「割当増資」とは?

関連ニュース

自動貯金アプリfinbee(フィンビー)、2.5億円の資金調達を実施 - 11月12日(火)15:00 

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営する株式会社ネストエッグはこのたび、新規投資家として伊藤忠商事株式会社、日本ユニシス株式会社、並びに既存投資家としてSBIインベストメント株式会社が運営する「FinTechファンド」を引受先とする第三者割当増資により、合計2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。 「finbee」とは ネストエッグが運営する「finbee」は、2016年12月に「貯金をもっと楽しく、カンタンに」をコンセプトとして、ライフスタイルに合わせた貯金をサポートするアプリとしてサービスを開始。ユーザー自身の銀行口座と連携し、貯金目的や金額、ルールを設定することで簡単に自動貯金を利用できる。 日々歩いた歩数に応じて貯まる「歩数貯金」、特定のスポットにアクセスすると自動で貯金できる「チェックイン貯金」といった生活シーンに密着した貯金ルールや、家族、友人と共同で貯金ができる「シェア貯金」機能など、ユニークな機能でこれまでにない新しい貯金体験を提供している。 今回の資金調達 同社は、徹底的なユーザー目線で、生活に密着した貯金ルールの提供による「生活の貯金化」を目指して立ち上げた「finbee」を通じて、個々のユーザーの貯金目的にこめられた「欲しいもの、やりたいこと」といった思い・願いをかなえるため、金融・非金融両面から様々な機能開発やサポートをしていくことを計画...more
カテゴリー:

求職者課金型キャリア相談サービスのポジウィル株式会社、STRIVEなどから資金調達を実施 - 11月12日(火)11:15 

求職者課金型のキャリア相談サービスを運営するポジウィル株式会社は、STRIVE(ストライブ)、柳澤安慶氏、他個人投資家から第三者割当増資を実施し、資金調達を実施した。 求職者課金型にした理由 ポジウィルは、2017年8月の設立以来、求職者が課金するキャリア選択支援サービスを運営してきた。 現在は、累計1,000人以上が利用したオンライン有料転職相談サービス「そうだんドットミー」と、2ヶ月で徹底的に自分を変える「ゲキサポ!転職」の2サービスを運営。「ゲキサポ!転職」は、2ヶ月30万円と個人向けサービスとしては高単価にも関わらず、2019年7月末にリリース以降、多数の問い合わせを受け成長しているという。 求職者課金型でサービスを展開する背景には、より高い売上が見込める法人に対して課金を行う「有料職業紹介の免許を所持する事業者」の通例があるという。実際の転職現場では個人の意向や可能性が置き去りにされ、転職が売り物になってしまうこともあり、そうした現状を変えるべく、求職者課金型を選んだとのことだ。 今回の資金調達 このたび、同社はベンチャーキャピタルのSTRIVE(ストライブ)、柳澤安慶氏、他個人投資家から第三者割当増資を実施し、資金調達を実施。 STRIVE代表パートナー堤達生氏は次のようにコメントしている。 誰もが不安な時代、相談できる人がいるというだけで救われることがたくさんあると思...more
カテゴリー:

長崎発スタートアップが会員数日本一の婚活スクールに!シードラウンド等で約1,800万円の資金調達も完了 - 11月11日(月)16:00 

株式会社イグアス(長崎県長崎市本社/代表取締役CEO・中村あきら)は、1万2,000名の会員数を突破し、さらに成長を加速させるためシードラウンドにて第三者割当増資における資金調達を完了しました。今回の資金調達は、エンジェル投資家による出資・融資、さらにクラウドファンディングによる調達も合わせ約1,800万円の資金調達になりました。(投資家の氏名や人数は非公開) 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198094/LL...
カテゴリー:

大成集団との合弁事業に関するお知らせ ~「製粉事業」「飼料事業(鶏卵)」の海外展開を加速~ - 11月08日(金)15:00 

2019年11月8日 昭和産業株式会社 大成集団との合弁事業に関するお知らせ ~「製粉事業」「飼料事業(鶏卵)」の海外展開を加速~  昭和産業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 新妻一彦)は、台湾を拠点として食品・飼料などの事業を展開する大成集団と2017年10月より業務提携し、これまで事業領域の拡大を目指し協業について検討してまいりました。このたび2019年11月8日の取締役会にて、大成集団との合弁事業を開始することを決議いたしましたので、お知らせいたします。  大成集団は、台湾・中国・東南アジアで食品・飼料・外食など幅広く事業展開しております。当社と大成集団は、2003年より中国においてプレミックス事業および製粉事業に取り組んでおり、今日まで大きな成果を挙げております。  このたび、当社は海外における更なる事業領域の拡大を目的に、約26億円を投じ、大成集団のグループ会社である「國成麵粉股份有限公司」および「中一食品股份有限公司」が実施する第三者割当増資にて、新たに発行される株式(國成麵粉股份有限公司 2,440万株、中一食品股份有限公司 4,200万株)を引き受けます。これにより、台湾において新たに「製粉事業」「飼料事業(鶏卵)」に参入いたします。  「國成麵粉股份有限公司」においては、小麦粉の生産性向上および品質改善に関する技術提供を行い、販売強...more
カテゴリー:

預かり資産・運用者数No.1「WealthNavi」、約41億円を調達 - 11月07日(木)19:00 

預かり資産・運用者数No.1(モーニングスター社調べ、2019年6月時点)のロボアドバイザー「WealthNavi」を運営するウェルスナビ株式会社が、SFV・GB投資事業有限責任組合らより約41億円の資金調達を実施。 累計調達金額約148億円 2015年4月に創業した同社は、ノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づき、資産運用の王道「長期・積立・分散」による資産形成をサポートする「WealthNavi」を2016年より運営中である。 このたび、SFV・GB投資事業有限責任組合(ソニーフィナンシャルベンチャーズとグローバルブレインの共同設立)、東京大学協創プラットフォーム開発、ジャパン・コインベスト、DBJキャピタル、オプトベンチャーズ、千葉道場ファンド、SMBCベンチャーキャピタル、りそなキャピタル、価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合(NECキャピタルソリューションらが運営)、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資にて、約41億円の資金調達を完了。これにより、累計調達金額は約148億円となった。 今回の資金は、開発体制の強化や経営基盤の拡充、マーケティングの推進に充てられるようだ。 安心の全自動システムと信頼できる透明性 同サービスは、働く世代の資産形成ニーズにマッチし、リリースから約3年3ヶ月で申込件数24万口座、預かり資産1,800億円を突破した(2019年10月16日時...more
カテゴリー:

教育ベンチャーtyotto、明光ネットワークジャパンから1.1億円の資金調達 - 11月12日(火)13:00 

教育ベンチャーとして各種事業を展開する株式会社tyottoは、10月25日に株式会社明光ネットワークジャパンと投資契約を締結し、第三者割当増資による1.1億円の資金調達を行ったことを発表した。 教育ベンチャーの株式会社tyotto tyottoは、「教育で世界をちょっと良くする」をビジョンに、コーチングを取り入れた対面指導で生徒の自律を促す「tyotto塾」や、ワークショップ型教育コンテンツ「ProgressTime」、学習アプリの「tyotto folio」を提供。 学習塾というリアルな起点を持ちながら、ICTの活用やワークショップ型の教育コンテンツなどを通じて生徒の自律を促し、学力の向上のみならずキャリアの選択肢を広げてきた。 調達の背景 同社は2019年10月10日に、明光ネットワークジャパンとの業務提携を結び、学習塾「tyotto塾」のフランチャイズ展開を推進することを発表。 このたびの調達により、そうしたtyotto塾のFC展開に向けた to B営業の拡大、教育格差を是正し、誰もが良質な教育を受ける機会を提供するためのアプリコンテンツの開発、それらのサービスを支えるプロダクト開発やオウンドメディアの立ち上げを推進していくとのことだ。 PR TIMES
カテゴリー:

20代の転職意欲を可視化ブーストするポジウィルが資金調達 - 11月12日(火)10:19 

ポジウィルは11月12日、STRIVE(ストライブ)、柳澤安慶氏、ほか個人投資家への第三者割当増資による資金調達を発表した。調達額は非公開。今回調達した資金は、採用やサービス開発、マーケティングとして活用し、事業基盤の強化を図るという。 同社は2017年8月設立のスタートアップ。転職そのものではなく、その前段階をサポートする点で一般的な転職支援サービスとは異なっている。転職希望者が同社のサービスを有償で利用することで、さまざまなアドバイスを専門家から受けられるのが特徴だ。 具体的には、累計1000人以上の利用実績があるオンライン有料転職相談サービス「そうだんドットミー」と、転職に向けた2カ月集中プログラム「ゲキサポ!転職」の2サービスを運営している。ゲキサポ!転職は、2カ月で税別30万円の費用がかかるが、2019年7月末のリリース以降、すでに100名以上が利用しているとのこと。 一般的な転職サービスは、優秀な人材を確保したい雇用主である法人から、採用が決定した人材の年収の3分1、もしくは月収3カ月ぶんほどの成功報酬を受け取るというのが基本的なマネタイズの仕組みだ。一方ポジウィルは、転職先を見つけるサービスでないため人材紹介業ではない。同社は転職希望者が、どういった仕事に就きたいのか、自分の価値はどこにあるのかといった就職活動の基礎的な部分を徹底的に鍛え直すことに特化している。 就職...more
カテゴリー:

ニオイ可視化センサーのアロマビットがソニーの新設ファンドから1億円を追加調達 - 11月11日(月)09:00 

ニオイを可視化するセンサーを開発し、関連サービスを提供するアロマビットは11月11日、Sony Innovation Fund by IGV(ソニーと大和キャピタル・ホールディングスが合弁で6月に立ち上げた新設ファンド)を引受先とした第三者割当増資の実施により、1億円を調達したことを明らかにした。 アロマビットは10月21日に日本たばこ産業およびEast Venturesから総額3.5億円の調達を発表しており、本ラウンドの調達金額は合計で4.5億円となる。また同社は3月にもソニーが運営するSony Innovation Fundから出資を受けたと発表している。 本誌でも何度か紹介してきたとおり、アロマビットが開発する小型ニオイイメージングセンサーは、さまざまなニオイの成分を複数の吸着膜で吸着し、重さの変化をセンサーで読み取ってパターンとして出力することで、ニオイのパターンを「可視化」するというものだ。従来のガスセンサーが特定の成分にだけ反応していたのと比べて、より生物の鼻に近い判断が可能となる。 同社は7月に、半導体素子を使った、より小型で高解像度のニオイセンサーの開発強化を発表している。感度が高い従来の水晶振動子型と並行して、高解像度・超小型のシリコンCMOS型センサーにより、スマホやIoT機器にも搭載可能なニオイセンサーの実用化を目指している。 アロマビット代表取締役の黒木俊一...more
カテゴリー:

コネクテッドプリンティングサービスの株式会社グーフ、6,000円の資金調達を実施 - 11月08日(金)12:00 

「テクノロジーで『紙』の新たな価値を創造する」をミッションに、コネクテッドプリンティングサービスを展開する株式会社グーフが、株式会社ディノス・セシール、株式会社アスコンから6,000万円の資金調達を実施した。 株式会社グーフとは 左)代表取締役 岡本幸憲  右)C.O.O. 近藤寛一株式会社グーフは、マーケティングオートメーション(以下MA) や EC、顧客データベース 等の様々なデジタルリソースとデータ連携し、最短 24 時間での印刷・発送を実現するAPIプリントプラットフォーム「Print of Things®」を展開している。 クラウド上で印刷版⽣成に必要な全ての機能を搭載しており、ビジネスの目的に応じて、「いつ」「何処で」「どれだけ」など、簡単な指示データを複数拠点のデジタル印刷機器へ送信することで、常に安定した品質と納期で自動製造を可能にするサービスプラットフォームだ。 同社はこのたび、プレシリーズ A(1stラウンド)として株式会社ディノス・セシール、株式会社アスコン、を引受先とする第三者割当増資による6,000万円の資金調達を完了。 今後は、株式会社ディノス・セシール社とは印刷メディアの最適化を⽬標に共同プロジェクトを立ち上げ、DM のみならずカタログや同梱広告などのパーソナライズ、適地⽣産モデルでの効果検証を加速させていく予定とのこと。 投資先からのコメント 投資先...more
カテゴリー:

セーフィー、三井不動産CVCより第三者割当増資を実施--スマートシティなどで活用へ - 11月07日(木)13:17 

クラウド録画カメラのセーフィーは、三井不動産とグローバル・ブレインが共同で運営するコーポレートベンチャーキャピタル、31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロース?より、第三者割当増資を実施した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「割当増資」の画像

もっと見る

「割当増資」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる