「天皇陛下」とは?

関連ニュース

フランス大統領が26日来日 天皇陛下と会見、首脳会談も - 06月18日(火)18:09 

 政府は18日、フランスのマクロン大統領夫妻が26日に来日すると発表した。滞在中、天皇陛下と会見し、昼食を共にするほか、安倍晋三首相と会談する。陛下との会見と昼食会に関し、政府は皇后さまの体調に支障がなければ、天皇、皇后両陛下での行事となるとしている。
カテゴリー:

仏大統領が26日来日、首脳会談へ 西村官房副長官「日仏関係に新たな地平」 - 06月18日(火)12:19 

西村康稔官房副長官は18日午前の記者会見で、フランスのマクロン大統領が26日に来日すると発表した。マクロン氏の来日は就任後初めて。滞在中、天皇陛下と会見するほか…
カテゴリー:

両陛下、学士院授賞式に出席 受賞者招き茶会も - 06月17日(月)16:48 

 天皇、皇后両陛下は17日、東京・上野の日本学士院会館であった日本学士院第109回授賞式に出席された。上皇さまから引き継いだ公務。式後は両陛下が受賞者らを皇居に招いて茶会を催し、天皇陛下は「それぞれの分野の発展のために力を尽くされますよう願っています」と述べた。
カテゴリー:

韓国国会議長「日本国民に謝った」 でも菅官房長官は「鳩山さんとの会談で、ですからね...」真意はどこに - 06月17日(月)14:25 

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が慰安婦問題をめぐって天皇陛下(現・上皇さま)に謝罪を要求した問題で、鳩山由紀夫元首相に対して「謝罪の意」を表明した。
カテゴリー:

市村正親は「元気すぎる70歳」初挑戦の舞台に注目 - 06月16日(日)05:00 

市村正親(70)が旭日小綬章を受章し、5月28日には令和初の勲章伝達式に参加した。伝達式終了後、勲章を胸につけ、天皇陛下に拝謁(はいえつ)するため皇居に向かった。 受章が決まった時の会見を取材したが、市村は「万歳!」と言いながら、取材会…
カテゴリー:

仏マクロン大統領 26日 就任後初来日 天皇陛下と.. - 06月18日(火)12:21 

仏マクロン大統領 26日 就任後初来日 天皇陛下とも会見へ #nhk_news
カテゴリー:

両陛下、日本学士院賞授賞式にご臨席 - 06月17日(月)18:14 

 天皇、皇后両陛下は17日、東京・上野の日本学士院会館を訪れ、優れた業績を挙げた研究者に贈られる日本学士院賞の第109回授賞式に臨席された。天皇陛下が上皇さまから引き継がれた公務で、授賞式に臨まれた初の機会となった。
カテゴリー:

天皇侮辱発言の韓国議長が、鳩山元首相だけにリップサービスの愚 - 06月17日(月)16:08 

6月13日、訪韓中の鳩山由紀夫元首相と会談した際、天皇陛下(現上皇さま)に慰安婦問題の謝罪を要求した件について謝意を示したという、韓国の文喜相国会議長。これを受け、AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんは、自身の無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』で、今回の謝罪に関する数ある分析の中から、韓国語エキスパート山本光一氏の指摘を引き、鳩山氏の言動の問題点や、文氏の謝罪がみせかけである根拠を解説しています。 文喜相国会議長の天皇への謝罪発言に惑わされるな! 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 日本のメディアは、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、ことし2月にブルームバーグ通信とのインタビューで「天皇を両班(おじさん、大将、といった年長者を軽んじる呼称)で呼び、元慰安婦への謝罪を求めた発言」について13日、初めて謝罪したと報じました。 韓国の文喜相国会議長は13日、訪韓中の鳩山由紀夫元首相とソウルで会談し、天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決するとした文氏の発言は失礼に当たるとの指摘を鳩山氏から受け、「心を痛めた方たちに申し訳ないと伝える」と述べた。発言を巡り文氏が謝罪するのは初めて。韓国国会が両氏のやりとりを明らかにした。 (韓国議長が天皇発言を謝罪 訪韓中の鳩山氏に 産経新聞6月13日) あの鳩山さんもたまにはいい...more
カテゴリー:

美智子さまの子育て「ナルちゃん憲法」とは 天皇陛下の幼き日々でふり返る(画像集) - 06月16日(日)09:46 

5月1日に天皇陛下が即位されて、日本は令和という新しい元号に替わった。同日に開かれた「即位後朝見の儀」で、陛下は「国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します」と述べられた。6月9日には、天皇皇后両陛下はご成婚26年を迎えられた。雅子さまの夫として、愛子さまの父としての顔を持つ、天皇陛下。陛下ご自身は幼少期、どんな風に育てられたのか。その幼き日々を、時事通信社の貴重なアーカイブ写真で辿ってみたい。 1960年2月23日、浩宮さま誕生天皇陛下・徳仁(なるひと)さまは1960年2月23日、皇居・宮内庁病院で当時の皇太子・明仁(あきひと)親王と皇太子妃・美智子さまの間に誕生した。幼少時の名前として与えられた「称号」は浩宮さま。称号は、古典から学者が選出し、天皇陛下が字を選出される。1960年2月29日の朝日新聞夕刊によると、称号「浩宮」とお名前である「徳仁」は四書五経の「中庸」の第三十二章から、祖父・昭和天皇が命名された。大空のように広くて偏りのない様子を示す「浩々たる天」から浩の字を、「聡明聖知にして天徳に達する者」から徳の字を取ったという。浩宮さまの子育ては、父親の皇太子・明仁親王(現在の上皇陛下)、母親の美智子さま(上皇后)の手によるもの。天皇家には、3歳で両親のもとを離れ、「傅育官」らに育てられる伝統的風習があったが、浩宮さまには乳母を付けずに家族で同居...more
カテゴリー:

【38年振り】ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王、11月に来日 広島・長崎を訪問へ - 06月15日(土)15:52  newsplus

2019年6月15日1時30分  ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(82)が11月下旬に訪日し、天皇陛下と会見するほか、被爆地の広島や長崎を訪ねる方向で最終調整していることが日本政府などへの取材でわかった。日本滞在は4日間を想定し、東京ドームでのミサを予定している。訪日が実現すれば、1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりとなる。  フランシスコ法王は約12億人の信者を抱えるカトリック教会のトップで、2013年に就任した。87年にも訪日したことがある。「核のない世界」とともに「死刑廃止」...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「天皇陛下」の画像

もっと見る

「天皇陛下」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる