「トラック」とは?

関連ニュース

【マラソン】ハーフM日本新の新谷仁美「トラック.. - 01月22日(水)12:00 

【マラソン】ハーフM日本新の新谷仁美「トラックよりマラソンを」の声
カテゴリー:

国交省/全ト協に新型コロナウイルスの予防徹底を呼び掛け - 01月22日(水)11:30 

国土交通省は1月21日、全日本トラック協会に新型コロナウイルスの予防とまん延防止の徹底を書面で呼び掛けた。 武漢市などで発生している新型コロナウイルスは、日本でも1月14日に感染者が確認された。WHOや国立感染症研究所の […]
カテゴリー:

【くるま】10年以上にわたって時速10km前後でノロノロ走り続ける「10キロおじさん」。取り締まることはできないのか - 01月22日(水)10:45  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00218185-kurumans-bus_all 後続車はイライラ!おじさんの後ろには長い車列ができることも ニュース番組で報道されたこともあり、10年間という長きに渡って時速10km前後でノロノロ走り続ける「10キロおじさん」が話題です。 一般道では最低速度違反で取り締まることはできませんが、じつはあまり知られていない 「追いつかれた車両の義務違反」によって取り締まり対象となるようです。 10キロおじさんとは、神奈川県清川村周辺の道路で、約10年間にわたって「ノロノロ運転」...
»続きを読む
カテゴリー:

いすゞ、UDトラックスとプラットフォーム共通化へ.. - 01月22日(水)09:35 

いすゞ、UDトラックスとプラットフォーム共通化へ ボルボ提携で共同購買も視野
カテゴリー:

渋谷にオープンしたお茶専門の複合施設「JINNAN HOUSE」 - 01月22日(水)06:00 

渋谷区神南1丁目に先週18日にソフトオープンしたのは、日本の若者や海外の方に気軽にお茶を楽しんでもらうことを目的としたミニマル複合施設「JINNAN HOUSE(ジンナン ハウス)」。渋谷駅から徒歩8分にある豊かな緑に囲まれた540㎡の敷地内に店舗を構えるのは、厳選茶葉とお茶用専用水で淹れたこだわりの一杯を提供する茶食堂「SAKUU 茶空(サクウ)」。また、“Rolln' with good food”を合言葉に、お腹が空いた人たちへ素敵な食を届けるフードトラック「RiCE TRUCK(ライス トラック)」では、カレー研究家・水野仁輔さん(AIR SPICE)の「基本のチキンカレー」やファッションブランドやバーのプロデュースなどを手掛ける山本海人さんの人気店「BUY ME STAND」のサンドイッチ「BUY ME」などを販売。今後は徐々にメニューを増やし、イベント開催時には人気料理人が参加してさまざまな料理を提供する予定。イベントスペース&ギャラリー「HAUS STUDIO(ハウス スタジオ)」では、アート展以外にも、お茶や食にまつわるさまざまなイベントを開催していく。お茶は国内消費が緩やかな減少傾向にある一方、海外での人気が急速に高まっており、今後、「お茶の楽しみ方」を通じて国内外の人が交わる場として話題を集めることだろう。『JINNAN HOUSE』【住...more
カテゴリー:

ポルシェ無免許暴走医師に懲役10年求刑 検察側「あおり運転していた」 神戸地裁 - 01月22日(水)11:59 

 兵庫県尼崎市の阪神高速で2018年11月、ドイツ製高級車「ポルシェ」を時速200キロ超で無免許運転してトラックに追突し、相手運転手を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた同県芦屋市の医師、久保田秀哉被告(51)に対し、検察側は22日に神戸地裁(小倉哲浩裁判長)で開
カテゴリー:

【逆あおり】10年間ノロノロ運転続ける「10キロおじさん」…警察「道交法27条・追いつかれた車両の義務で取り締まりは可能」 - 01月22日(水)10:59  newsplus

後続車はイライラ! おじさんの後ろには長い車列ができることも ニュース番組で報道されたこともあり、10年間という長きに渡って時速10km前後でノロノロ走り続ける「10キロおじさん」が話題です。 一般道では最低速度違反で取り締まることはできませんが、じつはあまり知られていない「追いつかれた車両の義務違反」によって取り締まり対象となるようです。 ※ ※ ※ 10キロおじさんとは、神奈川県清川村周辺の道路で、約10年間にわたって「ノロノロ運転」を続けている男性のことです。 ノロノロ運転の速度は5km/hから1...
»続きを読む
カテゴリー:

クリーンにネット商品配達! Amazonが2025年までにインドで電動人力車1万台を導入 - 01月22日(水)10:09 

歯止めのかからない地球温暖化を前に、世界の企業が二酸化炭素排出を抑制する取り組みを始めている。そうした活動をリードする役割が大手企業には求められるが、オンライン小売最大手の米Amazonはこのほどインドでの配達に電動人力車を導入すると発表した。 2025年までに1万台を配備する計画。差しあたっては今年末までにインド国内20都市で電動人力車を導入する。 ・100%電気で走行 電動人力車は三輪タイプと四輪タイプの2種で、インド国内でデザイン・製造される。すでに地元企業数社に製造を委託しているという。 公開された映像をみると、「人力車」としながらも実際は人力ではなく100%電気で走行し、車と同じくドライバーはシートベルトを着用している。ただ、通常の配達トラックなどよりもスリムな分、小回りがきくというメリットもあるようだ。 ・環境負荷ゼロへ オンライン小売最大手という不動の地位を築いているAmazonは、このところ成長著しいインドにかなり投資している。今回の人力車配備もその一環であると同時に、同社が追求している環境負荷ゼロという目的も持たせている。 Amazonは昨年、米国の電気自動車メーカーに専用の配達トラックを発注していて、2022年までにEV1万台を、2030年までに10万台を投入する計画を発表した。こうした取り組みにより2030年までに二酸化炭素400万トンの排出を抑制できる見込み...more
カテゴリー:

【神戸303ほ9867】リミッターで90kmしかでないトラックをカモにする逆煽り運転の車カスが撮影される - 01月22日(水)07:50  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif https://twitter.com/Pascal_channel/status/1219409006994681856?s=19 https://twitter.com/tatsuma552164/status/1215586991967887362?s=19 (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

仕入れ物流見直す 9月から「引取り形式」 トヨタ - 01月22日(水)05:11 

 トラックドライバー不足が深刻さを極めるなか、トヨタ自動車㈱(愛知県豊田市、豊田章男代表取締役社長)は今年9月、東海地域における部品の仕入れについて一部を「引き取り物流」に切り替える。現在は、各部品仕入先企業がそれぞれ物流事業者を手配する「お届け物流」形式を採用している。  「引き取り物流」は、……[続きを読む]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トラック」の画像

もっと見る

「トラック」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる