「ママ友」とは?

関連ニュース

【日テレ】『ゼロイチ』“現実離れ”した爆買い企画に呆れ「終わってる」「興味ない」 - 09月22日(水)23:29  mnewsplus

https://myjitsu.jp/archives/305257 タレントの指原莉乃が司会を務める『ゼロイチ』(日本テレビ系)9月18日放送回で、高級ブランド『エルメス』に2500万円超をつぎ込んできた〝爆買いさん〟を紹介。視聴者の間にシラケムードがまん延している。 この日、番組では異常なほど物を買う人たちの正体と理由を密着して解き明かす『爆買いさんは、どんな人?』を放送。2児の母で、これまでエルメスだけで2500万円超も爆買いしてきたジュエリープロデューサーの女性を1日密着取材した。 爆買いさんはただの『エルメス』好きではなく、ガ...
»続きを読む
カテゴリー:

<美人は幸せになれないの?>亡くなってしまった親友が最期に残したメッセージ【前編まんが】 - 09月22日(水)11:50 

幼なじみのサユリは誰もが認める美人でした。しかしあまりにも美しすぎたことが理由なのか、サユリの人生は思いがけない方向に転がっていくのです。 私たちは高校を卒業して上京した後も、変わらず交流を続けました。サユリは就職してからすぐに年上男性に猛アタックされ結婚します。仕事を続けたかったサユリでしたが、「君みたいな人が外にいたら男性から声をかけられるばかりだ」と言われ、しぶしぶ退職したそうです。 その後に私も結婚、サユリと同時期に妊娠して女の子を産みました。私たちはママ友としても支え合い絆を深めていきました。しかしある日……。 サユリは旦那にさっさと見切りをつけて離婚しました。私はその潔い決断に、女性として母としての強さを感じたことを覚えています。 そしてサユリは離婚後、前からやってみたかったという古着屋を開店し、パワフルに働き出します。「子どもを育てるのにお金はいくらあっても困らないから」と夜はお酒を出す店でも働いていました。母になっても変わらない美貌を保つサユリに多くの男性が言い寄ってきたようです。 二度目の結婚でも結局浮気されてしまったサユリ。その頃からサユリの様子はおかしくなっていったのです。 中編へ続く。 脚本・rollingdell 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<お金をかけて若返る?>きっかけは「嫌いな義母の死」SNS中毒で壊れていったママ友【後編まんが】 - 09月21日(火)23:40 

前回からの続き。義母の死をきっかけに新しい仕事を始め、成功を収めたAさん。SNSで知り合った男性の言葉に思うところがあったようで。突然「脂肪吸引する!」と言い始めました。 脂肪吸引して気を良くした彼女は、美容外科やエステにハマりはじめました。お金をかけた分だけどんどんきれいになっていき、それに比例するように自撮りした写真をSNSに載せるようになりました。コミュニティの人からは「Aさん、母には見えないですね〜」「Aさん、美しい!」などのコメントがつきます。そんななか、私はひさびさに会った彼女を見て驚きました。 SNS上で褒め言葉をもらうことが、彼女の生活の目的になりすぎているのでは、と思った私は……。 すごい形相で話す彼女に、私はひどく恐怖心を抱きました。SNSで変わってしまったAさんは、私が何を言っても聞く耳を持ちません。かつての彼女の姿はそこにはないように感じた私は、しばらく彼女と距離をおくことに決めました。 「何気なくはじめたSNSに人格まで変えられてしまうなんて……」 SNSの怖さを目の当たりにした出来事でした。 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子
カテゴリー:

<キーワードは年齢>【前編】周囲の目が気になる。おひとりさまでどこでも行ける? - 09月21日(火)17:20 

みなさんは「おひとりさま」での行動は好きですか? 最近ではひとりごはんやヒトカラという言葉も定着しつつあり、「ひとりで過ごす時間が好き!」と考える方も増えてきているかもしれませんね。しかし一方でひとりで行動するのは苦手だと感じる方もいることでしょう。 『映画が観たい、おしゃれなカフェに行きたい。でもひとりで行くことができません。他人からどう見られているのかが気になりすぎて無理なんです』 今回の投稿者さんもひとり行動が苦手なタイプのようですね。ひとりで出かけてみたいという気持ちはあるものの、周りの人からどう思われるかが気になって勇気が出ないのだそうです。 ひとりは嫌だから誰かを誘いたいけれど…… ひとりで出かけることに抵抗がある投稿者さんは、ほかの人を誘って遊びにいこうと考えました。 『誰かを誘おうとしても、旦那には「ラーメン屋やファミレスはいいけれど、映画やおしゃれなカフェは無理!」と断られます。友だちは「仕事の休みの日くらいゆっくりしたいからごめんね」と言われたり、「ひとりで行けないの? 映画はひとりで観るから無理!」と話す人もいます。でも私はひとり行動ができません。同じように「自分もできない!」という方はいますか? また、克服できた方はいますか?』 残念ながら旦那さんにもお友だちにも、誘いを断られてしまったようですね……。投稿者さんの周りには、おひとりさまの時間を楽しんでいる...more
カテゴリー:

生き物好きの友達とも無事に合流でき、小さなえび.. - 09月20日(月)22:03 

生き物好きの友達とも無事に合流でき、小さなえびとハゼをたくさん捕まえた息子☺️生き生き😆ママ友は、エビややどかり、貝の実を釣り針につけて、魚🐟釣り😲
カテゴリー:

美容室を使い分けしている人は24.5%。美容室の使い分けに関するアンケート調査。 - 09月22日(水)13:00 

美容室の口コミサイト「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )を運営する株式会社ノーマリズム(東京都目黒区)は、全国の20代~50代の男女を対象に、美容室の使い分けに関するアンケート調査を実施しました。アンケート結果をもとに、美容室の使い分け状況をまとめましたのでご紹介いたします。■調査概要調査対象: 全国の20代~50代の男女回答数: 200名調査期間: 2021年9月10日~2021年9月21日調査方法: インターネット調査調査結果URL: https://hairlog.jp/special/article/10687■美容室を使い分けしている人は24.5%。「複数の美容院を用途や目的、予算などで使い分けしていますか?」の質問では、「はい」が24.5%、「いいえ」が75.5%という結果となりました。■美容室の使い分け例「どのように使い分けしているか具体的に教えて下さい」の質問では、以下のような意見があがりました。・カットとカラーで分けている。関東で一人暮らししていた際に通っていた美容院が大好きで、行ける日が有ればなるべくそちらに行くようにしている(20代/女性/静岡県/学生)・予算の関係でヘアカラーとカットで美容院をわけています。(40代/女性/茨城県/専業主婦)・カットやカラーの時と、アップやメイクの特別な時のヘアセットの時で変えています。普段使いは髪質や好...more
カテゴリー:

義母の目前で「泊まっていけばいいよね?」とダンナが尋ねてくる。はっきり断るのはアリ? - 09月22日(水)10:20 

たとえ結婚して実家を出ても、わが子はわが子。”わが子の家は自分の家”とばかりに、気軽に訪ねてくる義母のエピソードはママスタコミュニティでも事欠きません。 今回あがったのも、息子の家を訪れた義母についての投稿でした。 断りにくい状況で、「いいよね?」と確認を取ってくるダンナ 『突然義母が家に遊びに来て、遅い時間まで滞在しました。帰りは私たちが家まで送るのが常なのですが、ダンナが「泊まっていけば? ○○(私)はどうかな? ダメ?」と聞いてきました。義母が目の前にいるところで、「ダメ」とは言えませんよね。以前ケンカしたとき「泊まられると、気を遣って疲れちゃう」と言ったのに、毎回これです。義母が目の前にいても断れる方、いますか?』 そもそも義理の親が家に突然押しかけてくることを、歓迎できない人は多そうです。その上さらに泊まっていくなんて、パートナーにとってはなかなかの負担です。かといって、はっきり断れるかといえば……? 寄せられたコメントを見ても、断れる人はほぼいません。 『その場で突然話をふられても、「イヤ」とは言いづらいですね。そのときは諦めるけど、義母が帰ったらダンナを締めます。「まず私に確認を取ってから、義母に言って! 誰が寝室や朝食の準備をすると思っているの!」と』 『目の前にいるなら言えないわ。でも義母に見られないように、ダンナをにらむ。で、こっそり「いきなり泊まるとか、無理...more
カテゴリー:

<おひとりさま、できる?>【後編】周囲の目が気になる。おひとりさまデビューにぴったりな場所は? - 09月21日(火)22:20 

前回からの続き。ひとりでお出かけがしたいと思っているものの、「周りから好奇の目で見られそうで怖い」と二の足を踏んでいる投稿者さん。投稿者さんのほかにもさまざまな理由から「ひとりで出かけることに抵抗がある」と考えている人たちもいるようです。しかしなかには「年齢を重ねるごとにおひとりさま行動が楽しくなった!」と話す方も現れました。おひとりさま行動を楽しんでいるみなさんから、その魅力を伝えてくれるようなコメントが届きました。 おひとりさま最高!どこへ行くにも一人が気楽 おひとりさま行動には、一体どんな魅力があるのでしょうか? 『誰にも気をつかわず、自分の行きたいところに行けるしやりたいことができるから』 『私は逆にひとり行動が大好き。映画、ショッピング、カフェ、ラーメン屋、焼肉屋、テーマパークもすべてひとりで行けるよ』 『私は投稿者さんとはまったく逆だわ。友だちと食事に行ったり出掛けたりしても、結局ひとりで行動したい衝動に駆られる。集団行動は性に合わないなぁ』 『ひとり行動最高! 今は子どもが小さいから無理だけれど、早くまたひとり旅ができるようになりたいわ。台湾や上海までならひとりでも旅行していたな。ひとりのほうがゆっくり見られて楽しいときもあるし。意外と世間はおひとりさまに優しいものだよ』 ほかの人に気を遣わなくてもいい、自分がやりたいことを気ままにできる、ゆったりと過ごせる……など...more
カテゴリー:

<お金をかけて若返る?>きっかけは「嫌いな義母の死」SNS中毒で壊れていったママ友【中編まんが】 - 09月20日(月)23:40 

前回からの続き。義母の死をきっかけに新しい仕事を始め、成功を収めたAさん。Aさんは一人旅を重ねるうち、マイルが貯まり、航空会社での顧客ステータスも上がったそうです。外資系ホテルグループのメンバーにもなったと嬉々として話してくれました。SNS上だけでなく、航空会社にもホテルにも「顧客」として大切にあつかわれることがたまらないそうです。 いつも素敵なホテルに泊まっているので、ホテルライフを楽しんでいるのかと思っていました。「いつも部屋にいるだけよ」というAさんの答えを聞き、私は複雑な気持ちになります。 まったく気は進みませんでしたが、Aさんのことが心配だったし、お茶くらいならと渋々承諾しました。 Xさんはあやしい人ではなく、「いつもお世話になっています」という挨拶と、投資や身の上話をして終わりました。しかし「コミュニティの感じと違いますね」と言われたことが気になったAさんは、思い詰めたように口を開きました……。 Aさん:「私、来週、脂肪吸引する」 後編へ続く。 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子
カテゴリー:

娘の家庭教師をママ友に斡旋する団地妻|ブッ飛び素人モデルFile - 09月20日(月)15:00 

エロ本編集者とハメ撮りモデル/ブッ飛び素人モデルFile146 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(50歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの1
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる