「観光庁」とは?

関連ニュース

【トリップドットコム】旅行予約『カラ販売』サイトが謝罪…専門家「安すぎる料金は警戒」 - 12月13日(木)18:17  newsplus

2018.12.13 https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/181213/soc1812130007-s1.html?ownedref=not%20set_all_newsTop  宿泊先選びの手段として定着してきた旅行予約サイトで、とんでもない問題が発覚した。中国に本社を置くサイトで、実際には空いていない高級旅館やホテルの部屋が「カラ販売」されていたというのだ。年末年始や10連休となる来年のゴールデンウイークを控える旅行業界だが、利用者が旅行計画を台無しにしないためにも注意すべき点があると専門家が警鐘を鳴らす。  上海に本社を置く企業が運営する旅行予約サイト...
»続きを読む
カテゴリー:

京都の人気芸妓がタイで撮影会 海外初「両国の友好に」 - 12月12日(水)13:03 

 京都五花街の一つ、祇園甲部(こうぶ)の人気芸妓(げいこ)、紗月(さつき)さん(24)が来年1月、タイのチェンマイでタイ政府観光庁主催の写真撮影会にモデルとして臨むことになった。タイ政府は日本からの観光客誘致に力を入れており、タイの観光ポスターのモデルに起用されることも決定。海外で京都の芸舞妓(げいまいこ)をモデルにした撮影会が開かれるのは初めてといい、「日本とタイ両国の友好にお役に立つことができれば」と意欲を見せる。
カテゴリー:

住宅宿泊事業を推進する業界団体設立に合意 - 12月11日(火)15:54 

[株式会社百戦錬磨] [画像: https://prtimes.jp/i/26203/32/resize/d26203-32-894951-0.jpg ] 住宅宿泊協会設立準備会は、今年5月より観光庁のご協力を得て、国内外の主要な住宅宿泊仲介プラットフォーム有志が集まり、半年に渡り設...
カテゴリー:

観光で行きたい都道府県ランキング2018ベスト10 1位北海道 2位京都 3位沖縄 - 12月10日(月)09:34  news

観光で行きたい都道府県ランキング2018ベスト10!2位京都、1位は? 国内旅行をする人が増えている。2014年には5億9522万人だった日本人の国内旅行者数は、15年6億472万人、16年6億4108万人、 17年6億4720万人と、ここ数年で5000万人近く増加した(観光庁「旅行・観光消費動向調査」平成30年2月)。 では、国内旅行の候補に挙げられる、観光で行きたい人気の都道府県はどこなのか。ブランド総合研究所が行った「都道府県観光意欲度ランキング2018」を見ていこう。 (有効回答数:全国3万24人)。 観光したい都道府県1位は北海道...
»続きを読む
カテゴリー:

トリップドットコム、空売り問題に関する声明を更新 弊誌報道に対する「事実と異なる」記載削除 - 12月08日(土)17:40 

旅行予約サイト「Trip.com(トリップドットコム)」を運営する、Ctrip International Travel Japan(シートリップ)の日本法人、Trip.com Japan(トリップドットコムジャパン)は、12月6日付けでウェブサイトに掲載した「一部メディアでの報道について」を、12月7日付けで更新した。 これらの一連の報道は、12月1日付けで弊誌が報じた記事「【スクープ】”存在しない部屋”を販売する海外大手宿泊サイトのカラクリ 年末年始に「部屋なし」問題大量発生も懸念」に端を発するもの。 トリップドットコムが契約の有無に関わらず提供していた、「オンリクエスト(リクエスト予約)」という予約方法について、当初は、「予約が確保できなかった場合や回答待ちのお客様が予約確定前に取り消しされた場合は全額返金しており、当該報道は事実とは異なるもの」としていたものの、記載を削除した。 空室がない宿泊施設で”空室あり”として販売していた「空販売」や、存在しない部屋や内容を販売していた「偽プラン販売」をトリップドットコム上で行っている代理店との取引を停止したといい、「疑惑がある9社も調査作業を行っております」とした。これらの代理店名などは依然として公表していない。 リクエスト予約での日本国内での販売は12月4日付けで停止しており、予約が確定できなかった利用者に対しては全額返金を完了...more
カテゴリー:

トリップドットコム、部屋の確保ができなかった予約37件をキャンセル - 12月13日(木)08:49 

Ctrip.com International(シートリップ)傘下の日本法人、Trip.com Japan(トリップドットコム)は、「当サイトにおけるリクエスト予約に係る問題に関して」と題した声明を、12月12日未明に公開した。空予約などの一連の不祥事による声明の発表は4回目。 空室がない宿泊施設の部屋を、「残り1室」などと偽ってリクエスト予約という形で販売していた件数は12月4日時点で403件で、そのうち12月12日時点で366件の予約は部屋の確保ができたという。部屋の確保ができていなかった予約は37件で、トリップドットコムではキャンセル処理を行い、予約客には部屋のアップグレードや他宿泊施設の提案を行い、手配ができなかった場合は全額返金と1泊目の宿泊料金の3倍の金額を賠償するとした。うち17件は利用者への対応を終えており、残りの20件は12月13日中に対応を行うとしている。 「オンリクエスト」はトリップドットコムとの契約がない宿泊施設でも、宿泊施設に無断で存在しない部屋タイプやプランなどを販売しているケースもあり、これらのほとんどで通常の販売価格より最高で3倍程度と、不当に高額で販売を行っていた。予約が成立していないにも関わらず予約客が宿泊施設を訪れることや、予約客予約確定のメールを受け取った予約が宿泊施設側で確認できなかったケースもあり、少なくとも今夏頃から増加しているという証...more
カテゴリー:

成田発国際線利用でパスポート取得費用キャッシュバック 最大1万円 - 12月11日(火)16:03 

成田国際空港とタイ国政府観光庁、TABIPPOは共同で、パスポートを取得して国際線を利用する人を対象に先着で5,000円をキャッシュバックする「パスポートキャンペーン2019」を実施している。 対象となるのは、4月1日現在で満12歳以上の国内在住者のうち、新規もしくは更新でパスポートを取得し、2019年9月30日までにタイへ渡航した人先着200名または、新規もしくは更新でパスポートを取得し、2019年9月30日までに成田空港発の国際線を利用した人先着200名。それぞれ5,000円をキャッシュバックする。両条件を満たす場合は合計10,000円のキャッシュバックとなる。 出発前に応募・キャッシュバック申請が必要。キャンペーンへの応募期間は2019年3月31日まで、キャッシュバック申請は同年9月30日まで。また、応募・キャッシュバック申請した人の中から抽選で、往復航空券や旅行に便利なグッズをプレゼントする。 投稿 成田発国際線利用でパスポート取得費用キャッシュバック 最大1万円 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

住宅宿泊事業を推進する業界団体設立に合意。業界団体名称を「住宅宿泊協会」に決定 ~スペースマーケット代表取締役・重松が理事に就任予定~ - 12月11日(火)15:06 

[株式会社スペースマーケット] [画像: https://prtimes.jp/i/15560/86/resize/d15560-86-389811-0.jpg ] 【協会設立の背景と目的】  住宅宿泊協会設立準備会は、今年5月より観光庁のご協力を得て、国内外の主要な住宅宿泊仲介プラットフォー...
カテゴリー:

トリップドットコム、”空売り”疑惑の10社に販売停止措置 賠償も - 12月10日(月)09:05 

旅行予約サイト「Trip.com(トリップドットコム)」を運営する、Ctrip.com International(シートリップ)の日本法人、Trip.com Japan(トリップドットコムジャパン)は12月10日、「当サイトにおける疑惑の見つかった販売業者に関して」と題した声明を、ウェブサイト上に公表した。 トリップドットコムは契約を結ぶ販売業者のうち、疑惑の見つかった10社に対して販売停止の措置を実施した。10社経由での予約は403件で、12月7日午後6時までにそのうち8割では部屋の確保を行っていたことが確認できたという。残り2割の予約については12月12日までに改めて状況を報告するという。同日までに確認ができなかった場合、部屋のアップグレードもしくは全額返金に加え、1泊目の料金を賠償する。さらに、部屋の手配ができなかった場合には、最初の1泊目の料金の3倍相当額を賠償する。一方で、不当に高額のプランを予約し、予約が確定した人に対する返金については触れられていない。販売業者が存在しないのではないかという疑義については、「観光庁観光産業課観光業務適正化指導室に対して関連する資料を提出済みであり、審査の結果により販売業者の存在が証明されるものと考えている」とした。一方で、疑義のある販売業者名は現在までに公表していない。 予約確定後に宿泊施設側が予約を確認できなかった事例につい...more
カテゴリー:

【ネット】中国の日本向け旅行予約サイトtrip.com 約400件の架空受付 - 12月08日(土)17:03  newsplus

2018年12月8日 16時47分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181208/k10011739991000.html 年末年始に旅行を計画している人は注意が必要です。中国の大手旅行会社が運営する日本向けの予約サイトで、満室のはずの宿泊施設が「空室」と表示され、およそ400件に上る架空の予約受付が行われていたことが分かり、観光庁が実態調査に乗り出すことになりました。 架空予約が明らかになったのは、中国の大手旅行会社が運営する予約サイト「trip.com」の日本語版のサイトです。 会社側の説明によりますと、この会社と契約する旅行...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「観光庁」の画像

もっと見る

「観光庁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる