「製造現場」とは?

関連ニュース

コニカミノルタと日本マイクロソフト、AIを活用したデジタルトランスフォーメーションにおいて包括的協業を推進 - 05月16日(木)11:00 

 コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 兼 CEO:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下日本マイクロソフト)は、コニカミノルタのデジタルトランスフォーメーション推進において、包括的な協業を進めることを本日発表します。 コニカミノルタは、「課題提起型デジタルカンパニ-」を目指し、ワークスタイル変革やヘルスケア分野などにおけるお客様のデジタルトランスフォーメーションを支援する変革を進めており、日本マイクロソフトと包括的に協業することで、一層の変革推進が可能になると判断し、今回の発表に至りました。日本マイクロソフトは、AIやIoT、クラウドサービスによるコニカミノルタのデジタルトランスフォーメーションを支援し、業界全体の変革を推進します。 両社は、大きく以下の3つの分野で連携します。1.AIや画像IoTを組み合わせたインテリジェントソリューションの開発 コニカミノルタのカメラやセンサーなどのエッジデバイスおよび画像解析アルゴリズムと、日本マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft AzureベースのIoTや機械学習テクノロジを組み合わせ、新たなインテリジェントソリューションの開発を進めます。 お客様との共創により収集されたデータを分析することにより、各業種・...more
カテゴリー:

株式会社テクノアは、6/5~7に東京ビッグサイト 青海展示場で行われる「スマートファクトリーJapan 2019」に出展いたします。 - 05月15日(水)12:00 

株式会社テクノアは、「スマートファクトリーJapan 2019」へ出展いたします。★生産管理・製造現場の先進化・効率化を実現する★スマートファクトリーJapan 2019https://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/会期:2019年6月5日(水)~7日(金) 10:00~17:00会場:東京ビッグサイト 青海展示棟(〒135-0064 東京都江東区青海1-2-33)主催:日刊工業新聞社入場料:事前登録または招待券持参で無料(招待券のない場合、有料1,000円)▼招待券は下記出展ご案内ページよりお問い合わせ下さい。テクノアブース:S-14(Aホール)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「東京ビッグサイト青海展示棟」での開催となり、最寄駅が異なります。ご来場の際はご注意ください。 →会場へのアクセス  http://www.bigsight.jp/access/aomi/information/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━中小製造業様の現場改善、生産性向上を図り、経営力強化を実現する、実績あるシステムをご案内いたします。[テクノアの提供する中小製造業様向け生産管理ソリューション]2017年度出荷本数No.1(※)導入実績3,500社超の生産管理システム...more
カテゴリー:

製造現場のデータを「貯める」「分析する」「見せる」を支援する「Historianスタートセット」を販売開始 - 05月09日(木)11:00 

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、プログラマブル表示器(HMI)のリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」と産業オートメーションの実績データ収集・蓄積システム「Historian (Wonderware by AVEVA)」で製造現場のデータを「貯める」「分析する」「見せる」を支援する「Historianスタートセット」を5月13日から販売します。プログラマブル表示器生誕30周年を記念し、キャンペーン期間中は、キャンペーン価格での提供および購入者全員にプレゼントを差し上げます。■Historianスタートセットについて設備が古く改造のコストがかかるなどデータ収集をあきらめていた設備でも、Pro-faceのHMIとデータ収集ソフトウェア Pro-Server EXを使用することによりデータ収集を実現、またHistorianで大容量のデータ蓄積が可能になります。オプション製品を組み合わせて使用することで、データ解析や活用も行えます。■キャンペーン概要●期間:2019年5月13日(月)~9月30日(月)●製品と価格:Historianスタートセット100:Historian 2017 Standard 100 tag、Pro-Server EX Ve...more
カテゴリー:

超軽量3D技術"XVL"、VRに対応!デジタルVR検証ソリューション「XVL Studio VR オプション」を2019年5月8日(水)に発売 - 05月08日(水)15:00 

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下 ラティス)は、大容量3Dデータを実寸大で、軽快に作業性検証を行える「XVL Studio VRオプション」(以下、XVL VR)を、2019年5月8日(水)に発売します。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182991/LL_img_182991_1.png 製造現場で使えるVR ~ XVL Studio VRオプション ■背景 昨今、製造業では3D設計が進み、超軽量3DのXVLを用いて...
カテゴリー:

編集部が選ぶ!GW中に読みたい記事5選 - 05月05日(日)12:00 

【1】ワイヤレス工場の切り札誕生!製造現場IoT化のボトルネック解消今、製造業の現場では人手不足を解消しようと無線によるIoT化を進める工場が増えています。しか ...
カテゴリー:

コニカミノルタと日本マイクロソフト、AIを活用したデジタルトランスフォーメーションにおいて包括的協業 - 05月16日(木)11:00 

2019年5月16日 コニカミノルタ株式会社 日本マイクロソフト株式会社 コニカミノルタと日本マイクロソフト、 AIを活用したデジタルトランスフォーメーションにおいて包括的協業を推進           コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 兼 CEO:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下日本マイクロソフト)は、コニカミノルタのデジタルトランスフォーメーション推進において、包括的な協業を進めることを発表します。  コニカミノルタは、「課題提起型デジタルカンパニ-」を目指し、ワークスタイル変革やヘルスケア分野などにおけるお客様のデジタルトランスフォーメーションを支援する変革を進めており、日本マイクロソフトと包括的に協業することで、一層の変革推進が可能になると判断し、今回の発表に至りました。日本マイクロソフトは、AIやIoT、クラウドサービスによるコニカミノルタのデジタルトランスフォーメーションを支援し、業界全体の変革を推進します。  両社は、大きく以下の3つの分野で連携します。 1.AIや画像IoTを組み合わせたインテリジェントソリューションの開発  コニカミノルタのカメラやセンサーなどのエッジデバイスおよび画像解析アルゴリズムと、日本マイクロソフトのパブリ...more
カテゴリー:

産業オープンミドルウェア「ORiN*1」と産業オープンプラットフォーム「FIELD system*2」との連携を実現する「ORiN on FIELD (ORiNコンバータ)」を発売 - 05月15日(水)11:00 

[デンソーウェーブ] [画像: https://prtimes.jp/i/13815/46/resize/d13815-46-278876-0.jpg ] 近年におけるIoT導入・活用の機運の高まりを受け、製造現場からは、産業用ロボット、PLC、センサーなど設備を構成する多種多様なFA機器...
カテゴリー:

在宅勤務何日でも 介護支援で新制度開始 ユニ・チャーム - 05月09日(木)10:11 

 大手消費財メーカーのユニ・チャーム㈱(東京都港区、高原豪久代表取締役社長執行役員)は、社員が働きながら父母や配偶者などの介護に取り組める環境づくりに向けて、在宅勤務などがしやすい制度を導入した。  「ライフリーフレキシブルワーク制度」と名付け、製造現場で働くケースを除く全正社員を対象とした。最長3年間、制度の利用を認める。  以前から導入していた在宅勤務は、最大月4回までの制限を設けていた。……[続きを読む]
カテゴリー:

米Markforged社、航空宇宙、自動車、防衛分野向けの、難燃性マテリアルを発表: 産業用3Dプリンティングのリーダー、連続カーボンファイバーで強化可能な初めての難燃性マテリアルを開発 - 05月07日(火)10:30 

ウォータータウン, マサチューセッツ州- 2019年5月2日 -メタル3Dプリンタならびにカーボンファイバー3Dプリンタの製造メーカであるMarkforgedは、V-0レートの難燃性マテリアルOnyx FR を発表いたしました。今までの3Dプリンタのプラスティックマテリアルは、着火すると燃焼してしまいましたが、この新マテリアルは着火しても自動鎮火し燃え広がらないため、航空宇宙、自動車、防衛分野などでの利用に適しています。Onyx FRはカーボンファイバーを含有した、比類なき強度、精度、高い表面品質を併せ持つ、難燃性マテリアルです。Markforgedの製品開発の副社長であるJon Reilly(ジョン・レイリー)は述べます。“世界中の製造メーカがMarkforged を選ぶ理由は、弊社のインダストリアル3Dプリンタが、コストと時間を大きく削減して、強度を保ちつつ軽量化されたエンドユースパーツを製作できるからです。”“Onyx FR は公の燃焼安全基準を満たしているため、難燃性が重要となる航空宇宙業界、自動車業界、防衛関係で用途を広げるでしょう。さらに連続カーボンファイバーを埋め込んで強度を増せば、エアクラフト・グレードのアルミニウムと同等の強度を、その半分の重量で達成できるのです。”Onyx FR はMarkforged のクラウドベースのソフトウエア・プラットフォームであるEig...more
カテゴリー:

「製造現場」の画像

もっと見る

「製造現場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる