「授賞式」とは?

関連ニュース

バロンドールの候補者30名が発表! 欧州王者からは最多の7名がノミネート - 10月22日(火)09:03 

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は21日、2018年のバロンドール受賞候補にノミネートされた30選手を発表した。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は12月2日に行われる
カテゴリー:

重いテーマが世界の時流。今年のNo.1台湾ドラマは『悪との距離』 - 10月22日(火)04:45 

今年も台湾のテレビ番組を表彰する「ゴールデン・ベル・アワード」が開催され、無差別殺人事件を題材とした連続ドラマ『悪との距離』が最多6部門を受賞しました。紹介するのは、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さん。台湾に限らずドラマや映画のテーマが重くなっていると、各国の話題作をいくつか取り上げ、その背景を論じます。 【台湾】台湾で話題の映画・ドラマ紹介 ● 「悪との距離」が最多6部門受賞 台湾のテレビ番組賞 第54回金鐘奨 台湾で「第54回ゴールデン・ベル・アワード」(電視金鐘奨)授賞式が行われました。これは、より多くの支持を得たテレビ番組および関係者を表彰するものです。 今年、やはり最も注目されるのは連続ドラマ作品賞でしょう。今回は、『我們與惡的距離(悪との距離)』が最多6部門の受賞で圧巻でした。このドラマは、ある無差別殺人事件を題材とし、加害者、被害者、支援者、メディアなど様々な立場の人々の視点を通じて、「悪との距離」を考察した社会派ドラマです。人気俳優の温昇豪が出演していたことも人気を得た一因でしょう。 このドラマのテーマは、日本、台湾、韓国などの東アジア各国が共通して抱く課題です。韓国では、実話に基づいた子供の虐待を描いた映画『虐待の証明』が大ヒットしたそうです。虐待を受けて成長した女性が、ある日、被虐待児と出会い...more
カテゴリー:

毎年恒例!年末を彩る授賞式&歌謡祭がKNTVにて今.. - 10月21日(月)16:00 

毎年恒例!年末を彩る授賞式&歌謡祭がKNTVにて今年は5夜連続で放送決定
カテゴリー:

【芸能ニュース舞台裏】ハセキョーの背中にも劣らぬ石橋静河の“透明感” 父は俳優・石橋凌、母は原田美枝子 - 10月20日(日)10:00 

デニムが似合う著名人を選ぶ「ベストジーニスト2019」の授賞式が今週、都内で行われた。殿堂入りを決めたHey!Say!JUMPの中島裕翔(26)以上に注目された…
カテゴリー:

ノーベル賞・吉野彰さん「難関は舞踏会」 文科相を表敬 - 10月18日(金)18:34 

 リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が18日、萩生田光一文部科学相を表敬訪問し、「最大の難関は舞踏会」と12月の授賞式に思いを寄せた。
カテゴリー:

【サッカー】バロンドール候補者30名を公表・・・ソン・フンミン、メッシ、クリロナ、ベンゼマなど 昨年受賞者モドリッチは選ばれず - 10月22日(火)06:26  mnewsplus

19/10/22 06:21 【海外 一覧】 昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)王者リバプールから最多7人選出  フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は21日、2019年バロンドールの候補者30名を発表した。バロンドール授賞式は12月2日にパリで行われる。  ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール。今回発表された候補者に、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)王者リバプールから最多7人が選出され、2018-19シーズンのUEFA最優秀選手賞を受賞したDFフィルヒル・ファン・ダイク、元アーセナル監督のアーセ...
»続きを読む
カテゴリー:

ハセキョーの背中にも劣らぬ石橋静河の“透明感” 父は俳優・石橋凌、母は原田美枝子 - 10月21日(月)20:40 

 デニムが似合う著名人を選ぶ「ベストジーニスト2019」の授賞式が今週、都内で行われた。殿堂入りを決めたHey!Say!JUMPの中島裕翔(26)以上に注目されたのは、タレントの出川哲朗(55)と長谷川京子(41)。
カテゴリー:

メルコ、「2019サステナブル・ビジネス・アワード・フィリピン」を受賞 - 10月21日(月)11:00 

2019年10月21日 メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン メルコ、「2019サステナブル・ビジネス・アワード・フィリピン」を受賞 メルコの「シティ・オブ・ドリームス・マニラ」における従業員育成プログラムと エネルギー管理を通じた気候変動への取組みにより特別賞を受賞 メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO、以下「メルコリゾーツ」または「メルコ」)は、エネルギー管理と従業員の能力開発における優れた業績により、「2019サステナブル・ビジネス・アワード・(SBA)フィリピン」を受賞したことを本日発表いたします。今週初めに行われた授賞式では、マニラとマカオで展開している人材開発プログラム、およびシティ・オブ・ドリームス・マニラで取組んでいるエネルギーの効率化において、その努力が称えられました。 2012年以降、サステナビリティに関するアジアの代表的なアワード・プラットフォームであるSBAは、環境問題への取組みから、地域社会とともに促進する持続可能活動、社会問題やガバナンス、気候変動などに積極的に取組む企業を表彰するものです。今年受賞した企業は、2019年10月、証券取引委員会(SEC)の会長兼CEOであるエミリオ・ベニト・アキノ氏および、フィリピン国連開発計画代表のティトン・ミトラ氏が出席した式典に参加しました。 この...more
カテゴリー:

長谷川京子“大胆衣装”に辛辣意見が殺到「後ろ姿がプロレスラーみたい」 - 10月18日(金)22:03 

「最もジーンズが似合う有名人」を選ぶ『第36回ベストジーニスト2019』が10月15日に発表され、女優の長谷川京子が「協議会選出部門」で選出された。 授賞式に出席した長谷川は、「...
カテゴリー:

2019年のデロイトトーマツFast 50の1位はバンドルカード開発のカンム、売上高に基づく成長率ランキング - 10月18日(金)17:10 

デロイトトーマツグループは10月18日、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年 日本テクノロジー Fast 50」の授賞式を開催した。Fast 50は、日本国内のテクノロジー、メディア、通信の各業界の企業を対象にした収益(売上高)に基づく成長率のランキングで、今年で17回目となる。受賞企業は、ステージや規模、上場、非上場などさまざまで過去にFast 50を受賞した企業も対象となる。 昨年の1位は、サブスクリプション型の洋服レンタルサービスを展開するエアークローゼットが受賞。同社は昨年、売上高成長率6048%を達成した。以下、2位はスマートフォン向けアプリを開発するワンダープラネット、3位はCXプラットフォームKARTEの開発するプレイド、4位はインフルエンサーマーケティング事業を運営するBitStar、5位は知能ロボットコントローラの開発などを手がけるMUJINが受賞した。 そして今年の1位に輝いたのは売上高成長率3592.16%を達成したカンム。同社は、本人確認不要で作成できるVisaプリペイドカード「バンドルカード」を開発・運営をしている企業。2位は独自開発のAIを開発・提供するAI insideが収益成長率971.56%で、3位はスマーフォンアプリ開発のand factoryが収益成長率は682.00%で受賞した。 以下、4位はMacbee Planet、5位...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「授賞式」の画像

もっと見る

「授賞式」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる