「蓄電システム」とは?

関連ニュース

充放電サイクルの回数制限がない 15年保証*¹の長寿命蓄電システム「KPAC-Bシリーズ」を発売 - 05月21日(火)16:00 

[オムロン株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/765/58/resize/d765-58-936375-0.jpg ] <製品の外観> [画像2: https://prtimes.jp/i/765/58/resize/d765-58-775770-6.jpg ] 太陽光発電システムは、これまで固定価格買...
カテゴリー:

【再エネ】太陽光発電+蓄電池の見積依頼に対応 電気代上昇、FIT単価下落を受け自家消費に視線←電気代を大幅に削減 - 05月16日(木)03:33  newsplus

タイナビ、太陽光発電+蓄電池の見積依頼に対応!電気代上昇、FIT単価下落を受け自家消費に視線 https://www.sankei.com/economy/news/190515/prl1905150087-n1.html 2019.5.15 11:18,産経新聞,THE SANKEI NEWS 蓄電池セット見積もり率の年間推移  株式会社グッドフェローズ  新規で太陽光発電の設置を検討する人の38%が蓄電池を検討!  太陽光発電関連及び省エネ商材などのマッチングサイト「タイナビシリーズ」を運営する  株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役:長尾 泰広)はこの度、  当社が...
»続きを読む
カテゴリー:

第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)に出展します。躍動感・臨場感をキーに、生徒が楽しく理解が深まるような、新しい教室づくりをご提案します。オーエスブースへのご来場をお待ちしております。 - 05月13日(月)11:00 

株式会社オーエス(本社:大阪、代表:奥村正之)は、6月19日(水)より開催されます、教育分野で日本最大規模の「第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に今年も出展いたします。本展示会はICT機器やeラーニング、デジタル教材など学校向けの各種機器・サービスが一堂に展示され、昨年は約32,000名もの学校・教育関係者や学校向け流通関係者が来場された、教育の専門展です。今年は東京ビッグサイトの別棟として新設された「青海展示棟」にて開催します。オーエスでは、出展規模を昨年より大幅に拡大し、躍動感や臨場感のある授業支援として、生徒の皆様が楽しくそして理解が深まるような、映像とITを融合した様々な機器やシステム・ソリューションをご提案します。オーエスの小間番号は、B2-45です。遠隔授業や実感学習を支援する映像システムのリアル体験や、その他新製品の展示も予定しています。ぜひオーエスブースまで足をお運び頂きますようお願い申し上げます。来場ご希望の方は、オーエスコンタクトセンターにお問合せ頂くか、EDIX公式サイトからの事前登録をお願いいたします。皆様のご来場を社員一同心よりお待ち申し上げております。■展示会概要   ・展示会名称: 第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)   ・会   期: 2019年6月19日(水)~21日(金) 10:00~18:00(最終日のみ1...more
カテゴリー:

【蓄電/住宅/卒FIT】初期費用0円。定額利用サービス「蓄電池エネカリ」本格始動!←毎月定額の機器利用料、期間満了後は機器を無償譲渡 - 05月21日(火)05:45  newsplus

初期費用0円。定額利用サービス「蓄電池エネカリ」本格始動!  https://www.tepco-ht.co.jp/news/page/774/ 2019年5月9日,東京電力グループ,TEPCOホームテック株式会社 画像  TEPCOホームテック株式会社は、初期費用0円で蓄電池の導入が可能な、「蓄電池エネカリ」サービスを本格始動いたします。  ■エネカリスキームに蓄電池をラインナップ 「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」を連携したエネカリ提案が可能に  「エネカリ」とは、TEPCOホームテックが提供する初期費用ゼロで省エネ機器やエネルギー機器をご自宅に導入で...
»続きを読む
カテゴリー:

電解コンデンサレス技術を開発、インバータやPFCの長寿命化により省エネルギー機器の普及に貢献 - 05月15日(水)09:30 

2019年5月15日 ダイヤモンド電機株式会社 ダイヤモンド電機、電解コンデンサレス技術を開発 ~インバータやPFCの長寿命化により、省エネルギー機器の普及に貢献~  ダイヤモンド電機株式会社(本社:大阪市、社長:小野 有理)は、インバータに必須であるコンデンサの静電容量を7%にまで低減する、電解コンデンサレス技術を開発しました。本技術により、インバータの長寿命化・高温対応化・薄型化が可能となり、電気自動車(EV)用充電器、パワーコンディショナ、蓄電システムといった省エネルギー機器の普及に貢献します。  温暖化対策として、省エネルギー機器(以下、省エネ機器)の必要性が世界的に高まる中、当社は中期経営計画「DSA2021」にて、省電力を具体的指針として掲げております。省エネ機器には一般的にインバータやPFC※1が利用されており、これらには大容量のコンデンサとして電解コンデンサが用いられております。電解コンデンサは部品寿命が短いため、機器の寿命を制限する要因となっています。  そこで、当社は独自の制御技術とパワーエレクトロニクス設計技術を盛り込んだ、電解コンデンサレス技術を開発しました。本技術により、インバータやPFCに必要な静電容量を約7%にまで低減する事で、セラミックコンデンサやフィルムコンデンサの使用が可能となります。当社ではセラミックコンデンサを使用することで長...more
カテゴリー:

「住宅用蓄電システムの世界市場:定格電力別、技術別2024年予測」リサーチ最新版刊行 - 05月09日(木)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「住宅用蓄電システムの世界市場:定格電力別、技術別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】住宅用蓄電システムの世界市場規模は2019年の推計63億ドルから、今後2024年には175億ドルに達すると予測されます。当レポートでは、2024年に至る住宅用蓄電システムの世界市場予測(市場規模US$)、定格電力別市場(3~6 kW、6~10 kW)、技術別市場(リチウムイオン、鉛酸)、所有タイプ別市場(カスタマー所有、ユーティリティ所有、サードパーティ所有)、オペレーションタイプ別市場(スタンドアローンシステム、ソーラー&ストレージ)、接続タイプ別市場(オングリッド、オフグリッド)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、住宅用蓄電システム市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】住宅用蓄電システムの世界市場:定格電力別、技術別2024年予測Residential Energy Storage Market by Power Rating (3-6 kW & 6-10 kW), Connectivity (On-Grid & Off-Grid), Technology (Lead-Acid &...more
カテゴリー:

「蓄電システム」の画像

もっと見る

「蓄電システム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる