「同病院」とは?

関連ニュース

青森新都市病院でワークパーク 会社参観日 - 04月20日(土)18:30 

東奥日報社が県内企業と求職者のマッチングを応援する見学会「青森で働こう!ワークパーク・会社の参観日」が20日、青森市の青森新都市病院で開かれた。医療系の職業を志望する県内の大学生、高校生と保護者ら20人が参加。各分野の専門スタッフの説明を聞きながら、病院での仕事について学んだ。好評だった3月の見学会に続き、同病院では2度目の開催となった。狩野利夫事務部長は「病院は専門職の集まりによって成り立っている。今後の職業選択の参考にしてほしい」と呼び掛け、脳疾患や、がん治療で活躍する高精度放射線治療シス…
カテゴリー:

北秋田市民病院、里帰り出産一時休止 一般診療など通常通り - 04月20日(土)10:20 

 北秋田市民病院(神谷彰医院長)は19日、里帰り出産の受け入れを一時休止したと発表した。常勤医の病気のためで再開は未定。一般診療や里帰り以外の出産は通常通り受け付ける。 同病院は北秋田市、上小阿仁村で…
カテゴリー:

162センチ131キロ ポチャの俺が来たけど質問あるか? - 04月19日(金)08:41  poverty

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190414-00000008-nikkeisty-hlth 重度の肥満に外科手術 胃を一部切除、保険適用で急増 肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症など多くの病気の危険因子だ。食事や運動、薬などで治療するのがメーンだが、多くの人にとって体重を減らし、それを維持するのは難しい。 非常に太っている人は胃を小さくするなどの減量手術も選択肢だ。糖尿病などを改善する効果も期待できる。手術を受ける際は食事など生活習慣の改善が重要で、専門家は「減量のきっかけと考えてほしい」と指摘する。 「115セ...
»続きを読む
カテゴリー:

滋賀医科大病院の小線源治療をめぐる不正隠蔽事件 患者らが「治療妨害禁止」を求め仮処分申し立て、病院側は1千人のカルテ不正閲覧 - 04月18日(木)21:30 

 今年2月、岡本圭生医師の手術を受けられなくなった待機患者7名が、岡本医師と共に、病院に対して「治療妨害の禁止」を求め大津地裁に仮処分を申し立てた。司法判断が注目されるなか、病院側は4月1日、自らの主張をPRするかのように、前立腺癌に対する小線源治療の外来を新たに開設した。同病院は、これまで小線源治療で世界的に有名な岡本医師が1100件を超える小線源治療の手術を実施し、患者らの信頼を勝ち取ってきた。にもかかわらず、岡本医師が泌尿器科による医療過誤事件の隠蔽を批判したため、岡本医師による治療を6月で凍結し12月末で解雇するという。係争が激化する中、病院側は、事務職員まで動員し、患者約1千人のカルテの不正閲覧を断行。岡本バッシングの材料探しとみられる。新たに始まった泌尿器科による小線源治療は安全なのか。滋賀医科大の医療過誤事件の第2弾を報告する。(仮処分申立書とカルテ不正閲覧を裏付ける証拠を末尾よりダウンロード可)
カテゴリー:

【医療】富山大病院、腫瘍見落としで悪化 患者死亡も「因果関係はない」 - 04月16日(火)18:56  newsplus

富山大病院、腫瘍見落としで悪化 患者その後死亡  富山大病院は16日、コンピューター断層撮影(CT)検査で腫瘍の可能性があると指摘されたのに、担当医が見落としたため発見が遅れ、患者の病状を悪化させたと発表した。  患者は今年、見落とした箇所のがんが原因で死亡した。  病院は生存期間が短くなったことを認め謝罪したが、「死亡と見落としに因果関係はない」としている。  病院によると、患者は同病院の泌尿器科で以前にがんの手術を受けた後、定期的にCT検査を受診。  2018年春の検査で、放射線科の医師が、手術を...
»続きを読む
カテゴリー:

「世界最小」258グラムで出生の男児が無事退院 - 04月20日(土)17:42 

 長野県立こども病院(同県安曇野市)で昨年10月、体重わずか258グラムで誕生、その後順調に成長していた関野竜佑ちゃんが20日、無事に退院した。同病院によると、元気に退院した男児としては世界最小とみられる。4月19日時点で3374グラムまで成長し、健康状態も良好という。
カテゴリー:

【長野県立こども病院】世界最小258gの男児、元気に退院へ 今は3374g - 04月19日(金)11:53  newsplus

世界最小258gの男児、元気に退院へ 今は3374g 2019年4月19日11時11分 https://www.asahi.com/articles/ASM4L73DCM4LUOOB017.html?iref=comtop_8_06  長野県立こども病院(長野県安曇野市)は19日、体重258グラムの男の子が昨年10月に生まれ、無事に退院できる見通しになったと発表した。男の子は栄養管理などを受けて現在3374グラム。退院は20日の予定という。元気に退院した男児の出生時の体重としては、世界最小という。  男の子は関野竜佑(りゅうすけ)ちゃん。母親の俊子さん(長野県軽井沢町)は昨...
»続きを読む
カテゴリー:

弘前市立病院、一般外科医ゼロに - 04月19日(金)08:41 

弘前市立病院の一般外科医が今年4月から不在となり、厳しい運営を強いられていることが18日、同病院への取材で分かった。医師減少に伴い、外来、入院数ともに、さらに減ることが予想される。市立病院と国立病院機構弘前病院は2022年に統合し、新中核病院としてスタートする予定だが、統合まで病院経営の効率化、医療の質の確保が課題となっている。市立病院によると、一般外科常勤医は16年は5人だったが、弘前大学臨床講座所属の医師が徐々に減り、17年は3人、18年は1人となり、今年4月からは、他病院への異動によりゼ…
カテゴリー:

IPS細胞で失明しかけている人の視力を治すことに成功。眼鏡モメンが健常者になれる未来もありえる - 04月18日(木)12:25  poverty

 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)や理化学研究所多細胞システム形成研究センター(同)などのチームは18日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作った網膜の細胞を移植する世界初の臨床研究で、 移植した5人全員の網膜下で細胞の定着が確認されるなど経過が良好であることを明らかにした。詳細な術後経過の公表は初めて。  理研の高橋政代プロジェクトリーダーが18日、東京都内であった日本眼科学会総会で報告。高橋氏は「細胞がいずれも定着し満足している。視力低下を防ぐ点でも有効だ」と成果を...
»続きを読む
カテゴリー:

遠藤憲一『ラジハ』での男気あふれる演技に視聴者メロメロ「こんな技師長さん居たら…」 - 04月16日(火)11:55 

窪田正孝が主演する月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が4月15日に放送。インターネット上では、放射線科“ラジエーションハウス”の技師長・小野寺俊夫役の遠藤憲一の演技に称賛の声が寄せられていた。現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックをドラマ化した本作。写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。甘春総合病院にやってきた母・美佐子(中越典子)と健太郎(石田星空)親子。健太郎が膝に痛みがあるということで、診療画像を撮影すると「成長痛」だと診断された。しかし、今度は美佐子が腹痛で倒れてしまう。 じつは、数年前に美佐子は副腎皮質がんを患い克服。同病院で手術を受けたものの、治療を終えたあとは経過観察に来ていなかった。レントゲン検査だけだと不十分だと感じた唯織は、さらに詳しく調べるためCT検査を勧める。 美佐子はがんを克服した後に離婚。契約社員として働き、ようやく正社員登用試験までこぎつけた身で、試験に受かる必要があった。仕事に向かおうとする彼女に、放射線外科医・甘春杏(本田翼)や健太郎が必死で止めて再検査することに。がんの症状はなかったものの、すい炎だと診...more
カテゴリー:

もっと見る

「同病院」の画像

もっと見る

「同病院」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる