「商品開発」とは?

関連ニュース

コオロギを原材料に使用した世界初のクラフトビール「コオロギビール」誕生!これからはコオロギ養殖で稼ぐ時代! - 02月20日(木)22:00  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif 食のトレンドが融合「コオロギビール」 近年注目の昆虫食がクラフトビールに  昆虫食の魅力を探究する「ANTCICADA」(アントシカダ)と岩手県遠野市の遠野醸造が、 コオロギを原材料に使用した世界初のクラフトビール「コオロギビール/Cricket Dark Ale」を開発。  3月15日(日)から3月18日(水)に、渋谷パルコのギャラリースペース・COMINGSOONで限定販売される。 徹底管理されたコオロギを使用  「コオロギビール/Cricket Dark Ale」は、こだわりの国産コオロギを使って製造し...
»続きを読む
カテゴリー:

SP企画などを手掛ける株式会社共栄メディア(本社:東京都、代表:錦山慎太郎)が、2020年2月14日、地域特産物にフューチャーしたプロモーション事業「KOBINAI-PROJECT」を立ち上げました。 - 02月20日(木)16:00 

「KOBINAI-PROJECT(こびないプロジェクト)」とは特産物をきっかけとした地域活性を目的とするプロジェクトです。農家さんのHappy♪を願い、地域に根付いた特産物を活かしたプロモーションを行い認知度、消費量の拡大に繋げることが出来ればと思い、2020年2月14日に、本プロジェクトを立ち上げました。今回プロジェクト活動の一環として、鹿児島県・いちき串木野市の特産物である文旦(サワーポメロ)の認知拡大・消費量拡大に向け、サワーポメロに合う新感覚ジュレ「Juremi(ジュレミ」を発売しました。「Juremi」の通信販売や商品紹介だけでなく、今回の対象特産物である、サワーポメロの紹介や、生産者、サワーポメロの地元である、いちき串木野市や鹿児島県の情報などを発信して行く予定です。SNSなどでも、情報を発信して参りますので、Juremiやサワーポメロをより身近に感じていただきつつ、本プロジェクトの想いもご理解頂ければと思います⇒Juremi商品サイトhttp://juremi.jp/◆本商品は鹿児島県いちき串木野市の「いちき串木野市サワーポメロPR・消費者拡大プロジェクト」様にご協力をいただいて商品化となりました。◆【SNS】Twitter :https://mobile.twitter.com/Kobinai_projectInstagram:https://www.instagr...more
カテゴリー:

乾燥肌が本気で潤う!…3分で完成「しっとり肌になる」最強レシピ - 文・大久保愛 | ananweb - マガジンハウス - 02月19日(水)19:20 

今年は暖冬とはいえ、空気が乾燥していますね。カラカラに乾いた空気に加えて、暖房器具や水分摂取量の減少などさまざまな要因により、私たちの体は内側から水分が足りなくなっていることもあるのだそう。そりゃ肌がカサカサになるわけです。そこで、漢方薬剤師の大久保愛先生が食べるだけで肌が潤う方法をご紹介します!文・大久保愛【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 46乾燥肌を予防する食薬習慣少し暖かくなったと思うとまた寒くなり、まだまだ油断できない冬の寒さが続きますよね。暖冬とはいえ、暖房完備の部屋に長時間いたり、寝るときに電気毛布を使うなど体を温めるツールはまだまだ手放すことができないこともあると思います。そうなると全身的に気になるのが、乾燥です。乾燥した空気により体から水分が失われるだけではなく、夏の暑い時期に比べて喉が乾きにくくなる寒い時期には、水分摂取量が減り、気づかないうちに体の内側からも水分不足になってしまうこともあります。さらに、女性にとっては、生理周期によって乾燥しやすい周期もあります。季節的な影響だけではなく、1か月間でも状態が変動しやすい女性のお肌。今週は体がカラカラのお肌がガサガサにならないための食薬習慣を紹介します。自然の変化が体調に影響している漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の...more
カテゴリー:

ホンダ、四輪開発を本社統合 技術研究所の体制見直し - 02月19日(水)18:18 

 ホンダは18日、子会社の本田技術研究所(埼玉県和光市)が担う四輪車の商品開発機能を4月1日付で本体に統合すると発表した。開発を迅速化して収益力を改善する。研究所はホンダ創業者の本田宗一郎、藤沢武夫の発案で1960年に誕生し、数々の独創的な製品を生んだとされるが、四輪車事業の利益率低迷や開発競争激化
カテゴリー:

ホンダ四輪開発、本体に統合 迅速化で競争力改善 - 02月19日(水)05:00 

 ホンダは18日、子会社の本田技術研究所(埼玉県和光市)が担う四輪車の商品開発機能をホンダ本体に統合すると発表した。別の子会社ホンダエンジニアリング(栃木県芳賀町)は本体に吸収合併する。いずれも4月1日付。
カテゴリー:

やっぱり濃厚なアレで解決…スマホ依存の彼が「彼女に夢中になる」必殺テク - 文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ  | ananweb - マガジンハウス - 02月20日(木)20:30 

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、スマホ依存症の彼を持つアラサー女子。デートもセックスもスマホを離さない彼だったが……。三松先生が、スマホに勝つ方法を伝授します!文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ 【レスなひとびと】vol. 66雪穂(29歳)スマホマナーレス彼氏、スマホと私どっちが大事? と悩める日々。雪穂は額に汗をかき、小走りで東京駅の改札に向かった。「ごめーん、待った?」待っていたのは彼氏の夏志。「そんな待ってないよ。行こっか」二人が出会ったのはパーソナルトレーニングジム。雪穂の担当トレーナーが夏志。ジム後にご飯に行くのが恒例となり、半年後、夏志のほうから「付き合わないか」と告白されたのだ。トレーナーと会員の交際は禁止らしいが、禁止を破ることこそ恋の醍醐味と二人で納得した。一応、秘密の恋。「この前ね、私が受け持つクラスの子ども達ったらおかしくって」幼児英会話クラスの講師をしている雪穂が近況を話そうとしたが、新幹線に乗るなり夏志はスマホに夢中。いつものようにゲームだ。ああ、またか。フーっ。雪穂は夏志にバレないようにため息をついて、話すのをやめた。二人でいるのに一人旅……。夏志は、どう考えてもスマホ依存症...more
カテゴリー:

「王様いちごの乳酸菌®で“やわらか血管”に!」 ヴェントゥーノ、九州大学との共同研究成果を公表 - 02月20日(木)11:04 

2020年2月20日 株式会社ヴェントゥーノ  株式会社ヴェントゥーノは、この度九州大学との共同研究により、福岡県名産いちご『あまおう』由来の乳酸菌「Lactobacillus plantarum AMAOU(ラクトバチルスプランタラムアマオウ)」において、動脈硬化を予防する効果が報告されている腸内細菌Bacteroides vulgatus を増やす効果があることを示唆する研究結果を得ましたので、お知らせいたします。    王様いちごの乳酸菌®は、弊社と福岡県、協力企業との産官学連携により開発された福岡県名産いちご『あまおう』由来の世界初の乳酸菌で、その機能性(整腸作用や免疫調整作用等)について、これまでも九州大学大学院農学研究院機能性多糖分析学寄付講座にて解析を続けてまいりました。  今回増加が示唆された腸内細菌「Bacteroides vulgatus」は、動脈硬化の原因となるプラークと呼ばれる脂肪の塊の形成や血管の炎症を抑制することで、動脈硬化を予防することが報告されています。これにより、動脈硬化によって引き起こされる脳卒中や心筋梗塞などのリスク低減効果も期待されます。  本成果は、弊社および同大学院農学研究院・生命機能科学部門の中山二郎准教授と共同で取り組んでいる「あまおう由来乳酸菌と沖縄もずくフコイダンの腸内フローラ改善効果」に関する研究によるもので、こ...more
カテゴリー:

ホンダ、4輪事業の体制刷新 営業・生産・開発・.. - 02月19日(水)18:20 

ホンダ、4輪事業の体制刷新 営業・生産・開発・購買を一体化 「技研」は商品開発切り離し先進分野集中
カテゴリー:

元SKE48佐藤すみれセルフプロデュース「すみれワールド」全開の写真集を発売 - 02月19日(水)14:39 

元SKE48の佐藤すみれがセルフプロデュースによる写真集『すみれ色の魔法』(トランスワールド)を2月25日(火)に発売することが決定した。 アイドルを卒業後、起業家として商品開発やポップアップイベントの開催など、 精力的に活躍の場を広げてい・・・
カテゴリー:

ホンダ、四輪事業の開発機能を本社に統合 - 02月18日(火)23:09 

 ホンダは四輪事業の開発体制を見直し、これまで子会社で行っていた商品開発を、ホンダ本社で行うと発表しました。  現在、四輪事業の商品開発は子会社の「本田技術研究所」で行っていますが、ホンダによりますと、今年4月からは本社にその機能を移します。  本田技術研究所は、1960年に創業者の本田宗一郎氏が、業績に左右されず自由な研究環境を実現するために設立されました。これまでも自動車の開発をしながら、アシモなどのロボット開発を手がけるなど、他社とは違う研究開発体制をとっていました。ただ、四輪事業の競争力強化が課題となる中で、営業、生産、開発、購買の連携を強化するため、これまで技術研究所が担ってきた四輪車の商品開発を本社で行うということです。  今後、本田技術研究所はロボット技術などの先進技術を担当し、新しい価値の商品をつくるための研究開発に集中するということです。(18日21:18)
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「商品開発」の画像

もっと見る

「商品開発」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる