「建築物」とは?

関連ニュース

「マップ」で空中散歩できる都市かどうか調べる方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ - 08月17日(土)18:04 

iOSに付属の『マップ』アプリは、iOSのアップデートとともに進化を続けています。公開当初はデータの誤りに悩みましたが、着々とデータの増強を続け、現在では主要都市であれば建築物を立体的に表示(3D表示)することも可能です。
カテゴリー:

【耐火(青葉は想定外)】玉川大学 日本初、9階建ての木造学生寮を建設 - 08月11日(日)06:07  newsplus

玉川大学・玉川学園は、東京都町田市にある大学敷地内に9階建ての中高層純木造学生寮を建設するプロジェクトに着手した。  1~9階の構造体(柱・梁・筋交)は、日本で古くから発達してきた伝統工法「木造軸組工法」を導入。教育施設では日本初となる木造9階建てで、国内最大級の木造の学生寮となる予定。緑豊かな玉川学園のキャンパスと調和した、地域全体のサステナブルなランドマークとしてデザインし、内装にも木材を積極的に使い、寮生が過ごしやすい温かみのある居住空間とする。  内装材には学園内の間伐材を一部活用、外壁...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 木造9階建て学生寮 - 08月11日(日)01:26  poverty

玉川大学・玉川学園は、東京都町田市にある大学敷地内に9階建ての中高層純木造学生寮を建設するプロジェクトに着手した。 1~9階の構造体(柱・梁・筋交)は、日本で古くから発達してきた伝統工法「木造軸組工法」を導入。教育施設では日本初となる木造9階建てで、国内最大級の木造の学生寮となる予定。 緑豊かな玉川学園のキャンパスと調和した、地域全体のサステナブルなランドマークとしてデザインし、内装にも木材を積極的に使い、寮生が過ごしやすい温かみのある居住空間とする。 内装材には学園内の間伐材を一部活用、外壁...
»続きを読む
カテゴリー:

東京五輪ボート会場で暑さ検証、大型テントで涼試す - 08月09日(金)18:58 

東京五輪ボート会場の海の森水上競技場では、テストイベントとして行われた世界ジュニア選手権の中で「暑さ対策」の検証テストが行われた。 周囲に建築物がなく風の抜けがよいため「日陰をつくる」大型テントを設置。風向や強さなどを検証し、効率よく涼…
カテゴリー:

“苦難の2年間”の軌跡! 地方の建設会社4代目社長 東京進出 覚悟と信念を貫徹 “人”との出会いが転機となり急成長 『なぜ、この会社には人材が集まるのか?』 8月22日より全国書店で発売開始 - 08月09日(金)10:00 

総合建設業の中央建設株式会社(本社:東京都港区)の代表取締役 渡部 功治は、著書『なぜ、あの会社には人が集まるのか』をダイヤモンド社より上梓し、2019年8月22日に全国の大型書店で発売します。 本書は地方の建設会社の4代目社長である渡部が、地方でくすぶっている会社の現状を打破し、生きていくために東京進出を実行。さまざまな苦悩を抱えながらも人との出会いで乗り越え、覚悟と信念を貫徹して事業を軌道に乗せるまでのストーリーを描いています。■今治から上京して2年間の孤軍奮闘!絶対にやりとげる信念で“人”との出会いを活かし飛躍 1949年に愛媛県今治市で創業した老舗土建企業だった当社に渡部が入社したのが2005年。そして、2008年には4代目として社長に就任しました。当時は公共事業の予算が大幅にカットされたり人手不足もあり、このまま地方で従来のやり方で事業を継続していくことに渡部は不安を感じていました。そこで、渡部はこの変化に対応して新しい活路を切り開くために“攻め”を選択。2010年に東京進出を決めました。 当初は渡部が週2、3日、伝もない、コネもない、事務所もない状況でたったひとり今治から上京する、全くゼロからのスタートでした。最初の2年間はようやく取り付けたアポイントもすっぽかされるなど、何の成果も手応えもないまま暗中模索の日々が続きました。すべては徒労に終わってしまうのか、このまま続...more
カテゴリー:

建築物環境計画書制度改正に係る技術検討会を開催 - 08月14日(水)17:14 

このたび、東京都建築物環境計画書制度の再構築について検討することを目的とし、「令和元年度第2回東京都建築物環境計画書制度改正に係る技術検討会」を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
カテゴリー:

【ぶつぞう】ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ。平和祈念、「色物」批判…時代写す鏡 - 08月11日(日)05:47  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000002-withnews-sci&p=1 あなたは全国に点在する、「巨大仏」を見たことがありますか? 鎌倉や、奈良の大仏のこと?  いえいえ、もっと大きいんです。100メートル級のものもあり、SNS上には、インパクトある写真が流通。 「ラスボス感半端ない」などと、度々話題を呼んでいます。「天をつく仏様」は、いかにして現れたのか?  歴史をひもとくと、平和への思いを起源に持ちながら、「色物」との批判に耐えてきた背景が見えてきました。 時代を映す「鏡」とも言うべき、その...
»続きを読む
カテゴリー:

「SFの世界のような異質感」 宇宙怪獣っぽい記念碑は、共産主義の夢の跡だった - 08月10日(土)09:04 

子供の頃、特撮番組の『ウルトラマン』が大好きだった。巨大ヒーローというよりは、登場する怪獣や宇宙人の造形が不思議でたまらなかった。もちろん恐竜そっくりな姿の怪獣も出るのだが、『ウルトラマン』第17話「無限へのパスポート」に登場するブルトンという怪獣は、まるで、巨大なホヤかフジツボのような不思議な姿をしていた。怪獣図鑑を読んでいて「こいつはどうやってウルトラマンと戦うんだろう?」と疑問に思ったものだ。そんなブルトンを彷彿とさせる建物が、旧ユーゴスラビアのマケドニアにある。第二次大戦に参戦したパルチザンなどを記念した「イリンデン」だ。ブルトンの登場回が1966年。イリンデンが出来たのは1974年だから、何らかの影響を受けたのだろうか……。旧ユーゴスラビアには他にもこうした戦争記念碑「スポメニック」が各地にあり、印象的な姿をしているものも多い。こうした「スポメニック」を中心にバルカン半島の記念碑や廃墟を撮影した写真集『旧共産遺産』が6月20日、東京キララ社から発売された。撮影した写真家の星野藍さんに、なぜスポメニックに魅せられたのかをインタビューした。 ■「SFの世界に入ったような異質感」――旧ユーゴスラビアという日本では馴染みが薄い地域をめぐったきっかけは何でしょうか?原発事故があったウクライナのチェルノブイリに2013年に行って撮影したことがきっ...more
カテゴリー:

火災からアライグマ救出の為に消防署がハシゴ➡︎素早く渡って無事【動画あり】 - 08月09日(金)10:07 

2匹のアライグマが、米国インディアナ州・サウスベンドで火事に見舞われた倉庫から、消防署が掛けたハシゴを走って脱出、無事に難を逃れた。「『何故アライグマのためにそこまで?』と聞く人もいます」と消防署はFacebookに綴り、現場に居合わせていた男性により撮影された動画を投稿した。そして「命の安全と建築物の保存、この2つが火災の場における優先事項です。アライグマを救出するのために数分を割いてくれた仲間たちに感謝します」と 続けた。動画には、激しく煙を上げるレンガの壁に立てかけられたハシゴを降りる、2匹のアライグマの様子が収められている。それぞれのアライグマが地上へと飛び跳ねた際に、それを見守っていた子どもたちが拍手や歓声を上げているのも聞こえる。また消防署は、このハシゴの組み方は「ラダー・スプライシング」と呼ばれ、登山家も使うテクニックだ、とコメント欄で説明した。火事が起きたのは8月4日の夜で、翌日の朝にも少しの間再燃したと地元紙South Bend Tribuneは報じた。火災調査班は取材に対し、この建物は電化製品やマットレスを保管するのに使われており、その全てが「完璧に失われた」と語った。 救出されたアライグマの現在の所在は不明だ。Facebook上でアライグマたちが「事情聴取」を受けたかという質問をされると、消防署長は「彼らは現場からすぐに消えました。調査班は事情を聞き...more
カテゴリー:

平鋼を集成材で座屈拘束した「木鋼ハイブリッドブレース」を開発(ニュースレター) - 08月08日(木)11:05 

[大和ハウス工業株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/2296/1205/resize/d2296-1205-759811-0.jpg ]  現在、国内では林野庁が2010年10月に施行した「公共建築物における木材の利用の促進に関する法律」により、環境問題や地方創生の観...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「建築物」の画像

もっと見る

「建築物」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる