「パティシエ」とは?

関連ニュース

ふるさと納税でもらえる食事券の人気返礼品ランキング【2020年版】 - 03月31日(火)00:37 

ふるさと納税では、野菜や肉などの食材だけでなく、レストランやホテルの食事券を返礼品としてもらうことができます。普段はあまり行くことがないお店で、たまには食事を楽しんでみるのもいいですね。 では、ふるさと納税ではどのような食事券をもらえるのでしょうか。 今回は、ふるさと納税で人気がある食事券の返礼品ランキングをご紹介します。 目次 ふるさと納税で食事券をもらう際に注意すること 1-1.使用期限に注意する 1-2.希望日時に予約できないこともある 1-3.予約をしても食事券を忘れない ふるさと納税でもらえる豪華食事券 ふるさと納税でもらえる食事券の人気返礼品ランキング まとめ 1.ふるさと納税で食事券をもらう際に注意すること ふるさと納税で食事券をもらう際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。確認してみましょう。 1-1.使用期限に注意する ふるさと納税でもらう食事券には、一般の食事券と同じように使用期限があります。使用期限を過ぎると、寄付をしていても使えなくなりますので注意が必要です。 1-2.希望日時に予約できないこともある 食事券を持っているからといって、いつでもお店に行っていいというわけではありません。食事に行く際は予約が必要になりますので、予約を忘れないようにしましょう。お店によって1週間前までに予約を入れなければならなかったり、予約状況によっては希望日に予約で...more
カテゴリー:

【ニュース】「ボビイ ブラウン」のアンバサダー.. - 03月24日(火)22:00 

【ニュース】「ボビイ ブラウン」のアンバサダーがアジアのベストパティシエの栄冠 1つ1万円のタルトを考案
カテゴリー:

【みいたん】美少女小学生パティシエの工房オープン 障害で一時不登校を乗り越え - 03月19日(木)22:01  newsplus

近江八幡市の県立男女共同参画センターで昨春から定期的に「一日スイーツカフェ」を開いていた、同市の小学6年の杉之原みずきさん(12)がパティシエを務める「みいちゃんのお菓子工房」が、今年1月下旬に同市上田町の住宅街にオープンし、人気を集めている。 みずきさんは「場面緘黙(かんもく)」という障害があるが、伸び伸びとお菓子作りに腕を振るっている。  工房は木造平屋で一六・五平方メートルのこぢんまりとした造り。調理場と、すりガラスで間仕切りした販売コーナーを設けた。調理場では、管理責任者となっている...
»続きを読む
カテゴリー:

”伊東みやげはこれに決定!” 移住2家族による新たな挑戦!伊豆 伊東に焼きたてフィナンシェ専門店「なないろおやつ」がオープンします! - 03月18日(水)15:00 

共に神奈川出身で静岡県伊東市に移住してきたパティシエ 清水祐二、 企画担当 大出克弥 、大出の長女 大出亜弥は湯の花通りに焼きたてフィナンシェ専門店「なないろおやつ」を4月10日にオープンします。それに先駆け、3月19 日より正式オープンまでの土日祝日に限定プレオープンします。(19日のみ木曜日、平日)
カテゴリー:

【本日発売】カフェコムサ「四国 宇和島 みかんだより」など - 03月15日(日)08:00 

「カフェコムサ」から、宇和島の様々なみかんを使用し、パティシエの技で美しく仕上げたケーキ3種が発売されます。「四国 宇和島 みかんだより」や「愛媛県 宇和島 西谷農園産「清見オレンジ」のケーキ」など。
カテゴリー:

【話題記事】「ボビイ ブラウン」のアンバサダー.. - 03月25日(水)10:05 

【話題記事】「ボビイ ブラウン」のアンバサダーがアジアのベストパティシエの栄冠 1つ1万円のタルトを考案
カテゴリー:

【ニュース】「ボビイ ブラウン」のアンバサダー.. - 03月24日(火)15:32 

【ニュース】「ボビイ ブラウン」のアンバサダーがアジアのベストパティシエの栄冠 1つ1万円のタルトを考案
カテゴリー:

”伊東みやげはこれに決定!” 移住2家族による新たな挑戦!伊豆 伊東に焼きたてフィナンシェ専門店「なないろおやつ」がオープンします! - 03月18日(水)15:00 

共に神奈川出身で静岡県伊東市に移住してきたパティシエ 清水祐二、 企画担当 大出克弥 、大出の長女 大出亜弥は湯の花通りに焼きたてフィナンシェ専門店「なないろおやつ」を4月10日にオープンします。それに先駆け、3月19 日より正式オープンまでの土日祝日に限定プレオープンします。(19日のみ木曜日、平日)
カテゴリー:

大人スイーツ「バスク風チーズケーキ」が日本で大ヒットした理由 - 03月17日(火)04:45 

これまでになかった食感が大受けし一大ブームとなっている、バスク風チーズケーキ。ポストタピオカ間違いなしとも言われる欧州生まれのこのスイーツ、なぜここまでの人気を博すに至ったのでしょうか。フリー・エディター&ライターでジャーナリストの長浜淳之介さんは今回、その火付け役となったローソンの取り組みを詳細に記すとともに、バスク風チーズケーキのルーツや日本におけるパイオニア、さらに国内の名店等を紹介しています。 プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ) 兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。 コンビニで燃えるバスク風チーズケーキ戦争 昨年ブームとなり、今年に入ってさらに人気が加速しているのが、「バスク風チーズケーキ」という商品だ。今やスイーツ部門の人気度では、ポストタピオカの有力候補筆頭と言えるだろう。 この代表的な商品が、「ローソン」から発売されている「バスチー」。この「バスチー」は昨年、10ヶ月足らずでなんと3,600万個を売る爆発的ヒットとなり、バスク風チーズケーキ...more
カテゴリー:

「パティシエ」の画像

もっと見る

「パティシエ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる