「日産自動車」とは?

関連ニュース

もっと社会人野球:倉庫の段ボールから出てきた物は… 日産復活のキセキ - 05月17日(金)09:26 

 2025年に活動を再開する日産自動車野球部の関係者が、09年末の休部から14年半もの間、眠っていた“宝物”を掘り出した。  日産自動車野球部が休部した後も、思いをつないできた人たちがいます 腐っていた“最後のエース”15年越しの恩返し 「二度と来たくない」更地の選手寮から受け継ぐ心 野球部最年少O
カテゴリー:

習近平国家主席「欧州3カ国訪問」はなぜ中国外交の“理想形”なのか? - 05月16日(木)17:01 

中国の習近平国家主席が5月上旬にフランス、セルビア、ハンガリーの3カ国を訪問。5年ぶりのヨーロッパ訪問で成果はあげられたのでしょうか。今回のメルマガ『富坂聰の「目からうろこの中国解説」』で、多くの中国関連書を執筆している拓殖大学の富坂聰教授は、習近平氏の笑顔が随所にあふれていて「中国が考える首脳外交の理想形」と評価。訪問先での習氏の言葉から今回の外交で中国が何を重要視し、欧州に何を求めているのか解説しています。 なぜ、いま習近平はフランス、セルビア、ハンガリーに向かったのか 習近平国家主席にとって今回の外遊は、中国が考える首脳外交の一つの理想形だったのではないだろうか。普段は滅多に見られない笑顔が随所にあふれていた。 最初の訪問地のフランスでは、エマニュエル・マクロン大統領に加え、再選を控えたウァズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会(EU)委員長が加わる三者会談となり、いつも険しい表情をのぞかせる場面もあった。だが、マクロンが幼少期を祖母と過ごしたフランス南西部のオート=ピレネー県の別荘に場所を移して以降は、終始上機嫌に見えた。 ハイライトは、セルビア、そしてハンガリーへの訪問と現地での大歓待であった。どちらも領空に入るころから戦闘機が現れ、空港ではそれぞれの国のトップが出迎えた。 セルビアではアレクサンダル・ブチッチ大統領と会談。習は、「中国にとってセルビアは中東欧地域で初の包...more
カテゴリー:

日産、「キックス」仕様向上 90周年記念車とあわせて6月20日発売(Car Watch) - 05月16日(木)14:01 

■ 「インテリジェント アラウンドビューモニター」を全車標準装備  日産自動車は、「キックス」を仕様向上し、90周年記念車「90th Anniversary」とあわせて6月20日に発売する。価格は3
カテゴリー:

日産、新型EVミニバンをカスタム…移動カラオケラウンジ提案(レスポンス) - 05月16日(木)12:15 

日産自動車の欧州部門は5月14日、『タウンスター・カラオケe』を発表した。このユニークな新型EVミニバンは、外出先でカラオケを楽しむことができ、「タウンスター」シリーズの多用途性とカスタマイズ性を実証
カテゴリー:

日産、キャラバンの一部仕様変更 一部グレードにバッグモニターを採用 新色も追加(日刊自動車新聞) - 05月16日(木)11:12 

 日産自動車は15日、商用車「キャラバン」を一部仕様変更し、6月上旬に発売すると発表した。一部のグレードで車両後方を映すモニターを採用したほか、外装に2種の新色を設定した。日産モータースポーツ&カスタ
カテゴリー:

日産が「系列から外した」調達先を今になって助ける理由、生き残るサプライヤーの条件(ダイヤモンド・オンライン) - 05月17日(金)07:32 

 日産自動車は約20年前、いわゆる「ゴーン改革」でシビアな取引先の見直しを行った。それが2024年、日産は「供給網の安定のため」に河西工業を救済するという。これは時代の流れというべきか、はたまた日産と
カテゴリー:

日産、「エクストレイル」仕様向上 90周年記念車とともに6月20日発売(Car Watch) - 05月16日(木)14:02 

■ インテリジェントアラウンドビューモニターなど全車標準装備  日産自動車は、「エクストレイル」を仕様向上するとともに、90周年記念車「90th Anniversary」とあわせて6月20日に発売す
カテゴリー:

トヨタ・ホンダ・日産、車載ソフトの連携検討 デジタル競争に対応 - 05月16日(木)13:13 

 トヨタ自動車とホンダ、日産自動車の3社が、車載用のソフトウエア分野で連携を検討していることが16日、関係者への取材で分かった。メーカーごとに異なる基盤部分の仕様の一部を共通化し、部品やIT関連の企業と車の制御やサービスの開発を効率的に進める狙い。EVの普及を背景に、国際的に競争が激化する車のデジタ
カテゴリー:

車大手3社、ソフトの連携検討 トヨタ・ホンダ・日産で共通化 - 05月16日(木)11:38  newsplus

 トヨタ自動車とホンダ、日産自動車の3社が、車載用のソフトウエア分野で連携を検討していることが16日、関係者への取材で分かった。メーカーごとに異なる基盤部分の仕様の一部を共通化し、部品やIT関連の企業と車の制御やサービスの開発を効率的に進める狙い。EVの普及を背景に、国際的に競争が激化する車のデジタル化に対応する。  経済産業省が近く開く検討会で、車メーカー側が説明する方針。  対象となるのは、ソフト同士やプログラムがつながる「API」と呼ばれる基盤部分。大手3社で共通化すれば、投資の無駄を省き、センサ...
»続きを読む
カテゴリー:

トヨタ・ホンダ・日産、自動車のソフトウェアを共通化へ スズキ・マツダ・スバル・三菱自も参加か - 05月16日(木)10:54  news

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が、車に搭載するソフトウェア開発で連携する方向で検討に入った。 メーカーが個別に開発する自前主義からの転換を進め、一部の仕様を共通化して開発の効率化につなげたい考えだ。 米中勢に電気自動車(EV)のデジタル化技術で先行されるなか、日本勢が協力態勢を敷いて対抗する狙いがある。 経済産業省と国土交通省が月内にまとめる自動車のデジタル戦略に盛り込まれる。 夏以降に具体策を協議し、2025年度以降の連携を目指す。 スズキやマツダ、SUBARU(スバル)、三菱自動車など...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる