「農作物」とは?

関連ニュース

【東京】エスカレーターを上ったり下りたり…東銀座駅でハクビシンか 駅員が捕獲 - 05月25日(土)13:45  newsplus

京都心に珍しい動物が現れました。24日夜、東京メトロ東銀座駅でハクビシンとみられる動物が走り回り、その後、駅員によって捕獲されました。 24日午後10時すぎ、東京・中央区の東京メトロ東銀座駅に通じるエスカレーターで、たぬきに似た動物が走り回っているのが目撃されました。 この動物はジャコウネコ科のハクビシンとみられ、駅員が捕獲したあと、通報を受けて駆けつけた警察官に引き渡されました。 警視庁によりますと、駅員が手をかまれて軽いけがをしたということです。 仕事帰りに目撃したという30代の女性は「シュッ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「種子法廃止は違憲」と提訴 東京地裁に農家ら1300人 - 05月25日(土)09:01  newsplus

「種子法廃止は違憲」と提訴 東京地裁に農家ら1300人 5/24(金) 16:45配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000149-kyodonews-soci  優良な種子の生産や普及の促進を目的とした主要農作物種子法(種子法)が廃止されたのは、安全な食料を安定的に生産し、供給する権利を侵害するとして、全国の農家ら約1300人が24日、種子法廃止法が違憲であることの確認などを求めて東京地裁に提訴した。  訴状では、以前は都道府県が管理していた種子を民間企業が独占することで種子の価格が高騰する恐れがあり、遺伝子組み換え...
»続きを読む
カテゴリー:

【売国政策】安倍政権が廃止した「種子法」、農家1300人が「違憲」と提訴 - 05月24日(金)16:59  poverty

優良な種子の生産や普及の促進を目的とした主要農作物種子法(種子法)が廃止されたのは、安全な食料を安定的に生産し、供給する権利を侵害するとして、 全国の農家ら約1300人が24日、種子法廃止法が違憲であることの確認などを求めて東京地裁に提訴した。  訴状では、以前は都道府県が管理していた種子を民間企業が独占することで種子の価格が高騰する恐れがあり、遺伝子組み換え作物が出回るなどして食の安全が懸念される、と主張。 生存権を定める憲法25条違反だとしている。各地では、同法に代わる独自の条例が制定されている...
»続きを読む
カテゴリー:

高校生が開発 沖縄の伝統作物を使ったヴィーガンの「島ヤサイそば」 - 05月24日(金)11:04 

 沖縄県立中部農林高の3年生8人がこのほど、同校の「沖縄伝統島野菜普及プロジェクト」の一環で「島ヤサイそば」を開発した。29日から毎週水曜、うるま市の福祉事業所「レストランぶどうの木」で販売する。沖縄の伝統的農作物5種を使い、認知度が低い島野菜の普及やうるま市の地域のブランド化を目指す。  材料はノビ...
カテゴリー:

【大分合同新聞】アライグマ捕獲数急増 農作物被害、生態系に悪影響【特定外来生物】 - 05月23日(木)13:30  news

 県内でアライグマ(特定外来生物)の捕獲数が急増している。農作物被害に加え、在来種の生物を捕食するなど生態系への悪影響が懸念されている。 ここ数年は生息域が県内全域に広がりつつあり、調査や防除に当たる自治体、NPO団体は情報提供を呼び掛けている。  県自然保護推進室によると、県内の捕獲数は2012年度の20匹から年に1・5~3倍のペースで増加し、18年度は663匹と約30倍になっている。捕獲・撮影や、 死体の見つかった自治体数は12年度には3市だったが、18年度は12市町に拡大。生息数が特に...
»続きを読む
カテゴリー:

イスラエルのアグリテック・スタートアップが気候変動に強い農業技術の開発へ! - 05月25日(土)12:00 

人口増加と気候変動がこのままの勢いで進めば、深刻な食料危機はまぬがれない。とりわけイスラエルでは、降雨量が大幅な減少や3日間以上続く熱波の増加など異常気象の影響が大きく、農業における課題先進国となっいる。 水資源や農業で活用できる土地が限られるといった不利な条件を補うべく、イスラエルでは育てる農作物の選択と農業技術の向上に注力してきた。 どんな種類の農作物を育てるかの決定は、国内需要ではなく国際的な競争力を高める観点からおこなっている。また、こうした国策がアグリテックの革新にもつながっている。 ・約10兆円規模で農業技術を輸出 農作物の自給率は高くないイスラエルだが、農業技術においては世界を代表する輸出大国だ。 2017年におけるアグリテックへの投資額は、世界全体で15億ドル(約1650億円)にもおよぶが、そのうち1億8500万ドル(約200億円)はイスラエルの企業に対するものだった。 イスラエルは2016年だけで、204の企業により91億ドル(約10兆円)相当の農業技術を輸出。輸出技術の中には、かんがいシステムや種子の繁殖技術が含まれる。 イスラエルの農場の80%には、点滴かんがいが導入されている。農作物で配水管で直接根や土壌表面に水を与える点滴かんがいは、用水路を用いた一般的なかんがい方式に比べて、水や肥料を与える量やタイミングをコントロールできる一方、水のリサイクルにより土壌...more
カテゴリー:

B Dash Camp 2019 SpringのPitch Arena優勝はAI搭載型クラウドIP電話サービスのRevcomm - 05月24日(金)19:05 

独立系ベンチャーキャピタルのB Dash Venturesが主催するスタートアップの祭典「B Dash Camp」が5月23日、24日に北海道・札幌で開催された。その目玉企画の1つであるピッチイベント「Pitch Arena」(ピッチアリーナ)は2日間に渡って熱戦が繰り広げられた。 今回は12社が初日のファーストラウンドに参戦。通常は6社が2日目のファイナルラウンドに進むのだが、今回はファーストラウンドで同点となった企業が出たため、異例の7社選出となった。 ファイナルラウンドで審査員を務めたのは以下の5名で、激戦を勝ち抜いて見事優勝を飾ったのはAI搭載型クラウドIP電話サービス「MiiTel」(ミーテル)を開発・提供するRevcomm(レブコム)。準優勝にあたるスペシャルアワードは、農作物の自動収穫ロボットを開発し、RaaS(Robot as a Service)モデルで提供するinahoだった。 江幡智広氏(mediba社長) 木村新司氏(DasCapital代表) 國光宏尚氏(gumi創業者/CEO) 佐藤裕介氏(ヘイ代表取締役社長) 玉川 憲氏(ソラコム代表取締役社長) 以下、優勝のRevcomm、準優勝のinahoを含めファイナルラウンドに登壇した各企業をピッチ順に紹介していこう。 ■モノグサ 2016年8月設立。知識習得のための問題作成から習得判定までを自動で行うサー...more
カテゴリー:

北海道美瑛町の農家が観光公害対策プロジェクトを始動 景観を守るためクラウドファンディングで資金調達を実施 - 05月24日(金)16:00 

2019年5月24日、北海道美瑛町農家(以下 農家)は、美瑛の観光公害を解決すべく、クラウドファンディング「JAPANKURU FUNDING」にて、目標金額100万円「畑看板プロジェクト」に挑戦いたします。北海道美瑛町は年間の観光入込客数が160万(※1)を超える人気観光地。しかし、観光客が農地に無断で侵入し、農作物を踏み荒らすなどの観光公害が深刻化しています。農地と美しい農業景観を守るために農家が自ら立ち上がり、プロジェクトス...
カテゴリー:

高橋書店、大人気『いきもの事典』シリーズ!『ざんねんないきもの事典』に続き、『外来生物大集合! おさわがせ いきもの事典』2019年5月28日(火)より発売開始 - 05月23日(木)14:00 

[株式会社高橋書店] [画像1: https://prtimes.jp/i/45036/1/resize/d45036-1-124769-11.jpg ] 本書では、在来種を激滅させたり、農作物や人間に害を与えたりしている“おさわがせ”な外来生物に注目。本来その場所にいな...
カテゴリー:

沖縄県の被害3000万円 与那国の大雨で農業施設、道路などに被害 - 05月23日(木)10:56 

 沖縄県農林水産部は22日までに、与那国町で13日に降った記録的大雨で、県の農業施設などに約3千万円の被害が出たと被害額をまとめた。のり面崩壊や水路から水があふれ出たことによる道路の浸食が確認された。  農作物の大きな被害は現段階では確認されていないが、牛舎の冠水により牛が1頭流されて死亡する被害があ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「農作物」の画像

もっと見る

「農作物」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる