「日産自動車」とは?

関連ニュース

日産自動車副社長、スカイライン開発中止報道を否定 - 06月16日(水)13:35 

先日、日産自動車の「スカイライン」の開発を中止するとの話題を取り上げたが、同社の星野朝子副社長は15日に行われた「ノート オーラ e-POWER」の発表会で、「スカイライン開発中止」報道を否定した。星野副社長は開発中止の「意思決定をした事実は一切ございません。日産自動車は決してスカイラインを諦めません」として、開発中止を否定している(動画:新型ノートオーラ発表会[スカイラインに関する発言は55分23秒から]、Car Watch、ブルームバーグ)。 すべて読む | ニュース | 交通 | 関連ストーリー: 日産、スカイラインを含むセダン4車種の開発を中止へ 2021年06月15日
カテゴリー:

日産「ノート オーラ」はお買い得? 試乗で感じた「ノート」との違い - 06月16日(水)07:30 

日産自動車がコンパクトカー「ノート」のプレミアムバージョン「ノート オーラ」を発売する。ボディサイズはワイドに、インテリアは豪華に、パワートレインは強力になった新型車だが、ノートとは40万円程度の価格差がある。オーラはお買い得なのか。
カテゴリー:

日産、高級感で輸入車対抗 小型車「ノート」上級モデルを秋に発売 - 06月16日(水)05:31 

日産自動車は15日、主力小型車「ノート」の上級モデル「ノートオーラ」を秋に発売すると発表した。薄型前照灯や木目調の内装を採用し、高級感のある小型車として売り出す…
カテゴリー:

【個別銘柄 株価】トヨタ株が初の1万円台-好決算や電動化進捗で上昇ペースに勢い - 06月15日(火)17:14  bizplus

トヨタ自動車の株価が15日続伸し、初めて1万円の大台を突破した。新型コロナウイルスや半導体不足の影響を受けながら、今期(2022年3月期)業績は大幅な増収増益を見込む一方、電動化などの将来技術にも着実に手を打っていることが安心感を与えている。   トヨタ株は15日の取引で前日比上昇で始まり、一時1.8%高の1万80円まで値を上げた。時価総額では32兆7000億円を超える規模に拡大している。   同社の株価は昨年、新型コロナの世界的な感染拡大を受けて一時大きく下落したが、その後、回復基調に戻った。今年の大型連休前...
»続きを読む
カテゴリー:

航続距離580kmの「B9 e-4ORCE」が人気No.1 ― 日産「アリア limited」10日間で約4,000台を受注 - 06月15日(火)12:40 

日産自動車は「アリア limited」の受注台数を発表した。受付開始からわずか10日間で、約4,000台(3,936台)の予約注文を受けたとしている。また、人気No.1グレードは航続距離580kmの「B9 e-4ORCE」であることを公表した。
カテゴリー:

日産自動車は15日、新型車「ノート オーラ」を.. - 06月16日(水)11:45 

日産自動車は15日、新型車「ノート オーラ」を今秋に日本で発売すると発表した。2020年12月に発売した小型車「ノート」をベースに、内外装や走りの質を高めた。小型高級車市場を開拓する。
カテゴリー:

日産、低迷する国内販売で巻き返し 世界的な半導体不足がリスクに - 06月16日(水)05:51 

日産自動車は、新型の電動車の投入で、低迷する国内販売で巻き返しを図る。独自技術「e-POWER(イーパワー)」を搭載したハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV…
カテゴリー:

日産、星野副社長「日産自動車は決してスカイラインを諦めません」とスカイライン開発中止報道を否定 - 06月15日(火)19:19  news

日産自動車 執行役副社長 星野朝子氏は6月15日、同日開催された新型車「ノート オーラ e-POWER」発表披露会に出席。 同発表会において星野氏は、日本経済新聞の「スカイライン開発中止」との報道を否定するコメントを発表した。 日本経済新聞では、日産自動車がスカイラインに加えて「シーマ」や「フーガ」など国内の全セダンの開発を中止するなどと報じていた。 同発表会の最後にコメントした星野氏は「先週末に日本経済新聞でスカイライン開発中止と、日産の象徴、開発に幕というような記事が日経新聞で報道されておりますけれ...
»続きを読む
カテゴリー:

日産、スカイラインを含むセダン4車種の開発を中止へ - 06月15日(火)14:34 

日産自動車が「スカイライン」などセダンの新型車開発を中止する方針であるという。開発中止は主要取引先に通達されており、「フーガ」や「シーマ」などの国内セダン全4車種が開発中止になる。また「シルフィ」に関してはすでに生産が終了している(日経新聞、くるまのニュース、会社四季報オンライン)。 調査会社のマークラインズによれば、スカイラインは70年代には年間15万台以上の販売があったにもかかわらず、現在はSUVが人気の主流となっていることから、2020年の販売実績は約3900台にまで落ち込んでいるという。また日産の業績自体も21年3月期の連結最終損益は4486億円の赤字となっており、経営資源を電気自動車(EV)などに集中するとしている。 すべて読む | ビジネス | 交通 | 関連ストーリー: 東芝が複数の事業を整理。国内初のカラーTV工場閉鎖・車載用などのシステムLSIからも完全撤退 2020年10月01日 NASAが月面で使用する与圧式有人探査車、トヨタが製造する可能性 2020年07月19日 ダイソン、開発中止となったEVのプロトタイプを公開 2020年05月22日 防衛省、次期装輪装甲車の試験用車種3種を選定。三菱・機動装甲車とパトリア・AMV、GDLS・LAV6...more
カテゴリー:

日産「オーラ」秋発売 高級感ある小型車 輸入車に対抗 - 06月15日(火)11:55 

 日産自動車は15日、主力小型車「ノート」の上級モデル「ノート オーラ」を秋ごろ発売すると発表した。薄型前照灯や木目調の内装を採用し、高級感のある小型車として売り出す。ドイツメーカーなどの輸入車に対抗し、これまで開拓できなかった顧客層にアピールする。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる