「サプライチェーン」とは?

関連ニュース

【日刊薬業】〔人事〕日医工(7月13日付):  ◇日.. - 07月13日(月)20:36 

【日刊薬業】〔人事〕日医工(7月13日付):  ◇日医工(7月13日付)【人事異動】〔取締役〕代表取締役社長コンプライアンス管掌・田村友一(代表取締役社長)▽代表取締役副社長超品質・サプライチェーン・BSマネジメント担当・吉川隆弘(代表取締役副社...
カテゴリー:

国研院が独TUVと提携、自動運転車認証基準の国際規格との整合目指す - 07月13日(月)00:00 

財団法人国家実験研究院(国研院)が管轄し、自動運転の研究と実験を行っている台湾智駕測試実験室(Taiwan CAR Lab)が先ごろ、台湾徳国萊因技術監護顧問股份有限公司(TUV萊因)と協力覚書を交わしたことが明らかになった。   TUV萊因はドイツに本部を置く国際的な認証機関テュフ・ラインランドのグループ企業。覚書の締結を受けて、TUV萊因は世界的な先進技術を導入し、自動運転車のテストコース整備、安全基準の作成、実証計画などの面で台湾智駕測試実験室をサポートする。これによって台湾智駕測試実験室はテュフ・ラインランドが認可する実験室となる。台湾智駕測試実験室が将来、TUV萊因と協力して行うテスト項目は国際基準とリンクし、公式な信頼性を持つこととなる。   台湾智駕測試実験室がTUV萊因との提携を通じて自動運転車に関する国際的なテスト規則を導入し、国際基準を満たす認証環境を整えることは、台湾の自動運転車両と部品、カーエレクトロニクス、ICT(情報通信技術)産業の製品認証を助けることになり、さらには世界のサプライチェーンとの連結を加速し、産業の競争力を高められるという。    
カテゴリー:

宮城県が県立高エアコン整備へ 設置率ワースト3位、改善へ方針転換 - 07月11日(土)11:58  newsplus

7/11(土) 11:55 河北新報    宮城県は10日、県立高の普通教室へのエアコン設置率が低い現状を踏まえ、段階的な整備に着手する方針を固めた。県議会主要会派の改善要求を受け、方針転換する。財源には国の新型コロナウイルス対策費の一部を活用。総額100億円規模の2020年度一般会計補正予算案に関連費用を盛り込み、21日開会の県議会7月臨時会に提出する。設置は早くても21年度以降となる見通し。  関係者によると、自治体が新型コロナ対応に柔軟に活用できる国の地方創生臨時交付金を財源に想定する。今回の計上...
»続きを読む
カテゴリー:

世界PC出荷台数、2020年第2四半期は増加--在宅勤務拡大など影響 - 07月10日(金)19:30 

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によってサプライチェーンの混乱が起こったが、その後世界のPC出荷台数は再び増加している。
カテゴリー:

「大気質監視の世界市場2020-2025:屋内、屋外、その他」調査資料を取り扱い開始しました - 07月10日(金)15:00 

2020年7月10日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「大気質監視の世界市場2020-2025」調査資料の販売を2020年7月10日に開始いたしました。大気質監視の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:大気質監視の世界市場2020-2025■英文タイトル:Air Quality Monitoring Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)■出版日:2020年6月30日■出版社:Mordor Intelligence■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査レポートでは、大気質監視の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、サプライチェーン分析、用途別(屋内、屋外、その他)分析、サンプリング別(継続、手動、間欠)分析、エンドユーザー別(工業用、商用、その他)分析、地域別(北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、南米、中東・アフリカ)分析、競争状況、市場機会・将来動向などの構成でお届けいたします。・イントロダクション・調査手法・エグゼクティブサマリー・市場動向・サプライチェーン分析・大気質...more
カテゴリー:

ラコステとアディダス、ウィグル人「強制労働」の排除を約束 : サプライチェーンの精査を表明 - 07月13日(月)16:50 

強制労働に関連づけられた工場との関係を断つようブランドに求める動きが強まっている。ラコステ(Lacoste)は米国時間6月27日、アディダス(Adidas)に続き、ウイグル人の強制労働に関する新たな報告書において関わりを指摘された「サプライヤーや下請け業者との活動を全面停止することに合意する」と表明した。 The post ラコステとアディダス、ウィグル人「強制労働」の排除を約束 : サプライチェーンの精査を表明 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

2020年第2四半期のPC出荷台数、Gartnerは2.8%増、IDCは11.2%増と推計 - 07月12日(日)16:51 

GartnerとIDCは9日、2020年第2四半期のPC出荷台数推計値をそれぞれ発表した。前年同四半期比ではGartnerが2.8%増、IDCが11.2%増と大きな差がみられる(Gartnerのプレスリリース、 IDCのプレスリリース)。 両社とも第2四半期の増加について、COVID-19パンデミックにより大きな影響を受けたサプライチェーンが復旧する一方、自宅勤務・学習によるPC特需が続いた点を挙げている。IDCはパンデミックがPCを再び消費者のテクノロジー資産の中心に押し上げたと分析しているが、両社とも特需は長く続かないとみる。 推計値はGartnerがChromebookを除外するなど対象も若干異なるが、過去2年間は最大3%程度の差だった。しかし、第2四半期はGartnerが6,481万台(前年同四半期比176万台増、以下同)、IDCが7,226万台(726万台増)となり、1割以上の差が付いた。推計対象が同じ4位のAppleで比較しても、Gartnerが437万台(21万台増)、IDCが559万台(148万台増)と大きな差がみられる。Appleがデバイス出荷台数を公表しなくなった2018年第4四半期以降、両社推計値の差は大きくなっていたが、第2四半期は初めて差が100万台を超えた。 上位3ベンダーはGartnerがLenovo(1,620万台、+4.2%)と HP(1,6...more
カテゴリー:

EVピックアップトラック開発のRivianが2670億円調達 - 07月11日(土)11:30 

世界初のEVピックアップトラック販売を目指しているEVメーカーのRivian(リビアン)は、投資管理会社であるT. Rowe Price Associates Incのアドバイスを受けたファンドなどがリードするラウンドで25億ドル(約2670億円)を調達した。 新規投資家のSoros Fund Management LLC(ソロス・ファンド・マネジメント)、Coatue(コーチュー)、Fidelity Management and Research Company(フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチカンパニー)、Baron Capital Group(バロン・キャピタルグループ)そして既存株主のAmazon(アマゾン)とBlackRock(ブラックロック)が管理するファンドも参加した。新たに役員は加わらなかった。 Rivianと同社の創業者でCEOのR.J. Scaringe(R.J. スカーリンジ)氏は上場を避け、代わりに戦略的ファンドとプライベート投資家から資金を調達してきたが、今回の調達は同社にとってこれまでで最大のラウンドだ。一連の投資を通じて28億5000万ドル(約3050億円)を集めた活発な2019年に続く動きだ。今回、Rivianは2019年に相当する額を一度に集めた。 同社は2019年2月に、Amazonがリードした7億ドル(約750億円)の資金調達を発表...more
カテゴリー:

世界PC出荷台数、2020年第2四半期は増加--在宅勤務拡大など影響 - 07月10日(金)19:30 

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によってサプライチェーンの混乱が起こったが、その後世界のPC出荷台数は再び増加している。
カテゴリー:

「でんぷん」と「パルプ」世界初!紙のカプセル 「環境にやさしいトイカプセル」 - 07月10日(金)14:37 

2020年7月10日 株式会社ケーツーステーション プラスチックにかわる成形材料として、 「でんぷん」と「パルプ」を原料とした世界初※1の紙カプセル! 「環境にやさしいトイカプセル」 ※1 PIM技術の特許取得元である大宝工業株式会社調べ キャラクターグッズなどのホビーやアクセサリーの企画・製造・販売を手がける(株)ケーツーステーション(代表取締役社長:足立恵司、所在地:大阪府岸和田市)は、プラスチックにかわる成形材料として、でんぷんとパルプのみでプラスチックを一切用いない、「パルプ射出成形(PIM)技術」により製造される成形加工品を製品化しました。すでに、この技術を使用した紙カプセルを、回転寿司チェーン「くら寿司」様でカプセルトイ市場を先駆けて共同開発し、環境にやさしいビッくらポンとして試験導入していただきました。 製造から物流、廃棄に至るすべてのライフサイクルで、環境負荷を低減 ●「PIM技術」よる成形は、製造時のCO2(二酸化炭素)排出量はポリプロピレンの約3分の1であり、またプラスチックを用いないため、マイクロプラスチックの原因となりません。 ●生産拠点が国内(鳥取県)に置かれているため、輸送に伴う環境負荷も軽減できることはもちろん、海外サプライチェーンの分断リスク低減や、円滑な供給体制の構築につながります。 ●分別して資源ごみとして回収すれば、再資源化へつな...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サプライチェーン」の画像

もっと見る

「サプライチェーン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる