「鉄道事業」とは?

関連ニュース

JR東日本グループ、生成AIチャットの全社員展開や「鉄道版生成 AI」などAI促進 - 07月12日(金)15:06 

JR東日本グループは7月11日、同社が開発してきた社内向け生成AIチャットツールの全社展開や鉄道事業固有の情報を学習する「鉄道版生成 AI」の開発など、生成AIへの取り組みを発表した。
カテゴリー:

駅員らへの暴力、昨年度517件 半数が飲酒、週末に多く - 07月10日(水)13:00 

 JR旅客各社と日本民営鉄道協会などは、全国37の鉄道事業者で駅員や乗務員らが客から受けた暴力行為が、2023年度に計517件あったと発表した。22年度より26件減ったが、依然として500件を超えてお…
カテゴリー:

JR北海道 2023年度の営業赤字約598億円 前年度より約60億円縮小 札幌圏での営業収益はこの10年で最大の423億円 - 07月04日(木)16:04 

 JR北海道は、3日、2023年度の線区ごとの収支を発表し、鉄道事業の赤字幅は前の年度に比べて、60億円ほど縮小したことがわかりました。2024年07月04日(木) 15時42分 更新
カテゴリー:

ことでんの鉄道事業再構築実施計画を認定、新造車両の導入等も支援 - 06月29日(土)17:22 

国土交通省は、高松琴平電気鉄道(ことでん)などから申請のあった鉄道事業再構築実施計画について、国土交通大臣が6月27日付で認定を行ったと発表した。自治体のおもな支援内容として、太田~仏生山間の新駅整備と複線化、新造車両の導入が盛り込まれた。
カテゴリー:

熱中症予防に防止かぶらない…JR九州が運転士と車掌の規則改め 社員から「蒸れる」の声 - 06月28日(金)16:30 

 JR九州は、熱中症予防や働きやすさの向上を図るため、運転士と車掌計約2000人が制帽を着用しないことを7月から認める。同社では初の取り組みで、九州の鉄道事業者の中でも珍しいという。
カテゴリー:

【鉄道】駅員らへの暴力、昨年度517件 半数が飲酒、週末に多く - 07月10日(水)13:36  newsplus

駅員らへの暴力、昨年度517件 半数が飲酒、週末に多く:朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASS7B0QJPS7BUTIL02FM.html 細沢礼輝 2024年7月10日 13時00分  JR旅客各社と日本民営鉄道協会などは、全国37の鉄道事業者で駅員や乗務員らが客から受けた暴力行為が、2023年度に計517件あったと発表した。22年度より26件減ったが、依然として500件を超えており、コロナ禍前の件数に近づいている。暴力行為をした人の54%が酒気を帯びていたという。  曜日別では、土曜が95件で最も多く、次いで日曜82件、金曜78件と週末が目...
»続きを読む
カテゴリー:

自治体の交通担当者「JRさん混雑が酷い、解消してくださいよ!」、JR支社「列車が混んでいないと本社に申しわけが立たないので拒否」 - 07月07日(日)18:08  poverty

若者だって座りたいんだよ! 公共交通「席譲り」論争を分析する 鉄道事業者は「マナー」を強調するが、現在の日本で「マナー」とされている行為の大半は、混雑さえなければそもそも必要がない。  前述の「つめておしまい」にも背景がある。この地域では国鉄時代(民営化前)と比べると、 ・列車の編成両数の削減 ・車両の小型化 により、朝の通勤・通学時でも座席の数が約6分の1に減っている。沿線の若年人口が減っているとはいえこれは極端に過ぎるのではないか。  他の地域でも同様である。関東地方の地方都市で、...
»続きを読む
カテゴリー:

ことでん新駅&複線化、県などが財政支援へ 新車と安全対策にも(乗りものニュース) - 07月02日(火)14:42 

 国土交通省 四国運輸局は2024年6月27日(木)、香川県内で鉄道を運行する高松琴平電気鉄道(ことでん)の鉄道事業再構築実施計画について認定を行ったと発表しました。計画は、新駅設置や複線化、安全輸送
カテゴリー:

銚子電鉄が株主総会、会場は… 3期連続黒字は「ぬれ煎餅」のおかげ - 06月28日(金)21:28 

 銚子電鉄(千葉県銚子市)は28日、走行中の列車内で株主総会を開き、2023年度決算の最終損益が205万円の黒字になったと発表した。黒字は3期連続だが、本業の鉄道事業は赤字続きで、「ぬれ煎餅」を中心とする食品製造販売などの副業でカバーする状況が続いている。
カテゴリー:

海外インフラ投資の官民ファンド、累積赤字1千億円 各国で事業失敗 - 06月26日(水)09:57  newsplus

 企業の海外インフラへの投資を支援する官民ファンド「海外交通・都市開発事業支援機構」(JOIN)が、巨額の累積赤字を抱えていることがわかった。ミャンマーやブラジルなどの事業が失敗し、2024年3月期決算で799億円の損失を計上。従来分を含めると955億円にのぼる。採算性が疑問視されてきた官民ファンドの是非が問われる。 「クールジャパンを再起動」政府が戦略改定へ 過去の反省生かせるか  JOINは14年10月に設立。官民ファンドとはいえ、民間の出資はわずか2%で、実態は国の丸抱えに近い。民間企業と共同で、途上国の街づく...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる