「オフィスビル」とは?

関連ニュース

【コンビニ】なぜやめられない?24時間営業 NHK ★2 - 02月22日(金)15:20  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190221/k10011822981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030 なぜやめられない?24時間営業 2019年2月21日 19時15分 「人手不足で営業時間を短縮します」ーー大手コンビニチェーンで、ある店舗のオーナーが24時間営業の取りやめに踏み切ったことが波紋を呼んでいます。 深夜早朝でもコンビニの明かりがともる風景が当たり前となっていますが、ネット上では必ずしもすべての店が24時間営業でなくてもよいのではないかという意見も見られました。しかし、大手各社は、人手不足に直...
»続きを読む
カテゴリー:

【コンビニ】なぜやめられない?24時間営業 NHK - 02月21日(木)22:17  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190221/k10011822981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030 なぜやめられない?24時間営業 2019年2月21日 19時15分 「人手不足で営業時間を短縮します」ーー大手コンビニチェーンで、ある店舗のオーナーが24時間営業の取りやめに踏み切ったことが波紋を呼んでいます。 深夜早朝でもコンビニの明かりがともる風景が当たり前となっていますが、ネット上では必ずしもすべての店が24時間営業でなくてもよいのではないかという意見も見られました。しかし、大手各社は、人手不足に直...
»続きを読む
カテゴリー:

生保は実は大地主、大阪も活況のオフィスビル でも増やせず…資産構成でジレンマ - 02月20日(水)06:50 

 大阪市内のオフィス需要が活況を呈する中、多くの優良オフィスビルを保有する生命保険各社の資産運用にも追い風が吹いている。日銀によるマイナス金利政策導入以降の低金利により、国債への投資が難しい中、不動産運用は相対的な利回りが大きく、安定収益につながるためだ。ただ、資産構成上、さらに拡大路線をとれないレベルまで達しており、身動きがとれないジレンマを抱えている。
カテゴリー:

万博、IRで注目 大阪の「ニシ」がキタ、ミナミを超える日 - 02月18日(月)06:30 

 2025年の国際博覧会(万博)の開催地に決まった大阪へ、世界からの不動産投資の関心が集まりそうだ。長年活用されず「負の遺産」とされてきた万博会場の人工島・夢洲(ゆめしま)では今後、鉄道の延伸や商業施設の開発が進み、さらにカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致も期待されている。近年、大阪市中心部の「キタ」「ミナミ」の不動産市場はホテルやオフィスビルの需要の高まりで活況だが、「ニシ」に位置する湾岸部が新たなにぎわいの拠点としてさらなる投資の呼び水となるか。
カテゴリー:

社員証ピッてやって出勤するオフィスビルニキ - 02月15日(金)18:19  livejupiter

ぐう羨ましい ...
»続きを読む
カテゴリー:

アイデムが福岡市の商業施設「天神地下街」の採用ホームページを開設~テナント企業の店舗スタッフ求人・採用活動をサポート~ - 02月22日(金)14:00 

[株式会社アイデム] 「天神地下街」は1976年に開業、店舗数約150店が集まる全長約590mの地下街です。福岡市天神地区の交通機関や周辺の商業施設・オフィスビルを結ぶネットワークの中心として毎日20~30万人以上の方々が利用されてい...
カテゴリー:

クラウド受付システム「RECEPTIONIST」がSalesforceから資金調達、サービス連携へ - 02月21日(木)11:00 

クラウド型受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」を提供するディライテッドは2月21日、セールスフォース・ドットコムの投資部門Salesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資により、資金調達を実施したことを明らかにした。調達金額は非公開だが、1000万円を超えない規模とみられる。ディライテッドでは、Salesforceとの資本提携により、サービス連携も進めていく考えだ。 ディライテッドは何度か外部からの資金調達を行っており、今回の調達は2018年3月に発表された総額約1.2億円の調達に続くものとなる。 大手向けに進化したRECEPTIONIST、アポ調整機能も追加 RECEPTIONISTは、TechCrunch Tokyo 2015で開催されたハッカソンで生まれた「キヨタン」というiPad受付アプリをベースに、譲渡を受けたディライテッドが追加開発を行って、2017年1月からサービス提供を開始したという経緯を持つ。同社は2017年秋開催のTechCrunch Tokyo 2017スタートアップバトルにも参加し、東急電鉄賞を獲得している。 RECEPTIONISTでは、従来の内線による来客対応を、SlackやChatworkなどのビジネスチャットやSMSで直接担当者に通知することで置き換え、無人化している。来訪者がiPadアプリで担当者の名前を検...more
カテゴリー:

【悲報】広島市さん、5年後くらいにガチで大都会となってしまう模様 - 02月18日(月)19:28  livejupiter

・広島駅ビル建て替え(商業施設だけじゃなくホテルやシネコンも入り、広電の高架乗り入れで小倉駅のようになる) →2024年完成 ・広島駅南口郵便局建て替え(日本郵政によると20階程度のオフィスビル) →2023年完成 ・JR西日本広島支社跡地再開発(オフィス、ホテル、商業施設などの複合高層ビル。土地が広い為、延床面積は10万㎡越え予想) →2025年完成 ・GRANOOD HIROSHIMA(広島駅北口の20階オフィス+ホテルビル。延床面積はオフィスビルでは中四国最大) →2019年完成 ・サンモール一帯再開発(50階建ての超高層ビル。商業施設はもちろ...
»続きを読む
カテゴリー:

「いい仕事」は自分も周りも幸せにする。パタゴニアやアップルに学ぶ、幸せな働き方 - 02月17日(日)17:00 

「こんなものでいいでしょ?」という仕事がまわりに溢れているのは、とても残念。かと思えば、些細な場面であっても感動を呼び起こされる仕事に触れると、自然と笑顔になる。自分がする仕事なら人に喜んでもらいたいと考えるのは当然で、そこには心の平穏と幸せがあります。実際は時間に追われ、効率化を計り、切り詰める努力を優先して、人の心を最大限大切にできなくなる場面が少なからず起きてしまいます。必要なことと理解しつつも、これではいかんとも思っている。では一体どうすれば、人に感動や共感を持ってもらえる仕事をつくり出せるのか?西村佳哲『自分の仕事をつくる』(ちくま文庫)には、そのヒントがあります。ほかの誰かでは替えのきかない「自分の仕事」を見つけることが、幸せにつながるのではないか━━。働き方研究家の著者が、「いい仕事」をしている人の現場を訪ね、その魅力と秘密に迫るノンフィクションエッセイです。パタゴニアやアップルの働き方はどんなものなのか?魅力的な物事に共通するなんらかの法則を見出す時、私はいつも、好きだけど理由が分からないものを、いくつか並べてみることにしています。本書はまさに、そうした事例が沢山集められたもの。いわば働き方をめぐる小さな報告書です。そして、この本に登場する人たちはみんな自然でいきいきしていてカッコよく見えます。例えば、パタゴニア社の社員の大半は1年間のうち2カ月をアウトドアライフに...more
カテゴリー:

米国ミネソタ州・ミネアポリス市におけるオフィスビルの取得について - 02月15日(金)11:26 

[住友商事株式会社] ミネアポリス市は、米国中西部の北に位置する中核都市で、都市圏人口は全米14位の約360万人にのぼり、州最大の都市です。ミネアポリス都市圏の失業率の低さは過去18年連続で全米第1位であり、経済面でも安定した...
カテゴリー:

もっと見る

「オフィスビル」の画像

もっと見る

「オフィスビル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる