「黒字化」とは?

関連ニュース

三越伊勢丹、買取・引取サービス「アイム グリーン」に手応え 「単月黒字化の目処が立った」 - 12月03日(金)20:26 

三越伊勢丹ホールディングスが、サステナビリティの取り組みに関する説明会を開催した。同社はサステナビリティを重視した経営へのシフトを進めており、グループ会社の三越伊勢丹が展開する不用品の買取・引取サービス「アイム グリーン(i’m green)」では単月黒字化の目処が立ったという。同社は事業と社会課題解決の両立を実現することで、小売業界のサステナビリティにおけるトップランナーを目指す。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

【中小企業向け】改正電子帳簿保存法施行に向けたポイント解説セミナーを株式会社Deepworkと共同開催 - 12月03日(金)09:00 

株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石崇、以下ライトアップ)と、株式会社Deepwork(本社:東京都新宿区、代表取締役:横井 朗、以下Deepwork)は、目前に迫った改正電子帳簿保存法のポイントを解説するセミナー『「2022年1月施行 改正電子帳簿保存法」のポイント解説と“超”実践的な対応方法』を共同で開催いたします。■ウェビナー開催の背景:2022年1月1日に施行される電子帳簿保存法の改正により電子取引情報(メールに添付されて届くPDFの請求書など)の保存ルールが変わります。今までは紙で印刷したものを原本として保管できましたが、2022年1月1日以降は取引情報を原則データで、かつ電子帳簿保存法の要件に則って保存しなければなりません。JDネットでは、過去10年間中小企業の経営支援を行ってきた経験から、中小企業に導入をおすすめするITサービスを、共催ウェビナーを通じてご紹介していきます。今回のセミナーでは、改正電子帳簿保存法のポイントとその対応方法を、Deepworkが提供するサービス「invox電子帳簿保存」の紹介を通して解説いたします。■ウェビナー概要:・タイトル:「2022年1月施行 改正電子帳簿保存法」のポイント解説と“超”実践的な対応方法・開催日時:12月16日(木)11:00~12:00・場所:オンライン会議ツールZoomで配信・内容:「改正電...more
カテゴリー:

財政議論の最高顧問に安倍元首相 再建派は風前のともしび - 12月01日(水)21:54  newsplus

 自民党内で財政出動を重視する積極財政派が勢いを増している。先の総裁選で大規模な財政出動を訴えた高市早苗政調会長は、党の財政再建推進本部から「再建」の文字を削って改組し、安倍晋三元首相を最高顧問に迎えて再始動させた。財政再建派は風前のともしびだ。(楢崎貴司)  1日午後、高市政調会長のもとで衣替えした「財政政策検討本部」の議論がスタートした。党本部であった会合で冒頭のあいさつに立ったのは、最高顧問に就いた安倍元首相。「コロナ禍で傷んだ経済を回復させ、(日本は)先進国の中で最も(雇用を)守ってい...
»続きを読む
カテゴリー:

【自民党】『社会保障費が今後も増加するのは間違い。削るか維持か。社会保障の水準を維持するために消費税増税を視野に入れる。』 - 11月28日(日)20:50  poverty

■2025年度の基礎的財政収支(=プライマリーバランス)の黒字化目標に 生活に密接に関わる消費税。税率は今後、どうなるのだろうか。 政府の大規模な経済対策が閣議決定され、2021年度の税制改正に向けた議論がスタートしようとする中、 岸田首相と自民党の宮沢税調会長が、19日、それぞれ、今後の消費税のあり方について発言した。 岸田首相は、2025年度の基礎的財政収支(=プライマリーバランス)の黒字化目標について、「再確認と必要な検証を行っていく」と述べ、 目標の見直しを示唆。 黒字化目標は、21年の「骨太の方...
»続きを読む
カテゴリー:

「政府が借金をして、そのお金をみんなに財政出動すれば、みんなにとってこれは赤字ではなく黒字」という詭弁😏 - 11月27日(土)15:55  poverty

消費税や「桜を見る会」、ビーガン(絶対菜食主義)についての質問の後、別の男性が「国の借金」について尋ねた。 「テレビを見て消費税増税は仕方のないことだと思っていたが、うそだったと知った」とお金の仕組みについて解説を求めるとともに、 最近、周りで2人が自殺したことを打ち明け、「間違えた政府がつくった貧困なんかで、生きることをあきらめないで」と訴えた。 山本氏は毎年2万人超が自殺、50万人超が自殺未遂する状況に触れ、「この地獄のような世の中をつくったのは政治」と向ける一方、 「テレビにとっては企業が...
»続きを読む
カテゴリー:

ローカルであることを徹底的に強みに変える面白い会社だ『ここまでやるか! 地域密着のスゴい会社―――小さなエリアで大きなシェアを取る!』著者後藤康之が、キンドル電子書籍で12月9日配信開始。 - 12月03日(金)18:00 

株式会社あさ出版(東京都豊島区池袋/代表取締役:佐藤和夫 http://www.asa21.com )は、2021年12月9日に『ここまでやるか! 地域密着のスゴい会社―――小さなエリアで大きなシェアを取る!』著者後藤康之が、キンドル電子書籍ストアで配信開始いたします。■『ここまでやるか! 地域密着のスゴい会社―――小さなエリアで大きなシェアを取る!』著者後藤康之・キンドル電子書籍 https://amzn.to/31mb2td・アマゾン書籍   https://amzn.to/3GcyesN田村淳さん絶賛!「ローカルであることを徹底的に強みに変える面白い会社だ! 」コロナ禍でも過去最高益を出す地域企業の究極のビジネスモデルを紹介!愛知県の知多半島という狭いエリアに特化しているにもかかわらず、「株式会社エネチタ」はかつては「人が定着しない会社」でした。でも今では「入りたくてもなかなか入社できない・人が辞めない会社」に変わりました。・なぜ、エネチタは変わることができたのか! ?・なぜ、地域ナンバーワンになることができたのか!?・なぜ、名もなきローカル企業に就活生が注目するのか!?・なぜ、コロナにも負けない強い企業体質をつくることができたのか!?そこにはありえないレベルの・地域密着・多角化経営・社員教育への取り組みがありました。黒字化を続けるエネチタの取り組みを紹介します。中小企業の経...more
カテゴリー:

【緊縮財政】新型コロナ対策補正予算「戦後最大の例外」、PB黒字化目標「凍結せず改革を進めるべきだ」 財務省審議会 - 12月02日(木)18:24  newsplus

新型コロナ対策補正予算「戦後最大の例外」 財務省審議会 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211202/k10013370881000.html 国の予算の在り方を提言する財務省の審議会が、来年度・令和4年度の当初予算案の編成に向けて近くまとめる提言で、新型コロナ対策として70兆円を超える規模の補正予算を組んだ昨年度の状況を「戦後最大の例外」と位置づけたうえで、財政の健全化を着実に進めるよう求めることがわかりました。 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けた経済を下支えするため、政府は昨年度の一般会計で、3度にわた...
»続きを読む
カテゴリー:

DDHD---22年2月期上期はコロナ禍の影響を受けるも、収益構造の強化などで最終黒字化 - 最新株式ニュース - 11月29日(月)08:29 

<3073>  DDHD  482  0DDホールディングス<3073>は、首都圏をはじめ全国主要都市での多ブランド展開による飲食事業を主力とするとともに、ダーツやビリヤード、カラオケなどのアミューズメント事業、ホテル、貸コンテナ、不動産販売などの不動産サービス事業も手掛けている。保有ブランドの多様性を生かしたブランドマネジメント制とドミナント展開に特徴がある。特に、「VAMPIRE CAFE(ヴ
カテゴリー:

【悲報】大塚家具、久美子社長が抜けたらいきなり黒字化 - 11月27日(土)18:05  news

 11月4日、ヤマダホールディングスが第2四半期決算短信を発表した。 「デンキ事業」の売上は6620億円と前年同期と比べ15・8%下げたものの、「その他事業」は334億円と18・3%アップし、黒字転換したという。 その主な理由は、《株式会社大塚家具の収益改善》によるというのだ。 元社長の大塚久美子氏(53)が同社を去ったのが昨年12月、まだ1年も経っていないというのに……。  ***  ヤマダホールディングス全体の売上は8003億円。昨年よりも7%下がったものの、 コロナ禍による外出自粛、東京五輪開催期間中の来店客減少...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】大塚家具さん、久美子社長退任&ヤマダ電機傘下で一瞬で黒字化してしまうwwww - 11月25日(木)19:49  livejupiter

ヤマダ電機傘下の大塚家具 大塚久美子社長が抜けたら、いきなり黒字化!の衝撃 ヤマダ電機傘下の大塚家具が黒字転換した件をデイリー新潮が伝えた 元社長の大塚久美子氏が同社を去ってから1年も経っていないと筆者 業界関係者は「資本と人が変われば、企業は変わるという典型例」だと話す https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21250495/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる