「日産自動車」とは?

関連ニュース

【日本の刑事手続きに批判集中】ゴーン容疑者再逮捕で-仏メディア 最初の逮捕容疑と実質的に同じ容疑での逮捕・勾留など - 12月11日(火)00:17  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3201373?act=all 日本の刑事手続きに批判集中=ゴーン容疑者再逮捕で-仏メディア 2018年12月10日 18:31  発信地:フランス [ 例外 その他 ] 【12月10日 時事通信社】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者は10日の再逮捕で、勾留がさらに長期化することになった。同容疑者が会長を務める自動車大手ルノーの拠点フランスでは、勾留長期化のほか、取り調べに弁護人が同席できないなど、フランスと異なる日本の刑事手続きへの批判がますます強まっている。  フランスでは欧州人権裁判所の判...
»続きを読む
カテゴリー:

【元駐日仏大使】「まるでサウジアラビア」ゴーン前会長逮捕に強い不快感 「国際社会で日本が信頼失う事態になるだろう」 - 12月10日(月)22:43  seijinewsplus

【パリ三沢耕平】フィリップ・フォール元駐日フランス大使(68)がパリ市内で毎日新聞の取材に応じ、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕に強い不快感を示した。日本政府は逮捕容疑に関する詳細な情報を提供すべきだとし、国際社会で日本が信頼を失う事態に発展しかねないと警告した。 「日本のことを友人だと思っていたのに……」。フォール氏は険しい表情でこう語り始め、逮捕について「とにかく驚いている」と繰り返した。  ゴーン前会長の逮捕容疑は役員報酬の虚偽記載。通常、有価証券報告書の記載内容は企業や監査...
»続きを読む
カテゴリー:

首相 日産・ルノー・三菱連合「安定的な関係維持が重要」 - 12月10日(月)22:28 

 安倍晋三首相は10日の記者会見で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件に関連し、日産と仏ルノー、三菱自動車の3社による今後の企業連合について「安定的な関係を維持していくことが重要との認識をフランスのマクロン大統領と共有している」と語った。
カテゴリー:

日産、企業統治改革を加速 会長人事など課題山積 ゴーン前会長起訴 - 12月10日(月)21:03 

 カルロス・ゴーン容疑者と法人としての日産自動車の起訴を受け、日産はゴーン前会長に権力が集中したガバナンス(企業統治)などの改革に乗り出すことになる。日産はゴーン前会長の後任となる会長人事のほか、筆頭株主の仏ルノーとの資本関係の見直しなど課題が山積しており、当面は難しいかじ取りが求められている。
カテゴリー:

進む役員報酬決定の透明化 ゴーン逮捕も後押し - 12月10日(月)20:46 

 有価証券報告書に報酬を過少申告した疑いで日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕された事件を契機に、役員報酬への関心が高まっている。高額報酬への視線が厳しさを増す一方、日本企業の国際競争力強化に向けては優秀な経営人材を呼び込むだけの報酬水準も不可欠だ。企業側は役員報酬の決定プロセスの透明性や客観性を高める取り組みを急ぐ。
カテゴリー:

日産 西川社長「会社のガバナンスを健全化していく」 - 12月10日(月)23:53 

日産自動車の西川廣人社長は、法人としての日産が起訴されたことについて10日夜、記者団に対し「法人としての当社の責任を負うべきと覚悟してきたし、結果として会社としての信用も傷つけると覚悟していた。重大な不正を確実に取り除き、将来に向けて会社のガバナンスをより健全なものにしていくことがなにより会社の将来にとって大事だと思っている」と述べました。そのうえで、記者団から社長としての責任を問われたのに対して「ガバナンスに手を打つことが待ったなしの課題であり、会社としては進展があり次第、皆さんにお伝えする」と述べました。
カテゴリー:

ゴーン逮捕で日本の刑事手続きの中世っぷりがフランスメディアにフルボッコされる 国内専門家も「日本は人権軽視の現状を認識すべき」 - 12月10日(月)22:34  poverty

日本の刑事手続きに批判集中=ゴーン容疑者再逮捕で-仏メディア 2018年12月10日18時31分 【パリ時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者は10日の再逮捕で、勾留がさらに長期化することになった。 同容疑者が会長を務める自動車大手ルノーの拠点フランスでは、勾留長期化のほか、取り調べに弁護人が同席できないなど、 フランスと異なる日本の刑事手続きへの批判がますます強まっている。 フランスでは欧州人権裁判所の判決を踏まえ、取り調べに弁護人を同席させる権利が認められる。 さらに仏紙ルモンドは、最初の...
»続きを読む
カテゴリー:

首相 日産・ルノー・三菱連合「安定的な関係維持が重要」 - 12月10日(月)22:02 

 安倍晋三首相は10日の記者会見で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件に関連し、日産と仏ルノー、三菱自動車の3社による今後の企業連合について「安定的な関係を維持していくことが重要との認識をフランスのマクロン大統領と共有している」と語った。
カテゴリー:

安倍首相会見詳報(3完) 日産自動車事件「日仏関係揺るがず」 - 12月10日(月)20:57 

 --日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の事件に関して。日本を代表するグローバル企業のガバナンスが問われるこの事件をどうみているか。日仏関係はじめ、国内外への影響なども含めて聞かせてほしい 「個別の刑事事件についてはコメントは差し控えたいと思います。日仏産業協力の象徴である日産、ルノー、三菱のアライアンス(企業連合)については、安定的な関係を維持していくことが重要と認識しています。この点については、先般、アルゼンチンでマクロン仏大統領と首脳会談を行いましたが、マクロン大統領とも認識を共有することができました。しっかりとしたガバナンス(企業統治)のもとで、アライアンスの強化に向けた建設的な議論が当事者間で行われることを期待しています」 「ガバナンス改革について申し上げれば、ガバナンス改革は、わが国経済の持続的な成長のために重要と考えています。安倍内閣はこれまで、グローバルスタンダードに沿ってですね、コーポレートガバナンス改革を強力に進めてきました。われわれはまさに、コーポレートガバナンス改革をグローバルスタンダードに合った形で進めてきたんだということをまさに、誤解がないように、世界に向けて申し上げたいと思う。その結果、わが国の上場企業では、社外取締役が2人以上の企業が、政権交代前は2割でありました。今足元では9割以上に増加するなどガバナンス改革は着実に進んでいます。経...more
カテゴリー:

進む役員報酬決定の透明化 ゴーン逮捕も後押し - 12月10日(月)20:37 

 有価証券報告書に報酬を過少申告した疑いで日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕された事件を契機に、役員報酬への関心が高まっている。高額報酬への視線が厳しさを増す一方、日本企業の国際競争力強化に向けては優秀な経営人材を呼び込むだけの報酬水準も不可欠だ。企業側は役員報酬の決定プロセスの透明性や客観性を高める取り組みを急ぐ。
カテゴリー:

もっと見る

「日産自動車」の画像

もっと見る

「日産自動車」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる