「佐賀市天神」とは?

関連ニュース

<ロビー>顧客に最適な提案を セゾン自動車火災保険社長 佐藤史朗さん(62) - 07月02日(木)10:20 

コロナ禍でのトップ就任。「人々の生活を支えることが社会的な使命。罹患(りかん)者を出し、事故対応ができなくなれば、お客さまに迷惑をかける」と、テレワークの環境を迅速に整備した。 非常時とも言える中、存在感を発揮したのが佐賀市天神にあるサポートセンターだ。もともと非常時の対応を定めたBCP(事業継続計画)の一環で設置したが、「東京がテレワーク中心になる中、佐賀の皆さんのおかげで、契約中のお客さまにきちんと対応できた」。
カテゴリー:

アバンセホール、休館日にも開館 延期のイベント支援 - 06月25日(木)10:47 

佐賀市天神の県立男女共同参画センター・生涯学習センター(アバンセ)は8~10月の休館日に、館内のホールを特別開館する。新型コロナウイルスの影響で延期になった講演会や研修会などの開催を支援する。 特別開館は8月17日~10月26日の月曜日で、計11日間。ホールは301人収容で利用は有料。時間帯は「午前9時~正午」「午後1時~同5時」「午前9時~午後5時」の三つになる。予約は先着順で、各日の15日前まで受け付ける。予約状況はアバンセのホームページで確認できる。
カテゴリー:

被害者支援員養成へ講座 - 06月30日(火)20:55 

佐賀県は、7月30日に佐賀市で開講する「犯罪被害者支援サポーター養成講座」の受講者を募集している。支援に関心がある人を対象に、被害者への関わり方や基本的な法制度などを学ぶ。 佐賀市の認定NPO法人被害者支援ネットワーク佐賀VOISS(ボイス)の広報啓発や支援員としての活動に協力できる成人が対象。講座は12月までの全10回で、支援活動の内容や相談への対応などを解説する。講師は臨床心理士らが務める。 第1回は佐賀市天神のアバンセで、佐賀ボイスの活動や行政の役割と連携について説明する。
カテゴリー:

県アマ囲碁初段・二段大会 7月12日参加募集  - 06月18日(木)19:50 

第43期佐賀県アマ囲碁最強者戦(佐賀新聞社主催)の開幕戦となる初段・二段大会が7月12日、佐賀市天神の佐賀新聞社で開かれる。当日、会場で参加を受け付ける。 今期は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年の4月開催を延期していた。対局者同士の間隔を確保して「3密」を避けるため、会場は従来の日本棋院佐賀中央支部(佐賀市駅前中央)から佐賀新聞社に移す。参加者はマスクを持参する。 午前9時に受け付け開始、同9時半から対局スタート。トーナメント方式で、上位8人に賞状と賞品を贈る。
カテゴリー:

「佐賀市天神」の画像

もっと見る

「佐賀市天神」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる