「自動車メーカー」とは?

関連ニュース

【悲報】トランプ大統領「日米貿易はずっと日本が有利だった。今後はもう少し公平になるだろう」 - 05月26日(日)00:47  news

トランプ氏、トヨタやソフトバンク社長らと夕食会-貿易に言及 トランプ米大統領は25日来日し、都内で日本のビジネスリーダーらとの夕食会に臨んだ。出席者の中には、同大統領が輸入車や自動車部品を国家安全保障に対する脅威と 判断したことに対して厳しい言葉を先週放ったトヨタ自動車の豊田章男社長も含まれていた。   駐日米大使公邸での夕食会でトランプ大統領は、豊田氏が「どこにいるのか?」と探し、参加者らが指すと同氏に対し、「あなたに勝る人物はいない。あなただと思った」と述べた。   自動車メーカーではト...
»続きを読む
カテゴリー:

シトロエンの「乗り物酔いを防ぐメガネ」、国内でも発売へ - 05月24日(金)18:51 

自動車メーカーの仏シトロエンが昨年、乗り物酔いを防ぐ効果があるという眼鏡「SEETROËN」を発売したが、ついにこの製品が日本でも発売されるという(レスポンス、ITmedia)。 シトロエンショールームおよびシトロエンオンラインショップで販売され、価格は1万6,200円。元々は船員向けに開発された技術を自動車向けに応用したものだそうで、フレーム内に封入された青色の液体が水平線を再現することで視覚と三半規管の感覚を同期して乗りもの酔いを解消できるという。 すべて読む | 変なモノ | 医療 | 交通 | 関連ストーリー: Uber、自律走行車で乗客の車酔いを防ぐシステムの特許を出願 2017年11月23日 航空機の操縦士、体調不良の原因は? 2016年03月02日 iOS 7の視覚効果で気分が悪くなる? 2013年09月29日 あの半球状スクリーンゲーム機、実戦へ 2006年05月02日
カテゴリー:

6/29(土)18時『事業維新-What!?』が遂に始動!!第一回:特別フォーラム『事業変革のあり方、やり方、進め方』 - 05月24日(金)17:00 

ビジネス書の出版や企業研修を手掛ける株式会社クロスメディア・マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小早川幸一郎)は、株式会社 Bizresと株式会社 INSTYLE PUBLISHING と共同で、『事業維新-What!?』第一回:特別フォーラム『事業変革のあり方、やり方、進め方』を開催します。異色の3名の叡智と、国内外の強力なネットワークを徹底的に活用し、自ら時流を創り出す事業革新ノウハウを伝授!海外展開、インバンド、ハラル、地域活性化。未開の市場、今だから成し得る無限の可能性。続々と生まれる成功事例に自治体、行政も注目!!事業変革、成功への黄金律『8つの力』と『4つの行動指針』をここに公開!!この志士たちだからこそ成し得る!事業維新!今こそ変革の時。この場から始まる!!集え!変革したい者たち!【詳細はコチラ】https://jigyoishin-01.peatix.com/■『事業維新-What!?』とはそれぞれ一流の分野で活躍する異色の志士3人が集結!企業の抱える課題の現状を打破するため、今、ここに事業革新の『場』を始動させた。その名も『事業維新-What!?』。・富裕層ビジネスとコミュニティ研究の第一人者。これまで国内外で数々の新規事業、地域貢献事業にも携わる、株式会社Bizres 小林昇太郎。・ビジネスの成功要因を導き出す数理マーケティングのプロ。株式会社クロス...more
カテゴリー:

BYDが日本で成功 その決め手となったのは何か? - 05月24日(金)11:22 

中国自動車メーカー・比亜迪(BYD)の日本における業績は特筆に値する。同社によると、現在日本の市内路線バス市場において、電気バスの3台に1台がBYD社製だという。 ...
カテゴリー:

「完全無人宅配」実現に向け玄関まで荷物を運ぶ二足歩行ロボ「Digit」をフォードが発表 - 05月23日(木)11:10 

アメリカの大手自動車メーカーのフォード・モーターはアメリカのベンチャー企業アジリティー・ロボティクスと提携して、宅配車から玄関まで荷物を運んでくれる二足歩行ロボット「Digit」を発表しました。Digitが自動運転カーに乗って家の前まで荷物を運んでくれるイメージムービーが公開されています。
カテゴリー:

フェラーリ生誕の地 イタリア・モデナの魅力 - 05月25日(土)12:00 

モデナは、市内や近郊に自動車メーカーが集まっていることで世界的に有名だ。それだけでもエンスージアストにとっては訪れる理由になるが、魅力はほかにもある。モデナの起源は紀元前183 年。ローマの植民地となってラテン語でムティナと名付けられ、その・・・
カテゴリー:

自動車メーカーはデータ会社になる決心を迫られている - 05月24日(金)18:30 

Amazon(アマゾン)のジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏が数十億ドルを蓄え、Apple(アップル)が私たちの文化を変え、Google(グーグル)は広く行き渡り、そしてソフトウエアが世界を食べている一方で、自動車業界は救済措置を必要としていた。その後、業界は多かれ少なかれ回復して来たものの、もはや彼らは米国の産業を代表する巨人たちではなくなっている。その巨人の称号は現在、データをやり取りする会社たちのものであり、私たちを動かしている脈拍の上に、世界の大規模テック企業たちがそのデジタルの指を置いて脈を測っているのだ。 しかし、古い自動車の巨人たちの希望が、全て失われてしまったわけではない。運転手が乗っていようがいまいが、自動車は目の前に存在している。自動車メーカーたちは、デジタル時代により適した戦略を実行し、データを将来のビジネスの中核部分とすることで、確実にテーブルに着席する権利を得ることができる。 大きなチャンス 「ビッグデータ」は聞き飽きたフレーズだが、データブームは本格化している。LyftやUberのような新しいモビリティの巨人たちは、データの上に成り立っている。サムスン(Harmanを買収)、インテル(Mobileyeを買収)、Google(MapsおよびWaymoを所有)、そしてApple(MapsおよびTitanを所有)といった、既存のデータならびに技術中心の企...more
カテゴリー:

マツダ 燃費改善のエンジン使った新型車販売へ - 05月24日(金)15:01 

自動車メーカーのマツダはブランド力強化のため海外向けの名称に統一した新型車を24日から発売しました。今後、独自の技術で燃費を大幅に改善した新しいエンジンを使ったモデルも国内で初めて投入することにしています。
カテゴリー:

テスラ株価、一時200ドル割れ。オートパイロット事故やバッテリー火災で将来性への疑問が出る - 05月24日(金)07:00 

あるAnonymous Coward曰く、今年3月、フロリダ州で米Teslaの電気自動車「Model 3」がトレーラーに衝突する事故が発生したが、このときModel 3を運転していたドライバーはトレーラーに衝突する約10秒前にオートパイロット機能を起動し、衝突時にドライバーはハンドルから手を離していたという(ASCII.jp、ブルームバーグ)。また、自動運転システムとドライバーのどちらも事故時に回避行動を取らなかった可能性が高いことも指摘されている。 これを受けてTeslaの株価は20日に続落、一時は2016年12月以降で初めて200ドルを割り込んだ。株価下落の要因はこれだけでなく、米中貿易摩擦の悪化やコスト管理強化などもあるようだ。 さらに、上海でTeslaのModel Sが爆発した事故があったが、これ以外にもサンフランシスコや香港でも火災が発生しており、EVの将来性を疑問視する動きも出ているという。 なお、こうしたバッテリー火災はシボレー・ボルト、フィスカー・カルマ、三菱i-MiEVなどさまざまな電気自動車で発生しており、この問題はすべての自動車メーカーのバッテリー搭載自動車に対する不信感につながる可能性があるという(CNBC、ブルームバーグ、AFP、Slashdot)。 すべて読む | ビジネス | 交通 | 関連スト...more
カテゴリー:

【悲報】マツダの業績が大ピンチ - 05月22日(水)22:49  poverty

マツダは5月9日、2019年3月期決算説明会を行った。そこでの報告内容は、グローバル販売台数が対前年比で4%減の156万1000台、売上高は3兆5647億円、営業利益は830億円、売上高営業利益率は2.3%というものだった。 ちなみに自動車メーカーにおける営業利益率のひとつの目安は8%といわれるが、同期におけるトヨタ自動車の数字は日本企業初の売上高30兆円超え、営業利益は2兆4675億円、売上高営業利益率は8.2%となっている。 経営計画で営業利益率8%を目指すと公言したものの、前期に比べて営業利益は約40%ダウンで、 大幅に業績...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「自動車メーカー」の画像

もっと見る

「自動車メーカー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる