「自動車メーカー」とは?

関連ニュース

車カスの豊田章男「ガラパゴ水素!」自動車メーカーか次々と手を引く水素自動車 - 01月29日(土)12:50  news

なぜ水素は「未来の燃料」ではなくなったのか? 脱炭素目指す自動車メーカーが手を引く理由 https://news.yahoo.co.jp/articles/7c9b7c2a4fcf181010a8897bf732b1ea4dc26097 水素燃料電池電気自動車(FCEV)は、今まさに大舞台に登場するはずだ。欧州諸国を筆頭に、2030年から新車のICE車を順次禁止していくことが決まっている中、ガソリン車とディーゼル車には厳しい目が向けられている。 【写真】水素の未来はどうなる?【数少ないFCEVを写真で見る】 (100枚) 2030年にICE車を禁止する英国政府は、排出量削減のため低炭素水素...
»続きを読む
カテゴリー:

クルマ好きに質問!「メルセデス」の意味、知ってる? - 01月29日(土)06:00 

何気ない一日に思えるような日が、世界のどこかでは特別な記念日だったり、大切な一日だったりするものです。それを知ることが、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。何かを始めるきっかけを与えてくれるかもしれない……。アナタの何気ない今日という一日に、新しい意味や価値を与えてくれる。そんな世界のどこかの「今日」を探訪してみませんか?ベンツが「ガソリンで走る自動車」を開発&特許を取得した日時代はガソリン車からハイブリッド、そしてEVへ。そんな流れが加速する今だからこそ知ってほしい、自動車に関するお話です──。欧州・ドイツが統一された年......といっても、西ドイツと東ドイツの統一(再統一/1990年)ではなく、ドイツ帝国(帝政ドイツ)が誕生した1970年代。イギリスの産業革命の余波を受け、ドイツでは急速に近代化が進んでいました。そんななか、機械工場を営むカール・ベンツは、ある夢を描いていました。「自動走行する乗り物を作りたい」。当時は鉄道が主な移動手段。操縦者が目的地を自由に決められる乗り物といえば、自転車や馬車でした。そんな時代に、カール・ベンツは約2年の歳月をかけてガソリンエンジンを開発。ガソリンの燃焼エネルギーを動力に変換して走る三輪自動車「ベンツ・パテントモーターカー(モトールヴァーゲン)」で「ガソリン燃料で走行する車両」として特許を取得します。そう、...more
カテゴリー:

自動車サイバーセキュリティに関する最新情報をまとめ、分析したレポート「サイバーセキュリティ最新動向ガイド」「サイバーセキュリティ法規制ガイド」2021年Q4版をリリース - 01月28日(金)11:00 

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、自動車サイバーセキュリティに関する調査を継続的に行っており、自動車のサイバーセキュリティに関連する最新動向をまとめ、分析したレポート「サイバーセキュリティ最新動向ガイド」、法規制が車載およびオフボードの自動車システムに及ぼす影響について分析したレポート「サイバーセキュリティ法規制ガイド」の最新版を2022年1月25日に発行いたしました。<サイバーセキュリティ最新動向ガイド>UNECE WP29自動車サイバーセキュリティ法規では、サイバーセキュリティ管理システムのプロセスによりセキュリティが適切に考慮されていることを証明することが求められ、それにはリスク管理や対策だけでなくサイバーセキュリティインシデント事例の脅威や脆弱性情報などのモニタリングも含まれます。UNECE法規のAnnex5では、脅威に関連する脆弱性および軽減策を車両やバックエンドサーバー、通信の脅威など7つのカテゴリでリスト化しており、OEMはそれらを考慮する必要があります。本書では、自動車のハッキング事例を挙げながら、それらがAnnex5のどの項目に該当するかを分類しており、こうした情報が自社製品にどのように関連するのかを参照することが可能です。またそれらの事例に対し、サイバーセキュリティゴールお...more
カテゴリー:

韓国EVバッテリーメーカーLG Energy Solutionが上場、時価総額で同国2位に浮上 - 01月28日(金)08:15 

韓国最大手のEVバッテリーメーカーであるLG Energy Solution(LGエナジーソリューション)は1月27日、成功裏に韓国取引所に上場した。終値で計算した同社の時価総額は118兆1700億ウォン(約11兆2600億円)で、Samsung Electronics(サムスン電子)に次ぐ国内2位の企業となった。 LG Energyの株価は、公募価格の30万ウォン(約2万8716円)を99%上回る59万7000ウォン(約5万7145円)で始まり、取引開始後は25%下落したこともあったが、最終的には68.3%値を上げた。 中国のCATL(寧徳時代新能源科技)に次いで世界2位のEV用バッテリーメーカーである同社は、先週、韓国最大のIPOで12兆8000億ウォン(約1兆2250億円)を調達し、同社の価値は590億ドル(約6兆8000億円)に達した。 セクターアナリストによると、LG EnergyはTesla(テスラ)、General Motors(ゼネラルモーターズ)、Volkswagen(フォルクスワーゲン)などを顧客とし、世界のEV用バッテリー市場の約23%を占めているとのこと。これに対し、中国のCATLは約35%のシェアでトップだ。また、日本のパナソニックは約13%、中国のBYD(比亜迪)は約7%のシェアをそれぞれ占めている。 LG EnergyはIPOで得た資金をもとに、グロー...more
カテゴリー:

フリードマン・ドクトリンの結末 ボーイングは株主をも食いつぶした - 01月27日(木)12:00 

 いまから半世紀ほど前、アメリカ産業界のトップ企業だった自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)を安全・品質問題で追い詰める30代の弁護士がいた。 のちに米大統領選にも出馬する著名消費者運動家、ラ…
カテゴリー:

国内自動車8社、昨年の世界販売6.1%増 コロナで生産回復に課題 - 01月29日(土)08:00 

 国内の大手自動車メーカーが2021年に世界で販売した台数は、需要回復もあり前年よりおおむね増えた。トヨタ自動車が28日に発表した、グループのダイハツ工業と日野自動車を含む台数は1049万6千台(前年…
カテゴリー:

【コラム】10代によるテスラ車のハックを教訓にするべきだ - 01月28日(金)14:15 

Tesla(テスラ)をハックした19歳のDavid Colombo(デビッド・コロンボ)が騒がれるのは、当然といえば当然の話だ。彼はサードパーティソフトウェアの欠陥を利用して、13カ国にわたる世界的EVメーカーの車両25台にリモートアクセスした。ハッカーは、遠隔操作でドアのロックを解除し、窓を開け、音楽を流し、それぞれの車両を始動させることができたと話している。 関連記事:100台を超えるテスラ車が遠隔操作の危険性にさらされる、サードパーティ製ツールに脆弱性 コロンボ氏が悪用した脆弱性はTeslaのソフトウェアのものではなく、サードパーティのアプリに存在するもので、そのためできることに限界があり、ハンドルやアクセルそして加速も減速もできなかった。しかし彼はドアを開け、クラクションを鳴らし、ライトを制御し、ハッキングした車両から個人情報を収集した。 サイバーセキュリティのプロにとって、このようなリモートでのコードの実行や、アプリキーを盗むのは日常茶飯事だが、私が恐れるのは、情報漏洩の開示に慣れてしまい、今回の件がコネクテッドカーのエコシステム全体の関係者にとって貴重な学習の機会であることが見逃されてしまうことだ。 今回のハッキングは、サイバーセキュリティの初歩的な問題であり、率直にいって起きてはならない過ちだ。コロンボ氏がTwitterのスレッドを投稿して通知した翌日に、Teslaが...more
カテゴリー:

リアルな宇宙の「お宝」も付いているランボルギーニのNFT、2月1日にオークション開始 - 01月28日(金)09:45 

Lamborghini(ランボルギーニ)は、非代替性トークン(NFT)の分野にスーパーカーを投入する。しかし、NFTコミュニティを代表するようになった、コンピュータ設計された霊長類ベースのTwitterアバターとは異なり、ランボルギーニは暗号資産の提供において物理的世界とデジタル世界の架け橋となっている。 正確には、世界の「外側」だが。 NFT PRO、RM Sotheby’sとの提携の下、ランボルギーニは2月1日から2月4日まで、デジタルとフィジカルがリンクした5組のアートを自社の専用NFTウェブサイトでオークションにかける。 ランボルギーニは、NFTを導入しているNike(ナイキ)、Samsung(サムスン)、その他のテック企業の輪に加わる。例えば、Twitter(ツイッター)では、NFTの所有者が、特別なプロフィール写真の六角形のフレームを使ってお気に入りのNFTを披露することができるようになっている。Reddit(レディット)も最近、ユーザーが自分の作品をプロフィール画像として設定できるようにしてNFTに足を踏み入れた。 関連記事 ・ナイキが話題のNFTスタジオ「RTFKT」買収、TC Tokyo 2021にも登壇 ・サムスンの2022年スマートテレビはクラウドゲーム、ビデオチャット、NFTまでサポート ・Twitter Blue利用者はNFTをプロフィール写真...more
カテゴリー:

Baiduの電気自動車ブランドJiduが約460億円調達、4月の北京モーターショーで初のコンセプトカー「ロボカー」発表 - 01月27日(木)09:00 

かつては長い開発サイクルを要する産業だった自動車産業は、中国のハイテク企業によって大きく変貌しつつある。現在、中国から生まれる新しい電気自動車ブランドには、とてもついていけない。Baidu(バイドゥ、百度)と中国の自動車メーカーGeely(ジーリー、吉利)がわずか1年前に設立した電気自動車メーカーJiduは現地時間1月26日、シリーズAラウンドで4億ドル(約460億円)近くを調達したと発表した。 関連記事:中国の検索大手BaiduがEV製造ベンチャー設立へ Baiduと、Volvo(ボルボ)を傘下に持つGeelyの出資によるこの新たな資金注入は、Jiduが2021年3月にクローズした3億ドル(約340億円)の創業資本を後押しするものだ。今回の資金により、Jiduは研究開発と量産を加速させ、4月の北京モーターショーで初のコンセプトカー「ロボカー」(同社は自動車ではなく、自動車用ロボットと分類)を発表できるようになる。ロボカーの量産モデルは2023年に発売される予定だ。 JiduのCEOである Xia Yiping(シャ・イーピン)氏は以前、APAC(アジア太平洋)地域におけるFiat Chryslerのコネクテッドカー部門を率い、2018年にMeituanが買収した中国の自転車シェアリングのパイオニアであるMobikeを共同創業した。 Jiduの前進速度は注目に値するが、その技術の実...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる