「差別化」とは?

関連ニュース

【日刊薬業】後発品シェア80%時代も「開発戦略で.. - 09月23日(水)22:17 

【日刊薬業】後発品シェア80%時代も「開発戦略で差別化可能」  沢井製薬・澤井社長、単独承認・発売「破壊力ある」: …
カテゴリー:

不動産投資ローンの金利を低く借りるには?覚えておきたい融資の5つのポイント - 09月23日(水)15:29 

直近数年で投資用マンションを始めとした不動産価格は高値圏を維持していますが、家賃収入は不動産価格ほど大きくは上昇しないため、不動産投資の利回りは低い水準にあります。利回りが低いにも関わらず、なぜ不動産投資のニーズがなくならないかというと、ローンの金利も低く借りられるという金融上の背景があるためです。 物件の購入を検討するときは「表面利回り」という年間の家賃収入を不動産価格で割った数値が注目されますが、実は利回りよりもローンの金利をいくらで借りられるかが重要なケースも存在します。たとえば表面利回りが7%の物件と5%の物件があれば、どうしても7%に目が行きがちですが、表面利回りが高いということはそれだけ投資上のリスクが高いということでもあり、融資評価も厳しくなる恐れがあります。 もし、利回り7%の物件には金利3%の融資しかつかず、利回り5%の物件に金利1.5%の好条件の融資がついたとすれば、利回りと金利の差(=イールドギャップと言います)が大きいのは利回り5%の物件となり、表面利回りが低い物件のほうが実は投資パフォーマンスが高かった、ということもあり得るのです。 このように、ローンの金利について詳しく知らない状態で不動産投資に臨んでしまうと、借入後に思わぬリスクを抱えることになります。この記事では、不動産投資ローンの金利を低く借りるにはどうすればよいかという融資の5つのポイントをご紹介...more
カテゴリー:

インドのeコマース取引サイトCashKaroが、Korea Investment Partners率いるシリーズBのラウンドで10億円を調達 - 09月23日(水)10:09 

インドを拠点とするスタートアップのCashKaroは米国時間9月15日、シリーズBの資金調達で1000万ドル(約10億5790万円)を獲得し、eコマース向けのサービスの範囲を拡大する予定であると発表した。同社はインドにおける主要なキャッシュバック/クーポンサイトの一つである。このラウンドはKorea Investment Partnersが主導し、以前の投資家Kalaari Capitalも参加している。 TechCruchがCashKaroについて最後に取り上げたのは、同社がシリーズAで380万ドル(約4億円)を調達したのは5年前のことである。今回のラウンドで同社がこれまでに調達した資金の総額は1500万ドル(約15億8550万円)にのぼる。 過去5年間、同社は価格比較サービスや、約18か月前にローンチしたソーシャルコマースのキャッシュバックアプリであるEarnKaroなどの新製品を発表してきた。シリーズBの一部は、約100万人の登録ユーザーを持つEarnKaroの拡張に使われる。EarnKaroにより、ソーシャルコマースの販売者、もしくはソーシャルメディアプラットフォームやWhatsAppのようなメッセージングアプリを使って商品を販売する人々は、AmazonやFlipkartのような主要なeコマースサイトへのアフィリエイトリンクを作成して報酬を得ることができる。また、EarnK...more
カテゴリー:

マイクロソフトがEndpoint Managerをアップデート、iPadやmacOSのサポートを拡充 - 09月23日(水)08:09 

Microsoft(マイクロソフト)は米国時間9月22日に開催されたIgniteカンファレンスで、エンタープライズ環境におけるデバイスの管理とセキュリティを実現するための同社の統合プラットフォーム「Microsoft Endpoint Manager」の新機能を多数発表した。 このサービスは、Microsoft System Center Configuration Managerの機能とIntuneのクラウドベースのツールを組み合わせたもの(未訳記事)で、1年弱前にサービスが開始されたも。本日のアップデートでは開発チームが当初作成した基盤をベースに、macOSとiPadのサポートを改善したほか、モバイルデバイスをオンプレミスのアプリ(社内専用アプリ)に接続するための新しいツールや、同社がサービスから収集した日付に基づいて追加された生産性向上ツールが追加されている。また、企業のIT部門が従業員のためにリモートでデバイスをプロビジョニングする(引き渡す)ことを容易にしているという。 結局のところ、新型コロナウイルスの感染蔓延は同社にとって、ビジネスの成長と、企業がリモートデバイスを管理する必要性の両方を加速させたに過ぎない。 Commercial Management Experiencesチームで同社のコーポレートバイスプレジデントを務めるBrad Anderson(ブラッド・アン...more
カテゴリー:

新型コロナで“保存食”注目 レストラン並みに美味の冷食 チルド麺の賞味期限を倍増…  - 09月21日(月)17:43 

 新型コロナウイルス感染拡大や災害の影響で、長期保存できる“保存食”への注目が高まっている。売り上げが急激に伸び、メーカーは相次ぎ商品を投入。長持ちすることだけでなく、レストラン並みの味も追求し、差別化を図っている。
カテゴリー:

アパレルは死を待つのみ?「異性の目」を気にしない世界で服を売るには - 09月23日(水)20:46 

コロナ禍により外出して人に会う機会が減ったことで一気に落ち込んだファッション需要。店舗への来客も減り、これまでの販売戦略では、生き残ることが難しくなっています。メルマガ『j-fashion journal』著者でファッションビジネルコンサルタントの坂口昌章さんは、冷静な現状分析から、行き詰まってしまったアパレル小売業が生き残るためには、根本的に価値観を変えなければならないと、7つのポイントを上げて可能性を示しています。 新ノーマル市場への対応 1.後戻りはできないが動けない企業 自粛中、店を閉めていた小売企業は売上、利益が上がらず、賃料、人件費等の経費は出ていた。その期間に販売するはずだった商品が在庫として残っている。在庫を処理しない限り、次の商品は仕入れられないし、赤字を解消するには、例年以上の売上が必要になる。 ということで、多くの小売企業は手詰まりだ。できることは不採算店、不採算部門を閉鎖し、社員を解雇することだけだ。処分できるものは処分した後、次に何をすればいいのだろうか。その準備をしておかなければ、危機を脱したとしても、将来は見えてこない。 こうした切迫した状況にも関わらず、経営者、社員共に、これまでのルーティンを繰り返すだけで、新しいことに手をつけない。考えてみれば、20年以上、安売り商法だけを行ってきた。多くの人は、新しいプロジェクトを企画し、運営するという経験をした...more
カテゴリー:

ウォルマートは、いかに新会員プログラムを広めているか?:利便性訴求で、価格重視のAmazonと差別化 - 09月23日(水)11:50 

ウォルマート(Walmart)による待望のメンバーシッププログラム、ウォルマートプラス(Walmart+)のデジタル広告は、買物の頻度によって、その内容を最適化させているようだ。9月第2週、米リテール最大手の一社、ウォルマートは新プログラムの宣伝を開始した。 The post ウォルマートは、いかに新会員プログラムを広めているか?:利便性訴求で、価格重視のAmazonと差別化 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

VCのコペルマン氏インタビュー:SPACについてはまだ結論を出せないが、いわゆるローリングファンドは威力を発揮すると考えている - 09月23日(水)10:01 

TechCrunchは、アーリーステージ投資を専門とする創業16年のベンチャー企業First Round(ファースト・ラウンド)の共同設立者ジョシュ・コペルマン氏に会い、さまざまな問題について話す機会を得た。当然ながらその際に、現在ベンチャー業界で起きている大きな変化、例えば、いたるところで立ち上げられているSpecial Purpose Acqusition Company(SPAC、特別目的買収会社)、勢いが増しているローリングファンド構想、さらに多様性に関するファースト・ラウンドの考えなどについて、同氏に意見を尋ねた(このインタビュー全編は今週末にポッドキャストで皆さんにお届けする予定だ)。 コペルマン氏は創業者たちからも高く評価されているため、前述のような新しい変化に対する同氏の意見を知りたい読者は多いと思う。以下が今回のインタビューの内容だ。長さを調整し、わかりやすくするために、多少の編集が加えられている。 — TC:ファースト・ラウンドの設立以来、あなたの業界は明らかに大きく変化しましたね。現在、何百もの企業がアーリーステージの取引を求めています。市場で起こっていることは御社の業績にどのような影響を及ぼしてきましたか。以前と変わらない投資収益率を維持していますか。 過去5年間の変化については、まだ結果は出ていません。そのため過去5年間の未実現のマークアップに...more
カテゴリー:

マンション投資、中古リノベーション物件のメリット・デメリットは? - 09月22日(火)18:50 

マンション投資を検討している方の中には、新築・築浅マンションだけでなく中古マンションを検討している方も多いのではないでしょうか。 しかし、中古マンションは物件価格が安く比較的に利回りの高いメリットがある反面、新築時よりも空室率が上昇してしまっているデメリットがあります。 そのようなときに、検討対象の一つとなるのが中古リノベーション物件への投資です。 この記事では、中古リノベーション物件のマンション投資について、検討する際に知っておきたいメリット・デメリットを整理していきます。 目次 マンション投資の中古リノベーション物件とは 中古リノベーション投資のメリット 2-1.物件を戦略的に選択・カスタマイズできる 2-2.初期投資を抑え、高い利回りが期待できる 2-3.リノベーションは費用対効果が高い 中古リノベーション投資のデメリット 3-1.ローンの借入条件が不利になることがある 3-2.入居者募集にリスクがある 3-3.建物にかかるリスク・制限がある まとめ 1.マンション投資の中古リノベーション物件とは 投資用の築10年~20年程度の中古マンションを賃貸募集すると、新築あるいは築浅のマンションに比べて家賃が10%~20%程度落ちる傾向にあります。中古マンションを購入し、リフォームを行って貸し出したとしても同様です。 しかし、中古リノベーション物件の場合、今までとは異なる付加価値...more
カテゴリー:

出前館・中村利江会長が語る、宅配需要と競合他社.. - 09月21日(月)13:53 

出前館・中村利江会長が語る、宅配需要と競合他社との差別化 「競合が増えてデリバリー市場が拡大するのはいいことだと思います。ただ、当社は『お客様の選択肢の広さ』が他とは違います」 #出前館 #宅配
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「差別化」の画像

もっと見る

「差別化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる