「電力効率」とは?

関連ニュース

熱プロセスも粉末も使わずコスト削減、金属3DプリントのFabric8Labsが約21.2億円調達 - 07月21日(水)11:15 

Fabric8Labsは、米国時間7月20日朝、1930万ドル(約21億2000万円)を調達したと発表した。今回のシリーズAは、Intel Capital(インテルキャピタル)が主導し、Lam Capital、TDK Ventures、SE Ventures、imec.xpand、Stanley Ventures、そして著名投資家のMark Cuban(マーク・キューバン)氏が参加している。2018年半ばに調達した400万ドル(約4億4000万円)のシード資金に続くものだ。 サンディエゴに拠点を置くこのスタートアップは、金属の3Dプリントに特化している。過去2年間にDesktop Metal(デスクトップメタル)やMarkforged(マークフォージド)がSPAC経由での上場を決定したことからもわかるように、ここ最近、ホットなカテゴリーである。Fabric8Labsは、低コストとエネルギー消費量の低減が同社のプロセスの利点の1つだとしている。 「当社のプロセスは本質的に異なっており、粉末や熱プロセスを利用しません。代わりに、室温で動作し、電力需要が大幅に低く、低コストの金属塩から作られた水性溶液を利用する電気化学的蒸着法を採用しています」とCEOのJeff Herman(ジェフ・ハーマン)氏はTechCrunchに語った。「汎用的な価格の原材料と電力効率の高いプロセスを組み合わせる...more
カテゴリー:

105°Cまでの動作温度を保証した初のデュアル(DR、GNSS)出力自動車用推測航法モジュール - 07月14日(水)10:00 

センサーによるなりすまし検出機能によりあらゆる環境で継続的な高精度ナビゲーション2021年7月13日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表入山鋭士)は、最高105°Cで動作可能な車載グレードの測位モジュール・シリーズを発表しました。NEO-M9Lモジュール(*1)およびM9140-KA-DRチップは、堅牢なu-blox M9 GNSSプラットフォーム上に構築されており、衛星信号が不正アクセスされた場合や受信できない場合でも、推測航法技術を使用して高精度な位置データを提供します。u-blox NEO-M9L-20AおよびNEO-M9L-01Aモジュール、ならびにM9140-KA-DRチップは、初期搭載の車載ソリューション向けに設計されています。これらのモジュールとチップはすべて車載グレードであり、なかでもNEO-M9L-01Aは最高105°Cの拡張動作温度範囲を提供し、ルーフの上やフロントガラスの内側、高温になる電子制御ユニット(ECU)内部への搭載に適しています。アプリケーションには、車載インフォテインメント(IVI)やヘッドユニットなどの統合ナビゲーション・システム、統合テレマティクス制御ユニット(TCU)、V2Xなどがあります。これらのモジュールは、低遅延の100Hz RAWデータ出力を提供する新世代の6軸...more
カテゴリー:

【大悲報】iPhone 13、画面内蔵Touch IDの搭載を断念 - 07月14日(水)19:33  poverty

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、一部で噂されていた画面内蔵指紋センサー(Touch ID)を搭載しない可能性が高い。 Bloombergによると、「iPhone 13」シリーズはマイナーアップデートと位置づけられ、プロセッサー、カメラ、ディスプレイの改良が特徴になるという。 昨年に引き続き、5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種の合計4機種が用意され、例年どおり9月に発売される見通し。 4機種のうち少なくとも1台はLTPOディスプレイを搭載し、状況に応じてディスプレイのリフレッシュレートを調整可能になるそう...
»続きを読む
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる