「米政府」とは?

関連ニュース

中国の臓器収奪問題、米政府が公式調査を=米政策提言組織 - 08月20日(火)11:37 

米国政府に政策を提言する専門家組織「現在の危機委員会:中国(Committee on the Present Danger: China)」の副委員長はこのほど、大紀元メディアグループ・新唐人テレビの取材に答えて、中国共産党政府による良心の囚人からの臓器強制摘出問題について、米政府が調査するよう提言する意向であることを明かした。
カテゴリー:

米、イランタンカー巡る「断固たる立場」をギリシャに伝達 - 08月20日(火)09:55 

[ワシントン 19日 ロイター] - 米政府は、英領ジブラルタル自治政府に解放されてギリシャに向かっているイランの石油タンカーについて、米国としての「断固とした立場」をギリシャ政府に伝えた。米国務省当局者が明らかにした。 タンカーを手助けするいかなる行為も、米国が指定する外国テロ組織への支援とみなされる可能性があると警告した。 ジブラルタル自治政府が拿捕(だほ)し、先週解放したイランの石油タンカー
カテゴリー:

米政府が、巡航ミサイルの発射実験に成功したと発.. - 08月20日(火)03:04 

米政府が、巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表しました
カテゴリー:

米、ファーウェイ禁輸を3カ月猶予 長官「取引停止へ時間必要」 - 08月20日(火)00:55 

米国のロス商務長官は19日、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を11月18日まで90日間延長すると明らかにした。
カテゴリー:

太平洋で米軍の優位性喪失、中国からの同盟国防衛は困難に 中国は米軍到達前に台湾・日本施政下にある島々、南シナ海を占領する恐れ★2 - 08月19日(月)18:34  newsplus

8/19(月) 16:26配信 太平洋で米軍の優位性喪失、中国からの同盟国防衛は困難に 豪シンクタンク 【AFP=時事】米国は太平洋における軍事的優位性を既に失っており、同盟国を中国から防衛するのは困難となる恐れがあると警告する報告書を、豪シドニー大学アメリカ研究センター(United States Studies Centre at the University of Sydney)が19日、発表した。  報告書は、米軍を「危険なほど過度の負担を課された」「衰退する軍隊」と評し、中国と敵対するには「準備不足」だと厳しく指摘している。  ドナルド・トランプ(Donal...
»続きを読む
カテゴリー:

米政府、ファーウェイへの禁輸猶予を90日延長--関連46社をリストに追加 - 08月20日(火)10:06 

米商務省は、華為技術(ファーウェイ)への輸出規制に対する猶予を、さらに90日間延長すると発表した。
カテゴリー:

香港デモが「第2次天安門」となるXデーに、日本が示すべき姿勢 - 08月20日(火)04:45 

8月14日、「一向に収束しない香港デモに中国当局が人民解放軍を待機」との機密情報がトランプ大統領のツイッターで発信されました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、各要人が「第2次天安門事件」を意識した強固な反中姿勢を表明している米国に対し、日本が示すべき態度について持論を展開しています。 香港で第2の天安門事件は起こるか? ここ2か月ほど、世界の目は、香港にくぎ付けです。100万人デモ、200万人デモ、議会占拠、空港占拠…。ついに、人民解放軍が、スタンバりはじめました。毎日新聞8月14日から。 トランプ氏は、香港に隣接する広東省深センに鎮圧部隊や装甲車両が集結し中国政府による直接介入への懸念が高まっていることを記者団に問われ、「非常に微妙な状況だが解決するだろう。誰も負傷したり殺害されたりせず、平和裏に解決してほしい」と語った。その後、ツイッターに「独自の機密情報によると、中国政府が香港との境界に部隊を展開している。皆が冷静に、気をつけて!」と投稿した。 「独自の機密情報によると、中国政府が香港との境界に部隊を展開している」そうです。そして、アメリカの政治家たちは、「香港デモ支持」の発言をしています。 一方、野党・民主党トップのペロシ下院議長は同日、「中国政府の支援を受けた香港警察当局が、抗議参加者を暴徒と見なし彼ら...more
カテゴリー:

米、ファーウェイ禁輸を3カ月猶予 長官「取引停止へ時間必要」 - 08月20日(火)00:55 

米国のロス商務長官は19日、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を11月18日まで90日間延長すると明らかにした。
カテゴリー:

Huaweiが独自のオペレーティングシステム「HarmonyOS」を発表 - 08月19日(月)19:00 

米政府により、関連企業まで禁輸リストに加えられてしまったHuawei。GoogleからのOS提供を受けるのが厳しくなるのを見越してか、8月上旬に独自オペレーティングシステムとして「HarmonyOS(鴻蒙OS)」を発表。このHarmonyOSは安全性や柔軟性に富んでいるほか様々な用途に活用できるのが強み。スマートフォンだけでなく、スマートウォッチやテレビ、ディスプレイといったものから車載システムなどにも採用していく計画とのこと。このシステムを最初に搭載するのがスマートフォンではなくスマートテレビ「Honor Vision TV」であり、Huaweiが「AndroidやiOSとは異なるもの」と説明していることから、Androidの継続利用にも望みを残しているようだ。米中間での緊張が高まるなかでのこの発表は、電気自動車の開発に鋭意的な中国からテスラを凌駕する独自OSのEVが登場する可能性をも感じさせる注目のトピックといえるだろう。Top image: © David Ramos/Getty Images
カテゴリー:

米空軍の衛星打上選定はフェーズ2に、SpaceXがULAに先行 - 08月19日(月)17:45 

米国空軍は2022年から 2026年にかけて打ち上げられる安全保障用衛星の打ち上げ企業2社を選定する作業を進めている。現在この調達プロセスは「フェーズ2」に入り、SpaceX、Blue Origin、ULA(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス)、Northrop Grumman(ノースロップ・グラマン)など米国を代表する民間宇宙企業のすべてが入札への参加を表明している。 この中で、Blue OriginとNorthrop Grummanは政府の衛星打上事業の分野では新顔だ。ロッキード・マーティンとボーイングの合弁事業であるULAと、イーロン・マスクのSpaceXは民間宇宙企業のトップであるだけでなく、安全保障衛星の打ち上げでも実績を積んでいる。両者を比べるとわずかだがSpaceXはULAに先行している。SpaceXのFalconが多数の衛星打上に成功している既存のロケットシステムであるのに対して、ULAが提案しているVulcan Centaurはまったく新しいシステムでそれぞれの打ち上げにテーラーメイドで対応できるが、認定も受けておらず打上実績がない。他社のシステムも認定を受ける段階に来ていない。 我々の取材に対し、SpaceXの社長で最高業務責任者(COO)であるGwynne Shotwell(グウェイン・ショットウェル)氏はメールで次のようにコメントしている。 SpaceX...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米政府」の画像

もっと見る

「米政府」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる