「建築物」とは?

関連ニュース

【オーダー金属建材の菊川工業】桑沢デザイン研究所とコラボレーション!先端技術の研究開発で「一品物」の椅子を製作 - 05月22日(水)10:00 

建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、デザインの専門学校である桑沢デザイン研究所の専任講師、大松俊紀氏との協働により「一品物」の椅子「Shades of Michelangelo」を製作し、同椅子が完了したとの連絡を4月22日に受領しました。トップデザイナーとのコラボレーションによるこの度の製作は、長尺や広幅・特殊形状などの大型・特殊金属建材を得意とする菊川には珍しい試みでした。菊川の金属加工における先端技術研究の成果としてご紹介します。■金型不要の成型技術を採用使用した先端技術「インクリメンタルフォーミング」は、金型不要な成形加工技術で、従来(金型を必要とする)工法に比べ、より安価で短期な少量多品種の生産を可能にします。このプロジェクトは、菊川がインテリア部門を強化する中で、デザイナーからのご相談により実現しました。今後は家具サイズの製品やオブジェの製作への転用も視野に、技術の研究開発や製品製作を進めていきます。■ひとつの疑問から出発した「一品物」の椅子「Shades of Michelangelo」椅子を設計した大松氏によると、今回の新しい椅子のデザインは、一つの疑問から出発したとのこと。「背板を座面に対して90度にすると座り心地が良くないが、もし直角の背板を人の背中が押し出すように変形したら、椅子の座...more
カテゴリー:

【タイ】日本風テーマパーク“タイの10選”に批判 - 05月17日(金)07:18  newsplus

タイにいながら日本の雰囲気を楽しめるとして造られた、日本風テーマパークの「ヒノキランド」が、タイの文化スポット10選に選ばれた。 しかし、タイの文化とは無関係だとして、市民から批判が相次いでいる。 「ヒノキランド」はタイ北部のチェンマイで去年10月に開業したテーマパークで、浅草の雷門や京都の伏見稲荷大社などをモチーフにした日本風の建築物が展示され人気。 こうした中、タイの文化省は「タイで訪れるべき文化スポット10選」を公表した。 この中に「ヒノキランド」も含まれたが、タイ国内では「日本をまね...
»続きを読む
カテゴリー:

5/18の「国際博物館の日」、国立故宮博物院や国立台湾博物館などが無料に - 05月16日(木)00:00 

5月18日の「国際博物館の日」を記念し、文化部(日本の省レベル)が中心となって各地の博物館による様々な優遇プランが実施される。普段から入館無料の博物館はもちろん、国立故宮博物院(台湾北部・台北市及び同中南部・嘉義県)や国立台湾博物館(台北市)など合計49の博物館が18日には入館料が無料となる。   文化部は15日に記者会見を開き、今年の「国際博物館の日」に合わせた活動を説明した。文化部では今年のテーマを「文化を結ぶハブとしての博物館:伝統の未来」としており、博物館の関係者たちが、一定の場所に固定されている博物館をいかにして人々の生活に溶け込ませ、博物館自体を創意と知識のプラットフォームへと変貌させるかを思考してほしいと希望している。   今年のテーマに応じ、国立台湾博物館は建物に対して3Dスキャンを行った成果を発表する。細部にいたるスキャンを通して、建物自体が国の定める文化資産である同博物館の建築物に関する基礎データを保存することにした。   国立台湾博物館の洪世佑館長は、同博物館はそれ自身が国定の文化資産であり、これからも間違いなく代表的な博物館、並びに展示場所であり続けるとしてデータの重要性を指摘した。   これまでに本館と土銀展示館の内部及び外部のスキャニングが終わっており、誤差は3~5ミリ以内だという。将来はアニメーションや映画、ガイ...more
カテゴリー:

仁徳天皇陵を含む「百舌鳥・古市古墳群」とは 世界遺産登録へ、何が評価された?文化庁に聞いてみた - 05月14日(火)12:43 

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に、大阪府の仁徳天皇陵などを含む「百舌鳥・古市古墳群」が登録される見通しとなった。ユネスコの諮問機関であるイコモスが「(世界遺産一覧表への)記載が適当」と勧告したと、文化庁が5月14日発表した。6月30日からアゼルバイジャンで開かれる世界遺産委員会で正式に決まる見込み。決定すれば、日本の世界遺産では23件目。令和に入って初めて、かつ大阪府としては初の世界遺産登録となる。 ◼️日本で23件目の世界遺産になる見通しの「百舌鳥・古市古墳群」とは?登録されれば、日本では23件目の世界遺産登録となる「百舌鳥・古市古墳群」は、どんな遺産なのだろうか? 構成遺産として含まれるのは45件49基の古墳で、エリアが2つに分かれている。大阪府堺市の百舌鳥エリアには、仁徳天皇陵古墳を含む23基があり、大阪府羽曳野市・藤井寺市の古市エリアには応神天皇陵を含む26基の古墳がある。文化庁の資料によれば、百舌鳥・古市古墳群が造られたのは、古墳時代の最盛期であった4世紀後半から5世紀後半。当時の政治・文化の中心地のひとつとして、大阪湾に接する平野の上に造られた。20メートル台の墳墓から長さ500メートル近くに達する前方後円墳まで、大きさと形状には多様性がある。幾何学的にデザインされた墳丘は、葬送儀礼の舞台であり、外観は埴輪(はにわ)などで飾り立てられ...more
カテゴリー:

奈良美智が「あおもり犬」に込めた思いとは?女優・田中麗奈がひも解く『新美の巨人たち』 - 05月09日(木)16:58 

美術作家の奈良美智が、5月11日放送の『新美の巨人たち』(テレビ東京系、毎週土曜22:00~)に出演。自身の作品「あおもり犬」を通して伝えようとした思いとは? 作品にひそむ謎を、女優の田中麗奈がひも解いていく。同番組は、旅人=アートトラベラーが、毎回作品が展示されている美術館や建築物、ゆかりがある場所などへ足を運び、作品の秘密や、アーティストの人生に迫り、より豊かな美術鑑賞の旅へと視聴者を誘うもの。市川実日子がナレーターを務める。2006年の青森県立美術館完成と共に誕生した青森出身の奈良による立体作品「あおもり犬」。高さ8.5mにも及ぶその迫力と独特な佇まいで人気の作品だ。一見可愛らしくもあるが、その表情はどこか寂しげ……しかも下半身や手足が地中に埋まっている。その理由は、美術館近くにある三内丸山遺跡にあるという。果たして、作家は何を伝えようとしたのか? その思いに田中が迫る。 関連リンク 阿藤快に隠し子がいた!?王貞治一族の知られざる秘密も公開『爆報!THE フライデー』 King&Princeの平野紫耀&永瀬廉、高橋海人のウワサを調査!中山優馬の懐かしい映像も 土屋アンナの夫がテレビ初登場!3度目の結婚を決...more
カテゴリー:

【再エネ】東芝、太陽光発電をメーン電源に 実用化に期待←発電効率を高、コスト、軽くて曲げられる太陽電池、2030主力電源 - 05月21日(火)01:57  newsplus

東芝、太陽光発電をメーン電源に 実用化に期待 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000500-san-bus_all 2019/5/20(月) 7:00配信,YAHOO!JAPAN NEWS,産経新聞 画像:東芝が大面積化を実現したしなやかさと軽量性を併せ持つフィルム型ペロブスカイト太陽電池  国際的な環境保護の機運が高まる中、需要拡大が見込まれる再生可能エネルギー。東芝が研究開発を進めるのが太陽電池の新技術だ。  素材や形状の工夫で設置場所の選択肢を広げたり、発電効率を高める技術で新たな需要を取り込んだりする狙い。  昨夏に閣...
»続きを読む
カテゴリー:

建築家の貝聿銘氏が102歳で死去、ルーヴル美術館のピラミッドを設計 - 05月17日(金)00:00 

中華系の米建築家、貝聿銘(Ieoh Ming Pei)氏が16日(米東部時間)に死去。享年102歳だった。貝氏の三男、貝礼中氏がニューヨーク・タイムズに対し、貝聿銘氏は16日早朝に亡くなったと明らかにした。死因は報じられていない。貝聿銘氏は近年、姿を見せることが少なくなっていたが、3週間前には102歳の誕生日を過ごしたばかりだった。米国における華人団体の「百人会」(Committee of 100)は今年4月5日、ニューヨークで開いた発足30年の祝賀式典と総会で、貝聿銘氏に世界建築設計特別功労賞を授与している。(本人は出席せず)   貝聿銘氏は中国大陸蘇州の名家出身で1917年4月26日に広州で生まれた。18歳の時に渡米、ペンシルベニア大学で建築を専攻した。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)に転入して1940年に卒業、1946年にはハーバード大学の建築学修士号を取得した。1954年には米国籍も取得している。   貝聿銘氏の作品は公共の建築物と文化や教育に関する施設が中心で、モダニズム建築に分類される。鋼材やコンクリート、ガラスと石材の応用に長け、光と空間の結合を強調した。「光線に設計させる」という名言も残している。   1984年、フランスのミッテラン大統領(当時)の依頼を受け、貝聿銘氏はルーヴル美術家の中庭に設ける主な入場者用入口として、ガラ...more
カテゴリー:

施設名称が「東京虎ノ門グローバルスクエア」に決定 - 05月15日(水)15:00 

[野村不動産ホールディングス株式会社]  虎ノ門駅前地区市街地再開発組合(以下「当組合」)が計画を進めております「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業(国家戦略都市計画建築物等整備事業)」(以下「本事業」)の施設建築物(主要用途:オフィス...
カテゴリー:

台湾で初めて中国語書籍取り扱った書店、政府の補助で保存・再生へ - 05月13日(月)00:00 

台湾北部・基隆市で創業して72年の「自立書店」が文化部(日本の省レベル)による補助を受け、保存・再生されることになった。「自立書店」の創業者で現在101歳の陳上恵さんは1945年、国民政府の軍隊と共に中国大陸から台湾にやって来て基隆に定住。当時の基隆港は非常に繁栄していて活気があったという。   しかし、その頃、台湾には中国語の図書は無く、日本語で書かれたものばかりだった。陳さんは、文化の継承に空白期が生まれることを残念に思い、中国語の書籍を取り扱う書店を開こうと考えるようになった。そして1947年4月4日、「自立書店」は台湾で初めて中国語書籍を販売する書店として開業したのである。   「自立書店」は戦争が終わったばかりの時代から自由民主の現代へと経営を続け、基隆の姿を70年あまりに渡って見つめてきた。今では陳上恵さんの次の世代に受け継がれている。陳さんは台湾における中国語書籍の基礎を築いたのであり、台北市(台湾北部)で「本屋街」として知られる重慶南路書店街もほぼ陳さんが1人で生み出した場所だという。そして今、重慶南路書店街はすでに衰退の一途にあるが、基隆市の「自立書店」はびくともしていない。また、陳上恵さんは台湾における最年長の「鋸琴」(ノコギリ状の金属板を弓でこすって演奏する楽器。ミュージックソー)奏者。その音色と「自立書店」は基隆の多くの人たちにとって大切...more
カテゴリー:

史上初、1000年の歴史を持つ世界遺産の前で結婚式の前撮りを!平等院とTAKAMI BRIDALの共同事業として京都・平等院で婚礼前撮り(ロケーションフォト)の受け入れを開始 - 05月09日(木)13:11 

[TAKAMI HOLDINGS株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/42262/12/resize/d42262-12-639937-0.jpg ]  古都京都の宇治市に位置する平等院。約1000年前に建立された建築物や仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されています。その平等...
カテゴリー:

もっと見る

「建築物」の画像

もっと見る

「建築物」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる