「活発化」とは?

関連ニュース

40代、50代に人気のポテトチップス?健康志向の高まりなどで、変化するお菓子メーカー。 - 02月21日(金)10:19 

消費者の嗜好性や時代の変化に合わせ、ヒット商品を生み出すお菓子メーカー。近年では、海外市場の開拓や、AI・IoTによる業務効率化などの取り組みも積極的だ。実際の求人とともに、その動向に迫っていこう。「じゃがいも心地」「ひとくちルマンド」…ヒット商品に見る、各社の戦略少子高齢化や食生活の変化、健康志向の高まり――今、お菓子を取り巻く状況が変化している。こうした中、各メーカーが活発化させるのが、「健康志向」「利便性」を打ち出した商品企画・マーケティングだ。その一例とも言えるのが、2018年に発売されたポテトチップス「じゃがいも心地(湖池屋)」。同商品がユニークなのは、「野菜として芋のおいしさを楽しめる食べ物」として打ち出した点だ。通常のポテトチップスに比べ、芋を倍近くの厚さにスライス。従来の「油であげたお菓子」というイメージからの転換を狙い、商品名の上に「1枚1枚、野菜の味が濃い。」と表記した。その結果、とくにポテトチップスを敬遠しだす40代~50代からも支持を獲得。売れ行きは当初予算の2.3倍を記録し、定番商品にラインナップされた(*)。また、「利便性」で言えば、ビスケットやスナック、ガム、キャンディーなどで100円台で購入できる「食べきりサイズ」などが次々登場する動きも。たとえば、2019年3月には森永製菓が『ハイチュウミニ』に、新しい包装形態「小袋リクローズパウチ」...more
カテゴリー:

【悲報】日本経済崩壊へ 悪性の円安が止まらない - 02月21日(金)07:34  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/moukoneeyo_1.gif 20日午前のロンドン外国為替市場で、円相場が一時、昨年4月下旬以来約10カ月ぶりに1ドル=112円台に下落した。 中国で新型肺炎の拡大の勢いが弱まっていることを背景に、安全資産とされる円を売る動きが活発化した。 円下落、一時112円台 10カ月ぶり―ロンドン市場 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022001149&g=int おわた… ...
»続きを読む
カテゴリー:

自民党細田派 「ポスト安倍」で苦慮 派内は後継者不足 - 02月20日(木)20:06 

 安倍晋三首相(自民党総裁)の出身派閥・細田派(97人)で、「ポスト安倍」を見据えた動きが表面化し始めている。「派内が活発化する」(同派幹部)と歓迎する声が上がるが、今のところ有力候補者は不在の状況。同派に強い影響力を持つ首相は自らの後継に岸田派会長の岸田文雄政調会長を推すとみられる。党内最大派閥は
カテゴリー:

注目銘柄ダイジェスト(前場):有機薬、アクリート、レカムなど - 最新株式ニュース - 02月19日(水)11:59 

有機薬<4531>:338円(+80円)ストップ高。抗ウイルス点眼薬などを手掛けており、新型ウイルス対策関連の出遅れ銘柄として関心が高まっているもよう。株価水準の値頃感も強く、短期資金の値幅取り商いが中心とみられる。本日はウイルス対策関連の小型材料株が揃って軟化する動きとなっているものの、その分、出遅れ銘柄を探る動きは活発化している様子。トレンド<4704>:5920円(+40円)切り返して反発。
カテゴリー:

【安倍総理北朝鮮へ】「新日朝平壌宣言」を打診していた。日本が活発に動いていたことも事実 - 02月18日(火)19:02  newsplus

*安倍の統一まで無理案件~♪ 2/18(火) 17:35配信 ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月18日放送)にジャーナリストの有本香が出演。安倍総理が金正恩委員長に新たな首脳宣言づくりも可能と打診していたとするニュースについて解説した。 首脳会談と共に打診していた新たな日朝首脳宣言づくり 共同通信によると安倍総理大臣が2019年5月、北朝鮮の金正恩委員長との前提条件のない首脳会談を呼び掛けた際、新たな首脳宣言づくりも可能と打診していたことが16日までにわかった。 飯田)この打診に対して、北朝鮮がど...
»続きを読む
カテゴリー:

eVTOL航空機は2025年以降に商用化の見込み、2035年までに18億9,970万ドル超に - 02月21日(金)10:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電動垂直離着陸機 (eVTOL) の世界市場:技術・コンポーネント・オペレーション・エネルギー源・インフラ・用途・エンドユーザーへのフォーカス - 分析と予測 (2025-2035年)」 (BIS Research Inc.) の販売を2月20日より開始いたしました。世界のeVTOL航空機市場では開発と投資が活発化しており、プロトタイプの作成やさまざまなトライアルが進行中です。 eVTOL航空機市場で事業を展開している企業は、初期設計、プロトタイプから大量生産へ、飛行試験、稼働中、撤退などさまざまな段階にあります。トライアルが正常に完了した後、規制が整いeVTOL航空機が完全に機能するようになるまでに2~3年かかると予測されています。 eVTOL航空機は2025年以降に商用化される見込みです。世界のeVTOL航空機の市場規模は2025年時点で5億2400万ドル、2035年までに18億9,970万ドルを超えると予想されています。その間の成長率は13.75%を記録します。出荷台数としては2025年に499ユニット、2035年に2,028ユニットに達すると予想され、2025-2035年のCAGRは15.05%で推移します。世界のeVTOL航空機市場は、従来の航空機と比較して低燃費で環境に優しい航空機の需要の増加や電気航空機の効率化...more
カテゴリー:

円安とまらねぇええええうわあああやめろやめろやめろ - 02月20日(木)23:51  news

sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif 20日午前のロンドン外国為替市場で、円相場が一時、昨年4月下旬以来約10カ月ぶりに1ドル=112円台に下落した。 中国で新型肺炎の拡大の勢いが弱まっていることを背景に、安全資産とされる円を売る動きが活発化した。 円下落、一時112円台 10カ月ぶり―ロンドン市場 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022001149&g=int おわた… ...
»続きを読む
カテゴリー:

【天野秀夫 中小型厳選株】第1四半期は前年同期比4・7倍 「パルマ」特大級の増収増益 株主には1000株で1万円分クオカード - 02月20日(木)11:30 

 3月期の第3四半期業績を中心とする決算発表が14日にほぼ終了しました。新型肺炎による経済への影響が懸念されますが、物色的には、好業績・出遅れ銘柄の選別作業が活発化してきます。最高益更新が続く東証1部のディア・ライフを筆頭株主に持つマザーズ上場の「パルマ」(3461)は今後、見直しが進む有力候補です。
カテゴリー:

有機薬---急騰、ウイルス対策関連の出遅れとして物色向かう - 最新株式ニュース - 02月19日(水)10:39 

<4531>  有機薬  323  +65急騰。抗ウイルス点眼薬などを手掛けており、新型ウイルス対策関連の出遅れ銘柄として関心が高まっているもよう。株価水準の値頃感も強く、短期資金の値幅取り商いが中心とみられる。本日はウイルス対策関連の小型材料株が揃って軟化する動きとなっているものの、その分、出遅れ銘柄を探る動きは活発化している様子。
カテゴリー:

AIがより「知的」に? インフォアが「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表 - 02月18日(火)08:00 

インフォアジャパンは、「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表した。企業内で従業員と双方向コミュニケーションをとるなど、AIがより「知的」になり、業界に特化したテンプレートによってAIの導入と利用が活発化するという。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「活発化」の画像

もっと見る

「活発化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる