「製造現場」とは?

関連ニュース

経営強化に効く! 経費精算システム化による2つのメリットとは - 03月25日(月)09:00 

生産状況の見える化、自動化による効率改善、そしてデータ分析による歩留まりの改善など、製造現場におけるITの活用は必須と言える状況にあります。また、製造現場のニーズに合ったIoTシステムが数多く提供されてきており、今後導入がさらに加速していくと言われています。本記事では、システム導入時における現場の課題とそれを解決するためのソリューションについて、イラストを交えストーリー風に紹介します。
カテゴリー:

0.1mm の不良を検出する品質検査AI を発表 - 03月19日(火)15:00 

2019年3月19日 株式会社テクムズ 0.1mmの不良を検出する品質検査AI を発表 ~目視検査が難しいとされる黒色系製品、0.1mmの不良を検出するAI 技術~ 株式会社テクムズ(本部:名古屋市中村区、代表取締役:鈴木 孝昌、以下 テクムズ)は人の目による目視検査以上の高精度、高速処理で微小な傷を検出する品質検査AI 技術の開発を進めています。 開発中の品質検査AI(以下、本AI)は、0.1mm の微小な傷の検出を高速に処理するだけでなく、検出の難しい黒色系部品の傷を高精度で検出します。テクムズの培っていきた『特徴点抽出』技術を深化させ実現します。この技術により熟練検査員と同等の検査が可能になります。 テクムズはこの技術を積極的に製造現場に展開し、製造現場の抱える人手不足等の課題解決や海外工場での品質向上に取り組んでいきます。 ※本技術の発売時期・発売価格などの詳細は未定です。  ■品質検査AI 概要                【写真1:本AI で検出した O リングの傷】 ベテラン検査員以上の検査品質の実現 ■0.1mm の傷検出精度で100 万個以上/月の品質検査が可能 (10h/日、26 日/月稼働:計算値) 不具合種別の検出 ■傷、焼付き、バリ、融合、充填不足などを検出 微細な不具合に対応 ■ミクロン~数十ミクロン ■会社概要 商号: 株...more
カテゴリー:

0.1mm の不良を検出する品質検査AI を発表 - 03月19日(火)17:51 

2019年3月19日 株式会社テクムズ 0.1mmの不良を検出する品質検査AI を発表 ~目視検査が難しいとされる黒色系製品、0.1mmの不良を検出するAI 技術~ 株式会社テクムズ(本部:名古屋市中村区、代表取締役:鈴木 孝昌、以下 テクムズ)は人の目による目視検査以上の高精度、高速処理で微小な傷を検出する品質検査AI 技術の開発を進めています。 開発中の品質検査AI(以下、本AI)は、0.1mm の微小な傷の検出を高速に処理するだけでなく、検出の難しい黒色系部品の傷を高精度で検出します。テクムズの培っていきた『特徴点抽出』技術を深化させ実現します。この技術により熟練検査員と同等の検査が可能になります。 テクムズはこの技術を積極的に製造現場に展開し、製造現場の抱える人手不足等の課題解決や海外工場での品質向上に取り組んでいきます。 ※本技術の発売時期・発売価格などの詳細は未定です。  ■品質検査AI 概要                【写真1:本AI で検出した O リングの傷】 ベテラン検査員以上の検査品質の実現 ■0.1mm の傷検出精度で100 万個以上/月の品質検査が可能 (10h/日、26 日/月稼働:計算値) 不具合種別の検出 ■傷、焼付き、バリ、融合、充填不足などを検出 微細な不具合に対応 ■ミクロン~数十ミクロン ■会社概要 商号: 株...more
カテゴリー:

原価管理の自動化で製造業をエンパワーする「GenKan」のβ版がローンチ - 03月15日(金)08:02 

近年、製造業におけるテクノロジーの導入が活発だ。「インダストリー4.0」や「第4次産業革命」という考え方も広がる中で、IoTやAI、ロボットなどを用いた新たな仕組みが次々と登場し、徐々に現場での活用も進んでいる。 この業界は担当者の勘や経験、根性に頼ってきた側面が強いからこそ、ITを上手く使うことでより効率化できる余地も大きい。特に日本国内ではこれから人材不足が深刻化することが予想されるから、現場の生産性を上げるツールのニーズが一層高まっていくだろう。 本日3月15日にβ版が公開された「GenKan(ゲンカン)」も、まさにIoTデータを用いて製造業をエンパワーするプロダクトだ。 このサービスが取り組むのは、原価管理の自動化。手間のかかる「実績データの取得」「実際原価計算」「原価分析」という一連のフローを独自のアルゴリズムを用いて自動化することで、製造現場の実態を金額で見える化し、生産性向上に繋げようとしている。 IoTの導入は進むも「金額の見える化」は進んでいない Genkanを開発するKOSKAは、代表取締役CEOの曽根健一朗氏や取締役COOの樋口海氏らが2018年10月に創業したスタートアップだ。 もともとは現在同社が所属する日本原価計算研究学会と、ものづくりとITの融合を目指すIVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ )の間で「ものづくり×IT×原価計算で何...more
カテゴリー:

「製造現場」の画像

もっと見る

「製造現場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる