「高校野球」とは?

関連ニュース

練習の「時間革命」起こしたい 県岐阜商・鍛治舎新監督 - 02月19日(月)14:57 

 県立岐阜商業の硬式野球部監督に、秀岳館(熊本)を4季連続で甲子園に導いた県岐阜商OBの鍛治舎巧氏(66)が来月就任する。就任を前に朝日新聞の単独インタビューに応じ、県高校野球界を引っ張ってきた伝統校…
カテゴリー:

野球も吹奏楽も名門の高校6校、6月に競演コンサート - 02月19日(月)00:16 

 今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会に花を添えようと、全国の吹奏楽の名門高校が6月、高校野球の応援曲コンサートを千葉市で開く。野球も強豪の習志野(千葉)、拓大紅陵(同)、作新学院(栃木)、東海…
カテゴリー:

春の高校野球県大会抽選会 大手前高松は小豆島中央 高松商―高瀬、尽誠―寒川 - 02月17日(土)09:13 

春季四国地区高校野球県大会(四国新聞社後援)の組み合わせ抽選会は16日、丸亀市金倉町の丸亀市民球場であり、出場37校の対戦カードが決まった。
カテゴリー:

Good Coming 4枚目のシングル「ユビノサキヘ」MVを解禁!! - 02月16日(金)12:30 

[株式会社 ポジティブプロダクション] [動画1: https://www.youtube.com/watch?v=q22xQW5Iuho&feature=youtu.be ] Good Comingが今回主題歌を担当する映画「野球部員、演劇の舞台に立つ」は、福岡県八女市のとある高校野球部におきた実話をもとに作...
カテゴリー:

<宮城県高野連>今春からタイブレーク採用 延長13回以降 - 02月16日(金)06:05 

宮城県高校野球連盟は15日、仙台市宮城野区の仙台工高で理事会を開き、試合の早期決着を促すタイブレーク方式を春の地区大会から採用することを決めた。 タイブレークは選手の健康を考慮し、延長戦で走者を置いて
カテゴリー:

「みんなの甲子園」ラジオ公開収録3/4実施…メインMC赤星憲広も登場 - 02月19日(月)10:15 

 阪神電気鉄道が運営する甲子園歴史館と毎日放送は、春のセンバツ高校野球開催期間中に放送予定(毎日放送)のテレビ番組「みんなの甲子園」の放映に先立ち、プレイベントとしてラジオ公開収録を2018年3月4日に実施する。特別企画として公開収録に参加する限定170名を募集する。 イベントは、普段入ることのできない甲子園球場の3塁ブルペン内で実施。公開収録の模様は、後日、毎日放送のラジオ番組で放送される。当日は「みんなの甲子園」でメインMCを務める野球評論家の赤星憲広が登場。番組公開収録に加え、参加者向けのミニトークやプレゼントが当たる抽選会などを実施する。 参加費は大人1,500円、子ども1,000円(各税込)。甲子園歴史館入館料も含むため、当日館内を自由見学することもできる。募集定員は170名。応募は2月23日までWebサイトにて受け付ける。応募多数の場合は抽選となる。 3月23日に幕を開ける第90回春のセンバツ高校野球大会。一足先に甲子園球場でセンバツ高校野球の雰囲気を感じられるイベントとなりそうだ。◆「みんなの甲子園」ラジオ公開収録イベント出演者:赤星憲広、市川いずみ(フリーアナウンサー)日時:2018年3月4日(日)15:00~16:30(予定)場所:阪神甲子園球場 3塁側ブルペン(予定)※受付は甲子園歴史館 受付(阪神甲子園球場レフト外野スタンド1階)で実施参加費:大人1,500円...more
カテゴリー:

夏の甲子園「外野席有料化」は“混雑緩和”と“財源確保”に住民困惑 - 02月17日(土)16:03 

夏の甲子園、全国高校野球大会が今年で100回を迎える。このメモリアルを機に日本高校野球連盟(=以下・高野連)が1月24日、今夏の大会から外野席を有料化することを発表。これに地...
カテゴリー:

由利工高野球部「全力でやってきたい」、センバツへ抱負 - 02月16日(金)22:07 

 春の選抜高校野球大会に21世紀枠で出場する秋田県の由利工業高校野球部の関係者5人が16日、由利本荘市役所を訪れ、長谷部誠市長や佐々田亨三教育長らに出場を報告し、抱負を語った。 訪問したのは夏井博実校…
カテゴリー:

JAしんせい「センバツ初戦突破を」 由利工にへ由利牛贈呈 - 02月16日(金)10:52 

 JA秋田しんせい(本店・秋田県由利本荘市)と子会社のジェイエイ秋田しんせいサービス(本社同市)は15日、春の選抜高校野球大会に初出場する同市の由利工業高校野球部に、管内の生産者が手掛けたコメと秋田由…
カテゴリー:

第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」 - 02月14日(水)12:00 

三重県伊勢市の宇治山田駅に隣接した商業施設「宇治山田ショッピングセンター」の中に、“伊勢のソウルフード”を出すと評判の店がある。「まんぷく食堂」だ。 【写真を見る】スパイシーに味付けされた唐揚げを卵でとじてライスにのせた、看板メニューの「からあげ丼」(630円)/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA ■ 板前が夢を形にした「まんぷく食堂」 「まんぷく食堂」の創業は1975(昭和50)年のこと。和食の板前だった鋤柄(すきがら)広彦さんが28歳で「自分の店を持ちたい」と独立してスタートした。当時、26歳だった妻の鈴子さんと一緒に店を始め、早々に開発したのが「からあげ丼」(630円)である。この名物はすぐに地元でおいしいと話題となった。客を魅了するレシピは「秘密です」と鈴子さんがウフフと笑う。しかし「身体にいいものを使っとります」とヒントをくれた。 現在は、創業者の息子である大平(たいへい)さんが店に入っている。広彦さんが大平さんの大学在学中に亡くなり、大平さんは卒業後にすぐ店を手伝うようになった。また最近は、鈴子さんが足を悪くしてしまったため、調理場には立たず店内に座り、客の話し相手を担当している。名義のうえでは鈴子さんが主人だが、料理など店の運営は大平さんが主力となっている。 「まんぷく食堂」は個性的な店構えも特徴だ。にぎやかに装飾された店舗外側には鈴子さんのパネル看板...more
カテゴリー:

もっと見る

「高校野球」の画像

もっと見る

「高校野球」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる