし、ペイロードコンピューターが自動的にシャットダウン、アイドルモードに陥っています。 NASAゴダード宇宙飛行センターの地上管制は14日月曜日、ハッブルの問題のシステムを再起動したものの、再び同じ不具合に見舞われました。管制チームはこの打ち上げ以来31年間使われ続けてきた宇宙の天文台の不具...
»続きを読む
カテゴリー:

SMARC2.1準拠システムオンモジュール「αSMARC-RZ/G2E」を発売 - 06月21日(月)10:00 

株式会社アルファプロジェクト(本社:静岡県浜松市 代表取締役 伊達隆昭)は、ルネサス エレクトロニクス社のRZファミリ「RZ/G2E」を搭載したSMARC2.1準拠システムオンモジュール「αSMARC-RZ/G2E」を6月22日に発売開始いたします。システムオンモジュール(SoM)とは、コンピュータの基本構成であるCPU、メモリ、電源回路などを集積し、モジュール化したボードです。
カテゴリー:

家具貸し出し空間演出 ギフトとモジュール 不動産見学会に - 06月20日(日)05:10 

 内装関連事業を展開する「ギフト」と、インテリア家具販売の「モジュール」は7月から、住宅や事務所などの見学会に家具や小物などを貸し出し、室内空間を演出する業者向けサービス「オープンハウスステージング」を始める。何もない空間に家具類を置くことで物件の使用を想像しやすくなり、成約率を高める効果がある...
カテゴリー:

建設中の中国の宇宙ステーションに3人の中国人宇宙飛行士が到着 - 06月19日(土)08:15 

3人の中国人宇宙飛行士が、中国の宇宙ステーションのコアモジュール「Tianhe(天和)」に初めてドッキングに成功した。 この3人の宇宙飛行士は、中国では2016年以来の有人ミッションとなる宇宙船「Shenzhou(神舟)12号」で打ち上げられた。3人は9月まで宇宙ステーション「Tiangong(天宮)」のコアモジュールに滞在する予定だ。これは中国史上最長の有人宇宙ミッションとなる。 中国北西部の酒泉衛星発射センターから離陸したNie Haisheng(聶海勝)氏、Liu Boming(劉伯明)氏、Tang Hongbo(湯洪波)氏の3人は、打ち上げから7時間余りで最終目的地に到着。聶海勝氏は、2005年の「神舟6号」とその8年後の「神舟10号」で、地球低軌道を周回した経験が2度ある。劉伯明氏も一度、2008年に「神舟7号」で宇宙に出たことがある。 軌道上にいる間、3人の宇宙飛行士は忙しい日々を送ることになるだろう。中国初の宇宙ステーションを稼働させることを目的とするミッションは、2022年までに11回の打ち上げが予定されているが、今回はその3回目に当たる。神舟12号ミッションの目的は、コアモジュールを始動させ、そのシステムをテストし、後に続く宇宙ステーション組み立て作業の準備を整えること。残る8回の打ち上げのうち、3回は有人飛行になる予定だ。 近年、宇宙への野心を隠さずにいる中国に...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる