「最優秀賞」とは?

関連ニュース

水川あさみ挑戦してみたい役に「地を這うような…」 - 11月29日(日)19:24 

女優水川あさみ(37)が29日、東京都多摩市でTAMA映画賞授賞式に出席し、本年度最も心に残った女優を表彰する最優秀女優賞を受賞した。 水川は「飛び上がるほどうれしいです。一生忘れることのない思い出になりました」と感激した。 今年1年で…
カテゴリー:

「楽しいとき」しおりに表現 - 11月28日(土)07:00 

「楽しいとき」をテーマにした「しおりコンテスト」の作品展が、有田町生涯学習センター内の東図書館で開かれている。習い事やスポーツなどを表現した小学生から一般までの作品が並んでいる。 しおりは15×5センチで、町内の4小学校の児童たちを中心に1015点の応募があり、66点が入賞。最優秀賞には、100点を取った答案を掲げて喜ぶ様子を描いた松瀬壮大(そうた)君(大山小4年)が選ばれた。 他にも愛犬の散歩、先生とクラスメートがいる教室、サッカー観戦、剣道やそろばんのけいこなどを楽しむ絵が並んでいる。
カテゴリー:

COVID19下の国際教育の意義を改めて問う 学生コンテスト〈2021年度版〉を本日より公開 ~ 中高生英語スピーチコンテスト & 海外留学・インターン生募集 ~ - 11月27日(金)16:00 

世界110か国以上で海外留学をはじめ、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を展開する国際教育のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファースト(日本法人イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社〈本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:リーナス・ジョンソン〉、以下 「EF」)は、感染症拡大の影響で未だ大きな影響を受けている海外留学プログラムや国際教育の在り方を学生自身に考えていただくため、本日、2件の学生コンテストの2021年度募集を開始しました。学生英語スピーチコンテスト『EFチャレンジ』(中高生対象)、および海外インターンコンペ『EFグローバルインターン』(18歳以上対象)では、いずれも、同社が事業ミッションに掲げる“世界への扉を開く意義”をテーマに、エントリー受付を開始しました。応募期間はいずれも2021年5月15日まで。1.EFチャレンジ (2020年11月27日~2021年5月15日)EFチャレンジ(https://www.efjapan.co.jp/efchallenge)は、学生の創造的かつ魅力的なスピーチを世界へ発信することを目的に、14~18歳を対象に2014年から年次開催されているスピーチコンテストです。世界54か国(*1)からのべ約6万人の学生が参加しており、“Speak Up”(声に出そう)を合言葉に、社会に対するポジティブ...more
カテゴリー:

明るい選挙ポスター、全国審査で2人会長賞 - 11月27日(金)11:00 

本年度の明るい選挙啓発ポスターコンクール中央審査で、中野心晴(こはる)さん(むつ・第三田名部小3年)と大橋碧空(そら)さん(三沢・木崎野小6年)が共に、明るい選挙推進協会会長・都道府県選挙管理委員会連合会会長賞を受賞した。26日、青森県選管が発表した。中野さんと大橋さんの作品は、9月に行われた県審査でそれぞれ最優秀賞、優秀賞に選ばれ、県選管が10月の中央審査に提出していた。中央審査には全国の小中高校から計821点の応募があり、最高賞の文部科学大臣・総務大臣賞に18点、会長賞は2人の作品を含む6…
カテゴリー:

女性起業家大賞最優秀賞の加藤さん(星生学園)、知事に受賞報告 - 11月26日(木)19:48 

全国商工会議所女性会連合会が主催する「第19回女性起業家大賞」の最優秀賞に選ばれた佐賀星生学園(佐賀市)の加藤雅世子校長が26日、県庁を訪れて山口祥義知事に報告した。 加藤さんは佐賀商工会議所女性会の推薦を受けて、創業5年以上10年未満の企業が対象の「グレース部門」に応募した。同女性会によると、同部門には全国から11件の応募があり、生徒の自立を促すカリキュラムの設計や事務業務の効率化のほか、フリースクールの開校など将来の事業展開が期待されるといった点が評価された。
カテゴリー:

JAMES DYSON AWARD受賞発表 大賞は乳がん検診のデバイス - 11月28日(土)11:00 

次世代のデザインエンジニアを称え、育成、支援するための国際エンジニアリングアワードである「JAMES DYSON AWARD」の2020年受賞作が発表された。 次世代のエンジニアを発掘 JAMES DYSON AWARDは、デザインエンジニアリングの必要性を伝え、次世代のエンジニア育成を目的に活動をすることを目的にしたコンペティションで、ジェームズダイソン財団が運営。賞金に加え、国内外のメディアで紹介される機会の提供を通して応募者のキャリア形成をサポートを行っており、過去には受賞をきっかけに、作品の製品化や、起業の道に進む応募者もいたという。 募集課題はシンプルだが、常識にとらわれない、他とは違う考え方によって、試行錯誤を繰り返し、より良い機能を持つ作品を募集。その結果、ダイソン創業者で最終審査員のジェームズ ダイソンが選出した2020年のJDA国際最優秀賞は、The Blue Box(スペイン)に決定。また、今年新設されたサステナビリティ賞は、AuREUS(フィリピン)が受賞した。 低コストで乳がん検診 JDA国際最優秀賞に輝いた「The Blue Box」は、痛みを伴うことなく非照射、低コストで乳がんをスクリーニングできるデバイス。AIベースのアルゴリズムは、特定の尿代謝物に反応し、在宅でガン検査を行うことができるという。The Blue Appでプロファイルを作成した後、ユー...more
カテゴリー:

TBS開発の「もじこ」&「はるすけ」、「2020年度IT賞」ダブル受賞! - 11月27日(金)18:00 

公益社団法人企業情報化協会(IT協会)は、ITを活用した経営革新に努め優れた成果をあげた企業・団体を表彰する「IT賞」を主催している。 そしてこのたび「2020年度(第38回)IT賞」の受賞企業が決定。株式会社TBSテレビが開発した「もじこ」と「はるすけ」がマネジメント領域のIT賞とコラボレーション領域のIT奨励賞をそれぞれ受賞した。 AI×ヒトで文字起こし! マネジメント領域のIT賞は、ITを活用した既存事業への業績貢献、業務の効率化、業容拡大、サービスの無人化無休化などによる大幅なコスト削減を実現した企業に贈られる。 同賞を受賞した「もじこ」は、音声認識AIを活用したエディタ機能を持つWebアプリで、文字起こしの効率化を実現し、作業負担を大幅に削減したことが評価されたようだ。 「もじこ」は録音・録画されたファイルからAIが自動で文字起こしをしていく。ファイルすべての文字起こしが完了するのを待つことなく、テキスト化が終わった任意のシーンについて随時修正が可能だ。タイムコードとの連携やサムネイル画像の表示、話者設定など便利なエディタ機能が担当者の負担を軽減してくれるという。 また、GoogleやAmiVoiceといった大手の音声認識エンジンを自由に選択することができることや、世界125か国以上の言語に対応していることも特徴だろう。 貼り紙をデジタルサイネージに! コラボレーション領...more
カテゴリー:

学生限定立体アートコンペティション「AAC2020」最終審査結果発表! - 11月27日(金)15:30 

株式会社アーバネットコーポレーションは自社開発したマンションのエントランスホールに、彫刻や絵画などの芸術作品を展示し、アートと日常生活の出会い、そしてアートと建築の出会いをプロデュースしてきました。そうした取り組みの一環として、2001年より若手アーティストの発掘・支援・育成を目的として、マンションのエントランスホールに常設展示する立体アート作品を学生限定で募集する「ART MEETS ARCHITECTURE COMPETITION」(AAC)を開催しており、今年で第20回目を迎えました。2020年11月26日にAAC2020の最終審査が行われ、最優秀賞が決定いたしましたのでお知らせいたします。最優秀賞「Microcosm」勝川 夏樹東京藝術大学大学院 美術研究科 美術専攻優秀賞「ひとときひととき」早坂 雅寿、堀 真代東京都立大学 システムデザイン学部 システムデザイン学科インダストリアルアートコース 4年優秀賞「むれやなぎ」山﨑 稚子文化服装学院 服飾専門課程 服飾研究科 1年【募集内容】マンションの共用空間に展示するための立体アート作品【審査員】片岡 真実 (森美術館館長)宮津 大輔 (アート・コレクター、横浜美術大学学長)大成 哲  (彫刻家、第 1 回 AAC 優秀賞)服部 信治 (主催会社 代表取締役社長)【スケジュール】募集締切 :2020年7月3日一次審査会:202...more
カテゴリー:

前山陽菜さん(嘉瀬小6年)最優秀賞 クリスマス子ども絵画 - 11月27日(金)06:40 

第1回「クリスマス子ども絵画コンクール」(スズキ自販佐賀、佐賀新聞社主催)の審査が26日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれた。小学4~6年生部門で、最優秀賞に前山陽菜さん(嘉瀬小6年)、スズキ賞に前山結衣さん(同5年)が姉妹で輝いた。 「楽しいクリスマス」をテーマに、未就学児と小学1~3年生、4~6年生の3部門に合わせて905点の作品が集まった。佐賀女子短大名誉教授で元学長の洋画家山田直行さんと、スズキ自販佐賀の堤光昭社長、佐賀新聞社の水町研一アド・クリエート部長が審査。
カテゴリー:

京大発スタートアップ「バイオーム」が環境省「気候変動いきもの大調査(冬編)」に協力 - 11月26日(木)17:22 

環境省は11月26日、バイオーム提供のいきものコレクションアプリ「Biome」(バイオーム。Android版・iOS版)を用いた「気候変動いきもの大調査(冬編)」を発表した。開始は2020年11月28日。同企画は、地球温暖化の影響で分布(住む場所)が変化している可能性がある生物をスマホアプリで記録していき、地球温暖化の影響を明らかにしていくとともに、地球温暖化対策アクションを呼びかけるというもの。また企画開始となる28日18:30~20:00から、キックオフライブを配信する。 主催:環境省 提供:バイオーム 実施期間:2020年11月28日~2021年1月31日(結果公表は3月末) 予定実施エリア:全国 キックオフイベント:2020年11月28日18:30~20:00予定(詳細) 特設サイト:環境省COOL CHOICE 気候変動いきもの大調査 参加方法 Biomeアプリ(Android版・iOS版)をインストール ホーム画面で気候変動いきもの大調査のバナーをタップ 気候変動いきもの大調査に(アプリ内で)参加 対象のいきものを撮影してアプリに投稿 クエストを達成してバッヂを獲得すると賞品に応募できる 「気候変動いきもの大調査」は、Biomeアプリ内で参加できるイベントとなっており、参加者は「クエスト」と呼ばれる様々な課題に挑戦できる。クエストは、全25個、「調査クエスト」...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「最優秀賞」の画像

もっと見る

「最優秀賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる