「トヨタ自動車」とは?

関連ニュース

連休後の株式市場は令和の「大発会」、通過後は国内企業決算見極め - 04月26日(金)16:56 

日本が休暇中、海外では重要なイベントや経済指標、企業決算が相次ぐ。突発的なニュースで為替が乱高下するおそれもあり、令和時代の「大発会」は数百円単位で上昇または下落して始まる可能性がある。新元号スタートのお祝いムードの中、買いが先行する展開もあり得るが、その後は国内企業の決算内容を見極めながら方向感を探る展開となりそうだ。トヨタ自動車やソフトバンクグループなどが決算発表を予定しており、どのような業績見通しを出してくるか注目される。
カテゴリー:

米国におけるハイブリッド車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ、FORD、GM - 04月26日(金)11:00 

株式会社パテント・リザルトは2019年4月26日、米国特許商標庁で公開された「ハイブリッド車関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。集計の結果、「総合力ランキング」では、1位 トヨタ自動車、2位 FORD、3位 GENERAL MOTORSとなりました。総合力1位のトヨタ自動車の注目度の高い特許には、「ハイブリッド車や電気自動車のワイヤレス充電に関する技術」や、「電池セルを冷却するための空気導入路が短く、空気の流通抵抗が小さな車両用電源装置」などが挙げられます。総合力2位のFORDは、「燃費を向上することができるハイブリッド車の動力伝達機構」に関する技術や、「運転者に対し全体的な効率を示すハイブリッド車用のシステム、表示方法」に関する技術などが、注目度の高い特許として挙げられます。総合力3位のGENERAL MORTORSの注目度の高い特許には、「遠隔で充電量を管理制御するシステム」に関する技術や「複数のトルク入力を同時に制御するハイブリッドのパワートレイン制御システム」に関する技術などが挙げられます。そのほか、4位 本田技研工業は「シフトアップ時、シフトダウン時ともに変速時間を短縮できる自動変速装置」や「充電ステーションの場所を識別するシステム」などが、5位 アイシン・エィ・ダブリュは「...more
カテゴリー:

18年度 トヨタ、世界販売最高更新 日産、ホンダは前年割れ - 04月26日(金)05:00 

 自動車大手各社は25日、2018年度の生産・販売・輸出実績を発表した。世界販売はトヨタ自動車が7年連続増で過去最高を更新した一方、日産自動車が6年ぶり、ホンダは7年ぶりに前年割れとなり、明暗を分けた。米国で乗用車需要が頭打ちとなり、欧州では英国の欧州連合(EU)離脱問題で買い控えが起きるなど、販売環境が悪化している。また、SUBARU(スバル)は一連の無資格検査問題を受けた減産や工場の一時停止が影響し、国内生産が大きく減った。
カテゴリー:

「次世代高効率無線LANの技術的条件」 - 04月26日(金)05:00 

  総務省は、本日、情報通信審議会(会長:内山田 竹志 トヨタ自動車株式会社 取締役会長)から、平成14年9月30日付け情報通信審議会諮問第2009号「小電力の無線システムの高度化に必要な技術的条件」のうち「次世代高効率無線LANの導入のための技術的条件」について一部答申を受けました。
カテゴリー:

トヨタは過去最高、日産、ホンダは前年割れ 30年度生産・販売・輸出実績 - 04月25日(木)20:59 

自動車大手が25日発表した平成30年度の生産・販売・輸出実績によると、世界販売はトヨタ自動車が7年連続増で過去最高を更新した一方、日産自動車が6年ぶり、ホンダは…
カテゴリー:

環境ビジネス白書令和元年版を発刊 - 04月26日(金)13:00 

2019年4月26日 日本ビジネス開発株式会社 生まれ変わる時代-AI環境ビジネスの幕開け  企業・ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発(大阪市住之江区、06-6685-7992、代表藤田英夫)は、環境ビジネス白書令和元年版/平成最終版(2019年版)を発刊した。平成9年の創刊号から数えて第22弾となる。http://www.jbd-corp.co.jp  今回は副題に[生まれ変わる時代-AI環境ビジネスの幕開け]を掲げた。平成から令和に元号が変わる節目の年、環境ビジネスも大転換局面に位置している。背景にあるのはAI(人工知能)革命である。本版ではAIを軸に新たな幕が開こうとしている「AI環境ビジネス」の兆候をとらえる最新事例で構成・編集した。  巻頭部では以下のような総括を行った。    ex:生まれ変わる車クリーンビジネス    ex:生まれ変わるトヨタ自動車    ex:キーワードはCASE+AI    ex:生まれ変わる異常気象ビジネス          ex:AI異常気象予測ビジネス    ex:生まれ変わる海洋環境ビジネス    ex:AI養殖ビジネス    ex:生まれ変わるアグリ・畜産・植物工場ビジネス     ex:AI畜産ビジネス    ex:生まれ変わるグリ...more
カテゴリー:

自動運転向け地図 米社、NTT系と提携 - 04月26日(金)06:05 

トヨタ自動車子会社の「TRI-AD」(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント、東京)は25日、自動運転車向け高精度地図の作製で米マ…
カテゴリー:

トヨタ、新テストコース一部完成 山間地形で開発機能を強化 - 04月26日(金)05:00 

トヨタ自動車は25日、愛知県豊田市と岡崎市にまたがる山間地に造成している新テストコースの一部完成を記念し、現地で竣工式(しゅんこうしき)を開いた。欧州の山岳道路…
カテゴリー:

【自動車】「トヨタ・マークX」の最後を飾る特別仕様車発売 - 04月25日(木)21:51  newsplus

トヨタ自動車は2019年4月24日、FRセダン「マークX」の特別仕様車「250S“ファイナルエディション”」「250S Four“ファイナルエディション”」を発表。同日、販売を開始した。 今回の“ファイナルエディション”は、前身の「マークII」を含め50年以上にわたって販売されたマークXが、2019年12月で生産終了となることを受けて設定された特別仕様車。 エクステリアは、スパッタリング塗装の18インチアルミホイールや、ダークメッキのフロントバンパーモールで洗練された上質感を演出。 一方のインテリアは、ブラック&レッドのアルカンター...
»続きを読む
カテゴリー:

宇野昌磨「合宿から本格的に始動したい」 JOC杯受賞 - 04月25日(木)20:30 

 日本スケート連盟の2018~19年シーズンの表彰式が25日、東京都内で行われ、フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)が最優秀選手に贈られるJOC杯を受賞した。新シーズンに向けて海外などで合…
カテゴリー:

もっと見る

「トヨタ自動車」の画像

もっと見る

「トヨタ自動車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる