「サプライチェーン」とは?

関連ニュース

物流現場で学ぶ!SCM講座(実体験編)/12月11日開催 - 11月14日(木)11:30 

ロジクエストは12月11日、第1回「物流現場で学ぶ!サプライ・チェーン・マネジメント講座(実体験編) ~ 荷主企業のSCMの課題と失敗事例から学ぶ ~」を開催する。 今回の講座は、小中学校などの図工・美術教材を販売する美 […]
カテゴリー:

【ユニクロ】3年で倉庫を完全自動化へ ロボットが箱詰め - 11月14日(木)08:31  newsplus

「ユニクロ」を展開する「ファーストリテイリング」は、今後3年間で国内や海外の物流拠点となる倉庫を完全に自動化する方針を明らかにしました。拡大するネット通販の需要に対応し、国際的な競争力を高めたいというねらいがあります。 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は13日記者会見し、物流の拠点となる倉庫の自動化をさらに進める方針を明らかにしました。 具体的には、商品を識別してアームでつかむ機能を備えたロボットを東京のベンチャー企業と共同で開発するなどして、棚から商品を取り出して箱に詰める作業を自動...
»続きを読む
カテゴリー:

ANA、排ガスが原料のバイオ燃料使用したデリバリーフライト実施 - 11月14日(木)07:42 

全日本空輸(ANA)と三井物産は、排ガスを原料とする航空燃料を使用したデリバリーフライトを、10月30日に実施した。 製鉄所や製油所などの排ガスからエタノールを製造する、世界で唯一のガス発酵技術を持つ、LanzaTechが製造した排ガスを原料とする、サステナブル航空燃料(SAF)を使用した。ANAは、2021年以降にアメリカで製造・供給を予定する、エタノールを原料としたSAFをLanzaTechから購入することに合意している。国際航空運送協会(IATA)は、バイオジェット燃料からSAFへ呼称を変更している。 今回のデリバリーフライトは、アメリカ・ワシントン州のエバレットから東京/羽田へ実施。ANAはSAFを精油所から輸送し、ブレンディングや品質検査も主体となって行った。 さらに、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が掲げる、国内でのSAFの商用化を念頭に置いたサプライチェーン構築に向けた検証に、ANAと三井物産、JXTGエネルギーが共同で参画し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みを加速する。 ⇒詳細はこちら 投稿 ANA、排ガスが原料のバイオ燃料使用したデリバリーフライト実施 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

究極のサプライチェーン実現を目指し、倉庫の自動化とグローバル展開を加速 - ファーストリテイリング - 11月13日(水)17:20 

ファーストリテイリングは13日、倉庫の自動化とグローバル展開の加速に向けて、MUJIN社と仏Exotec Solutions SAS社とのサプライチェーン領域における戦略的グローバルパートナーシップに関する合意書を締結したことを発表した。
カテゴリー:

ファストリ、サプライチェーン改革加速 知能ロボットコントローラー開発企業などと提携 - 11月13日(水)15:27 

 ファーストリテイリングは13日、サプライチェーン改革に向け、知能ロボットコントローラー開発のMUJIN(ムジン)、エンジニア企業のエグゾテック・ソリューションズと戦略的グローバルパートナーシップ契約を結んだ。倉庫...
カテゴリー:

スマーテックアナリシス社発行「民間航空機部品製造における付加製造 (AM) の市場機会:2019-2029年」 - 調査レポートの販売開始 - 11月14日(木)11:00 

2019年11月13日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「民間航空機部品製造における付加製造 (AM) の市場機会:2019-2029年」 (SmarTech Analysis発行) の販売を11月13日より開始いたしました。【 商品情報 】民間航空機部品製造における付加製造 (AM) の市場機会:2019-2029年Opportunities in Additive Manufacturing for Civil Aviation Parts Production, 2019-2029● 発行: SmarTech Analysis (スマーテックアナリシス)● 出版日: 2019年10月15日● ページ情報: 115 Pageshttps://www.gii.co.jp/report/stmp914918-opportunities-additive-manufacturing-civil.html当レポートでは、民間航空機部品製造における付加製造 (AM) を調査し、付加製造 (AM) による部品製造の概要、航空宇宙製造部門との適合性、航空宇宙部門向けAM技術・製造ハードウェア・材料・AM部品の種類・概要、10カ年成長予測、主要サプライヤーなどをまとめています。第1章 付加製造 (AM) による部品製造について第2章 付加製造技術・材料の進化と航空宇宙製造...more
カテゴリー:

「ディープテック」に投資するシードVCのAngular Venturesが約45億円のファンドを組成 - 11月14日(木)08:00 

DFJ EspritのパートナーだったGil Dibner(ギル・ディブナー)氏が立ち上げた「ディープテック」を投資対象とするベンチャキャピタル(VC)であるAngular Venturesは、デビューとなる4100万ドル(約45億円)のファンドレイジング完了を発表した。 ヨーロッパとイスラエルのスタートアップをターゲットにするAngular Venturesはほぼ2年間、いわゆる「ステルスモード」で事業を進め、投資先は12社までに拡大した。同社の投資規模は通常25万ドルから150万ドル(約2700万円から1億6000万円)、ステージはスタートアップの最初の資金調達からシリーズAまでだ。年に5〜7回の新規投資を目指している。 Angularの投資先には、「サービスインテリジェンス」のスタートアップであるAquant.io、職場不正行為プラットフォームVault、ナノテクノロジーセキュリティテクノロジープロバイダーのDust Identity(Kleiner Perkinsも投資)、食品サプライチェーン最適化のTrellisなどがある。 ディブナー氏はAngular Venturesの唯一のGP。同氏は以前AngelListでエンジェルシンジケート(エンジェル投資家とスタートアップをつなぐ資金調達プラットフォーム)を運営していたが、ベンチャービジネスに関する経歴はそれ以前に遡ってかな...more
カテゴリー:

「僕たちは本当に市場分析を信用していない」FREITAG・CEOにインタビュー - 11月13日(水)19:00 

「FREITAG」は1993年に創業してから、25年以上も独自の道を歩み続けてきた。 ゴミとして捨てられるはずの「トラックの幌」を世界にひとつだけの「バッグ」へと変える──。 今でこそサステイナビリティは重要視されているが、他のブランドが大量生産を良しとするなかで、「FREITAG」はアップサイクルの一点突破。僕たちが生きる未来について考えることを決して忘れなかった。先日、そんなアップサイクルのパイオニアであるブランドのCEOであるオリバー・ブルンシュウィラーが来日。トレンドに左右されない姿勢を保つ秘訣に迫ろうと意気込んでいたが……Oliverはとってもユルい雰囲気で僕を迎え入れ、全ての質問に優しく丁寧に思いを込めて答えてくれた。「素直に“We fucked up”と言える、それが僕たちのユニークネス」 ──今日はよろしくお願いします。 ごめんね。僕の日本語が上手くないから英語のインタビューになっちゃって。最近、少しずつ勉強しているんだけど、やっぱり難しいね、日本語は。さて、FREITAGについて、何を聞きたいんだい? ──FREITAGの本(『フライターグ 物語をつむぐバッグ』)を読んで、(創業者のひとりである)マーカス(・フライターグ)が「市場分析を信用しない」と言っていたのがかなり気になった。&...more
カテゴリー:

【ニュース】ファストリが倉庫自動化を加速 「3.. - 11月13日(水)17:17 

【ニュース】ファストリが倉庫自動化を加速 「3~5年以内にはサプライチェーン改革を達成する」
カテゴリー:

ユニクロ/倉庫自動化でMUJINとExotecSolutionsをパートナーに - 11月13日(水)15:12 

ユニクロを運営するファーストリティリングは11月13日、 MUJINおよび、Exotec Solutions SAS(CEO Romen Moulin)と、サプライチェーン領域における戦略的グローバルパートナーシップに関 […]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サプライチェーン」の画像

もっと見る

「サプライチェーン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる