「リサイクル」とは?

関連ニュース

【コラム】「グッチ」「プラダ」も採用するリサイ.. - 11月25日(水)19:30 

【コラム】「グッチ」「プラダ」も採用するリサイクルナイロン 創業者に開発秘話を直撃
カテゴリー:

常識を変える!?「貝印」が「紙カミソリ」を開発 - 11月25日(水)15:00 

総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。これは11月8日の「いい刃の日」に向けたイベント「KAI Edge Museum 刃物で切り開く未来」にて発表されたもので、同社が世界で初めての商品化を目指している。紙ハンドルと金属刃体で構成されたカミソリで、同社の他製品と比べてプラスチック使用量を約98パーセントも削減。さらなる環境負荷低減のため、金属と紙のリサイクル化も視野に入れているそうだ。使い切りを想定しており、細菌の繁殖やサビの心配がなく常に清潔。紙のハンドルは、好きな色やデザインを自由にレイアウトすることもできる。同社は「環境に配慮したカミソリ」という価値だけでなく、「紙を使ったオシャレで先進的なカミソリ」として独自のポジションを築いていきたいという。これまでとは一味違う、新しい視点で考案された“未来の刃物”。カミソリの新たな選択肢になる!?Top image: © 貝印株式会社
カテゴリー:

【コラム】アディダスの“循環スニーカー”が1回目.. - 11月25日(水)11:20 

【コラム】アディダスの“循環スニーカー”が1回目のリサイクル成功 2021年には一般販売へ
カテゴリー:

【コラム】「グッチ」「プラダ」も採用するリサイ.. - 11月25日(水)08:06 

【コラム】「グッチ」「プラダ」も採用するリサイクルナイロン 創業者に開発秘話を直撃
カテゴリー:

飲食店閉店…厨房機器の行き先は 倉庫満杯、死んだ商品 - 11月24日(火)17:41  newsplus

 新型コロナウイルスの影響で、飲食店が次々と閉店していく中、大量の中古厨房(ちゅうぼう)機器がリサイクル業者に流れ込んでいる。使用年数が浅いなど、状態のいいものが手に入るとあって、急増する買い取り依頼に応じてきた結果、倉庫は在庫の山に。しかし、夏の「第2波」に続き「第3波」が急拡大する中、飲食業界に新規開店の動きは戻らず、先行きは不透明だ。  10月上旬の朝、多くの飲食店が軒を連ねる大阪市北区の阪急大阪梅田駅の高架下。パスタが売りの大手喫茶店チェーンの前に2トントラックが止まった。頭にタオルを巻い...
»続きを読む
カテゴリー:

リサイクルロボット企業AMP Roboticsが最大73.2億円を調達か - 11月25日(水)15:45 

Sequoia CapitalやSidewalk Infrastructure Partners(AMP Roboticsリリース)などの投資家たちが支援する、リサイクルロボット技術の開発企業AMP Robotics(AMPロボティクス)が、最大7000万ドル(約73億2000万円)規模の新しい資金調達を行おうとしているようだ。この情報は同社の計画を知る複数の情報源からもたらされた。 この新しい資金調達は、AMP Roboticsのパイロットプロジェクトや、同社の展開を飛躍的に拡大できる新しいパートナーシップが、継続的に成功していることを証明している。 11月初めに、同社はごみの仕分けロボットならびにリサイクルロボットに対する過去最大規模の新規注文を受けたことを発表した。 廃棄物処理会社Waste Connections(ウエイスト・コネクションズ)に対して、機械学習式リサイクルロボットシステムを24セット納品したこの注文は、同社のリサイクル技術の有効性のショーケースである。 これは、2020年初めにトロントのアパート複合施設で行われたパイロットプログラムに続けてやってきた取引だ。このパイロットプログラムでは、アパートの借り手たちが、自らのリサイクル活動の改善のために、AMP Roboticsによってモニターされているリサイクル活動を、ビルの貸し手と共有することができるようになって...more
カテゴリー:

【CO2排出30%抑制】総合食品容器メーカーのエフピコチューパ、「エコAPET」素材の使用を農産容器にさらに拡大。コロナ禍における新生活様式に対応する高付加価値商品を提供し農産物関係者を後押し。 - 11月25日(水)12:00 

農産パック・農産フィルム等、青果物資材が主力事業で、「産地の鮮度を食卓へ」を掲げる総合食品容器メーカー エフピコチューパ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:平田光史、以下 エフピコチューパ)は、主力素材であるリサイクル可能な「エコAPET」素材の取り組みを強化し、今後発表される農産パックや青果物パックなどの農産容器に「エコAPET」素材の適用をさらに拡大していくと発表した。これにより、バージンAPET(非リサイクル品)と比較しCO2排出量の30%もの削減を実現することが可能となる。菅首相による温室効果ガス排出量に対しての発言もあり、環境問題やCO2・温暖化への高い関心が伺える昨今の情勢の中で、多くの農産物関連業者の方や消費者の方に「エコAPET」を知って頂き、更なるリサイクルの推進とCO2排出量の低減を実施する。「エコAPET」とは、使用済みPETボトルをエフピコリサイクル工場で原料として再生させた環境対応製品で、使用後にもう一度農産パックや透明容器に生まれ変わる。「エコAPET」から作られリサイクルされた農産パックは、プラスチックごみを削減するとともに、製品ライフサイクルで非リサイクル品であるバージンAPETと比較して、CO2排出を30%も抑制している。2019年3月期では、使用済みPETボトル約27億本を回収し製品化をし、これにより「エコAPET」だけで、年間約7.8万tのCO...more
カテゴリー:

92%がリサイクル素材でできているバレンシアガの.. - 11月25日(水)08:45 

92%がリサイクル素材でできているバレンシアガのハイトップニットスニーカー。
カテゴリー:

離婚の財産分与、車や家の現物資産はどうする?手順や注意点を解説 - 11月24日(火)20:37 

離婚の際、車や家といった形のある財産(現物資産)は財産分与が難しく、中には調停や裁判といった事態に発展してしまうケースがあります。 裁判は弁護士費用を始め金銭的な負担があり、事態が長引く可能性が高い事から精神的な負担も大きくなってしまいます。あらかじめ現物資産の分与の手順と方法を知り、スムーズな財産分与を行いましょう。 この記事では現物資産の分与の流れと方法、2つの分与の方法に適したケースや意見がまとまらない場合といった注意点について解説していきます。 目次 離婚時に分与が難しい「現物資産」とは 現物資産の分与の流れと方法 2-1.財産目録を作る 2-2.換金してから分与する場合 2-3.現物のまま分与する場合 2-4.財産分与の意見がまとまらない場合 現物資産は現金化と現物のまま分与、どちらが良い? まとめ 1.離婚時に分与が難しい「現物資産」とは 車や不動産等の「形のある財産」を現物資産と呼びます。離婚時に分与が想定される現物資産としては、以下のものが挙げられます。 不動産(家・マンション・アパート・土地等) 車 家具・電化製品 貴金属(金・プラチナ等) 美術品・骨董品 腕時計や指輪等の装飾品 その他コレクター用品 家や土地等の不動産を始め、結婚指輪や絵画も現物資産に含まれます。一方で株や投資信託、ゴルフの会員権等の実物のない資産は「金融資産」に分類されます。 財産分与...more
カテゴリー:

タイヤが付いたリビングルーム! MINIの自動運転車コンセプト「Vision Urbanaut」が斬新 - 11月24日(火)15:30 

車を単なる移動手段とするのではなく、過ごす場所に仕立てたコンセプト「Vision Urbanaut」がMINIから発表された。 内部はゆったりとした空間が広がり、さながら走るリビングルームといった感じだ。自動運転技術も搭載し、目的地に向かう間ハンドルを握ることなく快適な時間を過ごすことができそうだ。 個人のための快適空間に MINIといえば、コンパクトでキュートな車体で知られる。Vision UrbanautはMINIにしては車高が高く、ボディは4.46メートルとやや長いデザイン。そのため、従来のMINI車両よりも広い空間が広がる。 Vision Urbanautは3つのコア「モーメント」を想定して設計された。まず1つが「Chill(チル)」。寛いだり、仕事に集中したりするための空間として活用する。後部にベンチ式のシートがあり、またダッシュボード部分を下げてデイベッドにすることも。天井部分にはループ状に照明が設置され、必要に応じて明るさは調整可能だ。 自動運転機能を搭載 それから「Wanderlust(ワンダーラスト)」では自動運転機能で走行する。その間、乗っている人はハンドルから解放され、思いのままに過ごすことができる。 そして「Vibe(バイブ)」ではVision Urbanautは人々が交流する場所となる。フロントガラスを90度開けてバルコニーのようにしたり、前列の座席を回転...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リサイクル」の画像

もっと見る

「リサイクル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる