「観光庁」とは?

関連ニュース

解決策はあるか。「温泉タトゥー問題」は宿と日帰り施設でも違う - 02月12日(火)18:26 

外国人観光客が増え続ける日本にあって、その人の国では文化としてごく普通のことだとしても、タトゥーのある人の公衆浴場利用が認められないということが問題になっています。そんな「温泉タトゥー問題」に関するシンポジウムの企画にも関わる紀行作家で温泉ソムリエの飯塚玲児さんは、メルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』でこの件に言及。タトゥー問題解決のアイデアを提示し、読者に意見を求めています。 『タトゥーと温泉』に関する一つの提案 兼ねてからアナウンスしていた「タトゥーと温泉」の国際シンポジウムに関して、詳細が決定した。詳しくは下記のサイトを参照していただきたい。 ● イレズミ・タトゥーと多文化共生 正直なところ、未だこの問題に関しての温泉施設の現状を把握しきれていない。感覚的に言えるのは、温泉宿と日帰り温泉施設では、対応の仕方に差が出ても仕方がない、ということだろうか。 温泉宿の場合は、観光庁の発表通り、貸切風呂の入浴を促す、入浴の時間帯に配慮する、ということが可能だろうが、日帰り温泉施設の場合はそうもいくまい。結果としてオールオアナッシング的に、すべてダメかすべてオーケーか、という対応になりがちである。 観光庁のアンケート調査に先立つ2014年の関東弁護士連合会実施のアンケートの回答の中に「イレズミやタトゥーと聞いて何を連想しますか(複数回答可)」という質問に...more
カテゴリー:

誰でも簡単に世界に売れる!wBuyBuy.com運営のSSQQB株式会社、大阪を中心に地域密着型のドラッグストア・調剤薬局を約70店舗展開している株式会社アカカベと資本提携 - 02月12日(火)08:00 

[SSQQB株式会社]  日本政府観光局(JNTO)の推計では、2018年度の訪日外客数は前年度8.7%増しの3,119万1,900人でした。更に、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」の2018年4~6月期の地域調査の結果によれば、訪日観光客の都道府...
カテゴリー:

田端観光庁長官、青森の魅力テーマに講演 - 02月10日(日)08:57 

地域資源を活用した観光について考える「白神自然学校観光セミナー」(白神自然学校一ツ森校など主催)が9日、青森市のアピオ青森で開かれ、田端浩観光庁長官が「観光から見た国際的な視点からの青森の魅力」をテーマに講演した。県内の観光関係者など約200人が出席し、青森県の観光の可能性について探った。田端氏はインバウンド(訪日外国人旅行)について、観光消費額の増加、地方への波及、リピーター率の上昇が重要との考えを示し、そのためには「観光の質」を上げる取り組みが必要だと強調。西目屋村の暗門の滝のガイドツアー…
カテゴリー:

観光庁国際観光課長による訪日市場総括セミナー開催 - 02月08日(金)11:00 

あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)が運営する観光人財を育成するオンラインプログラム 「Tourism Leaders Schoolーツーリズム リーダーズ スクール(以下、TLS)」は、2月13日(水)19時より国土交通省 観光庁 国際観光課長である伊地知 英己(いじち ひでき)氏による「昨今の観光インバウンド[1]市場の総括お...
カテゴリー:

成田-イスラエル結ぶチャーター便 旅行会社がツアー商品として販売 - 02月07日(木)06:07 

観光庁などは6日、成田空港とイスラエルのテルアビブを結ぶ初のチャーター便が9月に運航されることになったと発表した。旅行会社がツアー商品として販売する。日本とイス…
カテゴリー:

民泊を考えよう シンポジウム 「観光立国と地域社会の創生に向けて」 開催 - 02月12日(火)15:00 

2019年2月12日 株式会社共同通信社 民泊の社会的役割と課題を考えるシンポジウム 「観光立国と地域社会の創生に向けて」 -2020以降を踏まえた持続可能な観光の成長を考える- 開催のご案内 【日時】2019年2月25日(月)13時30分開始(受付13時00分~) 【場所】イイノホール&カンファレンスセンターRoomA(東京都千代田区内幸町2-1-1)  株式会社共同通信社は「観光立国と地域社会の創生に向けて」と題し、民泊の社会的役割と課題を考えるシンポジウムを主催いたします。  訪日外国人旅行者数年間4千万人達成に向け、宿泊施設不足の解消に大きな役割を果たしうる民泊。大きな経済効果と地方創生へのきっかけづくりも見込まれます。一方で観光客と地域との共生が課題となっています。2020年以降を踏まえた持続可能な観光の成長について考え、発信する場として本シンポジウムを開催します。  基調講演には国土交通省観光庁長官・田端浩様にご登壇いただきます。パネルディスカッションでは、さまざまな立場の方にご登壇いただき、民泊の現状と自治体に求められる実践的な対策について議論を行います。 【日時】2019年2月25日(月)13:30~16:00 【場所】東京都千代田区内幸町2丁目1番1号 イイノホール&カンファレンスセンター RoomA 【主催】株式会社共同通信社  ...more
カテゴリー:

田端観光庁長官、十和田で観光ガイドらと懇談 - 02月11日(月)08:48 

観光庁の田端浩長官が10日、青森県十和田市の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」を訪れ、同ホテル関係者や地元観光ガイドと、十和田八幡平国立公園が選定された、外国人客誘致の環境整備を集中的に進める「国立公園満喫プロジェクト」をテーマに懇談した。懇談には地元の観光関係者約10人が参加。十和田市の本宿貴一観光商工部長が、施設整備などの具体策を盛り込んだ「ステップアッププログラム」の進ちょく状況や、新年度から業務開始するDMO(観光地域づくり推進法人)について説明した後、それぞれが意見を述べた。十和田湖…
カテゴリー:

マリンポートから市街地へ クルーズ客に無料バス 観光庁が試験運行 - 02月09日(土)13:00 

 観光庁は8日、クルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(16万8000トン、乗客4863人)が寄港した鹿児島市のマリンポートかごしまからドルフィンポートまでを結ぶ無料シャトルバスを試験運行した。乗客乗員合わせて約500人が利用し、市街地へと繰り出した。
カテゴリー:

イスラエル「日本と直行便を就航すべき時が来た。いい国だから旅行しに来て」 - 02月07日(木)06:44  news

 国土交通省 観光庁、同 航空局、イスラエル大使館は2月6日、東京・成田国際空港~イスラエルのテルアビブ・ベングリオン空港間で 初めてとなるチャーター便が運航されることを発表し、同日、イスラエル大使公邸で記者会見を行なった。  このチャーター便は、2018年5月に行なわれた日本・イスラエルの首脳会談において、経済分野を含めた両国の関係強化の促進を確認し、 将来の直行便運航を見据えて、まずは需要増大のために直行チャーター便の実現を目指すこととしたもの。 2018年9月には、観光庁、航空局、外務省、JATA(日本...
»続きを読む
カテゴリー:

【航空】イスラエルへ往復チャーター便、初運航 定期便化視野に 成田⇄テルアビブ - 02月07日(木)01:34  newsplus

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM265J9NM26UHBI026.html?ref=tw_asahi イスラエルへ往復チャーター便、初運航 定期便化視野に 2019年2月7日1時24分  観光庁とイスラエル大使館は6日、同国の商都テルアビブと成田空港とを結ぶチャーター便を9月に初めて運航すると発表した。旅行会社がツアー商品を企画。飛行時間は片道12時間半で、乗り換えが必要な従来の便より3割ほど短縮されるという。将来の定期便運航を視野に実績をつくり、双方の観光やビジネス交流の拡大を図る。ITや医療産業が盛んなイスラエルは近年、観光...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「観光庁」の画像

もっと見る

「観光庁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる