「高性能」とは?

関連ニュース

CFD取引におすすめの証券会社は?銘柄数や手数料、スプレッド等を比較 - 01月29日(土)18:17 

老後資金問題や将来設計を見据えて資産運用の重要性が広く認識される中、少額資金でも大きな取引を行えるCFD(差金決済取引)に注目している方もいるのではないでしょうか。 CFDは、買いだけでなく売りからも入れるので、相場状況に合わせた立ち回りが可能ですが、取扱銘柄や手数料は各証券会社で異なるため、投資目的や取引スタイルに合う会社を選ぶことが大切です。 この記事では、CFDの特徴、CFDを取り扱っている証券会社、CFDの始め方を詳しく知りたい方向けに詳しく解説するのでご参考ください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定サービスへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 ※本記事は、2022年1月22日の情報をもとに執筆されています。最新の情報については、ご自身でもよくお調べの上、ご利用ください。 目次 CFDとは CFDに適した証券会社 2-1.GMOクリック証券 2-2.IG証券 2-3.サクソバンク証券 2-4.楽天証券 CFDの始め方 まとめ 1 CFDとは CFDとは「Contract for Difference」の略であり、差金決済取引を指します。CFDは、売買した後の損益の差額を決済して取引を行うデリバティブ取引なので、実際に現物資産を売買しないのが特徴です。 CFDは、エントリーから...more
カテゴリー:

【PR】リモートワーク時代に適したHPの開発者向けPC「Z1 G8」を試す。高性能と静かな動作が見どころだ - 01月29日(土)12:10 

 リモートワークで開発作業を行うゲーム開発者も多い昨今。高性能なだけでなく,コンテンツ制作ソフトの動作が認定されたPCのニーズは高い。そんな開発会社や個人が導入するのに適しているのが,HPの開発者向けPC「Z1G8」だ。その特徴と実力を検証してみた。
カテゴリー:

世界初、KDDIが「水空合体ドローン」を開発! - 01月28日(金)17:00 

Credit:QYSEA_QYSEA & KDDI: World’s First Sea-to-Air Drone Redefines Offshore Operations(2022) 全ての画像を見るドローンによる遠隔操作技術は、幅広い分野で活用されています。 そして最近、携帯電話事業などを手掛ける日本の大手通信電気会社「KDDI」が、日本初のドローン専門メーカー「プロドローン」などと共同で、世界初の水空合体ドローンを開発しました。 これにより、海に設置された風力発電設備などの点検が、すべて遠隔操作で可能になります。 目次 KDDIが「水空合体ドローン」を開発水中の遠隔作業が可能に!性能は実証済み KDDIが「水空合体ドローン」を開発 Credit:QYSEA_QYSEA & KDDI: World’s First Sea-to-Air Drone Redefines Offshore Operations(2022) 今回、開発された水空合体ドローンは、その名のとおり、空中ドローンと水中ドローンを組み合わせた機体となっています。 空中ドローン下部のケージに水中ドローンが収まっており、遠隔操作によって離脱・回収が可能。 空中ドローンで目的地まで素早く移動した後、水中作業に移行できる優れものです。 Credit:KDDI_世界初の水空合体ドローン、遠隔...more
カテゴリー:

【FRONTIER】NVIDIA GeForce RTX 3050搭載デスクトップパソコン 3機種発売 - 01月28日(金)11:00 

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、グラフィックスカードNVIDIA GeForce RTX 3050を搭載したデスクトップパソコンの販売を2022年1月28日(金)より開始いたします。■製品の概要このたび販売を開始するのは、NVIDIA GeForce RTX 30シリーズのエントリーモデル「GeForce RTX 3050」を搭載したデスクトップパソコンです。CPUは第12世代 インテル Core プロセッサーを搭載し、PCケースにはマイクロタワーの≪GXシリーズ≫≪GKシリーズ≫とミドルタワーの≪GAシリーズ≫の3種類ご用意しました。ご予算や用途に合わせて、ぜひお好みの1台をお選びください。この製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2022年1月28日(金)より販売を開始しています。■ NVIDIA GeForce RTX 3050搭載PCはこちらhttps://www.frontier-direct.jp/direct/e/ej-3050/?adid=pre&mn=g2022012801&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-220128010...more
カテゴリー:

頭部専用の“ヘルメット型PET”が登場 - 01月28日(金)09:30 

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長:平野俊夫、以下「量研」)とアトックス(東京都港区、代表取締役社長:矢口敏和)が、半球状の検出器配置を採用した小型・高性能なヘルメット型の陽電子放射断層撮影(PET)装置を開発、製品化した。脳腫瘍やてんかんの検査やアルツハイマー病などと…
カテゴリー:

【重要ニュースまとめ(1/22~1/28)】イーサリアム財団がイーサリアムをリブランディング、NFT Security Groupの詳細が公開 - 01月29日(土)18:00 

今回は、1/22~1/28の暗号資産・ブロックチェーン業界重要ニュースについて、田上 智裕 氏(@tomohiro_tagami)に解説していただきました。 目次 初心者向け主要ニュース 1-1. NFT Security Groupの詳細が公開 1-2. Solanaのネットワークで継続的にトランザクション障害が発生 1-3. イーサリアム財団がイーサリアム2.0をリブランディング まとめ、著者の考察 初心者向け主要ニュース NFT Security Groupの詳細が公開 NFTマーケットプレイスOpenSeaが主導し設立された業界団体、NFT Security Groupの詳細が公開されました。 NFT Security Groupは、去年の11月に開催されたNFTカンファレンスで設立が発表され、OpenSeaを含む著名企業が参画し話題となりました。その名の通り、NFTに関するセキュリティを業界全体で強化することを目的としています。 参画企業には、AdobeやCoinbase、Foundation、Immunefi、Protocol Labs、MetaMask、Nifty Gateway、OpenSea、Polygon、Rarible、SuperRare、WalletConnect、Zora、0xなど計24社が名を連ねています。 団体を通しての活動は、「プロアクティブ」「...more
カテゴリー:

【中国】駐米大使、台湾当局がこのまま独立への道を突き進めば、二大大国である中国と米国を軍事衝突に巻き込む可能性が高い - 01月29日(土)09:35  newsplus

https://www.jiji.com/sp/article?k=2022012900243&g=int 台湾独立なら「軍事衝突」 駐米中国大使が警告―報道  【ワシントン時事】米公共ラジオ(NPR)は28日、中国の秦剛駐米大使とのインタビューを報じ、秦氏は「台湾当局がこのまま独立への道を突き進めば、二大大国である中国と米国を軍事衝突に巻き込む可能性が高い」と警告した。米国が台湾に高性能の武器を売却し、米軍部隊を派遣しているなどと指摘。「米国にそそのかされた台湾当局が独立への道を歩んでいる」と主張している。 2022年01月29日09時04分 時事通...
»続きを読む
カテゴリー:

インフィニオン・テクノロジー製AURIX TC4x ファミリ対応、開発デバ ッグ、テスト、およびシステム解析ツールのPLS UDEの販売を開始 - 01月28日(金)13:00 

2022年1月28日、ポジティブワン株式会社は、インフィニオン・テクノロジー製AURIX TC4x ファミリ対応、開発デバ ッグ、テスト、およびシステム解析ツールが可能なPLS UDEの販売を開始いたします。ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)PLSの最新バージョンでは、さらに、インフィニオン・テクノロジーから最新世代のAURIXマイクロコントローラの包括的な分析、テスト、デバッグ機能をシステム開発者に提供しています。28 nmテクノロジーで製造されたTC4xファミリの高度に統合されたマルチコアSoCは、eモビリティ、ADAS、AIアプリケーションなどの幅広い自動車アプリケーションに対応し、ドメインおよびゾーン制御の分野における非常に複雑な課題をマスターします。同時に、自動運転に関する最も高い安全要件を満たします。次世代TriCorev1.8アーキテクチャ、特別なサイバーセキュリティリアルタイムモジュール(CSRM)、および高性能アプリケーション向けのその他の新しい機能強化に基づく最大6つの強力なメインコアで構成されています。新しい導入には、(強化された)汎用タイマーモジュール(GTM/eGTM)とAURIXアクセラレータスイート要素(アナログデジタルコンバータ(ADC)のコンバータDSP(cDSP)、並列処理ユニット(PPU)が含まれます。この強力な加速器は、複雑な異種システム...more
カテゴリー:

GIGABYTE社製、Intel 600 シリーズ チップセット搭載マザーボード「B660I AORUS PRO DDR4 Rev.1.0」と「H610M S2H DDR4 Rev.1.1」2製品発売 - 01月28日(金)10:00 

株式会社ニューエックス(本社:東京都千代田区)はGIGABYTE社製 Intel 600 Expressチップセットを搭載したマザーボード「B660I AORUS PRO DDR4 Rev.1.0」と「H610M S2H DDR4 Rev.1.1」の2製品を1月28日に発売することを発表いたします。「GIGABYTE B660I AORUS PRO DDR4 Rev.1.0」主な特徴●第 12 世代 Intel Core プロセッサー対応●Dual チャンネル Non-ECC Unbuffered DDR5, 2 スロット搭載●DDR5 XTREME メモリ設計 (SMD DIMM + シールドメモリルーティング)●ダイレクト駆動 10+2+1 デジタル電源フェーズ設計 (105A Power Stage)●Fins- Array II, Thermal Guard III & ヒートパイプ搭載●AMP-UP オーディオ (ALC4080 & WIMA 音響コンデンサ)●2連 M.2 スロット (NVMe PCIe 4.0/3.0 x4; Thermal Guard 付)充実した機能を備えた小型高性能AORUS GamingシリーズMini-ITXマザーボードです。「GIGABYTE H610M S2H DDR4 Rev.1.1」主な特徴●第 12 世代 Intel Core プロ...more
カテゴリー:

アドバンテス---22/3上方修正 営業利益1150億円←1050億円、コンセンサス上回る - 最新株式ニュース - 01月28日(金)09:11 

<6857>  アドバンテス  8940  +1302022年業績予想の修正を発表。売上高は4000億円から4100億円、営業利益を1050億円から1150億円に上方修正した。コンセンサス(1120億円)を上回る。半導体検査装置の需要については、半導体メーカーとの商談において、減少に向かう気配はないとの見解を示した。また、高性能化や信頼性強化に向けたテスト能力増強投資は好調が持続する見通しのようだ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる