「タンパク質」とは?

関連ニュース

外食が多い、甘いものが好き…今の時期「集中力が続かない人」の特徴と対策 #189 - 文・大久保愛 | ananweb - マガジンハウス - 12月02日(金)19:30 

仕事や家事が立て込む時期となりました。いろいろなものに追われるなかで、集中してひとつずつクリアできたらいいですが、中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によると、年末に乱れがちな食生活が集中力低下の一因になるのだそう。愛先生が、当てはまりやすい人の特徴や集中力をアップする簡単な方法を教えてくれます!年末が近づき、仕事や家事に追われていませんか?【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 189すっかり冬の気候になりましたね。12月に入り今年も残すところわずかとなりました。残された時間に対して、やることが増えてしまうのが、12月の特徴ですよね。あれやこれやと仕事を処理する中で、次々とやるべきことに横やりが入ってきます。頭の中で描いている理想のように行動できず、計画がどんどん崩れてしまい、予定通りにこなすことができないときってありますよね。ということで、今ほしいものといえば、集中力ではないでしょうか。そこで、今週は、集中力アップにつながる食薬習慣を紹介していきます。今週は、集中力アップ対策となる食薬習慣師走がスタートしました。この1か月は、あっという間に過ぎてしまいそうですよね。徐々にカレンダーが埋まりつつある中、今年中にやっておきたいこともリストアップされていき、頑張って年越しをしなければと気が引き締まりますよね。ただ、そんな気持ちとは裏腹にゴロゴロしたい、ぼー...more
カテゴリー:

レバレッジ、東工大発ベンチャーaiwellや東京工業大学と共同研究契約締結 タンパク質解析「ai-PoP」で有効性を可視化 - 12月02日(金)12:00 

フィットネスブランド「VALX(バルクス)」を展開するレバレッジは11月29日、次世代のタンパク質網羅的解析技術(AIプロテオミクス)の実用化と社会実装を進めている東京工業大学発ベンチャー認定企業aiwell、および東京工業大学と共同研究契・・・
カテゴリー:

ロシュのアルツハイマー薬治験、期待下回る-原因.. - 12月01日(木)10:10 

ロシュのアルツハイマー薬治験、期待下回る-原因タンパク質除去効果
カテゴリー:

肝硬変患者に合併する不顕性肝性脳症リスクスコアリングシステムの確立 - 12月01日(木)04:00 

2022年12月1日 国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学 肝硬変患者に合併する不顕性肝性脳症 リスクスコアリングシステムの確立 血液検査のみを用いた日常診療における簡易なリスク評価法   【本研究のポイント】 ・不顕性肝性脳症は、肝硬変患者の転倒・骨折、交通事故、生活の質、予後と関連するため、欧州肝臓学会は肝硬変患者で不顕性肝性脳症を検査することを提言しているが、現実的ではない。 ・本研究では血液性化学検査のみから判定するシンプルな不顕性肝性脳症のスコアリングシステム(Simple covert hepatic score; sCHE score)を確立した。 ・sCHE scoreは1点以上の患者は0点の患者と比較して有意に不顕性肝性脳症および経過観察期間中の顕性肝性脳症の累積発生率が高かった。 ・sCHE scoreは1点以上の肝硬変患者に不顕性肝性脳症の検査を実施することが現実的な診療指針となる可能性が示唆された。   【研究概要】  岐阜大学大学院医学系研究科消化器内科学分野 清水雅仁教授のグループは、肝硬変患者に合併する不顕性肝性脳症(covert hepatic encephalopathy; CHE)1)のスクリーニングおよび顕性肝性脳症(Overt hepatic encephalopathy; OHE)2)のリスク評価に有用な簡易なス...more
カテゴリー:

- 11月30日(水)12:05 

🥬 1/3日分の野菜使用! 【こんな方におすすめ!】 🤩<お肉も野菜も食べたい! 🤔< #タンパク質 を摂りたい! 😋<さっぱり味を感じたい! お肉🥩&シャキシャキ野菜が 特製ぽん酢だれと絡み合う! 詳しくは画像タップでチェック!👇
カテゴリー:

第7回「うま味調味料活用!郷土料理コンテスト2022」 2022年受賞作品を発表! 優勝は、長野県の郷土料理【おやき】 うま味調味料の活用でよりおいしく49%の減塩を実現 - 12月02日(金)16:00 

日本うま味調味料協会(所在地:東京都中央区/会員企業:味の素株式会社、三菱商事ライフサイエンス株式会社、ヤマサ醤油株式会社、株式会社新進)は、今年で7回目となる「うま味調味料活用!郷土料理コンテスト2022」の受賞作品を11/24「和食の日」に発表しました。今年は、栄養学・調理学を学ぶ学生(大学生から中学生まで)や、管理栄養士、栄養士、調理師、ご家族などの多岐にわたるチームから合計113件ものエントリーがありました。厳正な審査のもと、長野県のラリレファーム・家族チームの「おやき」が優勝作品として選ばれました。また、準優勝には、だがやがやがや・名古屋市立大学 薬学部薬学科5年チームの「鶏(けい)ちゃん」が選ばれました。どの受賞作品もその地域に愛される郷土料理を、新しい発想で上手にうま味を活かして減塩することで、次世代に向けて健康的に継承されるレシピとなっています。なお、受賞作品の平均減塩率は52%でした。第7回「うま味調味料協会 郷土料理コンテスト2022」 受賞作品一覧【優勝】 長野県 「おやき」 ラリレファーム(家族)【準優勝】 岐阜県 「鶏(けい)ちゃん」 だがやがやがや(名古屋市立大学 薬学部薬学科5年)【時短アイデア賞】 宮城県 「へそ大根のにしめ」 だっちゃーず(宮城県農業大学校 アグリビジネス学部2年)【郷土料理アレンジ賞】 大阪府 「なまぶしの押しすし」 スローフード...more
カテゴリー:

朝ごはんでタンパク質を摂ろう! 「たべる教科書」で児童らが料理に挑戦 沖縄・豊見城 - 12月01日(木)12:00 

 【豊見城】体を構成する重要な栄養素タンパク質について学ぶイベント「朝から!たんぱく摂(と)ろうかい」が11月23日、豊見城市のTOYOSAKIプラットフォームセンターであった。県栄養士会副会長の笠原寛子さんが一日に必要な栄養素や朝食の重要性などについて説明したほか、調理体験用の食材がセットになっている「た...
カテゴリー:

水産ねりものメーカーのモリイ食品が、オンライン料理教室を開催! - 12月01日(木)10:00 

2022年12月1日 株式会社モリイ食品   水産ねりものメーカーのモリイ食品が、オンライン料理教室を開催! 〜12月18日(日)は、パパ料理研究家と手づくり蒲鉾を通じて子ども食育を〜     水産ねり製品の製造・販売業、株式会社モリイ食品(本社:鳥取県境港市/代表取締役社長:中村俊介 以下、当社)が、12月 18日(日)16:00~18:00、『親子で”かまぼこ”を手づくりしよう!』をテーマに鳥取の魚やカニを使用したすり身を使用し、ZOOMで料理教室を開催。子どもと一緒に料理をして一緒に食べる、手づくり蒲鉾を料理することを通じて食育の大切さをパパ料理研究家の滝村雅晴氏が提案します。   【企画背景】オンライン料理教室を開催するにあたって  水産ねり製品の1世帯あたりの購入額は約8,000円強と言われています。売上は年々減少傾向にあります。ねり製品は、消化の良い良質なタンパク質の塊です。骨や皮などを処理する必要もありません。ねり製品の素「魚のすり身」は、他の食材との相性もよく、バリエーションに富んだねり製品をつくることが出来ます。   「普段使いの食材として、もっと日常的に魚のすり身を活用してみてはどうだろう。料理のレパートリー、魚食の回数が増え、バランスのいい食事がとれ、きっと健康につながっていくだろ...more
カテゴリー:

/ 手軽にタンパク質charge - 11月30日(水)14:10 

/ 手軽にタンパク質charge💪 来週もひとつcharge😍💪💪 \ 12/6(火)までに「森永 inバープロテインGOLD オレンジピール&ナッツ/クランベリー&ストロベリー」いずれか1個買うと 12/7(水)から使える対象の「森永 inバープロテイン 各種」どちらか1個無料引換券もらえる!
カテゴリー:

PEG化タンパク質の市場規模、2030年に30億6000万米ドル到達予測 - 11月29日(火)11:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「PEG化タンパク質の市場規模、シェア、動向分析レポートタンパク質タイプ別(CSF、インターフェロン)、用途別(がん、肝炎)、製品・サービス別(消耗品、サービス)、エンドユーザー別、およびセグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を11月28日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/grvi1147620-pegylated-proteins-market-size-share-trends.htmlPEG化タンパク質の市場規模は、2022年からCAGR11.71%で成長し、2030年には30億6000万米ドルに達すると予測されています。PEG化は、治療薬、薬剤、ベシクルなどの分子にポリエチレングリコールポリマー鎖を共有および非共有で結合させるプロセスです。また、PEG化化合物には、タンパク質分解防止効果、半減期の延長、低毒性、低免疫原性など、業界拡大に寄与する特定の付加的な利点もあります。一方、PEG化プロセスのコスト上昇と一部の医薬品の特許切れにより、業界の拡大がある程度抑制されると予想されます。しかし、非タンパク質...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる