「事業場」とは?

関連ニュース

過労の防止措置 7割に改善指導 厚労省監督結果 - 10月13日(日)17:11 

 厚生労働省は、長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表した。監督対象となった2万9097事業場のうち1万1766事業場(40.4%)で違法な時間外労働が認められたため、是正・改善に向けた指導を行っている。過重労働による健康障害防止措置が不十分だったケースは2万526事業場(70.5%)に及ぶ。約半数に時間外・休日労働を月80時間以内に削減するよう指示した。  監督対象は、各種情報か……[続きを読む]
カテゴリー:

ホテルの運営受託会社を送検 全国各地の事業場で賃金不払い 津労基署 - 10月04日(金)10:11 

 三重・津労働基準監督署は労働者8人に1カ月分の賃金を支払わなかったとして、㈱ゴダイ(東京都台東区)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで津地検に書類送検した。  同社は旅館・ホテルのコンサルティングや運営受託を事業としている。代表取締役は三重県鈴鹿市内のサナホテル鈴鹿で働く労働者8人に対し、平成31年1月分の賃金計68万9781円を支払わなかった。同社はこの他にも福……[続きを読む]
カテゴリー:

技能実習雇用事業場 違反率68.1% 安全基準関係で不備めだつ 広島労働局・平成30年監督結果 - 10月02日(水)05:11 

 広島労働局は、外国人技能実習生を雇用する事業場へ平成30年に行った監督結果を公表した。549事業場を対象に実施し、374事業場で労働基準関係法令違反が発覚している。  違反率は28年以降、71.7%、69.0%、68.1%と推移している。  主な違反内容をみると、設備や作業方法に関する「安全基準」が136事業場で最も多い。以下、労働時間(102事業場)、衛生基準(48事業場)、労働条件の明示……[続きを読む]
カテゴリー:

技能実習 7割以上の事業場で「労働時間」などの法令違反 長野労働局・平成30年度 - 09月30日(月)10:11 

 長野労働局は、外国人技能実習生を受け入れている実習実施者に対して、平成30年に行った監督指導結果を取りまとめた。監督指導した141事業場のうち71.6%に当たる101事業場で労働基準関係法令違反が発覚している。また、重大悪質事案として1件を書類送検した。  違反項目は、「労働時間」に関するものが45事業場で最も多い。使用する機械などの「安全基準」が28事業場、「割増賃金の支払い」が22事業場で……[続きを読む]
カテゴリー:

【安全衛生・お薦めの一冊】『フルハーネス時代の新しい現場管理』 - 09月26日(木)05:11 

改正に対応した使用法解説  「高さ6.75m(建設業は5m)を超える高所作業は原則フルハーネス」とする改正労働安全衛生規則が今年2月1日に施行され、「安全帯」が「墜落制止用器具」と改められた。本書では労働基準監督官として長年事業場の指導に当たった著者が、安全担当者が知っておくべき対応を解説する。  作業開始前の作業箇所の高さの確認、墜落制止用器具を取り付ける設備の高さや強度の確認、さらに着用に……[続きを読む]
カテゴリー:

【イラストで学ぶリスクアセスメント】第202回 回転椅子・脚輪付き踏台の災害 - 10月10日(木)05:50 

 今回は、事業場内で身近にある椅子・踏台など(折りたたみ椅子・脚輪付き回転椅子・踏面の狭い踏台・スプリング脚輪装備の作業台)の誤った使用方法による災害をテーマにします。 〔災害が発生した事業場の状況など〕  当該事業場は、大正時代に創業した伝統ある総本家から、1945年に分家した温泉ホテル〔*1〕で、事業内容が幅広く、バックヤード〔*2〕の作業が極めて多く、各職場の従業員の上司は総本家から移籍……[続きを読む]
カテゴリー:

4割で違法残業発覚 長時間労働事業場へ監督 厚労省 - 10月04日(金)06:12 

 長時間労働が疑われる事業場の4割で違法な時間外労働を行わせていたことが、厚生労働省がまとめた平成30年度の監督指導結果で明らかになった。過重労働による健康障害防止に関する法令違反の事業場も1割を超えている。  監督指導は、全国の労働基準監督署において、時間外・休日労働が月80時間を超えていると考えられる事業場や過労死などの労災請求があった事業場計約3万社を対象に実施。このうち……[続きを読む]
カテゴリー:

74%で違反みつかる 技能実習実施者へ監督 神奈川労働局 - 10月01日(火)05:11 

 神奈川労働局(荻原俊輔局長)は、外国人技能実習生が在籍している事業場に対する平成30年の監督指導状況を公表した。  監督指導した131事業場のうち、74.0%の事業場で法違反が発覚した。違反事項をみると、労働時間の23.7%が最も高く、次いで使用する機械の安全対策など安全基準19.1%、割増賃金の支払い14.5%と続く。業種別では、食料品製造の73.9%が最も高い。  具体的な監督指導の内容……[続きを読む]
カテゴリー:

89%で労基法関係の違反発覚 改善基準告示違反も56% 山形労働局・平成30年 運輸関係監督結果 - 09月27日(金)05:11 

 9割弱の事業場で労働基準関係法令が発覚――山形労働局は、平成30年に実施したトラック、バス、タクシーなどの自動車運転者を使用する事業場へ実施した監督結果を公表した。  99事業場に実施し、88.9%に当たる88事業場で労基法関係の違反が発覚している。さらに55.6%当たる55事業場で改善基準告示違反がみつかった。  労基法関係の主な違反事項は、労働時間33.3%、割増賃金の支払い23.2%な……[続きを読む]
カテゴリー:

【イラストで学ぶリスクアセスメント】第201回 鋼管の運搬作業における災害 - 09月26日(木)05:11 

 10月1日~7日は「全国労働衛生週間」です。当週間は1950年(昭和25年)に「全国安全週間」から分離して第1回が実施されました。当週間の目的は、事業所における自主的労働衛生管理活動を通じて「労働者の健康の保持増進と快適な職場環境の形成に寄与」することです。  全事業場の共通事項は「整理・整頓・清掃〔3S〕」〔*1〕で、具体的には事務所の「トイレ・洗面所・玄関」です。「トイレ・洗面所が汚い」と……[続きを読む]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業場」の画像

もっと見る

「事業場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる