「野辺地」とは?

関連ニュース

上十三和がV2/青森県熟年野球古希の部 - 08月17日(土)19:16 

第26回東奥日報社杯争奪青森県熟年野球選手権(県熟年野球連盟主催、東奥日報社共催)は17日、野辺地町の野辺地球場で古希の部(70歳以上)の準決勝と決勝を行った。決勝は上十三和(なごみ)がポン友クラブZに14-4と快勝し、2連覇を果たした。上十三和は初回に4番太田のランニング本塁打で2点を先制。二回に1点差に詰められたが、四回に9番杉山の二塁打など長短打を連ねて大量6点を奪い、突き放した。主戦太田はスライダーを軸に打たせて取る投球を心掛け、序盤のピンチを防いだ。ポン友クラブZは再三好機をつくった…
カテゴリー:

「俺横浜出身だぜ!」って威張るから「青森の横浜だろ?」って突っ込みが流行っていたな。 - 08月09日(金)17:49  news

横浜町の横浜消防署に勤務する消防士がことし2月、当時17歳の女子高校生に対する児童買春の疑いで 逮捕されたことを受けて、北部上北消防本部のトップが9日、記者会見を開いて陳謝しました。 ことし2月中旬、野辺地町に住む消防士の大羽澤悌二容疑者(49)は、弘前市の商業施設の駐車場で、 秋田県北部に住む当時17歳の女子高校生に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、 児童買春の疑いで今月7日、警察に逮捕されました。 これを受けて、北部上北消防本部の石久保国光消防長は9日、記者会見を開き、「職...
»続きを読む
カテゴリー:

国重文の板状土偶「縄文くらら」イラスト完成 - 08月06日(火)11:00 

青森県野辺地町で出土した国重要文化財の板状立脚土偶「縄文くらら(愛称)」のPR用イラストが出来上がった。5日、作成に当たった野辺地中学校美術部の生徒らが町役場を訪れ、愛らしいキャラクターを中谷純逸町長に披露した。イラストは、美術部員14人と青森市在住のイラストレーター豊川茅(ちえ)さん、町教委の3者でアイデアを出し合い、デザインした。ポスターや学校の資料、文房具などの関連商品に使用し、町の宝である縄文くららを広くPRしていく。この日は美術部の熊谷咲良部長(3年)と細越梨瑠副部長(同)、豊川さん…
カテゴリー:

野辺地・常夜燈公園に夏のイルミネーション - 07月31日(水)22:02 

青森県野辺地町の常夜燈公園で31日夜、夏のイルミネーションの試験点灯が行われ、約8万個の電球が一帯を鮮やかに彩った。初の試みで8月1日から12日まで実施する。約5千平方メートルの会場に、発光ダイオード(LED)による光のトンネルやモニュメントを設置。復元北前船「みちのく丸」も装飾した。芝生には海を表現した青と白の電球が敷かれ、港町の雰囲気をつくり出している。制作には野辺地中学校の生徒や一般町民も参加した。町のほか商工会や漁協などでつくる実行委員会の主催で、試験点灯を見た植竹大剛実行委員長は「試…
カテゴリー:

南部九州高総体レスリング女子68kg 齊藤(八戸工大一)3位 - 07月31日(水)11:10 

全国高校総合体育大会(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体」は第4日の30日、鹿児島、熊本、宮崎、沖縄の4県で9競技を行った。青森県勢は、レスリング女子68キロ級で、齊藤美姫(みさき)(八工大一)が全競技通じて県勢初の表彰台となる3位入賞を果たした。同階級の渡邊莉帆(同)、50キロ級の野田頭樹里(野辺地西)、53キロ級の加藤美結(青森商)が5位入賞。自転車男子4000メートル団体追い抜き予選に出場した八戸工は20位にとどまった。大会第5日の31日は4県で11競技を行う。
カテゴリー:

上十三和など4強 青森県熟年野球 古希の部開幕 - 08月11日(日)13:38 

第26回東奥日報社杯争奪青森県熟年野球選手権(県熟年野球連盟主催、東奥日報社共催)は10日、野辺地球場で古希の部(70歳以上)が開幕した。1回戦4試合を行い、昨年初優勝し2連覇を狙う上十三和は、あかしあ70に13-0で勝利した。昨年準優勝のポン友クラブZは弘前オールドスターズに8-1で五回コールド勝ち。このほか、あおもりシーホースとむつトマホークスが勝ち、それぞれ4強へ進んだ。準決勝2試合と決勝は17日に同球場で行う。
カテゴリー:

女子高生買春疑い 青森の消防士を逮捕、大館署 - 08月08日(木)06:58 

 秋田県警大館署は7日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、青森県野辺地町、消防士の男性容疑者(49)を逮捕した。 逮捕容疑は今年2月中旬、秋田県北部の女子高生=当時(17)=が18歳未満と知…
カテゴリー:

野辺地からウインドサーフィンで陸奥湾横断に挑む - 08月01日(木)18:45 

青森県野辺地町のマリンスポーツを活気づけようと、同町職員の野坂洸太さん(32)が、ウインドサーフィンによる陸奥湾縦断に挑もうとしている。天候が良ければ8月10日、同町からむつ市脇野沢までの約40キロの航海に臨む予定。「多くの人に野辺地の海の魅力を知ってもらい、親しみを持ってほしい。そのアピールになれば」と意気込む。野坂さんは子供のころからヨットに乗り、学生時代はサーフィンに熱中した。波の穏やかな陸奥湾でも楽しめるマリンスポーツを-と、昨年からウインドサーフィンを始め、現在は同町の海岸や小川原湖…
カテゴリー:

柴崎選手応援企画から生まれたトロフィー - 07月31日(水)19:51 

青森県サッカー協会は31日、昨年のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した柴崎岳選手=野辺地町出身、青森山田出、デポルティボ=への東奥日報応援メッセージ企画からの寄付金で製作した二つのトロフィーをお披露目した。9月上旬まで行われる県U-12東西上位リーグの優勝チームにそれぞれ贈る。大南博義・同協会専務らが、青森市の東奥日報社を訪れ佐藤秀樹専務と懇談。ジュニア育成と競技レベル向上のため、U-12リーグ戦に東西各8チームによる上位リーグを設けたことを説明し「チビッコ世代から競技の底上げを…
カテゴリー:

「野辺地」の画像

もっと見る

「野辺地」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる