「最優秀賞」とは?

関連ニュース

日本初の“アトピー見える化アプリ”が ヘルスケア・医療・介護関係者集結の「Care Show Japan 2020」に登壇!元アトピーのパパが開発した無料iPhoneアプリ「アトピヨ」 - 12月11日(水)09:30 

~1月29日(水)は東京ビックサイトへ~アトピヨ(所在地:千葉県市川市、代表:Ryotaro Ako)は、2020年1月29日(水)東京ビックサイトで開催されるヘルスケア・医療・介護関係者集結の「Care Show Japan 2020」に、アトピーを持つ方々を対象とした匿名の画像共有型アプリ「アトピヨ」開発者としてRyotaro Akoが登壇し、アトピヨのコンセプトを発表することをお知らせいたします。https://www.atopiyo.com【イベント概要】名称:「Care Show Japan 2020」ヘルスケアITセミナー日時:2020年1月29日(水)11:30 - 12:30場所:東京ビックサイト 青海展示場 Bホール 第8会場(8-7)タイトル:公認会計士がアトピー専用アプリ「アトピヨ」を自分で作ったワケ登壇者:アトピヨ開発者 Ryotaro Ako来場:無料 ※要事前予約URL:https://bit.ly/2P1L3hy【開発者プロフィール】Ryotaro Ako元アトピー。3児のパパ。プログラマー。公認会計士。アトピー、喘息、鼻炎という3つのアレルギー疾患の経験から、患者会でボランティア活動に従事。薬剤師の妻の見解、プログラマーの協力・監修を受け、自ら本アプリを開発。・ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020 ファイナリスト5組に選出(主催:経産省)・...more
カテゴリー:

【ニュース】 Health2.0ピッチコンテスト開催 最.. - 12月11日(水)04:56 

【ニュース】 Health2.0ピッチコンテスト開催 最優秀賞は在宅医療の効率化目指...: 国内最大規模のヘルステックイベントであるHIMSS & Health 2.0 Japan 2019が12月9日から2日間、東京都内で開催された。
カテゴリー:

地元の火山ガスを研究、県最高賞 指宿高物理化学部 - 12月10日(火)20:00 

 指宿高校物理化学部が、自作装置で火山ガスの観測に取り組んでいる。地域に根ざした研究は、11月初めの県高校生徒理科研究発表大会地学部門で、同校初の最優秀賞を受賞。九州、全国大会出場の切符を手にし、「指宿の自然を発信する機会にもしたい」と意気込んでいる。
カテゴリー:

「一人一人がLGBTに理解を」 那覇高校生が制服選択制で番組制作 生徒の本音から見えてきたことは… - 12月10日(火)12:39 

 那覇高校放送部がこのほど、性別に関係なく制服を自由に選べる「制服選択制」をテーマに番組を制作し、高く評価されている。県大会で最優秀賞に輝き、12日に開幕する第3回全九州高等学校総合文化祭宮崎大会に出品する。生徒らへのインタビューを重ね、制服選択に対する本音と課題に迫った労作。部員らは「性に対する自...
カテゴリー:

「青春の一冊」入賞者決まる - 12月10日(火)09:01 

県教委は9日、青森県内の中学・高校生による本の紹介コンクール「大切なあなたへ薦める青春の一冊」の入賞者を発表した。中学生の部の最優秀賞は、ノーベル医学生理学賞に輝いた大村智さんの半生を記した「大村智ものがたり 苦しい道こそ楽しい人生」(馬場錬成さん著)を薦めた水尻篤宏さん(青森・浦町1)が受賞。高校生の部は、聖路加国際病院名誉院長を務めた故・日野原重明さん著の「十歳のきみへ-九十五歳のわたしから」について書いた小笠原早紀さん(青森西2)が選ばれた。コンクールは若者の読書離れに歯止めをかけること…
カテゴリー:

「鉄オタ」の息子が撮った鉄道写真に、ベストセラー作家でアスペルガー症候群の父が解説した、鉄道愛あふれる親子コラボレーション。鉄道の魅力満載『若き鉄オタのフォトブック』2019年12月17日刊行 - 12月11日(水)09:00 

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は『鉄オタのフォトブック』 を2019年12月17日に刊行します。 著者:四六判 並製 オールカラー 128ページ 本体 1400円+税 ISBN:978-4-434-26902-8 書籍詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/443426902X鉄道がますます好きになる鉄道ファン必見のフォトブック「鉄オタ」の息子が撮った鉄道写真に、ベストセラー作家でアスペルガー症候群の父が解説した、鉄道愛あふれる親子コラボレーション。 本書には、日本各地のさまざまな路線を走る貴重な電車の写真を100点以上も収録。本編の他にも楽しい「番外編」のおまけ付き。さらに巻末には「撮り鉄」初心者のための撮影アドバイスや撮影マナーについてのコラムも収録しています。■出版社からのコメント本書は、第1回写真出版賞ドキュメンタリー部門 最優秀賞受賞作です。見て楽しく読んで心温まるコンパクトサイズのフォトブックです。いまはその姿を見ることができない、貴重な電車の写真も多数収録しています。■著者について権田真吾(ごんだ・しんご)1967年兵庫県生まれ。大学卒業後ソフトウェア会社に勤務するも、トラブル続きで、自己の障害(アスペルガー症候群)に気づく。著書に『ぼくはアスペルガー症候群』ほか。■書籍概要仕様:四六判 128ページ 並...more
カテゴリー:

ミス・ユニバース世界大会、南アフリカ代表のゾジビニ・ツンジさんが優勝 - 12月11日(水)01:18  news

ミス・ユニバース世界大会の決勝が8日夜、米アトランタで開催され、南アフリカ代表のゾジビニ・ツンジさんが優勝した。 ツンジさんは「これまで育ってきた世界で、私のような肌や髪の女性が美しいといわれることはなかった」 「そんな時代は終わる時が来たと思う」とコメントした。 最終選考にはツンジさんとともに、メキシコ代表のソフィア・アラゴンさんとプエルトリコ代表のマディソン・アンダーソンさんが残った。 アラゴンさんはコンテストで、「自分の美しさを天命のために使わなければ、それは単なる飾りにすぎない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション」でグランプリを受賞 - 12月10日(火)12:55 

2019/12/10 大阪成蹊大学 芸術学部の山田智晴さんが「日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション」でグランプリを受賞 日本人として5年ぶり 芸術学部 造形芸術学科 ビジュアルデザインコース2年生の山田智晴さんが、「ASPaC Awards 2019(日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション)」に出場し、日本人としては5年ぶりとなるグランプリ(最優秀賞)を受賞しました。 今大会のテーマは「インスパイア」。 山田さんは、缶ビールのプルトップを車の形にし、開栓した瞬間に車が潰れ、崖に落ちていく事故車のような「Stop drunk driving」という作品を発表しました。車とお酒の組み合わせはいけないと広い世代に印象付ける斬新なアイデアが評価されました。(右写真)山田さんの作品は先に行われた国内決勝で上位3作品に入賞してアジア決勝に進出、その結果今回のグランプリ受賞となりました。 【ASPaC Awards 2019(日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション)】について ASPaCとは、独立行政法人国際基金、一般社団法人アスパック協会、公益社団法人日本パッケージデザイン協会が推進する事業で、アジア各国・地域の行政機関、学校、教員、デザイナー、企業が一体となって「デザインを通してアジアを一つにし、アジアの若い匠の力を育成すること」を目的...more
カテゴリー:

子どもたちの考えた新しい牛乳キャラクター誕生!第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール - 12月10日(火)11:20 

2019年12月吉日 第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール表彰式 広報事務局 子どもたちの考えた新しい牛乳キャラクター誕生! 第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール 全国の小学生28,736点の応募から 上位賞9名と5つの小学校が受賞 日本にも広がるSDGsの取り組みを背景に 牛乳を通して食の大切さを表現した、個性が光る作品大集結!  今年も「第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」が開催され、6月1日牛乳の日より、全国の小学生から牛乳をヒーローやヒロインで表現する絵画作品を募集しました。応募総数28,736点の中から、農林水産大臣賞を含む上位賞9名、応募数上位の5校が受賞。12月7日(土)に学士会館(東京都千代田区)にて表彰式が行われました。  本コンクールは、Jミルクの酪農乳業の業界における小学校の食育活動支援とともに、SDGsへの取り組みの一環として開催しています。審査では、子どもたちの牛乳に対して感じている多様な価値を認め、その価値を伝えるためのストーリーや思いが表現されている作品を、審査基準に沿って審査し、各賞を決定しています。絵を描くことで、子どもたちの「食べものを大切に思う気持ち」を育み、「飢餓やフードロスなど世界の食料問題への関心」につながるきっかけになってほしいという願いも込められています。  表彰式では、Jミルクの岡本隆雄常務理事が「本コンクールの...more
カテゴリー:

国交省、「水の里の旅」で企画8件を選定 - 12月10日(火)09:00 

 国土交通省はこのほど、「水の里」を観光資源とした旅行の企画を公募し、審査する「“水のめぐみ”とふれあう水の里の旅コンテスト」の2019年度の受賞企画8件を決定した。  一般部門最優秀賞と特別賞「絶景賞」には、長野県茅野市を舞台とした「御射鹿池と水の郷をめぐる日帰りバスツアー」を選んだ。受賞者は、ちの観光まち
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「最優秀賞」の画像

もっと見る

「最優秀賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる