「佐賀市天神」とは?

関連ニュース

映画でフェアトレード学ぼう 22日にアバンセ - 10月18日(金)20:55 

フェアトレードを学ぶ映画上映会と講演会が、22日午後1時半から佐賀市天神のアバンセで開かれる。ファッション業界の裏側を描くドキュメンタリー映画「ザ・トゥルー・コスト」を上映し、フェアトレードシティくまもと推進委員会の明石祥子代表理事が登壇する。 フェアトレードとは、途上国の生産者と適正な価格で取引する運動。映画は、華やかなファッション産業の影に潜む貧困や、過酷な環境下にある労働者の実情などを浮き彫りにする。 熊本市は2011年、アジア初のフェアトレードタウンに認定された。
カテゴリー:

立石さん(鳥栖2年)が県代表 - 10月16日(水)21:20 

第39回全国高校生読書体験記コンクール(一ツ橋文芸教育振興会主催、佐賀新聞社、集英社など後援)の県審査会が16日、佐賀市天神の佐賀新聞社で開かれた。立石美月さん(鳥栖2年)が県代表の優良賞に選ばれた。 県内8校から1335点の応募があり、各校で選ばれた22点を審査した。審査は、委員長の永田彰浩小城高校長のほか、北村敬厳木高校長、辻村圭介佐賀新聞社報道部長が務めた。
カテゴリー:

みんなの掲示板 10月17日 - 10月16日(水)20:38 

【きょうの催し】 愛野美佐緒エッグアート作品展(20日まで、佐賀市天神のぎゃらりぃふじ山)◆みんなの大学写真展(20日まで、佐賀市本庄町の佐賀大学美術館)【巡回車】 (18日) ◆胃がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市・東多久町公民館▽8時半=神埼市・脊振勤労者体育館▽8時45分=唐津市保健センター(予約制) ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市・東多久町公民館(乳がん検診のみ予約制、子宮がん検診は10時開始)、基山町保健センタ…
カテゴリー:

「ばぶばぶフェスタ」に1万4000人 - 10月14日(月)08:30 

子育て支援イベント「ばぶばぶフェスタどん3」(佐賀県、佐賀新聞社主催)が13日、佐賀市天神のどん3の森一帯で開かれた。さわやかな秋空の下、1万4千人の親子連れが訪れ、多彩なイベントを楽しんだ。 子育ての孤立化が社会問題となる中、地域ぐるみで子育てを支えようと開き、今年で11回目を迎えた。 園児のマーチングバンドとダンスで開幕し、七つのゾーンに分かれて子育てを楽しむセミナーや親子フォト撮影会などを実施。
カテゴリー:

絵手紙色とりどり1400点 - 10月12日(土)21:10 

県内の絵手紙教室で学ぶ13教室の生徒たちの力作が並ぶ「第10回記念展 さが絵手紙友の会交流展」が、佐賀市天神の市立図書館で開かれている。季節の花や野菜などが描かれた色とりどりの作品約1400点を見て楽しめる。17日まで。 絵手紙は、日本画用絵の具「顔彩(がんさい)」で色付けした絵と、文字を添えた手紙。展示作品には、ナスやカボチャ、ホオズキなど季節の野菜や花などが描かれていた。新しい時代を迎えた今年を祝って「令和」と文字が入った作品も見られた。
カテゴリー:

卵の殻でアート 色とりどり80点 - 10月18日(金)20:40 

佐賀市 卵の殻を装飾する「エッグアート」の作品展が、佐賀市天神のぎゃらりぃふじ山で開かれている。ガチョウの卵などを飾り付けたカラフルな置物やランプなど約80点を展示する。20日まで。 ジャパン・インターナショナル・エッグアート公認講師の佐賀市の愛野美佐緒さんと生徒4人が制作した。愛野さんは10年ほど前にインターネットでエッグアートを知り、通信教育や教室で技術を磨いた。 作品は卵をカットし、色を付け、装飾している。殻に絵を描いたり、内側に人形を飾ったりしている。
カテゴリー:

ブランチ佐賀さかえ会 バルーンフェスタの歩み語る  - 10月16日(水)21:00 

県内大手企業の支社長らでつくる「ブランチ佐賀さかえ会」(座長・中尾清一郎佐賀新聞社社長)が16日、佐賀市天神のグランデはがくれで開かれた。佐賀市経済部観光振興課の古賀伸輔課長が40回目を迎える佐賀インターナショナルバルーンフェスタの歩みや見どころを語った。 古賀課長は同大会とともに熱気球の歴史について語った。50年前に京都大と北海道大の学生が共同制作して熱気球の有人飛行に成功し、熱気球グループが増加。北海道や福岡県で大会が開かれ、佐賀県でも14機が集まって本大会が始まったという。
カテゴリー:

ばぶばぶフェスタで被災地募金 - 10月15日(火)20:00 

佐賀市天神のどん3の森一帯で13日に開かれた子育てイベント「ばぶばぶフェスタどん3」(佐賀県、佐賀新聞社主催)で、佐賀新聞社と武雄市のおもやいボランティアセンター(鈴木隆太代表)は、佐賀豪雨被災地支援の募金とお譲り絵本の受け付けを行った。募金は1万5971円、絵本は87冊が集まった。浄財で購入した野菜セットと絵本を被災した子育て世帯に贈る。 芝生広場に設けた佐賀新聞社販売局テント内で受け付け、来場者はテントに立ち寄って協力した。
カテゴリー:

手づくり絵本 秀作ずらり 佐賀市立図書館コンクール - 10月12日(土)22:05 

自作の絵本を募集する「手づくり絵本コンクール」の作品展と巡回展が9日から、佐賀市天神の市立図書館で始まった。思い思いに作った子どもや大人の作品を手に取って読むことができる。同館では22日まで、入賞作品と応募作品を展示する。25日以降、市内の分館で入賞作品の巡回展を行う。 最高賞の佐賀市長賞には、児童の部で小城市の桜岡小4年の祝恭羽(いわいやすは)さん、一般の部で佐賀市の比留間良枝さん(44)がそれぞれ選ばれた。
カテゴリー:

アバンセ感謝祭 19、20日に開催  - 10月10日(木)21:30 

「第3回アバンセ感謝祭」が19、20の両日、佐賀市天神のアバンセで開かれる。アバンセで文化活動を行うサークルによる作品展や体験イベント、講演などが楽しめる。 作品展では、絵手紙や現代俳句、農業用の布地・寒冷紗(かんれいしゃ)で作る創花などが並ぶ。絵手紙や折り紙について学ぶミニ講座やフラワーアレンジメント体験もある。本のお譲り会「ブックリサイクル」(19日)や職員による「iPad無料体験会」、黒石と白石を並べて戦う「連珠対局」(いずれも20日)も行う。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「佐賀市天神」の画像

もっと見る

「佐賀市天神」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる