「市町村」とは?

関連ニュース

【文芸】<書店が消えるのは文化が消えること>街の書店がどんどん消えています - 12月07日(土)07:35  mnewsplus

書店数はこの20年で半分になった ――街の書店がどんどん消えています。昔は駅を降りると駅前に書店があるという光景が一般的でした。待ち合わせにも書店を使ったし、街の文化的拠点にもなっていた。雑誌をあれこれ眺める楽しみや、知らない本に出合う楽しみもありました。  でも今は書店が周辺に全くない駅も少なくないし、市町村で書店のないところが2割を超えていると言われます。若い人はネットで本を買うようになっていると思われますが、高齢者の場合は近くに書店がなくなって、ほしい本をどうやって入手したらよいかと悩む人も...
»続きを読む
カテゴリー:

南九州総体の経済効果は? ホテルや飲食業に波及大きく - 12月06日(金)16:36 

 全国高校総合体育大会県実行委員会とおきぎん経済研究所は5日、7~8月に開催された「南部九州総体2019」の経済効果試算を発表した。単年度の総額は42億6600万円、施設整備など事前準備を含めた16年度からの経年総額は48億2300万円となった。  南部九州総体は県内の13市町村・31会場で実施された。選手や監督、大会関...
カテゴリー:

また過大交付金 秋田県国保連が財政安定化事業算定ミス 14年度までに161億円 - 12月06日(金)09:31 

秋田県国民健康保険団体連合会(秋田市)が高額医療費共同事業の交付金算定を誤っていた問題で、県国保連は5日、保険財政共同安定化事業でも2014年度までの7年間にわたって算定ミスがあり、市町村に計約161
カテゴリー:

民間デジタル専門人材、福島・宮崎など31市町村が.. - 12月06日(金)08:34 

民間デジタル専門人材、福島・宮崎など31市町村が派遣希望 政府調査
カテゴリー:

【NHK新潟】新潟県への批判とAKS暴行事件に対する批判動画ツイートを削除 番組内容はこちらです - 12月05日(木)23:39  mnewsplus

2019/12/05 ◆2019年5月31日に、NHK新潟が放送した <近すぎたアイドル~岐路に立つNGT48~>の動画付きツイートがNHK新潟によって削除された。 番組内容は、  NGT48関連自治体の支出額 ・新潟県 約6,700万円 ・15市町村 約8,900万円 と、NGT48への税金の使いすぎを問題視し、また、新潟県に全国から続々と届く苦情により、国民文化祭のポスターからNGT48を排除した経緯や、「観光には行きたくない」「ふるさと納税もしたくない」などの国民の声の紹介だ。 また、AKS(AKB含むグループの運営会社・名称)にNHK新潟が4つの...
»続きを読む
カテゴリー:

半数は初公開、900点超展示/郷土館が企画展 - 12月06日(金)19:59 

青森市の県立郷土館が約30年にわたり行った発掘調査の成果を公開する初の企画展「縄文遺跡群と県立郷土館-発掘調査の軌跡-」(同館主催、東奥日報社共催)が7日から始まる。旧石器時代(紀元前2万8千年ごろ)から弥生時代(紀元前100年ごろ)までの出土品計約900点を展示する。半数超の約500点は初公開。近年県内で開かれた縄文の展示では最大級の展示数という。来年1月30日まで。展示物の大半は1973年度~2002年度にかけて、県内13市町村21カ所で見つかったもの。会場では古い遺跡から時代を追って展示…
カテゴリー:

豪雨の義援金保護法成立 8月末以降の一連の災害 - 12月06日(金)10:37 

 台風19号など一連の豪雨被災者が義援金を受け取る権利を保護する法律が6日午前、参院本会議で全会一致により可決、成立した。都道府県や市町村が配分する義援金について、被災によりローンが返済できなくなっても金融機関による差し押さえを禁じる。
カテゴリー:

「シンボルに関心持って」中学生らタンチョウ越冬数調査 - 12月06日(金)09:29 

 国の特別天然記念物タンチョウの越冬分布や規模を調べる北海道の一斉調査が5日、釧路地方を中心に35市町村約280カ所であった。  調査は1952年に始まり、89年からは年2回。初回はわずか33羽だったが、保護活動で少しずつ増えて2016年1月には過去最高の1320羽が確認された。環境省は生息域を分散
カテゴリー:

県国保連また算定ミス、不手際続く 精算対象額は10億円 - 12月06日(金)06:40 

 秋田県国民健康保険団体連合会は5日、国保財源の安定化を目的とした市町村との共同事業「保険財政共同安定化事業」で、事業資金の算定を2008~14年度の7年間誤っていたと明らかにした。市町村との間で過大…
カテゴリー:

「核燃税配分見直しを」 東通村議会が意見書可決 - 12月05日(木)19:13 

東通村議会は5日、定例村議会本会議で、青森県核燃料物質等取扱税(核燃税)交付金の市町村配分方法を見直すよう三村申吾知事に求める意見書案を全会一致で可決した。丹内俊範議長は散会後の取材に「日程は決まっていないが、本年度内には要望したい」との意向を示した。意見書案は、村議会総務企画常任委員会が提案。総額30億円以内としている同交付金の限度額を撤廃し、「税収の18%」の交付率復活を含めた制度見直しを要望している。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「市町村」の画像

もっと見る

「市町村」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる