「リチウムイオン電池」とは?

関連ニュース

乗り降り簡単!ローステップ電動アシスト自転車「RadRover Step-Thru」は全地形対応 - 01月28日(火)07:00 

自転車に乗るとき、乗り降りが難しいと思ったことはないだろうか。今回登場したのは、乗り降りが簡単にできる全地形対応の電動アシスト自転車「RadRover Step-Thru」。 ・スタンドオーバーハイトを50㎝に設定 アメリカに本拠を置く電動アシスト自転車製造大手のRad Power Bikesは、ライダーのニーズに合った実用性と品質に優れた電動アシスト自転車をつくるべく、今回の RadRover Step-Thruを発表した。 RadRover Step-Thruはスタンドオーバーハイト(地面からトップチューブまでの高さ)を50㎝に設定したため、乗り降りが簡単になり、誰でも安心して運転できるのが大きな特徴。 フレームにはアルミニウムを使用し、総重量は32㎏、最大積載量は124㎏となっている。充電時間は5~6時間で、航続距離は 40~72㎞、アシストレベルは5つ用意されている。 ・全地形を安全に快適走行 目を引く、太いタイヤのサイズは26インチ×4インチで、優れた耐パンク性を持つ。そして、強力なギア付きハブモーター(米国で750W、カナダで500W)と48V, 14 Ah のリチウムイオン電池 が全地形走行を可能にした。 さらに、移動量80 mm を持つフロントサスペンションフォークが快適な乗り心地を提供。地面が濡れていても、フルフェンダーが装備されているので服の汚れを気にしなくても...more
カテゴリー:

「パワーバンクの世界市場:エネルギー源別(電気、ソーラー)、容量別、流通経路別、バッテリータイプ別、エンドユーザー別」市場調査レポートを販売開始 - 01月27日(月)11:00 

2020年1月27日H&Iグローバルリサーチ株式会社***** マーケットレポート.jp「パワーバンクの世界市場:エネルギー源別(電気、ソーラー)、容量別(最大3,000 mAh、3,001 mAh - 8,000 mAh、8,001 mAh - 20,000 mAh、20,000 mAh以上)、流通経路別(オンライン、オフライン)、バッテリータイプ別(リチウムイオン 電池、リチウムポリマー電池)、エンドユーザー別(産業/ B2B、家電)」市場調査レポートを販売開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「パワーバンクの世界市場:エネルギー源別(電気、ソーラー)、容量別(最大3,000 mAh、3,001 mAh - 8,000 mAh、8,001 mAh - 20,000 mAh、20,000 mAh以上)、流通経路別(オンライン、オフライン)、バッテリータイプ別(リチウムイオン 電池、リチウムポリマー電池)、エンドユーザー別(産業/ B2B、家電)」市場調査レポートの販売を2020年1月27日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。パワーバンクの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***...more
カテゴリー:

非純正リチウムイオン電池 異常発熱など事故増加 .. - 01月25日(土)07:01 

非純正リチウムイオン電池 異常発熱など事故増加 注意を #nhk_news
カテゴリー:

不名誉な「化石賞」受賞…遅れる「日本の環境対策」、どうすべき? | ananweb - マガジンハウス - 01月23日(木)19:00 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「日本の環境対策」です。世界の時流にならい、環境対策に本気で取り組む一年に。日本の環境対策は世界の取り組みから完全に乗り遅れています。昨年、マドリードで開かれたCOP25(気候変動枠組条約第25回締約国会議)の会期中に、日本は「化石賞」を受賞しました。地球温暖化対策に消極的な国に与えられる不名誉な賞です。日本がまだ石炭、火力発電に頼っていることから受賞に至りました。しかし、2020年はいよいよ日本も“環境”がキーワードの年になると思います。たとえば、次世代リチウムイオン電池、水素の燃料電池など、新しいエネルギーの市場が拡大するといわれています。石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料は燃焼させるとCO2を発生しますが、水素エネルギーは利用してもCO2は発生しません。家庭やビル、車やバス、船舶などで、今後水素エネルギーを使った蓄電池が積極的に使われるようになるでしょう。2020年度までに、水素ステーションは全国160か所に整備される予定です。国や一部の自治体では、太陽光発電を導入した蓄電システム、電気自動車用の充電設備の設置に補助金を出していきます。蓄電池の普及が進めば、将来、自分の家で溜めた電気を使うようになり、生活も変化していくと思います。また、国の「スーパーシティ」構想も進んで...more
カテゴリー:

【リチウムイオン電池で解決する】「環境問題、実は簡単」 ノーベル賞吉野彰さん - 01月22日(水)20:02  newsplus

時事通信 1/22(水) 19:47配信 「環境問題、実は簡単」 ノーベル賞吉野彰さん講演 福島  ノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェローが22日、福島県郡山市で開かれたセミナーで講演した。  世界各地で深刻化する環境問題について、吉野さんは「大きなうねりとなっているが、実はいとも簡単に解決できる」と述べ、リチウムイオン電池が重要な役割を果たすと強調した。  セミナーは特許庁が主催し、市民ら約400人が参加した。吉野さんは現代社会について、「環境問題、経済性、利便性のうち一つだけを重視し、他...
»続きを読む
カテゴリー:

2次元結晶グラフェンを基板へ直接成膜する 受託サービスを開始 - 01月27日(月)17:00 

シーズテクノ株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役 山田義憲、以下シーズテクノと表記)とエネルギー・イノベーション・ベンチャー、みんな電力株式会社(東京都世田谷区、代表取締役 大石英司、以下みんな電力と表記)は、2020年1月6日、研究用の基板や試験片にグラフェン膜を直接成膜する受託サービスを開始しました。グラフェンは、炭素原子が六角形の格子状に結合した二次元材料です。・単原子かつ希少元素フリー   ・熱伝導性・軽量             ・電気伝導性・透明             ・光透過性・安定性            ・高移動性等の特性から、透明電極やタッチパネル(金属応用)、トランジスタや化学/バイオセンサー(半導体応用)、リチウムイオン電池、太陽電池、キャパシタ(エネルギー応用)など幅広い分野での応用が期待される素材です。2004年に世界で初めて発見されて以来多くの研究、そして一部実用化がなされています。シーズテクノとみんな電力は数年来グラフェンの共同研究を行っており、その研究の過程で培ったノウハウをもとに、この度 研究開発用の高品質グラフェン膜の製造受託サービスを開始しました。1cm角以上の基板に2次元結晶のグラフェンを直接成膜します。・最低オーダー数は2枚単位~・オーダー後、仕様打合せ~納品まで1週間程度・納品時に、納品物の光透過率、シート抵抗、シートキャリア密度、キ...more
カテゴリー:

【ご注意】非純正リチウムイオン電池 異常発熱など事故増加 注意を - 01月25日(土)19:57  newsplus

メーカー指定以外の純正ではないリチウムイオン電池を使って、異常に発熱するなどの事故が増えているとして、NITE=製品評価技術基盤機構が注意を呼びかけています。 NITEによりますと、電池が突然発火するなどリチウムイオン電池を使った製品の事故は、去年1年間で286件報告されていて、このうちメーカー指定以外の電池の事故は、少なくとも54件と前の年の8件から大幅に増えています。 充電式の掃除機や電動工具を使用する際に、インターネットなどで販売されているメーカー指定以外の電池を使っていたケースが...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝系、独でハイブリッド機関車受注 - 01月24日(金)05:00 

東芝インフラシステムズは23日、欧州最大の鉄道貨物運営会社「ドイツ鉄道貨物」から、ディーゼル発電機とリチウムイオン電池の電力を併用して走るハイブリッド機関車50…
カテゴリー:

町が4年前に7億円かけて建物を整備し山形大学に10年間有料で貸出す契約を結んでいたリチウムイオン電池研究施設、今年度で廃止と大学 - 01月23日(木)10:00  newsplus

電池研究施設 山形大が閉鎖方針 (やまがた県) *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20200122/6020005806.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 山形大学が、飯豊町に設けているリチウムイオン電池の研究施設について、 閉鎖する方針を町に伝えていたことが分かりました。 閉鎖する方針になったのは、リチウムイオン電池の高性能化の研究などをしている 「山形大学xEV飯豊研究センター」です。 飯豊町が雇用の創出などにつなげようと、4年前に7億円を...
»続きを読む
カテゴリー:

【矢野経済研究所セミナー】xEV用キーデバイス/コンポーネント2019 発刊記念セミナー 2/28開催 - 01月22日(水)11:30 

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「xEV用キーデバイス/コンポーネント2019 発刊記念セミナー」を開催いたします。xEV(次世代車;HEV、PHEV、EV、FCV)の世界新車販売台数は2018年は前年比36.7%増と好調に推移しており、2030年には販売台数の約20%を占めると予測します。こうしたxEV普及などを背景に、主機モータ、インバータ、車載電池などのキーデバイス・コンポーネントはいずれも市場拡大が期待されています。本セミナーでは、当社研究員よりxEVの普及予測、xEV用パワーモジュールやモータ、リチウムイオン電池について最新動向、市場展望についてご報告いたします。さらに招待講演として、パワー半導体の世界トップシェアメーカであるインフィニオンテクノロジーズジャパン株式会社、SiCパワー半導体をEV向けに本格量産しているSTマイクロエレクトロニクス株式会社の方々にご登壇をいただきます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。【セミナー概要】(午前の部)11:10~11:45 「xEVの可能性と2030年の世界市場規模予測」講師:株式会社矢野経済研究所 自動車産業グループ上級研究員 阿江 佑宜(午後の部)13:05~13:50 「xEVビジネスを支えるインフィニオンのパワー半導体ソリューション」講師:インフィニオンテクノロジーズジャパン株式会社 ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リチウムイオン電池」の画像

もっと見る

「リチウムイオン電池」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる