「リチウムイオン電池」とは?

関連ニュース

次世代電池に応用可能な低コスト触媒電極を作製 電通大などの研究 - 10月19日(土)15:22 

リチウムイオン電池に代わる次世代の電池が待望されている。
カテゴリー:

ノーベル賞候補・遠藤章さん 10年間笑顔で待ち続ける秋田の実家 - 10月18日(金)19:24 

 今年も、ノーベル賞の発表が終わった。リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が化学賞を受賞し、2018年の京都大高等研究院特別教授の本庶佑(たすく)さん(77)の医学生理学賞に続く2年連続の日本人受賞に列島が沸いた。一方、稲刈りが終わりを迎える秋田県では10年ほど前から、
カテゴリー:

ノーベル賞・吉野彰さん「難関は舞踏会」 文科相を表敬 - 10月18日(金)18:34 

 リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が18日、萩生田光一文部科学相を表敬訪問し、「最大の難関は舞踏会」と12月の授賞式に思いを寄せた。
カテゴリー:

研究は環境問題解決へとつながっていく 吉野彰氏がノーベル賞受賞決定後初の講演 - 10月17日(木)19:57 

2019年のノーベル化学賞受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェローが15日、都内で行われた科学イベントで「リチウムイオン電池の開発経緯とこれから」と題し講演した。ノーベル賞受賞決定後初めての講演で、産業・学術界から次世代を担う学生、一般市民らおよそ700人の来場者を前に、吉野氏は自身の研究が日本人初のノーベル化学賞受賞者の故福井謙一氏の研究からの流れを汲み、将来は環境問題の解決の研究につながっていって欲しいと展望を語った。
カテゴリー:

ノーベル賞 吉野さん「賞金を地球環境問題の研究者に」 - 10月16日(水)18:43 

 ノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰(あきら)さん(71)は16日、理事長を務める技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(大阪府池田市)で産経新聞のインタビューに応じ、ノーベル賞の賞金の一部を地球環境問題の解決に取り組む研究者の資金に充てる考えを明らかにした。
カテゴリー:

【日本の元気 山根一眞】吉野彰さんノーベル賞受賞に歓喜! リチウム電池の次は低コスト電池開発を - 10月19日(土)15:00 

10月9日午後7時過ぎ、私のiPhoneがピーンと鳴った。「ノーベル化学賞を日本人が受賞」。旭化成名誉フェローである吉野彰さんが、リチウムイオン電池の技術開発に…
カテゴリー:

三戸出身の湊京大准教授が新電池研究でドコモ賞 - 10月18日(金)19:18 

青森県三戸町出身の湊丈俊・京都大学特定准教授(41)が、本年度のドコモ・モバイル・サイエンス賞の基礎科学部門優秀賞(最高賞)に輝いた。移動通信に関する先端研究者に与えられる賞。湊准教授はスマートフォンなどに用いる次世代電池「フッ化物イオンシャトル2次電池」の電極反応を世界で初めて実証し、電池の革新技術の基盤になり得ると評価された。湊准教授によると、フッ化物イオンシャトル2次電池は一般的に用いられているリチウムイオン電池の6.5倍程度の高エネルギー密度を持つ。リチウムイオン電池が1日ならフッ化物…
カテゴリー:

ノーベル賞受賞者ら、ビットコインは「バブル・あいまいな価値」と批判 〜経済学者は「ブロックチェーン技術」に強い関心 - 10月18日(金)12:28 

リチウムイオン電池の開発で吉野彰氏(旭化成名誉フェロー)がノーベル化学賞を受賞するなど、今年も話題が多かったノーベル賞。過去の受賞者には、ブロックチェーンプロジェクトに参画する者もいれば、ブロックチェーン・仮想通貨分野で積極的に発言をしている研究者も多い。
カテゴリー:

CEATEC 「全固体電池」各社アピール - 10月17日(木)05:00 

CEATEC(シーテック)では、ノーベル化学賞の受賞で注目されるリチウムイオン電池のほか、次世代電池と言われる「全固体電池」の出展も相次いだ。さまざまな機器がつ…
カテゴリー:

ノーベル化学賞の吉野さん 理事長務める大阪の研究施設に出勤 - 10月16日(水)14:39 

ノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さんが、受賞決定後初めて、自身が理事長を務める大阪府内のリチウムイオン電池の研究施設に出勤し、研究への変わらぬ意欲を示しました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リチウムイオン電池」の画像

もっと見る

「リチウムイオン電池」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる