「学校教育」とは?

関連ニュース

日本の教育は暗記よりも「正しい検索の仕方」を教えるべき/ひろゆき - 12月12日(木)15:54 

なんで日本の教育はいまだに暗記偏重型なんでしょう……  暗記教育が社会ではあまり役立たないことは知られていると思うのですが、暗記型の試験で成績が決まる日本の学校教育では、いまだに暗記偏重が続いています。  大学受験の歴史 […]
カテゴリー:

「勉強は紙と鉛筆でやるのが最適」と思う親が変えたい教育への意識とは【アドビ・小池晴子】 - 12月11日(水)12:00 

小学校は2020年度から新指導要領が始まります。この新指導要領によって、文部科学省が定めている学習指導要領が変わります。そのほか教科書が変わる、プログラミング教育が始まる、子どもには課題解決力が求められる……と言われても、親にとっては具体的なことが見えず、あまりピンとこない話題かもしれませんね。しかしこれまでと学習方法が変化することは間違いありません。IT化が進んでいくであろう教育現場に、親としては何をすればいいのでしょうか? PhotoshopやIllustratorなど、デザイン系のアプリケーションで有名なアドビシステムズ社(アドビ)で教育分野での取り組みを行っているマーケティング本部教育市場部部長・小池晴子さんにお話を伺いました。 パソコンやタブレットは悪?「手書きがいい」の考え方は根強い ――「2020年、教育が変わる」はいろいろ言われていますが、教育現場がIT化されていく、パソコンやタブレットで学習するなどということがピンとこない人もいると思います。 親自身がこれまで、紙と鉛筆で勉強しテストを受けて、テストの点数で評価されるという道を歩んできたと思います。親が学んできた方法をとらないで、子どもが別の方法で学習していくのは、果たして正解なのかどうか……と不安があるのではないでしょうか。 ――不安とともに、手書きで勉強すると「一生懸命頑張っている」、動画で学習していると「...more
カテゴリー:

大丈夫か日本。世界一「安い国」に成り下がった自国に嘆きの声 - 12月10日(火)18:52 

日本経済新聞が報じた「日本のモノ・サービスに対する価格の安さ」に関する記事がTwitterで話題になっている。100円ショップ「ダイソー」の商品価格やディズニーランドの入場料金が世界最安であり、その原因として所得の伸び悩みなどが挙げられているが、「安い国」へと変貌を遂げた自国に対する失意や焦り、政治に対する不信の声がネットに相次いだ。Twitter上の反応を紹介しよう。 価格が映す日本の停滞 ディズニーやダイソー世界最安 https://t.co/lAqQ95R3Dy — 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) December 9, 2019 安い国になった日本 まじか。日本の「100円ショップ」で売られている商品が、米国では約162円、ブラジルでは215円、タイでは214円、生産地の中国でも153円すると。 価格が映す日本の停滞 ディズニーやダイソー世界最安: 日本経済新聞 https://t.co/lS37kIRsnz — 白石草 (@hamemen) December 9, 2019 この現実を直視すべき。安い国になってしまった。 ❮日本経済新聞は世界のディズニーランドの大人1日券の円換算価格を調べた。東京は7500円でカリフォルニア(1万3934円)の半額ほど。パリ(1万1365円)や上海(8824円)と比べても安さは群を抜く。❯https://t.co/q1V...more
カテゴリー:

後ろ姿で示す。大人が子供たちに希望を灯す「貴人」になるべき訳 - 12月09日(月)20:17 

子どもが成長する過程で、大人社会への幻滅を感じることはよくあることです。しかし当然のことながら、社会には尊敬できる人物も存在します。今回の無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』では同ネットで活動中の飯田剛さんが、「貴人」とも呼ぶべき大人との出会いによって目を開かれた自身の経験を綴るとともに、現代の大人にも、「尊敬される存在になるべし」と檄を飛ばしています。 貴人との出会い 時折、子供時代を振り返ることがあります。自分では至って普通の子供のつもりでしたが、実は大人から見れば、あまり可愛げのない存在だったようです。まあ三つ子の魂百までといいますから、昔も今も、ほとんど同じということでしょうか。小学校6年の時には、担任の先生から、こう言われました。「お前には、子供らしさがない」。 そんなこと言われたって困ります。心の中で「子供なんだから仕方ないだろう」なんて思いながら、上の空で小言をやり過ごしてました。自分では分かりませんが、目障りだったんでしょうね。先生の言動を鼻で笑っていたり、ひねこびた発言を連発していたのだと思います。 兄が障がいを持っていましたので、普通の子供よりも余分に世の中が観察できたのかもしれません。もっとも、嫌な面ばかりを見ていたと言えますが、いろいろな経験をさせてもらえたのは事実です。 そりゃあ、見ただけで兄は普通じゃありませんから、気になって見ちゃうのは...more
カテゴリー:

金持ちは「お金を生む仕組み」を自分で考える - 12月08日(日)12:20 

たとえば学校教育では、テストで良い点を取ることが重視されます。それは、良い学校へ進学するという方向へ向かっています。つまり、学校システムの中に組み込まれているわけで、そのシステムとは、良い点を取ること…
カテゴリー:

【高校無償化】わが子を公立に入れるか、私立に入れるか…結局どちらがトク? - 12月11日(水)15:30  newsplus

12/11(水) 9:01配信 現代ビジネス わが子を公立に入れるか、私立に入れるか…結局どちらがトク? ---------- 親に重くのしかかる、子どもの教育費。中でも、公立に通わせるか、私立に通わせるかは一番の悩みどころだろう。そんな悩める親にヒントを与えてくれるのは、家計再生コンサルタントで、著書『一生お金に困らない子どもの育て方』がある横山光昭氏だ。6人の子の父でもある横山氏は、どちらが「トク」だと判断するのか? 答えを教えてもらった。 ---------- 私立のハードルは下がっている わが子を公立に入れ...
»続きを読む
カテゴリー:

岡山で県児童生徒絵画展 風景や思い出、生き生き描く - 12月10日(火)20:08 

 第9回岡山県児童生徒絵画展(県小学校教育研究会図画工作部会、県中学校教育研究会美術部会、山陽新聞社主催)が10日、岡山市北区柳町の山陽新聞社さん太ギャラリーで始まった。心に残った風景や家族、友人との...
カテゴリー:

株式会社アルク・株式会社イーオンとの3社共同開催 小学校教員対象 2020年4月から始まる小学校英語の直前対策! 「小学校英語 フォローアップセミナー」 - 12月10日(火)11:00 

児童英語教育40年の株式会社mpi松香フォニックス(本社:東京都渋谷区、代表:竹村千栄子)は、語学教材の開発を手掛ける株式会社アルク(本社:東京都千代田区、代表:田中伸明)、ならびに当社グループ会社で英会話学校を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)と共同で、小学校教員を対象としたセミナー「小学校英語 フォローアップセミナー」を、2020年3月28日(土)、イーオン東京本社(住所:東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル16F)にて開催します。来年度から、いよいよ新学習指導要領の下、小学校では外国語活動の3~4年生への早期化、および5~6年生の教科化がスタートします。本セミナーでは、その直前対策として、小学校英語の新カリキュラムで求められている内容や技術について、3人の著名な講師陣から学べる実践的な内容となっています。参加者全員に『学級担任のための明日から使える外国語活動指導案 Let's Try 1&2』(mpi作成)をプレゼントいたします。セミナーでは、「小学校3~4年生の英語活動」について佐藤 久美子氏(玉川大学大学院 教育学研究科名誉教授・特任教授)から、「小学校5~6年生の教科としての指導」について狩野 晶子氏(上智大学短期大学部 英語科 准教授)から、それぞれ実際に絵本や教科書を用いながら実践的な手法を学びます。さ...more
カテゴリー:

「英語学習のつまずき」を防ぐノートを日本中に広めたい! 茨城県つくば市の認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所がクラウドファンディングに挑戦 - 12月09日(月)11:00 

認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所は、英語の読み書きに苦手のある方たちにもやさしい「RISE英語罫線(4線)ノート」をリニューアルするための資金を募る。「RISE英語罫線(4線)ノート」は、英語の読み書きに対する苦手を軽減し、得意を伸ばすために、独自の工夫を加えたもの。その普及を通じて「英語読み書き困難」や「光過敏(まぶしくて見にくい)」などへの理解も広げていきたいと考えている。
カテゴリー:

「三つ子の魂百まで」は本当だった。衝撃の国際機関の調査データ - 12月08日(日)11:02 

様々な事象が科学的に証明されるようになった現代。人間の脳の発達や感情の動きなどもその一つです。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役教師の松尾英明さんが、「子供の性格や感情を決定づけるのは何歳からか?」という疑問について、とある国際機関の調査結果を紐解きながら解説しています。 「三つ子の魂百まで」は本当 発達と感情コントロールについて。 『OECD 保育の質向上白書』という分厚い本がある。タイトルの通り、OECDの出している白書である。そこに次のグラフが示されている。脳の敏感性と4つの項目(「言語」「数」「社会性」「感情」)が経年変化でどう変わるかを調べたグラフである。 ● The early years are pivotal for children’s brain development このグラフは、衝撃である。感情のコントロールと言語に対する脳の敏感性は、生まれた時から既にピークに近い状態である。つまり、生まれた時から(あるいは胎動期から)感情を込めて話しかけ続けることには、大きな意味があると考えられる。 更に感情のみを見ると、1歳時でピークを迎え、2歳半ばにはピークの半分、3歳には底ちかくまで急落する。つまりは、感情面の教育については、生まれてから遅くとも2歳半ばまでが大きな勝負どころである。 乳幼児期にたくさん笑顔で話しかけられ、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「学校教育」の画像

もっと見る

「学校教育」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる