「経営再建」とは?

関連ニュース

曙ブレーキ、早期退職180人募集 - 12月02日(水)06:00 

 経営再建中の曙ブレーキ工業は1日、国内の生産拠点の社員らを対象に約180人の早期退職を募集すると発表した。募集期間は今月21日~来年2月12日で、退職日は3月31日付の予定。対象は曙ブレーキ山形製造(山形県寒河江市)と曙ブレーキ福島製造(福島県桑折町)、曙ブレーキ岩槻製造(さいたま市)、曙ブレーキ山陽製造(岡山県総社市)のほか、運送子会社アロックス(さいたま市)と曙ブレーキ本体の生産部門に勤務する社員。
カテゴリー:

大塚家具の大塚久美子社長52歳が12月1日付で退任(画像あり) - 12月01日(火)20:13  poverty

経営再建中の大塚家具は28日、 大塚久美子社長(52)が退任すると発表した。 12月1日付。 長引く業績不振の責任を明確化するため、 久美子社長が辞任を申し出た。 社長職は資本提携先の家電量販店大手 ヤマダホールディングス出身の三嶋恒夫会長(61)が兼務する。 大塚家具は、昨年12月にヤマダの出資を受け入れた。 ヤマダ主導で経営再建を進め、 家具に合った家電の販売などを通じて 集客のてこ入れを図っている。 ただ赤字から抜け出せず、 28日開示した2021年4月期の業績予想でも 28億9000...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 中国経済、終わる 中国国営 自動車大手が倒産 - 12月01日(火)13:23  news

【広州=川上尚志】中国国有の自動車大手、華晨汽車集団(遼寧省瀋陽市)が20日、破産手続きに入った。独BMWとの合弁事業は順調だが、新型コロナウイルスの影響で独自ブランド車の販売が低迷していた。今後は事業を継続しながら負債を整理し、裁判所の指定した管財人の下で経営再建を目指す。 国営の新華社通信が伝えた。華晨は遼寧省政府傘下の国有企業で、新華社は負債総額は523億元(約8200億円)に上ると報じている。 独自ブランド車を販売するほか、BMWや仏ルノーと合弁事業を展開している。今年1~10月の新車販売台数は68万台...
»続きを読む
カテゴリー:

大塚家具の大塚久美子社長52歳が12月1日付で退任(画像あり) - 11月28日(土)16:52  poverty

経営再建中の大塚家具は28日、 大塚久美子社長(52)が退任すると発表した。 12月1日付。 長引く業績不振の責任を明確化するため、 久美子社長が辞任を申し出た。 社長職は資本提携先の家電量販店大手 ヤマダホールディングス出身の三嶋恒夫会長(61)が兼務する。 大塚家具は、昨年12月にヤマダの出資を受け入れた。 ヤマダ主導で経営再建を進め、 家具に合った家電の販売などを通じて 集客のてこ入れを図っている。 ただ赤字から抜け出せず、 28日開示した2021年4月期の業績予想でも 28億9000...
»続きを読む
カテゴリー:

上場廃止回避へ代替案捻出焦点 増資中止オンキヨー正念場 - 11月26日(木)06:00 

 音響機器メーカー、オンキヨーホームエンターテイメント(旧オンキヨー)の経営再建が正念場を迎えている。主力の家庭向けAV(音響・映像)事業の不振が響き債務超過状態が続く。上場廃止が現実味を帯び、事業の分社化で再起を図る。頼みの綱の資本増強策で債務超過を解消できるかどうかが焦点となる。
カテゴリー:

【速報】 中国、自動車大手が倒産 従業員50万人、家族120万人が生命危機 - 12月02日(水)02:53  poverty

【広州=川上尚志】中国国有の自動車大手、華晨汽車集団(遼寧省瀋陽市)が20日、破産手続きに入った。独BMWとの合弁事業は順調だが、新型コロナウイルスの影響で独自ブランド車の販売が低迷していた。今後は事業を継続しながら負債を整理し、裁判所の指定した管財人の下で経営再建を目指す。 国営の新華社通信が伝えた。華晨は遼寧省政府傘下の国有企業で、新華社は負債総額は523億元(約8200億円)に上ると報じている。 独自ブランド車を販売するほか、BMWや仏ルノーと合弁事業を展開している。今年1~10月の新車販売台数は68万台(...
»続きを読む
カテゴリー:

経営再建中の曙ブレーキ工業 新たに180人の早期退.. - 12月01日(火)18:00 

経営再建中の曙ブレーキ工業 新たに180人の早期退職を募集 #nhk_news
カテゴリー:

J1仙台「ドタバタ社長人事」の背景 報道された“救世主”とは別の人物登場にサポーター衝撃 - 12月01日(火)11:00 

 親会社に頼れぬJリーグの市民クラブは、コロナ禍による経営難が深刻だ。特に苦しい状況なのが、“コロナ前”から赤字体質だったJ1ベガルタ仙台。今期終了後は3億円程度の債務超過となる見込みで、経営再建を託される新社長の意外な人選にサポーターは大きな衝撃を受けている。
カテゴリー:

多発するJリーガーのスキャンダル、不安視される日本サッカー界の実情(DV、酒気帯び運転、セクハラ疑惑に、不倫騒動) - 11月27日(金)08:45  mnewsplus

 DV、酒気帯び運転、セクハラ疑惑に、不倫騒動――2020年後半のサッカー界は、Jリーガーによるスキャンダルのオンパレードだった。新型コロナウイルスの影響で4カ月以上の中断期間を乗り越えてリーグ戦の再開にこぎつけ、当初は無観客だった会場にサポーターの姿が徐々に増えていったのは、Jリーグ、クラブ、そして数多の選手とサポーターの努力によるもの。苦難の中でも実りあるシーズンとなるはずが、一部選手の愚行によってJクラブが社会からイエローカードを突きつけられそうになっている。  衝撃を呼んだのは、10月20日、「FLASH...
»続きを読む
カテゴリー:

【鉄道】北陸・北海道に続くか、「四国新幹線」構想の盲点 - 11月23日(月)07:23  newsplus

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でJR四国が苦境にあえいでいる。経営難という点では、近年になって夕張支線や札沼線の一部区間など、不採算区間を次々と廃止するJR北海道のほうがより深刻に見えるが、JR四国も例外ではない。11月6日に発表された2020年度第2四半期決算は売上高が前期比54.4%減の115億円、営業利益は前期の38億円の赤字から140億円の赤字へと拡大した。売り上げが137億円減、営業利益が102億円減だ。売り上げの減少がほぼそのまま利益の減少に直結している。  同じく経営の厳しいJR北海道の2020年度第2四半期決算は...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「経営再建」の画像

もっと見る

「経営再建」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる