「純損益」とは?

関連ニュース

【本当にコロナ?】「コロナの影響」で9年ぶりに赤字と朝日新聞が報道w - 12月01日(火)05:26  news

朝日新聞社、コロナ影響で9年ぶり赤字 9月中間決算:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASNCZ5JLVNCZULZU010.html 朝日新聞社が30日発表した2020年9月中間連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、売上高が前年同期比22.5%減の1390億9千万円、営業損益が92億9100万円の赤字だった。 業績の動向などから、将来の利益を前提に税金の前払い分を資産として計上する「繰り延べ税金資産」を取り崩したため、純損益は419億800万円の赤字となり、中間決算として9年ぶりの赤字となった。 単体の決算も営業...
»続きを読む
カテゴリー:

朝日新聞社、コロナ影響で9年ぶり赤字 9月中間決算 - 11月30日(月)17:24  news

 朝日新聞社が30日発表した2020年9月中間連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、 売上高が前年同期比22・5%減の1390億9千万円、営業損益が92億9100万円の赤字だった。  業績の動向などから、将来の利益を前提に税金の前払い分を資産として計上する「繰り延べ税金資産」を取り崩したため、 純損益は419億800万円の赤字となり、中間決算として9年ぶりの赤字となった。  単体の決算も営業損益が87億5600万円、純損益が408億4500万円の赤字。本社は、コロナ禍の影響拡大を受けて緊急の収支改善対策を進めている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】JR九州、冬ボーナスは最低 1.2カ月分、夏の半額 1987年の民営化後、最低水準 - 11月28日(土)00:43  newsplus

JR九州は27日、冬のボーナスに相当する年末手当の支給額を1.2カ月分とすると労働組合に回答した。夏のボーナスは2.48カ月分で妥結しており、半額以下となる。新型コロナウイルスの影響で鉄道利用客が激減し業績が悪化しており、1987年の民営化後、最低水準となる。  12月11日以降に支給する。労組は冬のボーナスについて2.5カ月分を要求していた。  JR九州によると、同社のボーナスとしては、民営化直後の87年と88年の夏に支給した2.1カ月分がこれまでの最低額。JR九州の20年9月中間連結決算は、鉄道の運輸収入などが落ち込み、純...
»続きを読む
カテゴリー:

成田空港 民営化後初の赤字に - 11月26日(木)12:34 

成田国際空港会社(NAA)は26日、2020年9月中間連結決算で、純損益が424億円の赤字だったと発表した。同社によると、04年の民営化後、中間期として初の赤字となった。新型...
カテゴリー:

西鉄、冬のボーナス4割減 業績悪化受け労使合意 - 11月24日(火)17:33 

 西日本鉄道と西日本鉄道労働組合は、冬の賞与を前年同期比で4割削減することで合意した。新型コロナウイルスの感染拡大で、中間決算として初めて純損益の赤字を計上するなど業績が悪化。業績と連動する賞与制度を…
カテゴリー:

【赤字引責 朝日新聞社長退任へ】朝日新聞社、コロナ影響で9年ぶり赤字 9月中間決算 - 11月30日(月)20:57  newsplus

朝日新聞社、コロナ影響で9年ぶり赤字 9月中間決算 11/30(月) 17:00配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/8bd288b71b668647e8e24062f257ddc8b67791c6  朝日新聞社が30日発表した2020年9月中間連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、売上高が前年同期比22・5%減の1390億9千万円、営業損益が92億9100万円の赤字だった。業績の動向などから、将来の利益を前提に税金の前払い分を資産として計上する「繰り延べ税金資産」を取り崩したため、純損益は419億800万円の赤字となり、中間決算として9年ぶりの赤字となった。...
»続きを読む
カテゴリー:

ソラシドエア、中間決算発表 純損益は54.6億円の赤字 - 11月30日(月)15:26 

ソラシドエアは11月30日、2021年3月期の中間決算を発表した。純損益は54億6,600万円の赤字だった。 営業収入は81億4,400万円(前年同期比61.9%)、営業費用は149億2,400万円(同25.1%減)で、 […] 投稿 ソラシドエア、中間決算発表 純損益は54.6億円の赤字 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ANA 財務基盤強化へ 最大3321億円調達 - 11月27日(金)19:33 

ANAホールディングスが「公募増資」で、最大3,321億円を調達。ANAホールディングスは、新たな株式を発行して資金を調達する「公募増資」で、最大3,321億円を調達すると発表した。2,000億円をボーイング787型機の購入など設備投資に充て、残りを財務基盤の強化に充てる。ANAホールディングスは、新型コロナウイルスの影響で、通期の連結純損益が過去最大の5,100億円の赤字見通しとなっていて、今回の公募増資で、財務基盤を強化する狙い。日本航空も公募増資で、およそ1,800億円を調達することを明…
カテゴリー:

病院赤字3億8441万円、19年度決算/つがる西北五 - 11月25日(水)11:29 

西北五地域の自治体病院や診療所など計5カ所を運営する、つがる西北五広域連合(広域連合長・佐々木孝昌五所川原市長)は24日、2019年度病院事業会計決算を発表した。純損益は3億8441万円の赤字だった。構成市町村からの負担金が増えたため、赤字幅は18年度から8268万円圧縮した。同日、青森県五所川原市で開かれた広域連合定例議会で報告した。総収益は前年度比4億8049万円増の145億8530万円で、総費用は同3億9780万円増の149億6972万円。病院事業そのものの収支を示す経常損益は3億771…
カテゴリー:

【航空】ANAの現役CAが語る苦境「副業は上限まで働いても月4万弱」「五輪で大量採用が仇に」 - 11月24日(火)03:35  bizplus

まったく収束の兆しがない“新型コロナウイルス”は、経済面に深刻な影響が現れている。なかでも航空業界への打撃は凄まじく、全日本空輸(ANA)の国際線運行本数は前年に比べて8割減(10月時点)。今後も旅客数の回復が見込めず、ANAホールディングスの2021年3月期の連結純損益は、5100億円の赤字になる見通しだ。  同社は支出を抑えるために、創業後初めての“冬のボーナス全額カット”や、賃金の削減など、苦渋の決断が続いている。 もちろん、渦中の客室乗務員(CA)たちの不安は尽きない。ANAの正社員CAとして働く斉藤麻衣さん(仮...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「純損益」の画像

もっと見る

「純損益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる