「幼稚園」とは?

関連ニュース

日本国際学園大学(旧:筑波学院大学)入学式および開学記念式典・開学記念パーティー挙行~2024年4月開学~ - 04月19日(金)16:30 

日本国際学園大学(旧校名:筑波学院大学、学校法人日本国際学園、つくば市・仙台市、学長:橋本綱夫)は、2024年4月5日(金)に入学式を挙行しました。また開学を記念して、開学記念式典および開学記念パーティーを開催いたしました。日本国際学園大学は、つくばに加え仙台キャンパスも開設し2キャンパス体制となります。時代に沿ったニーズに応えるべく、学びの体系を刷新しました。従来の経営と情報を軸にビジネス、AI情報技術をはじめ、デザイン、公務員、語学国際、ホテル、エアラインなど幅広い分野において、学術教育と実学教育を融合した学びを提供します。【4月5日「入学式および開学記念式典・開学記念パーティー」挙行】入学式今年度は126名が入学しました。式辞で橋本学長は、「本学は、日本の産業や文化に精通したローカルな視点を持った、日本発の国際的人材を養成する」と思いを述べました。新入生代表の初見大翔さん(県立境高校出身)は、「デザインを中心に学び、大学という環境で様々なことに挑戦していきたい」との決意を述べました。開学記念式典・開学記念パーティー入学式の後、「開学記念式典・パーティー」が開催されました。新入生、保護者と在学生および教職員が一堂に会し、親睦を深めました。新入生は在学生との対話を通し、共に学び成長するコミュニティの一員として、サークルやクラブ活動への関心を高める機会となりました。総務学生部長の高...more
カテゴリー:

<目安を知りたい>小学校中学年、朝の準備にどれくらい親が手を貸している?え、朝ごはんまで!? - 04月18日(木)13:25 

小学生になり毎日学校に登校するリズムができてくると、幼稚園や保育園の頃とちがって朝の身支度に時間がかからなくなるのではないでしょうか。さらに小学校中学年にもなると、子どもも朝の準備に慣れ、自分でできることは自分でするようになるかもしれません。なかには、徐々に親のサポートを減らす家庭もあるでしょう。ママスタコミュニティにもあるママからこんな投稿が寄せられました。 『小4くらいになると、大体一人で自分のことができるようになりますよね。朝ごはんも簡単な物なら自分で作れるし、水筒も自分で用意できるし、朝の支度や髪を整えるのも自分でやれます。どこまで親が手伝いますか? 朝ごはんと水筒の用意は親の役目だと思いますか?』 投稿者さんには小学4年生になる娘さんがいます。彼女は自分のことは自分でしたいタイプで、ときおり自分で食べたい朝ごはんは自ら作ることもあるようです。投稿者さんは自立していく娘さんを見て親がどこまでサポートすればいいかわからず、ママスタに質問したようです。投稿者さん自身は親がやりすぎてもよくないし、全部子どもにやらすのもよくないと考えているようですが、ママスタコミュニティのママたちはどうでしょうか。ママたちの声を紹介します。 朝ごはんの支度は主に親がするかな 『朝ごはん以外は自分でやっているかな。水筒は気が向いたらやってあげる』 『朝ごはんを作ってあげるのは当たり前』 『朝ごはん...more
カテゴリー:

ハズキルーペ会長が新理事長「武蔵野東学園」 知的障害者向けグループホーム事業“廃止強行”を東京都福祉局に止められていた! - 04月18日(木)07:00 

 自閉症児と健常児が共に学ぶ「混合教育」で知られ、2つの幼稚園と小中学校、高等専修学校を運営している学校法人武蔵野東学園(東京都武蔵野市)。 同学園は「友愛寮」という名前の知的障害者向けのグループホーム…
カテゴリー:

野田の5歳児O157感染 HUS発症し入院 - 04月18日(木)05:00 

 千葉県は17日、野田市在住で幼稚園に通う女児(5)が腸管出血性大腸菌(O157)に感染し、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症したと発表した。現在、松戸市内の病院に入院しているが、快方に向かっている。
カテゴリー:

<実家依存?>月1回、1週間帰省する。実姉から「楽でいいね」と皮肉られてしまった。親に甘えすぎ? - 04月17日(水)19:25 

旦那さんが仕事の関係で家を留守にすると、その間ママは実家で過ごすことがあるかもしれません。でも期間が長かったり頻度が多かったりすると、周囲からチクリと言われてしまうこともあるようですね。ママスタコミュニティのあるママから、こんな投稿がありました。 『旦那は仕事で、月に1回は1週間くらい家を留守にする。その度に子ども2人と実家に行ってお世話になっているけれど、実姉に「楽ができてよいね」と言われた。甘えすぎなのかな?』 旦那さんが留守にするタイミングに合わせて、月に1回、1週間ほど実家に帰る投稿者さん。旦那さんの食事の用意などがないので実家に帰ってもよさそうですが、実姉からすると楽をしに帰ってきているように見えてしまうようですね。少し厳しいことを言われてしまった投稿者さんですが、他のママたちはどう感じるのでしょうか。 楽ができるのは事実では?実姉の気持ちもわかる 『楽ができてよいねと私も思うよ。素直な感想だと思う』 実姉が「楽ができてよいね」というのは、実家での投稿者さんの過ごし方を見ているからかもしれません。実際に両親に頼りっぱなしなのだとしたら、甘えていると思われても仕方ないでしょう。 『あなたも手伝っているなら、実家に行くこと自体は悪いとは思わない。でも上げ膳据え膳だとしたらちょっとね……とは思う』 実家に帰省しているときに、食事の準備や掃除、洗濯などの家事を手伝っているのかど...more
カテゴリー:

21世紀型教育の総合キッズスポーツスクール「biima sports」 指定管理者株式会社ティップネスと共同し、 「渋谷区総合スポーツスクール、わぴあ総合スポーツスクール」を開校 - 04月19日(金)12:00 

21世紀型総合キッズスポーツスクール「biima sports(ビーマスポーツ)」(社名:株式会社 biima、本社:東京都渋谷区、代表取締役:田村恵彦)は、株式会社ティップネス(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:岡部 智洋)が指定管理者として運営する渋谷区スポーツセンター、和光市広沢複合施設にて指導受託し、2024年4月『渋谷区総合スポーツスクール、わぴあ総合スポーツスクール』を開校いたします。biima sportsは、「総合スポーツ」と「非認知能力開発」を融合したプログラムを開発した21世紀型の総合キッズスポーツスクールです。基礎運動能力と非認知能力が開発される幼少期の3歳~12歳までの子どもを対象にレッスンを行い、「21世紀に活躍できる人材」を育てます。■biima sportsの特徴「総合スポーツプログラム」特定のスポーツには特化せず、サッカーや野球、バスケットボール、体操など様々なスポーツを科学的なトレーニングメソッドに基づいて総合的に実施することで、お子様の基礎運動能力を高めます。また、レッスンではひとりひとりのレベルに合わせた個別の課題を設定し、先生からの応援や適切なフィードバック、承認を通して子どもたちの自己肯定力を育みます。「非認知能力開発プログラム」非認知能力とは、コミュニケーション能力、課題解決能力、社会適応能力、グリット力などを 総称する能力です。世...more
カテゴリー:

【令和6年前期】保育士試験解答速報と簡易解説を無料公開!四谷学院は「保育士」を目指す方を応援します! - 04月18日(木)11:00 

独自の「ダブル教育」システムによる、きめ細かい指導が特長の大学受験予備校「四谷学院」(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)が運営する保育士試験対策講座が令和6年前期保育士試験 「筆記試験の解答速報&簡易解説解説」の無料プレゼントキャンペーンを実施します。▼四谷学院通信講座 保育士資格対策講座https://yotsuyagakuin-tsushin.com/hoiku/lp/無料プレゼントの対象になるのは、 4月4日から5月9日の間に保育士講座のホームページからメールアドレスを登録された方です。解答速報は、登録時のメールアドレスに公開ページをお送りさせていただきます。■四谷学院は「簡易解説」もプレゼント!四谷学院の保育士試験対策講座は、通信講座でありながらも「暗記で保育士試験を突破して終わり!」というのではなくて、「受験を通して、子どもへの理解、考える力をつけてほしい」と考えております。そこで、解答速報の公開から少しお時間をいただき、メールアドレス登録をされた方の中で希望者には、「簡易解説」もお送りいたします。保育士はただ知識があればなれるものではありません。保育の現場で本当に役立つ知識を身につけるために学習してほしい、そのための一助として、保育士試験の解説を公開しています。■社会人や主婦でも保育士になれる!注目の「保育士試験」待機児童問題...more
カテゴリー:

会話に入れていない人に気づいたとき、育ちがいい人ならどうする?(ダイヤモンド・オンライン) - 04月18日(木)06:02 

 婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%! 話題のマナー講師、諏内えみさんの『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではない
カテゴリー:

<昔の基準は捨てて>幼稚園と保育園の違いはどこにある?子どもの成長に影響は出るもの? - 04月17日(水)13:25 

働くママが子どもを通わせるのは、保育園。専業主婦のママが子どもを通わせるのは、幼稚園。以前であれば両親が日中、子どもの面倒を見られるかどうかで、登園先はおのずと決まっていました。しかし、現代は状況がやや違います。双方を一体化したこども園、一時預かりのある幼稚園など選択肢が多様化しています。 幼稚園と保育園、子どもの教育に差はつくのか? 『来年度から入園予定のわが子。保育園か幼稚園かを検討中です。幼稚園は月2〜3回、親が参加するイベントがあるそう。保育園の親の出番は、せいぜい年1回の運動会程度みたい。そんなにも違うのかと、びっくり』 ママスタコミュニティにあったコメントです。投稿者さんはお子さんが入園するタイミングで、仕事に復帰予定なのだとか。同僚たちはみんな保育園を利用しているそうです。 『子どもの教育にはどちらでも大差ないと聞くけど、絶対そんなことはないよね。親の目があるだけで虐待抑止になるし、親が園によく顔を出すほうが子どもは精神的に成長する』 希望するほうに通えると仮定して、保育園と幼稚園のどちらがいいのかというテーマは、ママスタコミュニティにもよくあがる話題です。どちらに通わせたかで子どもの成長に影響が出ることは、実際にあるのでしょうか。 出身園の影響はいつまで残るのか。ママたちの実感は 「小学校高学年になれば、どちらでも大差はない」「成長すれば、どちらでも影響がなかった...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる