「ソフトバンクグループ」とは?

関連ニュース

【お知らせ】Amazonかたるフィッシング詐欺サイトについての注意喚起 ~詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTMで検知・確認~ - 08月23日(金)13:00 

2019年8月22日にフィッシング対策協議会より「Amazon」をかたるフィッシング詐欺サイトについて、注意喚起のための緊急情報が公開されました。同日、「詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTM」で検知・確認しました。このフィッシング詐欺は、社名もしくはブランド名を詐称した偽のメールを大量に配信し、受信者に偽のサービスサイトへアクセスさせます。そして表示された偽のログイン画面に、IDやパスワード、クレジットカード番号などを入力させ、認証情報を搾取するネット詐欺の手口です。搾取された認証情報、個人情報はフィッシング詐欺を仕掛けた犯罪グループを経由して、ブラックマーケットで転売され、サイバー犯罪に活用される恐れがあります。BBソフトサービスでは、該当のフィッシング詐欺サイトを自社でも確認し、自社製品「詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTM」で検知、警告ができることを確認いたしました。■フィッシング詐欺サイトの詳細フィッシング対策協議会、緊急情報「Amazonをかたるフィッシング (2019/8/22)」<フィッシング対策協議会 緊急情報URL>https://www.antiphishing.jp/news/alert/amazon_20190822.html■「詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTM」についてユーザーがウ...more
カテゴリー:

ALSOKがBBSSと提携し、一般家庭向けにサイバーセキュリティサービス「SECURIE(R)」の取り扱い開始 ~ホームセキュリティとサイバーセキュリティの提供で、より安全・安心な生活環境を実現~ - 08月22日(木)13:00 

綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭、以下「ALSOK」)は、ソフトバンク株式会社の子会社のBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO 瀧 進太郎、以下「BBSS」)と提携しましたのでお知らせします。この提携により、ALSOKは、BBSSの一般家庭向け総合サイバーセキュリティサービス「SECURIE(R) HOME Powered by Bitdefender(R)」の取り扱いを2019年8月22日に開始します。まず、ALSOKの関東一部の事業所で取り扱いを開始し、今後、全国で取り扱う予定です。https://bbss.co.jp/news/2019/news_20190822.htmlALSOKは、これまで法人向けにサイバーセキュリティサービスを展開してきましたが、昨今、一般家庭でも脅威となるサイバー攻撃対策のため、従来のホームセキュリティと合わせて商品ラインアップを強化し、ご家庭の安全・安心のご提案をしてまいります。BBSSは、最新の脅威に対応できる「安全」を提供する技術、実態が見えにくいサイバー犯罪に対して「安心」を提供する手厚い顧客サポートとサービス、この二つを柱として構成する新セキュリティサービス「SECURIE(R)」を2018年6月に立ち上げ、一般家庭向けに総合サイバーセキュリティサービスとして「SECURIE(R)...more
カテゴリー:

PayPayとLINE Pay、QRコード決済の統一規格「JPQR」への参加見送り。中国勢との連携が理由 - 08月21日(水)14:25 

Anonymous Coward曰く、 経済産業省および民間事業者など共同でが立ち上げた「キャッシュレス推進協議会」は決済のQRコードの統一規格「JPQR」を策定し、早期に運用を始めるための検討を行なっている(過去記事)。JPQRはすでに9事業者が参加しての実証事業も行われているが(Engadget日本版)、そのうちソフトバンクグループ傘下のPayPayとLINE系のLINE Payが、店舗に掲示するタイプのQRコードにおいて統一規格への参加を見送る方針を固めたという(日経新聞)。 離脱の理由は訪日客の決済需要を取り込むための中国勢との連携にあるという。PayPayは中国「アリペイ」と連携。LINEペイは中国テンセントの「ウィーチャットペイ」を自社の加盟店のQRコードで利用できるようにした。海外の決済アプリでは日本のJPQRを読み取れず、自社のQRコードが必要になる。 QRコード決済は「消費税ポイント還元制度」でも有力な決済方法の1つとして期待されていたが、今回のPayPayおよびLINE Payの離脱によって今後が不透明になったという。 すべて読む | ITセクション | ビジネス | IT | 政府 | お金 | 関連ストーリー: 現地在住者曰く、「中国のQRコード決済離れ」はデマ ...more
カテゴリー:

コラム:「身銭を切る」ソフトバンク、ファンドに大きなリスク - 08月20日(火)14:57 

[ロンドン 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ソフトバンクグループは「身銭を切る」という概念を極限まで拡張してしまったようだ。
カテゴリー:

後場に注目すべき3つのポイント~イベント控え底堅さが期待されるところ - 最新株式ニュース - 08月19日(月)12:45 

19日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は続伸、イベント控え底堅さが期待されるところ・ドル・円は上げ渋り、国内勢の買い一服・値上がり寄与トップはユニファミマ<8028>、同2位はソフトバンクグループ<9984>■日経平均は続伸、イベント控え底堅さが期待されるところ日経平均は続伸。106.64円高の20525.45円(出来高概算4億3000万株)で前場の取引を終えた。16日
カテゴリー:

TC Tokyo超早割チケットは8月末まで!トヨタの自動運転開発子会社TRI-ADのCEOが登壇決定 - 08月22日(木)18:20 

TechCrunch Japan編集部では、通算9回目となるスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」を11月14日(木)、15日(金)に東京・渋谷ヒカリエで開催する。現在、国内外のVCや投資家、スターアップ企業の経営者などに登壇を交渉中だ。すべてのゲストスピーカーが確定してない段階だが、今年もコアな読者のみなさんのために「超早割チケット」を用意している。 一般チケットの価格は4万5000円(税込)だが、本日発売の超早割チケットは半額以下の2万円(税込)。このチャンスを逃さないでほしい。販売期間は8月31日までを予定しているが、予定枚数に達した場合はその時点で販売終了となる。 TechCrunch Tokyoは、設立3年未満のスタートアップ企業が競う「スタートアップバトル」や、会場の展示ブースを通じて国内のスタートアップのトレンドを知ることができるほか、国内外から招待した著名ゲストのキーノートスピーチ(基調講演)、ファイヤーサイドチャット(対話形式のトークセッション)、テーマに沿って複数人が議論するパネルディスカッションなど、シリコンバレー発祥のブログメディアの日本版が運営するTechCrunchならではセッションを多数設けているのが特徴だ。 TechCrunch Tokyoの最大の目玉は、何と言ってもスタートアップバトル。例年100〜150社から応募が...more
カテゴリー:

【画像】ソフトバンクの新本社ビルをごらんください - 08月21日(水)16:32  news

竹芝で建設中のソフトバンク新本社(地上40階、高さ208.83m)です。 背後に見える汐留の超高層ビル群よりも海に近い位置でこの高さは迫力があります。 ソフトバンクの1万人大移動、新本社は働き方改革のショールーム https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01774/ ソフトバンクグループと携帯電話子会社のソフトバンクは2020年度中に本社を移す。 移転に伴い社員の働き方を刷新し、ビルにはIoTやAI技術を駆使する。 場所や時間を選ばない働き方、混雑しない入り口やエレベーター、 他社の社員も自由に...
»続きを読む
カテゴリー:

【お知らせ】Appleかたるフィッシング詐欺サイトについての注意喚起 ~詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTMで検知・確認~ - 08月21日(水)10:00 

2019年8月20日にフィッシング対策協議会より「Apple」をかたるフィッシング詐欺サイトについて、注意喚起のための緊急情報が公開されました。同日、「詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTM」で検知・確認しました。このフィッシング詐欺は、社名もしくはブランド名を詐称した偽のメールを大量に配信し、受信者に偽のサービスサイトへアクセスさせます。そして表示された偽のログイン画面に、IDやパスワード、クレジットカード番号などを入力させ、認証情報を搾取するネット詐欺の手口です。搾取された認証情報、個人情報はフィッシング詐欺を仕掛けた犯罪グループを経由して、ブラックマーケットで転売され、サイバー犯罪に活用される恐れがあります。BBソフトサービスでは、該当のフィッシング詐欺サイトを自社でも確認し、自社製品「詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTM」で検知、警告ができることを確認いたしました。■フィッシング詐欺サイトの詳細フィッシング対策協議会、緊急情報「Appleをかたるフィッシング (2019/8/20)」<フィッシング対策協議会 緊急情報URL>https://www.antiphishing.jp/news/alert/apple_20190820.html■「詐欺ウォールTM / Internet SagiWallTM」についてユーザーがウェブブ...more
カテゴリー:

ITM---急騰で高値更新、20年3月期第1四半期業績の好感を持続 - 最新株式ニュース - 08月19日(月)15:16 

<2148>  ITM  808  +55急騰。19日午後の取引では、株価は一時7%以上上昇し年初来高値を更新した。同社はソフトバンクグループ<9984>の子会社でIT領域のメディア運営が主力。7月31日に発表した20年3月期第1四半期営業利益は旬のネタなどを発信するネットニュースサイト「ねとらぼ」を中心にPVが伸び、営業利益は前年同期比48.2%増の1.92億円であった。以降、足元で順調に拡大し
カテゴリー:

ソフトバンクが従業員に新ファンド出資資金2兆円超を融資へ - 08月19日(月)09:45 

ソフトバンクは、同社のビジョンファンドに再投資するための資金最大200億ドル(約2兆2000億円)を、CEOの孫正義氏を含む従業員に貸し出す計画だ。Wall Street Journal(WSJ)の最新記事が伝えた。 これは、ソフトバンクグループが全社を挙げてスタートアップ投資に賭ける高リスクで異例な行動だが、先ごろ同社が発表したビジョンファンド2号の目標額1080億ドルの約5分の1を、安定した投資家層から集められる可能性があるのは利点と言えるだろう。 ソフトバンクは先月ビジョンファンド2号の計画を発表し、同社自身が380億ドルを出資するほか、Apple、Microsoftらも参加を約束している。同社は初期のビジョンファンドでも同様のアプローチをとっており、調達金額1000億ドルのうち80億ドルを、融資を受けた従業員による出資で賄っている。 潜在的な見返りは大きい。同ファンドから本物の勝者が生まれて大きなリターンが得られれば、従業員は当初の融資を返済したうえで利益を手にすることができる。 ただし、当然リスクはある。現在の世界経済状況を考えればおさらだ。WSJによると、ビジョンファンド1号が購入したUber株の価値は、ソフトバンクが当初支払った金額を下回っており、ソフトバンクが賭けているWeWorkも、IPO後の投資家の利益は期待できそうにないという。 関連記事:ソフトバンクがマイク...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ソフトバンクグループ」の画像

もっと見る

「ソフトバンクグループ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる