「ソフトバンクグループ」とは?

関連ニュース

【税金ゼロ円】ソフトバンク投資の米「ウィーワーク」 従業員4000人削減へ - 11月20日(水)14:00  newsplus

 シェアオフィス事業を展開し、ソフトバンクグループがすでに1兆円を投資しているアメリカのウィーワークが約4000人の従業員を削減する予定だと現地メディアが報じました。  ウィーワークは7月から9月期の最終赤字が12億5000万ドル=約1350億円に上ったことを明らかにしています。ニューヨーク・タイムズは経営の安定化に向けてシェアオフィス事業や運営する学校の職員など、少なくとも4000人の従業員を削減する予定だと伝えています。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191119-00000020-ann-int ...
»続きを読む
カテゴリー:

【凄腕アナリスト ザ・覆面】ZホールディングスとLINE経営統合でメリット 「バリューコマース」1月反騰 - 11月20日(水)06:30 

 検索サイト国内大手、ヤフーを傘下に持つZホールディングスと無料メッセージアプリのLINEが経営統合に向けて協議している。速報で伝わったその翌日14日、LINEはストップ高買い気配、Zホールディングスは急騰、Zホールディングスの筆頭株主であるソフトバンクグループ、同2位の通信キャリアのソフトバンクの株価も上昇した。
カテゴリー:

TikTok、「中国色」の払拭を模索 米国の監視強化.. - 11月19日(火)12:30 

TikTok、「中国色」の払拭を模索 米国の監視強化を懸念 ソフトバンクグループなどバイトダンスの投資家は、来年終盤の上場という目標を実現する鍵を握るのは米国における成長だとみている #TikTok #中国
カテゴリー:

【経済インサイド】東南アジア最大の配車サービス「グラブ」 その実力を現地で体験 - 11月19日(火)06:55 

 東南アジアで圧倒的なシェアを誇る配車サービス「Grab(グラブ)」。シンガポールを拠点に、ソフトバンクグループ(SBG)傘下のビジョンファンドの構成企業として、収益を支える存在でもある。9月末、ちょっと遅めの夏休みで東南アジアを旅した記者がその実力を体験した。
カテゴリー:

ヤフーとLINE 巨大IT企業に対抗の考え 独自の工夫重要 - 11月19日(火)00:02 

来年10月までに経営統合することを決めたソフトバンクグループのIT大手ヤフーと通信アプリ大手のLINEは、記者会見でアメリカなどの巨大IT企業に対抗していく考えを示しましたが、統合してもなお巨大企業との規模の差は大きく、世界で存在感を高めるのは容易ではなさそうです。
カテゴリー:

ソフトバンクグループ傘下ペイペイ、スマホ決済登.. - 11月20日(水)13:57 

ソフトバンクグループ傘下ペイペイ、スマホ決済登録者が2000万人突破 10月以降1日当たり10万人増!
カテゴリー:

与えすぎたカネ。なぜソフトバンクの投資先はことごとく歪むのか - 11月20日(水)04:45 

孫正義氏率いるソフトバンクグループ大赤字の要因の一つとなった、米ベンチャー企業WeWorkへの投資の失敗ですが、他の投資先にも「きな臭さ」が漂っているようです。「Windows 95を設計した日本人」として知られる中島聡さんは今回、自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』で、ソフトバンクが資金を提供したほとんど全ての企業で「歪み」が生じているとし、その原因を同社からの「潤沢すぎる資金」にあるとする記事を紹介しています。 ※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2019年11月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:中島聡(なかじま・さとし) ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。 私の目に止まった記事 ● The SoftBank Effect: How $100 Billion Left Workers in a Hole WeWorkの上場失敗で大きな損失を計上せざるを得なくなったソフトバンクですが、このN...more
カテゴリー:

TモバイルのCEOが退任、WeWorkのトップに移籍か - 11月19日(火)10:15 

John Legere(ジョン・レジャー)氏がWeWorkを引き受けるかどうか不明だが、T-Mobile(Tモバイル)のCEOを退任することは間違いないことが判明した。TモバイルはソフトバンクグループのキャリアであるSprint(スプリント)との合併を進めているところだ。 米国時間11月17日、Tモバイルとレジャー氏は後任CEOが同社の現COO(最高業務責任者)、Mike Sievert(マイク・シーバート)氏となることを確認した。CEOの交代は2020年5月1日の予定で、レジャー氏は取締役には留まる。 Tモバイルもレジャー氏自身も今後の計画についてはコメントしていない。しかしTモバイルを離れることでWeWorkのトップになる道が開かれたことは確かだ。 レジャー氏はある意味、企業再建の専門家であり、大きな問題を抱えたオフィス賃貸ビジネスを引き受けるのではないかという観測が出ていた。われわれも報じてきたとおり、WeWorkは株式上場を申請したものの、財務状況の悪化と経営上の問題が明らかとなり、一転して申請を取り下げた。ファウンダーのアダム・ニューマン氏がCEOを辞任し、同社の評価額は暴落した。これにより同社に対する大口投資家であるソフトバンクが事態の収拾を図らざるを得なくなっている。 レジャー氏がWeWorkのトップになるという噂は即刻否定されたが、その情報源は「レジャー氏はTモバイ...more
カテゴリー:

ヤフーとLINE GAFA追走、海外攻略が鍵 ソフトバンクG、買収戦略推進 - 11月19日(火)05:00 

ヤフーとLINEの経営統合で、国内会員1億人規模のIT企業が誕生する。ソフトバンクグループ(SBG)として、国内で勢力を強める米国のグーグルやアマゾン・コムとい…
カテゴリー:

ヤフー、LINE経営統合でSMBC日興証券 菊池悟シニアアナリスト「通信とインターネットの融合進む」 - 11月18日(月)20:55 

 SMBC日興証券・菊池悟シニアアナリスト「ソフトバンクはグループ会社をうまく活用することで自分たちのビジネスの成長性を上げてきた。ソフトバンクにとって、ZホールディングスとLINEの統合は主力事業の相乗効果や効率化によって連結利益の成長が期待できる。また、LINEのコミュニケーションツールは通信事業との親和性が高いことから、ソフトバンク単体の事業への相乗効果も期待できる。このため、ソフトバンクが2社統合に対して支出する1700億円という金額は決して大きくない。ソフトバンクグループの孫正義社長がずっと目指してきた通信とインターネットの融合が、これを機にいよいよ進むのではないか」
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ソフトバンクグループ」の画像

もっと見る

「ソフトバンクグループ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる